その他

その他

資金繰りと損益がごっちゃになってない?そこを正せば資金繰りがわかります

資金繰りとはお金の流れであり、経営を続けるためには資金繰りをコントロールしていくことが不可欠です。 しかし、資金繰りを損益と混同してしまい、資金繰りに対して間違ったイメージを抱く人が少なくありません。 資金繰りに誤ったイメージを...
その他

年商によって税務処理の方針と税理士選びはどのように変わる?

会社ごとに年商は様々ですが、一般的にこうすべきというイメージに捉われたり、あるいは何の基準も持っていないことによって、自社の年商に適した税務処理ができていない会社があります。 税務処理の方針を誤れば、当然ながら税理士をどう選ぶか、選ん...
その他

予定調達額を考える際には、支店の裁量権も考えること

銀行から融資を受ける際には、会社側で予定調達額を決めておき、複数の銀行に対して交渉していくのがポイントとなります。 しかし、予定額を調達するために、交渉する複数の銀行を選んでいくとき、あることを知っておくだけで選定と交渉がスムーズにい...
その他

銀行から借りられるのは信用力の高さ!借入を悪と思ってはいけない理由

経営者の中には、借入を悪だと考えたり、利息の支払いを嫌ったりして、無借金経営を正義だと考える人が少なくありません。 しかし、借入をしなければ会社が安定した経営をしていくのは難しく、むしろ危険な状態に陥る可能性が高いと言えます。 ...
その他

資金使途は「手元資金を厚くしたい」でもOK!

銀行融資では、資金使途が非常に重視されます。 そのため、経営者の中には、「この資金使途では借りられないのでは?」などと考えてしまうことがあります。 しかし、資金使途は正直に伝えるべきものです。 手元資金を厚くしたいと考えて...
その他

銀行との付き合いに悩んでいる?銀行を勘違いしているかもしれません。

銀行との付き合い方に悩んでいる経営者は多いものですが、なぜ悩むことになるのかと言えば、それは銀行に対して勘違いをしていることが多いからです。 銀行に対して勘違いをしていると、付き合い方を間違え、期待している対応を受けられなくなり、いざ...
その他

銀行も金貸しと考えれば、交渉の方向性が見えてくる

銀行と聞くと、金融庁の監督を受けている組織でもありますし、公的使命も帯びていますから、どこか救済機関のようなイメージがあるかもしれません。 しかし、銀行は民間の会社であり、多くは株式会社ですから、営利目的で営業されています。 つ...
その他

安定した経営のためには手元資金を厚くすることが重要

安定した経営のために重要なことは色々ありますが、その中の一つに「手元資金の多さ」という要素があります。 多くの会社では、手元資金が少ない状態で経営を続けており、資金不足に悩んでいます。 資金不足だから売上を伸ばすように努力し、そ...
その他

中小企業の付き合うべき金融機関と組み合わせ方

一口に金融機関といっても、色々な金融機関があります。 金融機関ごとに、得意とする取引先はことなりますから、中小企業が積極的に付き合うべき金融機関を知っておくことによって、金融機関の開拓がラクになります。 また、複数の銀行から融資...
その他

歴史的に見てもリスケの効果はすごい!でも失敗したらどうなるの?

歴史上、初めて債権者に対してリスケジュールを申し込み、それによって財政再建を成功させたケースは江戸時代末期に見られます。 その内容を見てみると、リスケの効果の大きさを実感することができます。 しかし、それでも経営改善計画通りに事...