銀行員目線での財務分析を融資対策に役立てよう

銀行融資を受けるにあたり、提出書類の中でも最も重視されるのは決算書だと言われます。

決算書に現れている業績や財務を分析することにより、銀行は融資するにふさわしい会社であるかどうかを審査していくのです。

しかし、決算書が全てではないと言われることも多いもので、

  • 果たして銀行はどのように財務分析を行っているのか
  • 銀行員目線で考えた時のポイントはどこになるのか

など、よくわからないことも多いものです。

そこで筆者は、銀行員が行う財務分析の真実を知るべく、元銀行員にインタビューを敢行しました。

簿記の知識は役に立たない?

―――まず、多くの社長が感じていることだと思うのですが、

銀行融資はどのように行われているのか

それに応じて会社はどうすべきか

ということが分かりにくいことが大きな問題だと思います。

それはよくわかります。

社長が分からないのも無理ではありません。

銀行員だって、簡単だとは思っていませんし、若手の銀行員はとても難しいと感じながら業務にあたっています。

銀行員からして分かりにくいものですから、銀行の外部の人達にはわからないことが多くても当然です。

―――それを理解するためには、どうすべきでしょうか。

例えば、簿記の知識があると役に立つという認識を持っている人が少なくありませんが。

もちろん、簿記の勉強は役に立つと思います。

しかし、役に立つとはいっても、財務分析が簿記によって行われるわけではありません。

少し乱暴な意見を言うと、銀行員の立場から融資を判断していく場合には、簿記の知識は特に必要ないですね。

―――しかし、会社の財務を考える時に、簿記の知識は必要になってくると思うのですが。

それは、会社立場から会計を考える時です。

銀行員が財務分析をする時には、会計処理が適切に行われているかどうかを見ていくのも無駄ではありません。

しかし、税務署ではないので、適切に処理されているかどうかというよりも、会社の実態を見抜く必要があるわけです。

つまり、実質的な財務内容や資金繰り、収益力、返済力を判定していくことが財務分析だと言えます。

―――決算書は、必ずしも実態を表しているものではない、と。

そうです。

簿記というのは、一定の会計ルールにしたがって帳簿を作成して、取引の事実を記録するためのものです。

言ってしまえば、ルールの範囲内で会社の見た目を繕うこともできます。

簿記の知識は、決算書を作るためには必要な知識です。

しかし、銀行員に求められる能力は決算書を作る能力ではなく、出来上がった決算書を読み解く技術です。

―――なるほど。

では、先ほど「簿記の知識が役に立つ」とおっしゃったのは、どのように役立つということですか?

言ってしまえば、「簿記の知識は役立つけれど、頼りにはできない」という感じでしょうか。

却って邪魔になることもあって、銀行員によっては簿記の知識を持っていたばかりに、財務分析が理解しにくいと感じてしまうこともあります。

財務分析を理解するためには、

  • P/L(損益計算書)
  • B/S(バランスシート・貸借対照表)

の仕組みを理解することが必要です。

そして、少しだけ経営者の立ち場で考えることも必要です。

P/LとB/Sを理解するためには、簿記の知識が役立ちます。

しかし、会社は銀行から融資を受けたいですから、会社の良くない部分は見せないようにします。

よく、決算書に化粧をするといいますが、どうしても隠そうとしてしまうものです。

例えば、ちょっと赤字の会社があったとして、赤字は銀行が嫌いますから、保険を解約して返戻金を受け取って、黒字にしたとしましょう。

この場合、資金繰りが改善されたり、収益力が高まったりしたわけではないのに、赤字から黒字になりますね。

このような会社を、もし銀行員が簿記の知識だけで評価したとすれば、赤字ではなく黒字で、粉飾でもない、きちんと利益が出ているという判断も成り立ちますよね。

それではリスク管理に問題があります。

このように、簿記の知識だけで見てしまうと、化粧に騙されて判断を誤ります。

 

CFイエロー
CFイエロー

だからこそ、銀行員は少しだけ社長になったつもりで考えてみて、会社の実態を見抜いていく必要があるのね。

CF戦隊
CF戦隊

もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングジャパンについての関連記事はこちら

財務分析の前提として

―――社長目線で経営を見ることは、あくまでも粉飾を見抜くためですか?

