助成金

新型コロナウイルス対策で危機関連保証が発動。さらに2億8000万円の保証枠が使える

新型コロナウイルス対策のために、政府は矢継ぎ早に対応策を打ち出しています。 その一つが、信用保証協会の保証の拡充であり、すでにセーフティネット保証4号・5号による支援が実施されていました。 さらに、これに加えて「危機関連保証」の...
助成金

新型コロナウイルス対策に雇用調整助成金の活用を!緩和措置の詳細と活用のポイント

政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するために、全国の学校に休校を要請したり、様々なイベントの中止を要請したりしています。 これにより、子供の面倒を見なければならない親が休暇を希望したり、業務がままならない期間は従業員の出勤を制...
融資

低金利で資金調達できる新型コロナウイルス感染症特別貸付とは?

新型コロナウイルスの収束が見えず、経済への打撃が加速度的に拡大しています。 一部の試算によれば、新型コロナウイルスによる2020年の経済的損失は、全世界で100兆円にのぼるとも言われています。 日本においても、中小企業の資金繰り...
助成金

セーフティネット保証の要件に該当しない?ならば政府系金融機関に相談を

新型コロナウイルスの拡大によって、中小企業の経営が行き詰る懸念が濃厚になりつつあります。 このため、政府は2月28日、中小企業の資金繰りを支援すべく、セーフティネット保証4号の実施を表明しました。 ただし、今回実施されることとな...
助成金

最低賃金を上げるときに使える業務改善助成金とは?

政府は、働き方改革の方針の一つに最低賃金の引き上げを掲げており、年間3%の引き上げを目標としています。 これにより、2016年、2017年、2018年と3年連続で、目標通り3%以上の引き上げを実施しており、業績が伸びないまま最低賃金の...
資金繰り

セーフティネット保証で新型コロナウイルス対策。4号と5号の違いと使い分けについて

新型コロナウイルスにより、資金繰りが圧迫されている中小企業が急増していることを受けて、政府は2月28日、セーフティネット保証4号の実施に踏み切りました。 セーフティネット保証4号は、突発的な原因によって経済への深刻な影響が懸念される場...
資金繰り

新型コロナウイルス対策でセーフティネット保証4号が実施へ。通常の融資との違いは?

今年に入ってから、新型コロナウイルスが猛威を振るっています。連日の報道からも、その影響の大きさは明らかですが、特に中小企業者において売上の減少と資金繰りの悪化が深刻になりつつあります。 これに対処すべく、政府は2月28日、セーフティネ...
助成金

働き方改革で中小企業が受ける影響と拡充される助成金制度

働き方改革が推進されたことにより、企業は様々な変化を求められています。 この変化に消極的に対応する会社と、積極的に対応する会社とでは、大きな差が出てくることでしょう。 積極的に対応する会社では、助成金制度による支援を受けることも...
助成金

外国人労働者で人材不足を解消しよう!教育費用の助成も受けられる

生産年齢人口の減少が続いている日本では、企業の人材不足が深刻化しています。これに対処するための方法の一つに、外国人労働者の雇用があります。 日本で働く外国人労働者は増加傾向にあるものの、積極的に受け入れる会社は少ないため、うまく取り入...
助成金

人材不足解消のためには、生産性向上よりも人材確保が重要な理由

人材不足を解消するための重要なアプローチには、生産性向上と人材確保の二つがあります。この二つは、確かに人材不足解消のための二本柱であり、どちらも欠かせない要素です。 しかし、すでに深刻な人材不足に陥っている会社では、資金に余裕もなく、...