助成金

助成金

解雇や退職勧奨によって助成金が受給できなくなる。労使交渉のポイントは?

助成金は、主に中小企業を対象に実施されているものであり、中小企業の多くが活用できるように設計されています。 しかし、あくまでも助成を受けられるのは、助成金本来の目的に沿っている会社だけです。 助成金の目的の一つに、労働環境の整備...
助成金

中小企業と大企業で助成金の受給が変わる。どうやって区分している?

助成金には様々なものがあり、支給のための要件や支給額がそれぞれ異なります。 また、特に雇用系助成金に多いのですが、中小企業と大企業で支給額が異なることや、中小企業しか利用できないこともあります。 多くの場合、中小企業のほうが良い...
助成金

非正規社員に手当を支給すれば助成金がもらえる「諸手当制度共通化コース」とは?

キャリアアップ助成金には、複数のコースが設けられており、コースによって取り組みや助成額が異なります。 色々なコースがあるからこそ、自社に最も効果的なコースをしっかりと選び、経営に役立てていくことが重要です。 本稿では、キャリアア...
助成金

労働力の細かい調整に役立つ「短時間労働者労働時間延長コース」とは?

働き方改革により、有給休暇付与の義務化や時間外労働の上限規制が設けられ、労働力の確保が徐々に難しくなってきています。 規制の中で労働時間を調整し、必要に応じて待遇を改善したり、賃金をアップしたりすることで、労働力を確保することを考えな...
助成金

若者の雇用に役立つ「ユースエール認定制度」とは?助成金額もアップします

若手の人材が不足している中小企業は多く、従業員の高齢化を止められずに倒産してしまう会社もあります。 少子高齢化によって、若手の人材がどんどん減っているため、今後は若手の人材を確保できるかどうかによって、企業の生存率は大きく左右されるこ...
助成金

地方の企業が人材雇用に使える「中途採用等支援助成金(UIJターンコース)」について

全国的に、人材不足に悩まされる会社が増えています。 中でも、地方の中小企業が採用活動で苦戦しているケースが多々見られます。 そのような会社は、地方であることによって採用活動で不利を強いられているため、正しい順序で、効率の高い方法...
助成金

助成金の出発点は計画届から。ここをクリアすればあとはスムーズです

働き方改革が推進されている昨今、労働環境の整備や生産性の改善などのために、中小企業は変化を求められています。 この流れに対応できない会社は、社会に取り残されることになるでしょう。 小さな負担でしっかり対応していき、経営の改善にも...
助成金

人事評価とはどんなもの?なぜ人材確保や生産性向上につながるの?

人材不足に悩んでいる会社の中には、定着率や生産性の低さが原因になっていることが多いです。 さらに問題を深掘りすれば、不適切な人事評価によって、定着率や生産性が低くなっているケースがしばしば見られます。 このような会社では、人事評...
助成金

人事評価制度の整備で人材不足の解消を!人事評価改善等助成コースで助成金も受給できる

中小企業の人材不足がますます深刻化している昨今、人材不足の原因を特定し、解消に努めていくことは、全ての会社で早急に取り組むべき課題となっています。 人材不足の原因は、細かい原因を挙げていけば様々なものが考えられるため、具体的に何に取り...
助成金

東京都が実施する「TOKYO働き方改革宣言企業制度」ではどんな支援をしている?

「助成金」と聞いたとき、「厚生労働省の助成金制度」を思い浮かべる人は多いと思います。 しかし、助成金を実施しているのは厚生労働省だけではなく、都道府県などが実施している助成金制度もあります。 特に助成金制度に積極的な都道府県は、...
タイトルとURLをコピーしました