融資

融資

銀行交渉の窓口を経理担当者にしている?それではうまくいきません!

普段からしっかりと銀行交渉をしておくことは、資金が必要となったときの融資交渉に役立つものです。 しっかりと銀行交渉をするには、経営者自ら銀行交渉の窓口になるべきです。 ところが、経理担当者に銀行交渉を丸投げしてしまう経営者も多く...
融資

銀行員を無視したり敵視したりする経営者は後悔する

銀行員と付き合っていくことは、融資をスムーズに引き出していくためにも重要なことです。 しかし、銀行員との相性を過剰に意識したり、銀行員に悪感情を抱いて関係を悪化させたりしてしまう経営者は、意外と多いものです。 銀行員は敵に回すこ...
融資

融資面談に第三者を同行させたい?それは逆効果です

融資面談では、融資判断のために経営者が銀行員と面談するものです。 銀行員は、決算書や計画書などの資料について、経営者の口から説明してもらい、融資判断に役立てようとしています。 この時、うまく説明しなければ融資を受けられないかもし...
融資

銀行との面談でやってはいけない基本事項

銀行との面談では、色々な意味で「貸しても大丈夫な相手であるか」を見ていきます。 このため、会社の業績や財務をより詳しく把握し、「貸しても大丈夫か(返済できるか)」を判断していくこととなります。 しかし、面談では会社の数字だけでは...
融資

金融機関との面談を不安がるのは間違っている!その理由とは?

金融機関に融資を依頼したときには、資料の提出に加え、金融機関と面談する必要があります。 面談は、資料の補完のために行われ、資料では読み取れないことを把握したり、資料から把握した内容に誤りがないかどうかを確認するためのものです。 ...
融資

銀行を嫌えば良い付き合いはできない!嫌いな気持ちを克服しよう

資金繰りを安定させるということは、ある意味で銀行からの資金供給を安定させると言うことでもあります。 このため、会社と銀行は切っても切れない関係と言えます。 当然、銀行とはできるだけ良い付き合いをしていく必要があるのですが、銀行と...
融資

創業準備は一人で進めてはいけない!周りに相談し、サポートも利用しよう

創業を志して準備しているとき、誰にも相談することなく、頼ることなく、たった一人で準備を進めようとする人がいます。 周りに相談しにくい事情があるかもしれませんが、それでも一人で進めていくのはよくありません。 創業準備の際、周りに相...
融資

複数行取引がいいのは当たり前。でもその前に知っておきたいこと。

資金繰りの安定のためには、複数の金融機関と取引することが重要だとされています。 しかし、単純に「とにかくたくさんの金融機関と取引して」と考えていると、思わぬところで行き詰ってしまうことがあります。 複数行取引は重要ですが、正しく...
融資

創業融資で自己資金が重視されるのはなぜ?評価されやすい自己資金とは?

創業融資を受けるためには、日本政策金融公庫に融資を依頼するのが一般的です。 この時、民間金融機関とは違い、日本政策金融公庫の審査では自己資金をかなり重視します。 なぜ、創業にあたって自己資金が重要なのかといえば、それが起業の成功...
融資

創業融資を民間金融機関で受けられない理由とは?

創業融資を受けるためには、民間金融機関の支援はほとんど期待できず、日本政策金融公庫に依頼することになります。 これは、もはや創業にあたっての常識になりつつありますが、なぜ民間金融機関ではなく日本政策金融公庫から借りるのか、深い理由まで...