銀行員はビジネスマナーを見ている。例えば名刺交換について

銀行交渉では、銀行と会社がうまく付き合っていくと同時に、銀行員と経営者がうまく付き合っていくことも大切です。

銀行員と付き合うとき、経営者は経営能力や人間性だけではなく、ビジネスマンとしての資質も評価されています。

本稿では、経営者のビジネスマナーが、銀行員の評価に与える影響について解説していきます。

銀行員は経営者をよく見ている

資金繰りのためには銀行交渉が欠かせませんが、銀行交渉の際には必ず銀行員と接触する必要があります。

融資を申し入れる際にはもちろんのこと、新規の取引銀行を開拓するとき、毎期の決算書を提出するとき、あるいは銀行員の自社への訪問を受けたときなど、接する機会は少なくありません。

このため、銀行と良い付き合いをしていくということは、銀行員と良い付き合いをしていくことでもあります。

銀行員はどのように考え、経営者をどのように見ているかを知っておくことが、良い付き合いにつながります。

CF戦隊
CF戦隊

もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

アクセルファクターについての関連記事はこちら

銀行員は経営者をどう評価する?

銀行員が経営者を評価する際には、資金繰り計画や経営計画から計画性を評価したり、従業員との関係性から指導力を評価したり、経営者としての資質を評価することが中心となります。

ただし、いくら経営能力が高い経営者でも、それ以前に人間性に問題がある、あるいはビジネスマンとしての常識に欠けているなどと評価されてしまえば、銀行員は危険視する可能性が高まります。

例えば、資金面でのやりくりが非常に上手であり、統率力にも優れている経営者であっても、銀行員と面談する際に約束の時間を破ってしまうならば、どう評価されるでしょうか。

約束の時間を破られると、銀行員はないがしろにされたことを不快に感じるだけではなく、約束を守れない人間だと評価するわよね。

銀行員との面談の約束を破る経営者は、返済予定も守ってくれない可能性があると考えるのです。

ビジネスマナーも見られている

また、人間性を見られると同時に、ビジネスマンとしての資質も見られます。

経営者も、大きなくくりで言えばビジネスマンです。

当然ながら、ビジネスマンとしての資質を疑われることは避けたいものです。

特に、銀行員は銀行という保守的な組織で働いており、ビジネスマナーを厳しく仕込まれています。

このため、経営者がビジネスマナーに反する行為を取った場合、敏感に察知する可能性が高いです。

普段はしっかりとビジネスマンらしく振る舞っている経営者も、ふとしたときにマナー違反のふるまいをしてしまい、銀行員からの評価を落とすことがあるので注意が必要です。

CF戦隊
CF戦隊

もし貴社が、新型コロナウイルスで売上が低迷しているなら、この人達が救済してくれるゾ!

例えば名刺交換

ビジネスマナーを評価される具体例として、名刺交換について考えてみます。

名刺交換には細かなマナーがあります。

  • 名刺交換の準備段階での作法
  • 名刺を差し出す際の作法
  • 名刺を受け取る際の作法
  • 名刺を受け取った後の処理に関する作法

など、色々な作法があります。

このような基本的な作法については、ビジネスマンである以上スムーズにこなせるのが普通であり、大きく外れてしまうと必ず違和感を持たれます。

例えば、元銀行員から以下のような話を聞いたことがあります。

ある経営者が新規に取引する銀行を開拓しており、その元銀行員が対応することとなりました。

初対面のため、お互いに名刺を交換したのですが、その経営者は銀行員から名刺を受け取るなり、すぐに名刺入れに入れてしまいました。

ビジネスマナーにおいて、これはNGです。

名刺は互いの役職や名前を知るためのものであり、いわば自己紹介のようなものなんだ。

名刺に記載されている内容をチラと見ただけで名刺入れに入れて本題に移るということは、相手の自己紹介に対して「ハイハイ、で、本題は?」と言うのと同じことで、非常に失礼なふるまいです。

本来ならば、交換した名刺は名刺入れの上に重ねてテーブルに置き、打ち合わせや交渉の間はそのままにしておきます。

その話し合いもそろそろ終わりという段階で、ようやく名刺入れに名刺を入れることになります。

このように、名刺入れに名刺を入れるという行動は、話し合いが終わるという合図を兼ねており、交換してすぐに名刺をしまう行動のおかしさが良くわかるでしょう。

この失礼な行動をとった経営者に対し、銀行員は非常に強い違和感を抱いたそうです。

常識的なビジネスマナーを無視する経営者とは、常識的な付き合いもできないと考え、新規取引を見送ったそうです。

CF戦隊
CF戦隊

返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

無難を心掛ける

このようなビジネスマナーを多少外してしまっても、それほど大きな問題はないと思っている人も多いと思います。

実際、融資に直接影響するほどの大きな問題にならないことも多いでしょう。

しかし、銀行員が経営者のビジネスマナーを評価の対象にしている以上、少なくとも最低限のマナーは意識しておき、無難にこなしたほうが良いでしょう。

銀行員は組織の一員であるのに対し、経営者は組織のトップであるため、経営者の中には知らず知らずのうちに傲慢になってしまう人もいます。

それが無意識に、名刺交換をはじめとしたビジネスマナーに出てしまうこともあります。

それが、銀行員の心象を悪くする可能性があるんだ。

また、経営者は無意識にビジネスマナーから外れていても、指摘を受けることが少ない立場です。

そんな経営者だからこそ、人一倍意識する必要があるのです。

社内でビジネスマナーについての研修を開き、経営者も従業員とともに意識を深めると良いかもしれません。

CF戦隊
CF戦隊

業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

銀行員が経営者を評価する際には、経営能力は当然のことながら、人間性やビジネスマナーも参考にしています。

経営者としての地位についていると、どうしても些末なビジネスマナーをないがしろにすることが増えるため、意識して取り組むことが大切です。

CF戦隊
CF戦隊

たかが名刺交換、たかが挨拶などとは考えず、無難にこなすようにしようね!

コメント