助成金

義務化に伴う負担の軽減こそ助成金の本領!ストレスチェック助成金とは?

近年、働き方改革が推進されていることにより、労働時間や休暇日数、最低賃金など、会社に一定の取り組みが義務づけられることが増えてきています。 中には「努力義務」としているものもありますが、いずれは罰則規定も厳しくなってくることが予測され...
助成金

人間関係に悩んで離職する若手は多い。助成金を活用しながら良好な環境を築くためには?

若手の離職率が高く、従業員の高齢化に悩んでいる中小企業が増えています。 そのような会社では、若手の離職率低下が急務となっています。 若手の離職率を下げるためには、自社で若手の離職が起こっている理由を探し、改善に取り組む必要があり...
融資

売掛金の回収が遅れて資金繰りに混乱が!そんなときの銀行交渉は・・・

資金繰りを回していくにあたって、売掛金が正しく入金されることを織り込んで資金繰りをしている会社は多いことと思います。 このような会社では、売掛金の回収に問題が生じると、資金繰りが狂う危険性が高いです。 売掛金の遅れによって資金が...
資金繰り

地域金融機関は中小企業の味方って本当?

会社を経営していく上で欠かせないのが、銀行からの融資です。 資金不足に陥りやすい中小企業では、特に銀行の重要性が高いと言えるでしょう。 しかし、経営基盤がぜい弱な中小企業では、銀行との融資交渉に苦労することも多いものです。 ...
資金繰り

経営改善を難航させる経営者のマインド「これだけやったのだから・・・」

経営改善のためには、会社の利益を食いつぶしているものや、赤字拡大につながっているものを排除していく必要があります。 中でも重要なのが、不採算事業からの撤退です。 これまで、その事業に多くの投資をしてきた場合、 「これだけや...
資金繰り

経営は利益の再投資の繰り返し。投資を正しく知れば経営が変わる!

会社とは、成長し発展していくべきものですが、多くの会社が衰退していき、倒産していきます。 その中で生き残っていくためには、会社が成長し続けるためにも、利益を適切に投資に回していくことが重要です。 いわば、経営は利益の再投資の繰り...
資金繰り

会社の成功と失敗、明暗を分けるのは「キャッシュ・イズ・キング」の信念だ!

経営者の皆さんは、現金の重要性をどのように認識しているでしょうか。 現金は資金繰りに欠かせないものであり、成功する企業ほど現金を意識した経営をしているものです。 現金と他の資産の重要性をどのように認識しているかによって、経営の成...
融資

会社の事業性はどう評価される?その流れと方針について

金融機関が融資を判断する際には、事業性も評価することがあります。 もっとも、すべての会社に対して事業性評価を行うのは無理があるため、対象となる会社を絞って評価していきます。 これにより、財務内容と事業内容の両面から評価を受けられ...
助成金

助成金の受給額が増額される生産性要件とは?

助成金の中には、生産性が向上した場合に、支給額が増額されるものがあります。 この仕組みをうまく活用していけば、より多くの助成金を受給することができ、会社の負担を軽減しやすくなります。 また、単に受給額が増えるだけではなく、生産力...
助成金

トヨタ方式に学ぶ労働能率の改善。これで助成金の加算は約束された

助成金の活用を加速するためには、生産性の向上が欠かせません。 助成金の多くでは、生産性要件を満たした場合に助成金の加算を行っているため、生産性を向上させた会社ではより多くの助成金を受給し、メリットを高めていくことができるのです。 ...
助成金

助成金活用を加速させるためのジョブ・カード制度の基礎知識

働き方改革が進んでいる今、助成金の活用によって負担の軽減を図っている会社も多いことと思います。 しかし、助成金を活用したいと思っても、求職者とのミスマッチによって、うまく活用できない会社もあることでしょう。 例えば、キャリアアッ...
助成金

時間外労働等改善助成金の時間外労働上限設定コースを使えば、時間外労働の上限規制がチャンスになる

労働基準法が改正されたことにより、 大企業では2019年4月1日から 中小企業では1年の猶予を設けて2020年4月1日から 時間外労働の上限規制が実施されます。 従来の法律では、時間外労働の基準定めつつも罰則など...
助成金

テレワークの導入で経営はどう変わる?使える助成金はある?

働き方改革が推進され、多様な働き方ができる社会を実現するべく、政府は様々な支援を行っています。 中でも、場所や時間を選ばずに働く「テレワーク」が奨励されています。 テレワークが普及すれば、個々人の事情に応じて柔軟な働き方ができる...
融資

他行との競合が融資に効くのはなぜ?銀行員目線で考えてみると・・・

一行取引は危険であり、複数の銀行と取引すべきである、そのほうが安全であるし、融資条件もよくなる・・・といったことは、当サイトでもしばしば説明してきました。 すでにご存じの人も多いと思います。 しかし、複数の銀行が絡む融資先に対し...
融資

倒産の危機にある会社は融資を受けられない。そんな会社が気を付けるべきこと

銀行が融資を断る理由にはいくつかありますが、 会社の経営がうまくいっていない 財務的にもギリギリの状態にある 融資すれば貸し倒れになるリスクが高い そんな場合は、高確率で融資を断ることになります。 そのよう...
資金繰り

今すぐ資金繰りを把握したい!決算書から大雑把に見る方法

これまでは何とか資金繰りが回ってきたものの、最近どうも怪しい気がする・・・そんな時には、すぐに資金繰りを把握すべきです。 しかし、中小企業の多くでは資金繰り表を作っていないため、資金繰りを把握できない会社もあると思います。 そん...
資金繰り

事業性を評価してもらおう!事業性評価の基礎知識

銀行が会社の融資を検討するとき、決算書や資金繰り表などの資料を求められ、数字を詳しく見られます。 このため、融資の判断は数字によってのみ行われると考えている社長も多いはずです。 また、金融機関や支店の方針、あるいは銀行員の考え方...
融資

二期以上の連続赤字でも融資を受けることはできるのか?唯一の突破口をさぐる

赤字決算の会社は、銀行から融資を受けることが難しくなります。二期以上の連続赤字ともなれば、融資交渉は困難を極めます。 しかし、二期以上の連続赤字だからといって、100%融資を受けられないということではありません。 連続赤字から脱...
タイトルとURLをコピーしました