銀行

融資

稟議書こそ融資対策の虎の巻!稟議書を徹底解説

銀行が融資を審査する際、融資担当者が稟議書を作っていることについては、多くの人が知っていると思います。 しかし、稟議書が審査に非常に大きな影響を与えるものでありながら、それを知らずに軽視する人も少なくありません。 また、稟議書は...
融資

銀行からの融資提案はなぜ好条件?対話や稟議から考える

中小企業の財務基盤は、一般的にそれほど強いものではないため、資金繰りには銀行融資が不可欠です。しかし、融資は簡単に受けられないことも多く、銀行交渉に頭を悩ませることも多いと思います。 そんな会社にとって、銀行側から融資を提案してくると...
融資

債務超過で保証枠・担保枠もない。預金量を突破口にプロパー融資を引き出す交渉術

銀行と融資交渉をするとき、業績や財務が健全な会社はそれほど苦労することがないものの、業績が悪化傾向にある、赤字である、債務超過であるなどの問題を抱えていると、たちまち融資交渉が難航します。 特に債務超過は、会社の資産を全て売却しても負...
融資

銀行員目線での財務分析を融資対策に役立てよう

銀行融資を受けるにあたり、提出書類の中でも最も重視されるのは決算書だと言われます。 決算書に現れている業績や財務を分析することにより、銀行は融資するにふさわしい会社であるかどうかを審査していくのです。 しかし、決算書が全てではな...
融資

売掛金の回収が遅れて資金繰りに混乱が!そんなときの銀行交渉は・・・

資金繰りを回していくにあたって、売掛金が正しく入金されることを織り込んで資金繰りをしている会社は多いことと思います。 このような会社では、売掛金の回収に問題が生じると、資金繰りが狂う危険性が高いです。 売掛金の遅れによって資金が...
融資

会社の事業性はどう評価される?その流れと方針について

金融機関が融資を判断する際には、事業性も評価することがあります。 もっとも、すべての会社に対して事業性評価を行うのは無理があるため、対象となる会社を絞って評価していきます。 これにより、財務内容と事業内容の両面から評価を受けられ...
融資

他行との競合が融資に効くのはなぜ?銀行員目線で考えてみると・・・

一行取引は危険であり、複数の銀行と取引すべきである、そのほうが安全であるし、融資条件もよくなる・・・といったことは、当サイトでもしばしば説明してきました。 すでにご存じの人も多いと思います。 しかし、複数の銀行が絡む融資先に対し...
融資

倒産の危機にある会社は融資を受けられない。そんな会社が気を付けるべきこと

銀行が融資を断る理由にはいくつかありますが、 会社の経営がうまくいっていない 財務的にもギリギリの状態にある 融資すれば貸し倒れになるリスクが高い そんな場合は、高確率で融資を断ることになります。 そのよう...
資金繰り

事業性を評価してもらおう!事業性評価の基礎知識

銀行が会社の融資を検討するとき、決算書や資金繰り表などの資料を求められ、数字を詳しく見られます。 このため、融資の判断は数字によってのみ行われると考えている社長も多いはずです。 また、金融機関や支店の方針、あるいは銀行員の考え方...
融資

二期以上の連続赤字でも融資を受けることはできるのか?唯一の突破口をさぐる

赤字決算の会社は、銀行から融資を受けることが難しくなります。二期以上の連続赤字ともなれば、融資交渉は困難を極めます。 しかし、二期以上の連続赤字だからといって、100%融資を受けられないということではありません。 連続赤字から脱...