「調達余力」とは?返済能力がなくて銀行借り入れが難しいときはどうすればいい?緊急時はファクタリングがおすすめ

スポンサーリンク
※本記事はプロモーションを含みます。

銀行が融資を判断するとき、もっとも重視する要素は返済能力です。

融資した資金を約束通りに返済してくれるかどうかによって、融資判断は大きく変わります。

もちろん返済能力がない会社に対して、銀行は融資を渋ります。

しかし、それでも融資が必要という会社は非常に多いことでしょう。

では、どのように交渉すれば融資を受けられるのでしょうか。

本記事では、調達余力を手掛かりに交渉していく方法について、元銀行員に話を聞いてみました。

スポンサーリンク

【注目】銀行融資が難しい場合はファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは
※上記の図解は2社間ファクタリング

ファクタリングとは、「債権買取り」を意味しています。

法人がファクタリングにおいては、保有している売掛債権(=請求書)を売却することで現金を得る資金調達方法の一種として認識されています。

企業は、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の予定日よりも早く現金を受け取れます。

ファクタリングは売掛債権の売買で資金調達を行うため、銀行からの借入とはことなり融資にはあたりません(調達した資金の返済は不要です)。

融資ではないため金利はありませんが、利用時にファクタリング業者に手数料を支払います。

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

調達余力とは?

調達余力とは?

「調達余力」とは、資金調達余力を省略した言葉です。

調達余力とは、「銀行からあとどれだけ借入できそうか」という力を表しています。

返済能力のない企業はどうやって融資を受けているの?

返済能力のない企業はどうやって融資を受けているの?

―――融資判断のキモとなるのは、返済できるかどうかだと言われます。
これは間違いないでしょうか。

間違いありません。

返済能力は融資判断の原点と言っていいでしょう。

何と言っても、貸したものをしっかり回収してこそ、融資は完結するからです。

―――とはいえ、返済能力がない中小企業も多いです。

そうですね。

だから、金融庁の指導でも、返済能力がないというだけで見捨てるな、融資できる理由を見つけろ、といわれますね。

返済能力は重要ですが、それがないから絶対に融資を受けられないというわけでもありません。

―――しかし、返済能力がなければ貸し倒れリスクも高くなりますよね。

もちろんです。

ですから、返済能力があまり見込めない場合は、何かしら融資できる理由を見つけていくことになります。

▼緊急で資金調達が必要ならファクタリング▼
※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

―――そんな理由があるのでしょうか。

たとえば、返済力がない会社が貸してくれと言ってきたとしましょう。

業績が悪くて返せない、ならば貸せない、これが一般的な流れでしょう。

でも、その会社にまだ資金調達力がある場合は別です。

信用保証協会の保証枠が何千万円もあるとか、担保余力が何千万円もあるとか、預金が何千万円もあるとか。

ほかには、他行がどう動いているかですね。

返済力がない会社に融資するのは基本的に難しいけれども、複数の銀行で分担して支援できるならば、かなり検討しやすくなりますよね。

こういった場合は、返済能力はないが「調達余力はある」「資金繰りも問題なさそう」なので融資できそうという考えになります。

―――よく、赤字だと融資が出にくいと言われますが、実際に融資を受けられている会社の多くは、調達余力があるからなのでしょうか。

それだけとは言いませんが、稟議を通すための大きな材料になることは確かです。

▼【最短2時間】手持ちの請求書を現金化▼

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

ファクタリングについての記事はこちら

コメント