それとも、ある程度会社の立場を汲んでくれるということですか?

基本的には、粉飾を見抜くためです。

もちろん、会社の立場を理解するという考え方もあるでしょうが、そもそも財務分析をなぜするのかと言えば、間違った判断によって、貸すべきではない相手に融資してしまわないためです。

銀行は貸し倒れリスクをできるだけ負わないために審査をしますし、そのために財務分析をしています。

どこかに隠れたリスクはないかな」という目線で見ていくのが基本なんです。

もちろん、信用のある会社が、一時的な赤字になって融資を依頼してきたような場合には、会社の立場を汲むこともありますよ。

その場合には、隠れたリスクを探すと同時に、貸すべき理由を読み解いていくこともあります。

でも、基本的にはリスクを排除するための審査であり財務分析ですから、粉飾を見抜くことが最大の目的です。

―――会社は粉飾するものという前提があるのですね。

そうです。

ごく一部の会社が粉飾しているとしても、融資する側の銀行は慎重になる必要があるわけですが、多くの会社に粉飾が見られますからね。

もちろん、最初から銀行を騙すつもりのひどい粉飾をする会社は少ないですが、融資を受けるために見た目を繕う、軽い粉飾はよくあります。

特に中小企業は、上場企業のように株主に情報開示するような必要がありませんから、粉飾が起きやすい環境でもあります。

意識的に粉飾しているか、粉飾の程度はどれくらいかといったことは別としても、銀行は正しい判断のために、会社は粉飾するものと考える必要があります。

―――具体的に、よくみられる粉飾にはどのようなものがありますか?

まず、利益を少なく見せているということでしょうね。

経営が苦しい会社から見れば驚くかもしれませんし、銀行は利益が多ければ多いほどいいと考えますが、たくさんの利益を得ている会社は、節税のために表面上の利益を少なくしようとします。

利益が出ていて法人税もきちんと支払っていれば、銀行はきちんと稼いでいる会社だと見なして、融資に積極的になります。

逆に、利益が少なすぎる会社に対しては評価は下がります。

財務分析で正しく見ていくと言っても、良いように見せかけているものの実態を見ていくだけで、悪く見せかけているものの実態を見ることはあまりありません。

この会社は、本当はリスクがあるのでは?」という視点で見ていくのであって、「この会社はもっと稼いでいるのでは?」という見方はしません。

ですから、節税のためといって、利益を少なく見せかけている会社はもったいないなと思うこともあります。

あと、収益力の高さを取引先に知られないために利益を少なく見せかけることもありますね。

儲けている会社だとバレてしまうと、取引先は単価の引き下げや支払いサイトの長期化などを交渉できると考える可能性がありますから、それを知られたくないんですね。

―――利益を多く見せかけるものについてはどうでしょうか。

それも多いですし、銀行が問題と考える粉飾も多くの場合そのパターンです。

会社は銀行に融資を受けたいわけですからね。

融資を受けにくい状況にある会社ならば、特に資金を必要としているでしょうから、借りたい一心で粉飾することも非常に多いです。

例えば、赤字や債務超過に陥っている会社は、銀行から警戒されますから、粉飾に至ることが多いですね。

赤字や債務超過だと融資を受けられず、資金繰りが回らなくなれば、仕入先は支払いを危ぶんで仕入れをストップする可能性もあります。

つまり、経営破綻の可能性があるわけですから、会社は何としてでも融資を受けなければなりません。

粉飾がバレるかどうか、バレたらどうなるかといったことを考えるまでもなく、粉飾してでも融資を引き出さなければならない、ええい粉飾してしまえと考えるんですね。

―――では、赤字や債務超過の会社はどのようにすべきだと思いますか?

