融資

融資

銀行の評価は「取引振り」によって大きく変わる。具体例で学ぶ

銀行が、取引先の会社を評価する基準は色々あります。多くの経営者は、業績や財務が評価の基準になっていると思うかもしれません。 確かに、業績や財務が良好であるに越したことはないのですが、銀行の評価はそれだけでは決まりません。 取引先...
融資

自社の「変事抵抗力」は?後ろ向き融資の交渉でカギになることも

「変事抵抗力」というワードを聞いたとき、ピンとくる人はそれほど多くないと思います。 これは、非常時の抵抗力のことであり、会社の財務的な強さを意味しています。 意味を知れば何ら難しくないものの、表面的に理解しておくだけではもったい...
融資

賞与資金を借り入れるコツは二点だけ!ここを外すと厄介です

多くの会社では、毎年夏と冬の二回、あるいはどちらかの一回、従業員に賞与を支給しています。 賞与を支給するためには、まとまった資金が必要となるため、銀行から賞与資金を借り入れるのが普通です。 賞与資金を借り入れるコツは、他の資金使...
融資

資金使途の把握なくして融資はあり得ない。賞与資金の融資交渉が決裂した例

銀行が融資を判断する際に、重視する要素は複数挙げられます。その中でも、非常に重要な要素でありながら、あまり意識していない社長も多い要素と言えば、「資金使途」です。 借りたお金をどのように使い、それが経営にどう影響し、返済にどうつながってい...
融資

貸借対照表をきれいにし、財務を強化するアプローチは3つ

貸借対照表は、会社の財務状況をまとめたものであり、銀行の与信判断に大きく影響するものです。 この内容から、「煩雑で財務的に弱い」とみなされるか、「すっきりしていて財務的に強い」とみなされるかによって、融資の受けやすさは変わってきます。...
融資

税理士をアドバイザーとして役立てるための考え方とは

税理士に顧問料を支払っている会社は多いものですが、どのような働きを期待できるのか、正しく理解していない経営者が少なくありません。 この点を理解できていない経営者は、税理士と良い付き合いを構築し、充分な貢献を期待することも難しくなります...
融資

深く付き合うべき銀行の見抜き方は?社長たちの意見を参考に考える

取引している銀行がひとつだけの状態を「一行取引」といいます。これは、資金繰りに良くない状態です。 なぜならば、資金の調達先が一か所しかなく、そこから借りられない場合には資金繰りが立ち行かなくなるからです。 それだけに、銀行の提示する...
融資

借りられる決算書とは?銀行員にインタビューしてみました

銀行が与信判断を行うにあたり、最も基本的な資料となるのは決算書です。 これがすべてではないものの、判断の根底になっているのは事実であり、良い決算書であるか、悪い決算書であるかによって、融資を受けられるかどうかが大きく左右されます。 ...
融資

減価償却が分かれば固定資産が分かる!

会社を運営していく上で、固定資産は欠かせない存在です。 土地や建物といった不動産、不動産に伴う設備、機械や工具、車両などの固定資産がなければ、ほとんどの事業は成り立ちません。 固定資産の価値を正しく把握するためには、減価償却を正...
融資

減価償却の計上方法は?業績悪化や粉飾が疑われるのはどんな時?

銀行の与信管理や融資審査では、相手となる会社の業績や財務をできるだけ正確に把握する必要があり、粉飾を見抜いていく必要があります。 特に、中小企業では粉飾が起きやすいため、慎重に分析していくことになります。 粉飾には、銀行を騙そう...