1. TOP
  2. 融資
  3. 運転資金が…そんな困ったを即解消できる事業者ローンの安心利用ガイド

運転資金が…そんな困ったを即解消できる事業者ローンの安心利用ガイド

事業者ローンを利用して資金を調達するには、ファクタリングと同様にメリット、デメリットがありますし、総量規制も気になります。

しかし、審査が甘い業者もありますが、それなりの金利が発生するので利用するときは慎重になった方がいいです。

事業者ローンと総量規制の考え方

事業者ローンは資金を必要とする企業にとって救いの手となる金融商品です。

事業者、すなわち個人事業主や法人など事業を営む者に向けて提供されるローン商品で、事業資金や設備資金などに利用することができます。

事業者ローンの申し込みをしたいと考えている方もおられるかもしれませんが、総量規制があるからそこまでたくさんのお金を借りることができないのではと思っている方もおられるかもしれません。

しかし、総量規制は貸金業法によって規制されているものですから、銀行が扱う事業用ローンなどは利用できます。

そもそも総量規制とは年収の三分の一までしかお金を借り入れることができないという規制です。

2010年より施行された規制で、消費者金融での多重債務などが社会問題となったことで施行されました。

以前は消費者金融などいわゆる街金融でも多額のお金を借りることができましたし、主婦や学生でも借りることができていたのですが、現在ではそれができなくなっています。

ただ、先ほども言ったようにこれは貸金業法によって規制されているものであり、銀行法で規制される銀行からの借り入れなら可能ということになります。

企業にとって資金不足は深刻な問題ですし、資金が足りないと事業を継続することすら困難になってしまうことがあります。

運転資金が足りなくなると取引先への支払いができなくなったり、従業員に支払うための給与を用意できなくなるということも考えられるでしょう。

企業による資金調達方法だと融資以外にもファクタリングのような方法もありますが、ファクタリングはそもそも売掛債権がないと利用することはできません。

売却するほどの売掛債権がないというケースだと事業用ローンなどを利用するほうが現実的ではないでしょうか。

企業の経営者によってはビジネスローンは総量規制があるから借りられない、と考えている方もおられるでしょうが、総量規制はそもそも個人の借り入れ額の上限を年収の三分の一と定めています。

つまり、事業用ローンでは最初から総量規制は関係ないということになります。

ノンバンクの事業用ローンも利用できますし、もちろん銀行が用意している事業者ローンも利用できるのです。

ただし、直近の確定申告書や事業計画書をきちんと提出できる場合に限り総量規制の対象外になると定められているため、これらの書類を用意できないのなら利用は難しいでしょう。

事業用ローンを検討するのなら必要書類をきちんと揃えられるかどうかが肝となります。

 

 

事業者ローンを使うメリット

ビジネスローンとも呼ばれることがある事業者ローンですが、利用するメリットはいくつも挙げられます。

まず、急に資金が必要になったときなどに対応できる事業用ローンが多いというのは大きなメリットではないでしょうか。

通常の融資だと審査に長々と時間がかかってしまうこともよくありますし、審査が長引いた挙句融資を断られてしまうということもあります。

事業用ローンの場合、なるべくお金を早く用意したいと考える事業者が利用することを前提としているためスピーディな対応を可能とする商品が多い傾向にあります。

もちろん、審査のスピードは業者によってまちまちです。

ノンバンクにしろ銀行にしろ審査スピードはそれぞれ違ってきますからそこは注意しなくてはなりません。

ただ、先ほども言ったように事業用ローンというのはスピードを重視している傾向にありますし、急ぎの資金にすぐ対応できるような性質を持っていますから遅くても3営業日内に融資可能というケースが多いです。

