こんな会社は融資を受けられない!理由と対策まとめ:ファクタリングならすぐに資金調達可能

スポンサーリンク
※本記事はプロモーションを含みます。

「銀行融資=難しい」と考えている経営者は多いものの、具体的になぜ難しいかを説明できる経営者はあまりいません。

融資を受けられないことには、相応の理由があるものです。

その理由を知り、対策できれば、融資を受けやすくなるでしょう。

そこで本記事では、「融資を受けにくい会社の特徴」「その対策」をまとめていきます。

▼緊急で資金調達が必要ならファクタリング▼
※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

スポンサーリンク

【注目】銀行融資が難しい場合はファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは
※上記の図解は2社間ファクタリング

ファクタリングとは、「債権買取り」を意味しています。

法人がファクタリングにおいては、保有している売掛債権(=請求書)を売却することで現金を得る資金調達方法の一種として認識されています。

企業は、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の予定日よりも早く現金を受け取れます。

ファクタリングは売掛債権の売買で資金調達を行うため、銀行からの借入とはことなり融資にはあたりません(調達した資金の返済は不要です)。

融資ではないため金利はありませんが、利用時にファクタリング業者に手数料を支払います。

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

融資判断の大きな方向性は実は簡単にわかる

銀行員の目は甘くない

銀行に融資を申し込んだ時、銀行員が融資を渋る反応を見せることがあります。

会社によっては、即座に断られてしまうこともあります。

会社の内容について詳しく知っているわけでもないのに、そのような反応を見せるのはなぜなのでしょうか。

それは、決算書の内容に問題があったり、その会社が融資を受けられる状態になかったりすることが原因です。

銀行融資は甘くない

ある程度経験のある銀行員になると、決算書を少し見ただけで「どれくらい融資できそうか」といったことを即座に判断することができます。

融資の可否以前の問題を抱えている会社ならば、融資は不可能だと即座に判断できます。

それくらい、決算書には融資の判断のための情報が詰まっているのです。

会社としては、銀行員が決算書のどの部分を見て融資を判断しているかを知り、問題があれば事前に対処しておく必要があります。

特に従来の決算書に問題が多かった会社は、決算書への意識を変えるだけでも銀行員からの対応が変わる可能性があります。

決算書の見られ方を意識し、問題点を改善していく努力をすることで、融資がスムーズになるでしょう。

それと同時に、銀行から「この会社は変わった」と思われ、銀行と良い関係を築いていく上でも役立ちます。

▼【最短2時間】手持ちの請求書を現金化▼

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

ファクタリングについての記事はこちら