粉飾よりも、銀行交渉に力を注ぐべきでしょう。

確かに、赤字や債務超過といった大きな問題があれば融資は厳しくなります。

しかし、粉飾して融資を引き出せるほど、銀行員の財務分析は甘くありません。

粉飾がバレれば銀行から大きく信用を失うことになって、ますます融資は受けられなくなります。

会社経営はできるだけ長く続けていくもので、経営を続けるうちは銀行と付き合っていく必要があります。

長期的な視点で考えても、粉飾に手を出して信用を失うより、銀行交渉を徹底したほうが良いのです。

銀行は、話せばわかる相手です。

支援すべき合理的な理由があると思えば支援を検討するのです。

ですから、

一時的な赤字や債務超過に陥っている会社は、将来的に回復する見込みがあることを説明すればいいですし、

慢性的な赤字や債務超過に陥っている会社も、長期の再建計画を作って説明すればよいのです。

そのように手を尽くすことで、銀行が何らかの支援をすることはよくあります。

もし、支援を受けるために手を尽くしてもどうにもならなかったならば、銀行が支援しても無駄だと思ったということです。

銀行が「支援してもどうにもならない」と考える状態ですから、支援なしでどうにかなる可能性は極めて低いと言えます。

そうなれば、最終手段として早い段階で債務整理を検討することも大切でしょう。

―――では、決算書の粉飾のほかに、会社はこう見るべきだというような、財務分析の前提となる視点はありますか?

その意味では、債務者は変わるものだという視点も大切ですね。

それは決算書の見方にも表れていますが、債務者の言うことを鵜呑みにしないと同時に、債務者の態度が急変することを前提にするのです。

これは、若手の行員が早いうちに身に着ける見方です。

会社が順調なときは、とくに大きな問題はありません。

しかし、経営が苦しくなってくると注意が必要です。

経営が苦しくなると、会社は豹変するものです。

粉飾が起こりやすくなりますし、財産を隠そうとしたり、銀行の落ち度をしつこく責めて来たりすることがあります。

その場限りの嘘をつくこともかなり多くなります。

銀行としては、債務者の管理が非常に難しくなってくるのです。

もし、融資先の会社が倒産すれば、倒産を出した支店の支店長は審査所管部に呼ばれて説明を求められます。

支店長の中には、「まさか倒産するとは思っていなかった」などと言う人もいますが、それは債務者の言うことを鵜呑みにしていた、あるいは債務者の急変ぶりに対応できなかったということです。

このような支店長は、大きく評価を落とすことになります。

決算書や債務者を過信するなど言語道断というわけです。

CFブルー
CFブルー

ですから、銀行員は融資先の状況を把握しておき、社長の発言や態度を鵜呑みにしないようにしなければならないんだ。

CF戦隊
CF戦隊

売掛金、今すぐ現金化できます。フォーム送信で調達額がすぐに分かるサイトがこちら。

メンターキャピタルについての関連記事はこちら

財務分析をするときの銀行員の視点

―――決算書が粉飾されるのも当然、債務者が豹変するのも当然となれば、融資の判断は非常に困難になりそうですが、財務分析はどのように行われるのでしょうか。

それを知るためには、細かい財務分析の手法よりも、基本的な財務分析の方針からお話ししたほうがよいでしょう。

銀行員が会社を正しく見るための方針です。

キーワードだけを挙げると漠然としたものに思えるかもしれませんが、

  • 原理と原則に基づいて考えること
  • 仮説と検証によって考えること
  • 常識と良識から考えること

の三つの方針が大切です。

―――原理と原則とはどのようなものですか?

