銀行が融資したくなる自己資本比率とは?40%以上が目安!?足りないときはファクタリングがおすすめ

スポンサーリンク
※本記事はプロモーションを含みます。

会社の安全性を図る指標の1つに、「自己資本比率」があります。

自己資本比率とは、外部から調達した他人資本ではなく、自己資本がどれくらいの割合を占めているかを示すものです。

自己資本比率が高いということは、外部の資本に頼らなくても経営していける、つまり経営が安定しているといえます。

銀行は融資を検討する際には、自己資本比率も必ずチェックします。

この時、自己資本比率が高ければ、審査に有利になることは言うまでもありません。

本記事では、「自己資本比率の概要」「融資を受けるための自己資本比率の目安」などを上げる方法などを解説していきます。

▼緊急で資金調達が必要ならファクタリング▼
※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

スポンサーリンク

【注目】銀行融資が難しい場合はファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは
※上記の図解は2社間ファクタリング

ファクタリングとは、「債権買取り」を意味しています。

法人がファクタリングにおいては、保有している売掛債権(=請求書)を売却することで現金を得る資金調達方法の一種として認識されています。

企業は、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の予定日よりも早く現金を受け取れます。

ファクタリングは売掛債権の売買で資金調達を行うため、銀行からの借入とはことなり融資にはあたりません(調達した資金の返済は不要です)。

融資ではないため金利はありませんが、利用時にファクタリング業者に手数料を支払います。

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

自己資本比率とは

自己資本比率とは

判例ロゴ

自己資本比率 (じこしほんひりつ)

企業の総資産に占める自己資本の割合を示した財務指標です。

自己資本は返済する必要のない資金ですから、この割合が高いほど、財務の安全性が高い企業ということになります。

引用:初めてでもわかりやすい用語集-SMBC日興証券

自己資本比率とは、会社の総資本のうち自己資本がどれくらいを占めているかを示すものです。

自己資本には「出資金・剰余金・自己株式」などがあり、完全に自由に使える資金であるとも言えます。

一方、融資などによって外部から調達したものを他人資本と言いますが、これはいずれ返済する必要があるため、資産ではなく負債に計上されます。

自己資本比率が高い会社は安定性が高く、逆に自己資本比率が低い会社は安定性が低いと言えます。

銀行は融資の際に自己資本比率を確認している

銀行は融資の際に自己資本比率を確認している

銀行は、会社から融資の申し込みを受けた時、その会社の決算書から格付けを行ない融資の判断を下します。

この時、スコアリングシートというもので点数をつけていくのですが、その採点の大部分は決算書によって行われます。

スコアリングが融資判断を大きく左右するため、格付けが良い会社は希望通りの融資を「よりスピーディに、より低い金利」で受けられるようになります。

もちろん、スコアリングの全てが決算書によって行われるというわけではありません。

会社や経営者の「背景・現状・市場の動向・従業員のモチベーション」など、様々な角度から点数を付けられます。

この点数を伸ばし、融資を受けやすくするためには、さまざまな経営改善(おもに収益性・財務体質・経理処理の3点)が求められます。

収益性・財務体質・経理処理の改善は自己資本比率の改善に近い

これらの改善は、自己資本比率の改善方法とかなりの部分で一致します。

収益性を改善してしっかりと利益を得られるようになれば、他人資本に頼る必要はなくなり、自己資本比率を高めることができます。

売掛金をしっかり回収できる体制を整えたり、不要な資産を売って資金調達したりすることで、財務体質を改善します。

利益が多く残るようにすれば、これもやはり自己資本比率を高めることができます。

経理処理を改善すれば、資産計上すべきものをきっちりと資産計上し、経費にすべきものはきっちりと経費として処理するようになります。

やはり自己資本比率を高めることに役立ちます。

逆に、自己資本比率の良し悪しは、経営状態の良し悪しに通じる部分が多いと考えることができます。

▼【最短2時間】手持ちの請求書を現金化▼

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

ファクタリングについての記事はこちら