融通手形での資金調達は危険!銀行とまともに付き合えなくなるかも…その前にファクタリングを利用しよう

スポンサーリンク
※本記事はプロモーションを含みます。

融通手形は取引の実態がないにもかかわらず、銀行で割り引いてもらうためだけに発行される手形です。

資金繰りが苦しい企業が、相手先に謝礼を支払うことなどを条件として振り出してもらいます。

こういった取引実態のない手形を銀行も警戒しており、融通手形を見抜く方法はいくつもあります。

仮に融通手形だと見抜かれてしまうと、今後の関係性にも影響が出るでしょう。

本記事では、「融通手形の基礎知識」と、銀行から簡単に見抜かれる理由」について解説していきます。

▼緊急で資金調達が必要ならファクタリング▼
※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

スポンサーリンク

【注目】銀行融資が難しい場合はファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは
※上記の図解は2社間ファクタリング

ファクタリングとは、「債権買取り」を意味しています。

法人がファクタリングにおいては、保有している売掛債権(=請求書)を売却することで現金を得る資金調達方法の一種として認識されています。

企業は、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の予定日よりも早く現金を受け取れます。

ファクタリングは売掛債権の売買で資金調達を行うため、銀行からの借入とはことなり融資にはあたりません(調達した資金の返済は不要です)。

融資ではないため金利はありませんが、利用時にファクタリング業者に手数料を支払います。

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

融通手形とは?

融通手形とは?

判例ロゴ

融通手形

現実の商取引がなく振り出す約束手形のことです。
資金繰りのため融通する手形のため、与信管理上では重要なチェックポイントです。

引用:株式会社東京商工リサーチ

手形における粉飾の最たるものが、「融通手形」です。

受取手形は、架空の手形を計上する粉飾があまり起きません。

なぜなら、融資の審査などで手形の現物を見せるように言われたとき、粉飾がばれてしまうからです。

そのリスクを負うよりは、架空の売掛金を計上したほうが弁解しやすいため、架空の売掛金によって粉飾するケースが多いです。

しかし、まったく粉飾が起きないわけではなく、「融通手形」による粉飾が行われる可能性があります。

「融通」には、なんとなくうまくやってのけること、臨機応変に処理していくこと、お金をうまくやりくりすることなどの意味があります。

「ちょっとお金を融通してくれませんか」というように、お金を貸し借りする際にも使う言葉です。

融通手形は「お金をやりくりするためにうまい具合に振り出された手形」とも表現できます。

【ポイント】

取引の実態がないにもかかわらず、取引があったように見せかけて、取引先に受取手形を振り出してもらい、その受取手形を銀行に割り引いてもらうことで資金を調達します。

▼【最短2時間】手持ちの請求書を現金化▼

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

ファクタリングについての記事はこちら

コメント