原理と原則は、どちらも同じように使われる言葉ですよね。

どちらも、基本的な規則とか法則といった意味です。

これをあえて分けると、

  • 原理はその状況や存在といったものの基本的な規則や法則
  • 原則は人間の活動に対する基本的な規則や法則

です。

原理と原則から考えると、

  • 利益が少ないからお金が不足する
  • 売掛金が貸し倒れたからお金が不足する
  • 売れ行き不調でお金が不足する

といった状況に関することは原理に当ります。

お金が必要になる理由はどうかと考えると、それはお金を必要としている人の活動にかかわるので原則です。

あえて厳密に分けて考える必要もありませんが、何事にも原理と原則があるという考え方で会社を見ていくことは、正しい見方をするためには必要なことです。

なにしろ、融資を申し込まれた時、銀行がその会社の情報を全て把握していないのが普通ですし、決算書も粉飾されている可能性が高いです。

しかし、そのような不完全な情報から、会社の実態を把握していく必要があります。

まず、原理と原則をしっかりと押さえておかないと、「原理と原則から考えて矛盾している」という考え方ができず、財務分析の出発点に立つことさえできないのです。

―――では、仮説と検証はどうでしょうか。

原理と原則から考えると、会社の矛盾点や疑問点が見えてくることがあります。

その矛盾や疑問について考える時、仮説と検証を繰り返す必要があります。

仮説と検証を繰り返していくと、会社の隠された実態が見えてきます

例えば、会社が伝えてきた資金使途は運転資金であり、そこ矛盾を感じて仮説と検証を進めた結果、真の資金使途は赤字補填資金であったというようなことが分かるのです。

本当の資金使途を突き止めることは、銀行の融資判断で非常に重要な部分ですから、仮説と検証を行うことも財務分析に必須だと言えます。

―――最後に、常識と良識とはどのようなものですか。

常識と良識は、一般の人にも分かりやすい考え方です。

まず常識ですが、これは言うまでもないでしょう。

お金を貸すということを常識的に考えるのです。

常識的に考えて、お金を貸すという行為をするとき、よく知らない人には貸せないものですし、返せない人にも貸せないものです。

銀行も、このような常識から考えて、実態が分かっていて返済もできる会社に融資する必要があります。

次に良識ですが、これは健全な考え方によって融資するということです。

原理原則から考えてみて、仮説と検証も繰り返して、常識的にも融資して間違いない相手であったとしても、例えば相手が反社会的勢力であるならば、良識から貸せないということになります。

コンプライアンスにうるさい時代ですから、そこで問題を起こさないためには良識が大切です。

銀行員が良識を失って、業務推進だけを考えたらどうなりますか。

今年はずっとスルガ銀行が問題になっていますが、あんな問題が起こりかねないわけです。

業務推進が銀行の方針になれば、業推無罪もまかり通ることになるのです。

それに歯止めをかけるのが良識であり、銀行には大切なところです。

―――それらの方針から財務分析を行うと、融資判断が間違いないものとなるのでしょうか。

細かい財務分析も必要ですが、それらも全てこの方針の延長だと考えることができます。

しかし、このように3つの方向から考えていけば、融資判断が確実にできるとは限りません。

会社によっては、どうしても判断が付かないこともあります。

もちろん、それだから結論が出ないということではなく、原点に返って考えるだけです。

まず、定量面での原点は決算書の原本です。

銀行は業務効率化のために、決算書の原本をじっくりみるのではなくて、決算書の情報を決められたフォーマットに落とし込んで、指標をみることで融資を判断していきます。

それで判断が付かなければ、原点である決算書の原本を見るのです。

特に、決算書を3期分くらい並べて、推移を細かく見ていくと、おかしい部分が目に付くことはよくあります。

定性面での原点も大切ですね。

これはずばり現場を見ることです。

会社を訪問して、現場を見てみて、銀行員が肌で感じたことが最終的な判断につながり、稟議に役立つこともよくあります。

―――決算書の原本や現場に立ち返っても、判断に迷う場合はありませんか?

