融資に関する記事一覧

スポンサーリンク
融資

法人の納税資金がないとき!融資交渉・借入はポイントを抑えれば簡単!緊急時はファクタリングも

事業によって利益を得た会社は、相応の税金を納める必要があります。 適切な節税を行ったとしても、一定レベルの税金は納めないといけません。 本記事では、納税資金を銀行融資で準備したいと考えている人に向けた記事です。 納税資金の...
融資

【共同担保の罠に注意】融資時の共同担保が厄介な理由とは?外し方やデメリットをわかりやすく解説

銀行から融資を受ける際、銀行は保全のために「担保」を求めることが多いです。 担保の形態にはいくつかありますが、そのひとつである「共同担保は経営者が避けるべき担保条件」と言われています。 共同担保を受け入れてし...
融資

銀行からの融資提案が好条件なのは本当?対話や稟議から考える|緊急時はファクタリングがおすすめ

中小企業の財務基盤は、一般的にそれほど強いものではないため、資金繰りには銀行融資が不可欠です。 しかし、融資は簡単に受けられないことも多く、銀行交渉に頭を悩ませることも多いと思います。 そんな会社にとって、銀...
融資

銀行の評価が変わる「取引振り」の意味とは?資金調達・融資を引き出す交渉カードにしよう

銀行が取引先の会社を評価する基準は多種多様です。 多くの経営者は、業績や財務状況が評価の基準になっていると思うかもしれません。 確かに、業績や財務が良好であるに越したことはないのですが、銀行の評価はそれだけで...
融資

銀行は会社と経営者の背景をどこまで調べているの?前科と融資の関係は?

銀行の融資審査では、「会社や経営者が融資対象として相応しいか」を真っ先に調べます。 経営者を審査した結果、審査内容に問題があれば、その他項目への審査には移りません。 それくらい銀行は「経営者の背景(=反社会的...
融資

銀行との面談で損しないための注意事項:手土産・お菓子・服装などの基本を解説

銀行との面談では、さまざまな角度から面談相手が「貸しても大丈夫な相手であるか」を見ます。 単なる会社の業績や財務などの数字だけでなく、経営者との面談を通して総合的に判断していきます。 基本的なビジネスマナーが...
融資

法人融資で代表者以外が連帯保証人になる場合とは?なしでも良い?誰でも良い?経営者保証を解説

銀行から融資を受ける際、経営者が連帯保証人になるケースがほとんどです。 なぜ銀行が連帯保証人を求めるのか「その理由」を知れば、融資を受けるためによりよい準備ができるようになるでしょう。 なお、ガイドライン上で...
融資

コミットメントライン契約の意味とは?当座貸越との違い・手数料・メリットをわかりやすく解説

銀行の融資形態の一つに「コミットメントライン」があります。 あらかじめ銀行と決めた期間・融資枠の範囲内での融資を約束(=コミット)する契約です。 融資の約束を取り付けるものであるため、会社の資金繰りを行ううえ...
融資

バンクミーティングとは?リスケで失敗しないために注意したいポイント、流れを紹介

経営が苦しくなった会社は、銀行に対しリスケ(=リスケジュール)を希望することがあります。 ここで言うリスケとは、銀行から受けていた融資の返済が苦しくなった際の「返済計画の見直し」を意味します。 リスケによって...
融資

銀行が保証協会を使いたい理由とは?代位弁済やプロパー融資、保証免責事項についても解説

中小企業が銀行に融資を依頼すると、多くのケースで「保証協会付き融資なら融資できますよ」と返答されます。 なぜ銀行は保証協会付きの融資を好むのでしょうか。 本記事では、保証協会付き融資の内容や銀行にとってのメリ...
スポンサーリンク