早いところだと申し込みから審査、融資までが1時間以内というところもありますから、これだと急に多額の資金が必要になったときにも対応できます。

融資を受ける際に担保や保証人を求められるケースは少なくありません。

借りた人がお金を返せないとなると貸した側からすると困ってしまいますし、そのようなリスクはなるべく背負いたくないものです。

そこで、貸す側の貸金業者や銀行は保証人や担保を求めることが多いのですが、事業用ローンだと無担保保証人なしで融資してくれるケースがほとんどです。

ただ、これも扱っている業者や銀行によって対応が変わってきますし、融資を求める金額によっては担保や保証人を求められてしまうこともあります。

これまでの借り入れ状況などを精査した結果保証人を求められるということもあります。

資金の使い道について聞かれることはほとんどありません。

基本的に事業用ローンというのは事業のために使うことを目的としているローンですし、事業に使うのなら特に使い道などを問われることはないのです。

ほかの金融商品だと使い道を聞かれることもありますが、事業用ローンに限ってはそのようなこともまずありません。

従業員への給料や設備投資、取引先への支払いなどビジネスに関連することにならたいてい使うことができます。

また、総量規制の対象外となっているのもビジネスローンの大きな特徴でありメリットと言えるのではないでしょうか。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

事業者ローンを使うデメリット

たくさんのメリットがある事業者ローンを申し込んでみたいと考えている方もおられるでしょうが、ビジネスローンにはメリットだけでなくデメリットもあるということは覚えておきましょう。

魅力的な部分だけを見て決めてしまう方が大半ですが、きちんとデメリットや注意点について理解していないと後悔してしまう羽目になるかもしれません。

では、実際にどのようなデメリットがあるかということですが、まずは金利の高さが挙げられます。

特にノンバンクの事業用ローンだと公的融資や銀行融資と比べるとどうしても金利が高くなりがちです。

できることなら低金利で借りたいと考えるのが普通ですし、高い金利で借りたいと考えるような人はいないでしょう。

扱っている業者にもよりますが、金利はだいたい4~17%程度に設定されていますし、上限金利が適用されるとなるとかなりの高金利で借り入れをすることになります。

人によっては下限金利のほうを見て「金利が安い」と思ってしまいますが、初回の利用で下限金利が適用されることはまずありません。

初回の利用だとほぼ間違いなく上限金利、もしくはそれギリギリの金利を設定されてしまいます。

また、事業用ローンは大口融資が可能という魅力がありますが、だからといって必ずそこまでの金額を融資してくれるわけではありません。

例えば、最大2000万円まで融資可能という事業向けローンがあったとします。

しかし、誰もが2000万円ものお金を借りることができるわけではありませんし、2000万円を希望していたとしても1000万円程度の融資になってしまうこともあります。

融資上限額と利用可能額はまったく別物と考えて良いでしょう。

業者のホームページなどではだいたい融資上限額が掲載されていますが、審査次第で借りられるお金の限度額は変わってきます。

このように、事業用ローンにはたくさんのメリットがある分デメリットもあります。

メリットもデメリットもしっかりと理解することで初めて事業用ローンを活用することができますから、まずはしっかりと基礎的なことを覚えてください。

.現在では多くのノンバンクがビジネスローンを扱っていますし、銀行でも当たり前のように事業用ローンを取り扱っています。

銀行だと低金利で融資額も大きいですが、ノンバンクに比べると審査は厳しくなりがちです。

こうしたことも覚えておかねばなりません。

資金調達は融資だけが道ではありませんし、ファクタリングなども検討しつつ考えてください。

 

審査が甘いローン会社

事業者ローンを利用したいと考えても誰もが利用できるわけではありません。

事業用ローンに限らず、銀行や貸金業者からお金を借りる場合には審査を受ける必要がありますし、審査次第では融資を受けられないことも多々あります。

審査基準は業者や銀行ごとに異なりますし、A社では審査に通ったのにB社では審査に落ちてしまったということもザラにあります。

資金に困っている事業者だと確実に審査をクリアしたいと考えるのは当然ですし、そのためには少しでも審査が甘い会社を見つけなくてはなりません。

現在では数多くの貸金業者がビジネスローンを取り扱っていますし、事業用ローンを扱わない業者は稀です。

もちろん、ジャンルを絞り込んで営業している貸金業者などもいますから一概には言えませんが、多彩なローン商品を扱っている貸金業者なら事業ローンをたいてい扱っています。

審査基準は業者ごとに異なりますし、比較的厳しくチェックしてくる会社もあれば甘い会社もあるため、確実に融資をしてもらいたいのならそれを見極めなくてはなりません。

インターネット上の口コミなども参考に、少しでも審査が甘いと言われている会社を探しましょう。

オンラインで申し込みができ、即日融資可能という業者でも審査が甘いところはあります。

このような業者で借り入れを行う場合だとスピーディに現金を用立てることができますし、オンラインでの申し込みとなるため手間もかかりません。

わざわざ業者のもとに足を運んで煩雑な手続きをする必要もありませんし、自宅のパソコンやスマホから申し込みができてしまうのです。

審査が比較的甘いローン会社というのは実際に存在しますし、そのような情報は今や簡単に手に入れることができます。

まずはネットを駆使して情報収集してください。

ノンバンクにこだわりがあるのなら別ですが、銀行での事業用ローンも検討してみてはいかがでしょうか。

先ほども言ったように、銀行でも事業者ローンを扱っているところはたくさんあります。

メガバンクと呼ばれる大手銀行はもちろん、主要な地方銀行でも事業者向けローンを扱っているケースは多いですから、ノンバンクだけでなく銀行の事業向けローンも検討してみましょう。

ただ、銀行のビジネスローンは低金利という魅力こそあるものの審査は厳しめです。

決して甘い審査ではありませんし、審査から融資までに時間がかかるケースが多いことは覚悟しておきましょう。

時間があるのなら銀行、ないのならノンバンクがおススメです。

 

 

事業者ローンの金利相場

これから事業者ローンを申し込む、利用するという方だとまずは金利相場について知らなくてはなりません。

何事にも相場が存在しますし、相場をまったく知らずして利用するのは愚かなことです。

事業者ローンも現在ではさまざまなノンバンクが扱っていますし、銀行も多彩なビジネスローンを取り扱っています。

それぞれの業者によって利率は大きく異なってきますから、少しでも低金利で利用できるビジネスローンを見極めて申し込むようにしましょう。

ただ、ビジネスローンを利用したいと考えるくらいの方ですから少しでも早くお金が欲しいと考えている方が大半のはずです。

悠長に長々と待つことはできないという方がほとんどでしょうし、それを考えるとどうしてもノンバンクからの借り入れとなってしまいます。

低金利ということだけで考えると銀行や公的融資がもっともベストな選択となりますが、先ほどもお話したように銀行や公的融資だと審査から融資までに時間がかかってしまいます。

最近では銀行でも即日融資を謳うところが増えているものの、事業用ローンのような多額の融資となると即日融資してくれるところは少ないのが現実です。

ノンバンクの事業用ローンを利用する場合の金利相場ですが、だいたい9.8~18%程度になるケースが多いです。

実際にはもっと低い上限金利が設定されることもありますが、とりあえず目安としてこの数字を覚えておくと良いでしょう。

これ以上の利率になることはないと思います。また、最低金利については業者によって本当にまちまちですし、6%くらいにしているところもあります。

しかし、いきなり最低金利が設定されるということはまず考えられませんし、初回利用だとほとんどのケースにおいて上限利率が適用されます。

これから事業用ローンを利用したいと考えているのなら、まずはいろいろな貸金業者の公式ホームページなどに目を通して利率をチェックしてください。

ノンバンクなら融資までのスピードは銀行と比べて圧倒的に速いですし、急な資金が必要というシーンでも重宝できるでしょう。

ただ、ノンバンクは銀行よりも利率が高いですし、その利率は業者によって細かく違ってきます。

同程度のスピード感で融資してくれるのなら少しでも低金利で融資してくれるところを選びたいものですし、それを考えるとやはりいろいろな業者の利率をチェックするしかありません。

さっそくインターネットでリサーチしてみましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 事業者ローンを受ける前に検討できる資金調達とは?

  • 手形サイトが長い…そんな時は手形割引で即現金化!

  • 手形は裏書する以外に活用方法はないのでしょうか?

  • ファクタリングで資金調達、手数料・会計処理・印紙について

  • 借りる前に!運転資金を融資以外で調達する方法4選

  • ファクタリングで資金不足を解消!まずは基礎知識から