もちろんあります。

その場合、感覚的な部分に頼ることになります。

判断に迷っているということは、融資すべきではない特別な理由がなく、融資すべき特別な理由もなく、双方の理由が伯仲して迷っているわけです。

ということは、最終的に銀行に迷惑をかける恐れも少ないといえます。

もし、返済力に問題があるならば、すでに融資すべきではないと判断しているはずですからね。

したがって、基本的にGoサインと考えることができますが、それでも躊躇してしまう“なにか”があるわけです。

その場合、少なくとも大きな危険がない定量情報はひとまず置いておいて、定性面を改めて考えてみます。

そこで、定性面に良いと感じられるものがあるならば、銀行に迷惑がかかる恐れも少ないのだし、融資しようという結論に達します。

―――感覚的な判断では、銀行に不要なリスクをもたらすことはありませんか?

私の経験上、問題ないと思っています。

なぜなら、銀行は元来保守的な組織で、銀行員がリスクに過敏だからです。

普通の人だって、心理面を考えると、メリットよりデメリットやリスクを重く見ることが多いんです。

多くの人が株で負けるのも、プラスになったときは利益を失うリスクを恐れて少々の利益で満足しがちであり、マイナスになったときは損失が実際に出ることを恐れて損切りできず、損失を拡大させてしまうからです。

プラスは少なくなりがちで、マイナスは大きくなりがちになって、負けてしまうんですね。

銀行はリスクにもっと過敏です。

だから、融資の判断に迷っている時、貸すべき理由が10で貸すべきではない理由が5であったとしても、リスクに過敏なためにどちらも10と考えている可能性があるのです。

迷っている状況というのは、どうすればバランスの取れた判断になるか決めかねるということです。

リスクを重く捉える銀行にとっては、判断に迷った時には少しポジティブな判断をすることで、ちょうどよいバランスになることが多いんです。

もちろん、全ての銀行員がこのように考えているとは言えませんし、リスクを重く捉えて融資に厳しい判断をしがちな銀行員も多いと思います。

CFレッド
CFレッド

しかし、銀行員向けの勉強会などでも、このような判断を教えることがあるんだ。

CF戦隊
CF戦隊

返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

社長はこう考えるべき

以上の話を踏まえて、社長が融資を受けるために大切なポイントをまとめると、以下のようなことが言えるでしょう。

  • 銀行員は簿記の知識だけで財務分析を行うわけでないため、銀行対策のために簿記の知識は基本的に役立たない。簿記の知識は、社長自らが決算書を読み、資金繰りなどを考えていくために役立つことが多いため、融資交渉のためというよりも、別の目的で役立てたほうが良い。
  • 粉飾をしない。銀行員は粉飾を見抜く力を持っているため、重大な粉飾が発見された場合、銀行との関係が大きく傷つく可能性が高い。
  • 銀行員は原理と原則を出発点として財務分析を行う。したがって、融資交渉の際に銀行員を納得させるためには、原理と原則から考えて矛盾や疑問が起こらない論理構成を考えた上で、説明するのがよい。原理と原則から考えておかしくなければ、仮説と検証の必要はなくなり、融資がスムーズに進むようになる。

    また、矛盾や疑問を抱かれたとしても、決算書その他の提出資料の内容や、口頭での説明に嘘がなければ、仮説と検証によって矛盾と疑問は解消される。

  • 最終的な判断に迷った時、銀行員によっては定性情報を根拠として積極的に動くこともある。したがって、定性面をアピールするために、銀行の担当者が会社を訪問した際には、現場や製品を積極的に見てもらうことが大切である。銀行が会社を得意先とみなしていない場合には、なかなか訪問してくれる機会はないので、会社案内や製品パンフレットなどを、折に触れて銀行に提出するのが良い。
CF戦隊
CF戦隊

業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

今回は、銀行員が財務分析をどのように行うか、その根本的な部分について深く聞くことができました。

融資をお願いする会社は、銀行の内部のことまで知る機会が少なく、正しい対策も図りにくいものです。

しかし、銀行対策のためには、銀行の考え方を知り、その考え方に逆らわないような、むしろ逆に利用するくらいの気持ちで対策していくことが大切です。

財務分析は、融資審査の中心ともいえるものです。

そこで銀行員がどのように考えているかを知り、スムーズな融資に役立てていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました