銀行員の正月・土日事情。銀行交渉もお休みです

銀行員は非常に忙しい仕事ですが、銀行員にも休みがあります。

非常に忙しい彼らだからこそ、業務から解放される休日を大切にするものです。

したがって、銀行員のお休み事情を踏まえずに交渉を図ると、非常に悪い印象を抱かれる恐れがあります。

本稿では、銀行員が完全に休みとなる正月、休みであるものの忙しい土日に焦点をあてて、銀行のタイミングを考えていきます。

銀行員のお休み期間

 

金融再編が進んだことにより、金融機関同士の統合、支店の統合などを受け、銀行員一人当たりが抱える業務量は大きくなっていきました。

このため、銀行員は非常に忙しい仕事であり、離職率も高いと言われています。

したがって、銀行と交渉する経営者も、この事情を踏まえて融資交渉を進めることが大切です。

銀行員に交渉すべきタイミング、交渉しても無駄なタイミングなどを知っておけば、交渉の役に立つわ。

銀行に交渉すべきタイミングは別の記事で詳しく説明していますが、本稿では交渉しても絶対に無駄なタイミング、むしろ悪印象を持たれてしまうタイミングについて紹介していきます。

CF戦隊
CF戦隊

もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

アクセルファクターについての関連記事はこちら

正月は完全休業

まず、正月についてみていきましょう。

銀行員がいくら忙しいからといって、多くの会社と同じように三が日は連休となり、銀行員もしっかり休みをとります。

その他の休日であれば、銀行員はなかなか連休をとりにくいのが実情です。

カレンダーの上では連休となっていても、何らかのトラブルがあれば休日返上で働くこともありますし、上司からの連絡を受けることもあり、完全に連休とはなりにくいのです。

しかし、正月三が日だけは、顧客とのトラブルにも対応しませんし、上司からの連絡を受けることもありません。

したがって、銀行員にとっては正月だけが唯一完全な休みとなるのです。

もちろん、正月期間中にATMその他のシステムに対応している銀行員もいるわけですから、全員が完全休暇とはいかないでしょうが、大部分の銀行員が休みを取っており、銀行員もほっと一息ついている期間と言えます。

CF戦隊
CF戦隊

もし貴社が、新型コロナウイルスで売上が低迷しているなら、この人達が救済してくれるゾ!

特に、12月に数字を上げようとする銀行は多いため、銀行員にとっての正月は、「目の回るような12月が終わって、ほっと一息」というタイミングなのです。

資金繰りに奔走している経営者の中には、12月中に資金繰りの算段がつかず、1月に入ってすぐに金策に奔走したい人もいると思います。

世間全体がお休みしている正月だからこそ、他社に先んじて銀行交渉を始めることで、融資を引き出そうとする人もいるかもしれません。

しかし、ようやく一息ついているタイミングで、融資を相談される銀行員にとっては、たまったものではありません。

なんとか融資担当者と連絡を取ろうとして、正月早々動き回っていると、熱心な経営者だと思われるどころか、非常識な経営者、せっかくの休みを台無しにする経営者だと思われてしまいます。

そんなことがないように、経営が苦しい経営者も正月は交渉を考えず、正月明けからの交渉計画を頭に描いておこう。

※1月の銀行交渉について、詳しくはこちら

銀行交渉は1月から始めよう!1月からの交渉が効果的な理由
銀行交渉に適した時期は色々ありますが、そのうちのひとつに1月が挙げられます。 1月の銀行はそれほど忙しくないため、交渉がしやすいのです。 また、交渉しやすいタイミングは色々ある中で、あえて1月に交渉を始めることで期待できるメリッ...
CF戦隊
CF戦隊

返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

土日もお休みだが・・・

毎週の土曜日・日曜日はどうかと言えば、銀行のほとんどで土日は休みですから、銀行員のほとんども休みです。

もちろん、顧客とのトラブルや上司からの呼び出しなどで、実質的には土日も働いているような銀行員も多いのですが、働き方改革などが進んでいる昨今、コンプライアンスに神経質な銀行では、土日休みというケースがほとんどです。

土日の過ごし方も、基本的に自由です。

銀行から縛られるようなこともありません。

とはいえ、銀行員の多くは土日を勉強時間に充てています。

銀行業務検定試験を四半期に一度受験する必要がありますし、その他のフィナンシャルプランナーの試験なども推奨されているのですが、平日の激務の中ではその勉強も困難です。

そこで、土日を勉強時間に充てる銀行員が非常に多いんだ。

また、銀行員によっては融資先の情報を整理したり、来週の訪問予定を立てたりと、出勤していないだけで仕事をしている人もたくさんいるようです。

もちろん、その忙しい中でなんとか時間を見つけて、家族サービスに励んでいる銀行員もいることでしょう。

このため、土日はのんびりしているだろうと考えて担当者に交渉を図ると、銀行員によってはそれを疎ましく思う人もいるはずです。

ですから、週明けを待って交渉するのが無難です。

もっとも、週初めの月曜日は忙しくなるのが普通ですから、できれば火曜日に交渉することを意識するのが良いでしょう。

CF戦隊
CF戦隊

業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

本稿で紹介した通り、銀行員にとって正月は唯一の完全休養日であり、このタイミングで交渉を図るのは愚の骨頂です。

また土日には、平日とは異なる意味で忙しくしている銀行員が多いことから、土日に交渉を図ることも避けたほうが良いでしょう。

CF戦隊
CF戦隊

銀行員との交渉では、交渉すべきタイミングと、交渉すべきではないタイミングをしっかりと押さえることが大切だよ!

コメント