その他

その他

予定調達額を考える際には、支店の裁量権も考えること

銀行から融資を受ける際には、会社側で予定調達額を決めておき、複数の銀行に対して交渉していくのがポイントとなります。 しかし、予定額を調達するために、交渉する複数の銀行を選んでいくとき、あることを知っておくだけで選定と交渉がスムーズにい...
その他

銀行から借りられるのは信用力の高さ!借入を悪と思ってはいけない理由

経営者の中には、借入を悪だと考えたり、利息の支払いを嫌ったりして、無借金経営を正義だと考える人が少なくありません。 しかし、借入をしなければ会社が安定した経営をしていくのは難しく、むしろ危険な状態に陥る可能性が高いと言えます。 ...
その他

資金使途は「手元資金を厚くしたい」でもOK!

銀行融資では、資金使途が非常に重視されます。 そのため、経営者の中には、「この資金使途では借りられないのでは?」などと考えてしまうことがあります。 しかし、資金使途は正直に伝えるべきものです。 手元資金を厚くしたいと考えて...
その他

銀行との付き合いに悩んでいる?銀行を勘違いしているかもしれません。

銀行との付き合い方に悩んでいる経営者は多いものですが、なぜ悩むことになるのかと言えば、それは銀行に対して勘違いをしていることが多いからです。 銀行に対して勘違いをしていると、付き合い方を間違え、期待している対応を受けられなくなり、いざ...
その他

銀行も金貸しと考えれば、交渉の方向性が見えてくる

銀行と聞くと、金融庁の監督を受けている組織でもありますし、公的使命も帯びていますから、どこか救済機関のようなイメージがあるかもしれません。 しかし、銀行は民間の会社であり、多くは株式会社ですから、営利目的で営業されています。 つ...
その他

安定した経営のためには手元資金を厚くすることが重要

安定した経営のために重要なことは色々ありますが、その中の一つに「手元資金の多さ」という要素があります。 多くの会社では、手元資金が少ない状態で経営を続けており、資金不足に悩んでいます。 資金不足だから売上を伸ばすように努力し、そ...
その他

中小企業の付き合うべき金融機関と組み合わせ方

一口に金融機関といっても、色々な金融機関があります。 金融機関ごとに、得意とする取引先はことなりますから、中小企業が積極的に付き合うべき金融機関を知っておくことによって、金融機関の開拓がラクになります。 また、複数の銀行から融資...
その他

歴史的に見てもリスケの効果はすごい!でも失敗したらどうなるの?

歴史上、初めて債権者に対してリスケジュールを申し込み、それによって財政再建を成功させたケースは江戸時代末期に見られます。 その内容を見てみると、リスケの効果の大きさを実感することができます。 しかし、それでも経営改善計画通りに事...
その他

リスクを抑えて事業を展開していくために、補助金を利用しよう!

補助金とは、国や自治体が政策推進のために支給している、返済の必要がない資金のことです。 補助額は制度によって異なり、おおむね上限額を設けた上で1/3~2/3の支給となっています。 これにより、多額の資金を必要とする事業展開にあた...
その他

会社の資金繰りに役立つ法認定の知識

法認定とは、法律に基づいて会社の計画を認定し、認定した計画を国が支援する仕組みのことです。 法認定を受けた会社は、補助金や融資、信用保証などを有利な条件で受けられたり、減税措置を受けられたりするため、法認定をうまく活用すれば、会社の資...
その他

創業融資を引き出すならば制度融資と日本政策金融公庫から!

起業の際、支援してくれる人などいないのが普通ですし、自己資金だけで事業を始めるのも困難です。 そのような人は、創業融資に関する疑問がたくさんあると思います。 中でも、どうやって資金を調達すればよいのか、融資を受けるならばどこから...
その他

創業融資を受ける際の流れはどんなもの?

起業の際には、日本政策金融公庫などの公的融資を受けることになります。 しかし、これから起業しようと思っている人の中には、「日本政策金融公庫ってどこにあるの?」「どんな流れで融資を受けるの?」などの疑問を持っている人は多いと思います。 ...
その他

これから起業する際、会社の口座はどの銀行に作る?

これから起業する際、ほとんどの人は日本政策金融公庫の創業融資や、地方自治体の制度融資を利用して資金を調達することと思います。 しかし、これらの公的金融機関は預金の機能を持っていないため、融資された資金を振り込んでもらうために、民間の金...
その他

松下幸之助も書いた事業計画書!創業時には創業計画書を充実させよう

創業時に融資を受けるにあたり、必要となる提出資料はたくさんあります。 しかし、その中でも最も重要となるのが創業計画書です。 創業計画書とは、創業計画と創業後の事業計画を表す書類です。 実績も信用もない起業家が、事業の実現に...
その他

日本政策金融公庫は融資制度が多い!どうやって選べばいい?

日本政策金融公庫と制度融資との大きな違いと言えば、日本政策金融公庫は融資制度がたくさんあるということです。 それぞれの融資制度には、対象となる要件や融資限度額、金利、返済期間などが異なるため、自分に最も合う融資制度を選べるということも...
その他

創業資金調達のために、創業補助金を利用しよう

創業期は民間の金融機関から融資を受けることが困難であり、とにかく手元資金が乏しい時期です。 公的融資を受けるほかにも、可能な限り融資を受けるように図り、手元資金を厚くしていくことが重要です。 そこでぜひ活用したいのが、創業補助金...
その他

個人と会社のお金をしっかり分けてどんぶり勘定を防ぐ3つの方法

小さな会社の多くは、資金繰りに困っていることと思います。 資金繰りに全く不安がないという会社は少ないことでしょう。 そのような、資金繰りに困っている会社の多くは、お金の流れを正確に把握できず、どんぶり勘定になっていることが多いで...
その他

起業の資金リスクを下げるための開業資金の計算方法

新規に開業する人は、おそらくこれまでやっていた仕事を辞め、起業して勝負に出るという人が多いと思います。 そのような事情もあり、失敗するわけにはいきませんから、開業にあたっては十分な開業資金を用意しようと考えるでしょう。 しかし、...
タイトルとURLをコピーしました