スポンサーリンク
融資

自社の「変事抵抗力」の意味とは?後ろ向き融資の交渉でカギになることも、無理ならファクタリングがおすすめ

「変事抵抗力」とは、非常時の抵抗力のことであり、会社の財務的な強さを意味しています。 会社の変事抵抗力を銀行がどう見ているか、融資交渉にどのように影響するかなどを理解していると会社に経営に役立ちます。 意味を知れば難...
ファクタリング

【資金調達法】売掛債権証券化とは?ファクタリングとの違い、仕組み、債権流動化について

中小企業経営者の中で資金繰りに悩んでいる方には、下記3種類の資金調達方法をぜひ確認していただきたいです。 売掛債権証券化←本記事で詳しく解説 ファクタリング 売掛債権担保融資 これらの方法を使えば、...
資金繰り

手形の不渡りを起こすとどうなる?銀行から連絡はくる?不渡りを起こさないための対応・対策まとめ

手形は、支払いを先送りすることができる便利なツールです。 しかし、約束した期日に支払えなかった場合には、手形は不渡りとみなされ、取引先や銀行から大きく信用を失うこととなります。 とくに、6ヶ月以内に2回の不渡りを起こ...
融資

融通手形での資金調達は危険!銀行とまともに付き合えなくなるかも…その前にファクタリングを利用しよう

融通手形は取引の実態がないにもかかわらず、銀行で割り引いてもらうためだけに発行される手形です。 資金繰りが苦しい企業が、相手先に謝礼を支払うことなどを条件として振り出してもらいます。 こういった取引実態のない手形を銀...
融資

銀行が融資したくなる自己資本比率とは?40%以上が目安!?足りないときはファクタリングがおすすめ

会社の安全性を図る指標の1つに、「自己資本比率」があります。 自己資本比率とは、外部から調達した他人資本ではなく、自己資本がどれくらいの割合を占めているかを示すものです。 自己資本比率が高いということは、外部の資本に...
融資

「調達余力」とは?返済能力がなくて銀行借り入れが難しいときはどうすればいい?緊急時はファクタリングがおすすめ

銀行が融資を判断するとき、もっとも重視する要素は返済能力です。 融資した資金を約束通りに返済してくれるかどうかによって、融資判断は大きく変わります。 もちろん返済能力がない会社に対して、銀行は融資を渋ります。 ...
融資

銀行員目線での財務分析基準を知って融資対策に役立てよう!緊急時はファクタリングがおすすめ!

銀行融資を受けるにあたり、提出書類の中でも最も重視されるのは決算書だと言われます。 決算書に現れている業績や財務を分析することにより、銀行は融資するにふさわしい会社であるかどうかを審査していくのです。 しかし...
融資

銀行の融資担当役席とは?仲良くなって融資を有利に引こう

銀行との取引を円滑にするためには、行員との関係を深めていくことが非常に効果的です。 中でも、融資を円滑にするには、融資判断の鍵を握っている融資担当役席との関係を深めていくことが重要です。 月1回の情報提供を通...
融資

【資金調達】銀行交渉でやってはいけないこと4つ・緊急時はファクタリングがおすすめ

融資を受けることに対して、銀行と交渉するという視点を持つ経営者はあまりいません。 しかし、銀行は融資をしたお金を回収することで利益を上げており、銀行にとって融資は商売です。 当然、融資にあたっては交渉があ...
融資

会社の事業性評価とは?融資とどう関係がある?やり方、流れ、金融庁の方針を解説

金融機関が融資を判断する際、「事業性」も評価することがあります。 もっとも、すべての会社に対して事業性評価を行うのは無理があるため、対象となる会社を絞って評価するのが一般的です。 これにより、「財務内容」と「...
スポンサーリンク