融資

融資

売掛金の回収が遅れて資金繰りに混乱が!そんなときの銀行交渉は・・・

資金繰りを回していくにあたって、売掛金が正しく入金されることを織り込んで資金繰りをしている会社は多いことと思います。 このような会社では、売掛金の回収に問題が生じると、資金繰りが狂う危険性が高いです。 売掛金の遅れによって資金が...
融資

会社の事業性はどう評価される?その流れと方針について

金融機関が融資を判断する際には、事業性も評価することがあります。 もっとも、すべての会社に対して事業性評価を行うのは無理があるため、対象となる会社を絞って評価していきます。 これにより、財務内容と事業内容の両面から評価を受けられ...
融資

他行との競合が融資に効くのはなぜ?銀行員目線で考えてみると・・・

一行取引は危険であり、複数の銀行と取引すべきである、そのほうが安全であるし、融資条件もよくなる・・・といったことは、当サイトでもしばしば説明してきました。 すでにご存じの人も多いと思います。 しかし、複数の銀行が絡む融資先に対し...
融資

倒産の危機にある会社は融資を受けられない。そんな会社が気を付けるべきこと

銀行が融資を断る理由にはいくつかありますが、 会社の経営がうまくいっていない 財務的にもギリギリの状態にある 融資すれば貸し倒れになるリスクが高い そんな場合は、高確率で融資を断ることになります。 そのよう...
融資

二期以上の連続赤字でも融資を受けることはできるのか?唯一の突破口をさぐる

赤字決算の会社は、銀行から融資を受けることが難しくなります。二期以上の連続赤字ともなれば、融資交渉は困難を極めます。 しかし、二期以上の連続赤字だからといって、100%融資を受けられないということではありません。 連続赤字から脱...
融資

中小企業の財務は実額ベースで!比率分析を通して考える

中小企業の財務を考えるにあたって、企業の規模をあまり考えない人も多いものですが、企業規模によって財務の見方は大きく変わるものです。 中小企業も大企業も一緒くたに考えてしまうと、自社の本当の姿を知ることができませんし、銀行交渉でも失敗の...
融資

中小企業のメインバンクとしてメガバンクが適していない理由はこんなにある!

どのような会社でも、取引している銀行のうち、「この銀行がメインバンクだ」と言える銀行があると思います。 しかし、その銀行が本当にメインバンクといえるのか、メインバンクとしての役割を期待できるのかというと、疑わしいケースが少なくありませ...
融資

中小企業で経営者が担う役割は大きい。融資稟議でも重く見られる理由とは

銀行融資を受けるにあたり、会社の業績や財務状況がカギになると考えている人は多いと思います。 もちろん、それは必要不可欠な要素ですが、それだけで融資を受けられるというものでもありません。 中小企業の経営を左右する要素は業績や財務だ...
融資

メインバンクの対応が冷たい・・・他行に乗り換えるという選択肢も

どの会社でも、もっとも深い取引をしているメインバンクを持っているものです。 通常、メインバンクとの付き合いはうまくいくことが多いのですが、特に問題がないにもかかわらず、メインバンクが消極的な対応しかしてくれないこともあります。 ...
融資

売上入金を集中させよう!銀行に安心を与えて融資を引き出す

銀行が融資を拒否するとき、その最大の原因は「貸し倒れリスクが高い」と考えていることです。 極端に言えば、 貸し倒れリスクが低い会社には喜んで貸しますし、貸し倒れリスクが高い会社には融資しない と、銀行の判断基準はある意味で...
融資

借入れのない銀行に預金するのは全くの無駄。預金を「死に金」にしてはいけない

中小企業が、苦しい経営環境の中で生き残っていくためには、限られた経営資源をできるだけ有効活用していくことが大切です。 活用できる資源には色々ありますが、「カネ」という経営資源のうち、預金の利用価値はかなり高いと言えます。 特に、...
融資

元銀行員が語る「資金使途」第5部:設備資金について(2)

第4部では、設備資金の中でも中小企業にも身近である生産型設備資金、販売力拡充設備資金について解説してもらいました。 しかし、設備資金の分類はこのほかにもあり、経営合理化を進めるための合理化投資資金、設備の更新を行うための設備更新投資資...
融資

元銀行員が語る「資金使途」第4部:設備資金について

これまで、資金使途の重要性、運転資金や一時資金について、元銀行員から話を聞いてきました。 本稿で取り上げるのは、設備資金です。 資金使途を大きく分類するとき、設備資金以外は運転資金という分類をすることもあるように、設備資金は資金...
融資

元銀行員が語る「資金使途」第3部:一時資金について

第1部で資金使途の重要性について、第2部では運転資金について詳しく話を聞いてきました。 しかし、資金使途は運転資金の他にもあります。 一時資金についても、銀行員の視点について知っておくのが良いでしょう。 一時資金は、経営サ...
融資

元銀行員が語る「資金使途」第2部:運転資金について

第1部では、元銀行員への取材から、銀行員目線で「なぜ資金使途が重視されるのか」を見ていきました。 インタビューを進める中で、複数に区別されるそれぞれ資金使途について、銀行員はどのように考えているのかを聞くことができました。 第2...
融資

元銀行員が語る「資金使途」第1部:資金使途の重要性について

資金使途とは、資金の使い道のことであり、銀行が融資を判断する際に重視するものだとされています。 そのため、当サイトでもしばしば取り上げてきたのですが、当サイトで取り上げる際には会社目線での解説になることが多かったように思います。 ...
融資

不動産担保はどう評価されている?~銀行員の視点から~

銀行から融資を受ける時、多くの中小企業では、保証人や担保による信用補完を求められます。 特に、不動産を担保とすることで、融資を受けやすくなるケースは多いものです。 保証人を付けたとしても、保証人から確実な回収は難しいこともありま...
融資

あなたの会社が信用保証協会を利用できない5つの原因と対策

信用保証協会の保証を受けることで、プロパー融資を受けられない会社も、銀行から融資を引き出しやすくなります。 このため、保証協会の保証付融資は多くの会社にとって必要不可欠なものであり、資金難に陥りやすい中小企業は特にそうであると言えます...
タイトルとURLをコピーしました