融資に関する記事一覧

スポンサーリンク
融資

銀行の貸出金利の決め方:仕切りレート、本支店レート、実効金利とは?預金に意味はある?

銀行から融資を受ける時には、その銀行と会社の日常的な取引も審査の対象となります。 銀行と会社が普段からいろいろな取引を行い、会社が銀行にもたらす影響が大きいほど、融資の可能性も高まります。 本記事では、「銀行...
融資

金利よりも手元資金不足の方が怖い!できるだけたくさんお金を借りておこう!

「できるだけたくさん借り入りて手元資金を厚くしよう」と言わた際、中小企業の経営者はどのように考えるでしょうか 「そんなことをすれば借金まみれになる」 「支払金利が重くなる」 このように考える人は多いこと...
融資

経常収支とは?分析すると何がわかる?運転資金不足にはファクタリングがおすすめ

融資担当者は、「貸借対照表」を軸に財務分析を見ていき、最後に「経常収支」を確認していきます。 経常収支を見ることによって、赤字の場合は原因を特定し、資金繰りの様子を正確につかむことが可能です。 銀行員は、経常...
融資

こんな会社は融資を受けられない!理由と対策まとめ:ファクタリングならすぐに資金調達可能

「銀行融資=難しい」と考えている経営者は多いものの、具体的になぜ難しいかを説明できる経営者はあまりいません。 融資を受けられないことには、相応の理由があるものです。 その理由を知り、対策できれば、融資を受けや...
融資

賞与資金(ボーナス)の融資を受けるためのポイントを解説。間に合わないときはファクタリングの検討も

多くの会社では、毎年夏と冬の二回、あるいはどちらかの一回、従業員に賞与を支給しています。 賞与を支給するためには、まとまった資金が必要となるため、銀行から賞与資金を借り入れる会社が多くあります。 賞与資金はほ...
融資

【資金調達に向けて】銀行員は経営者のビジネスマナーを見ている!?失敗しない名刺交換を紹介

銀行資金調達を含めた銀行とのお付き合いは、会社の業績だけでなく担当銀行員と経営者が上手く付き合っていくことも重要です。 銀行員は経営者の能力だけでなく、人間性やビジネスパーソンとしての総合的な資質も見ています。 ...
融資

借りられる決算書とは?銀行員にインタビューしてみました

銀行が与信判断を行うにあたり、最も基本的な資料となるのは決算書です。 これがすべてではないものの、判断の根底になっているのは事実であり、良い決算書であるか、悪い決算書であるかによって、融資を受けられるかどうかが大きく左右されます。 ...
融資

【6】スプレッド融資こそ究極の金利交渉!ハードルは高いが目指す価値あり

銀行から融資を受けると、返済が完了するまで利息を支払い続ける必要があります。 借入総額に対する支払利息は微々たるものですから、これが直接的な原因となって資金繰りが回らなくなる会社はありません。 しかし、利息分だけ手元...
融資

担保について理解していますか?法的なことも学んでみよう

銀行が融資を判断する時、きちんと返済できるかどうかが最も重視されます。 返済に不安があるならば、貸し倒れに陥った際の保全のために、担保をつけるのが普通です。 逆に考えると、担保を提供することで出にくい融資が出ることもよくあるので...
融資

借入申込書を作っておけば融資交渉に役立つ!その作り方とは?

銀行に融資を申し込むときには、口頭で融資を申し入れるだけで、わざわざ借入申込書を作る人はあまりいないと思います。 しかし、作る必要がないからといって、まったく無視すべきものではありません。 借入申込書を作成すると、自社が必要とし...
スポンサーリンク