審査

融資

元銀行員が語る「資金使途」第3部:一時資金について

第1部で資金使途の重要性について、第2部では運転資金について詳しく話を聞いてきました。 しかし、資金使途は運転資金の他にもあります。 一時資金についても、銀行員の視点について知っておくのが良いでしょう。 一時資金は、経営サ...
融資

あなたの会社が信用保証協会を利用できない5つの原因と対策

信用保証協会の保証を受けることで、プロパー融資を受けられない会社も、銀行から融資を引き出しやすくなります。 このため、保証協会の保証付融資は多くの会社にとって必要不可欠なものであり、資金難に陥りやすい中小企業は特にそうであると言えます...
助成金

補助金の書類審査を突破した?面接に備えるべき2つ大事な事と面接内容・流れ

国や自治体から受け取った補助金は、融資とは異なって返済する必要もなく、会社の資金繰りに良い影響を与えます。 事業に取り組むにあたって、必要となる資金の一部を補助金によって賄うのですから、事業展開に伴うリスクも下げることができます。 ...
融資

銀行融資を左右する社長や社員の印象とは?

銀行の融資では、決算書の内容から会社の業績や財務の状態を数字によって判断します。 このため、銀行融資を受けるためには、決算書の内容が重要となります。 ただし、赤字でないこと、債務超過状態にないことなど、決算書から見て取れるこれら...
融資

大物ぶる経営者は嫌われる!銀行員は人間性も見ている

銀行が融資判断をする際には、会社の業績や財務内容を重視する一方で、経営者の人間性も見ています。 業績や財務に問題がないということは、返済力があるということですから、これは融資に欠かせない要素です。 しかし、経営者の人間性も会社の...
融資

どうしても融資が必要。しかし借入過多・・・短期のつなぎ融資で交渉してみては?

資金繰りのためには、銀行からの融資が欠かせないものです。 しかし、必要だからといって融資を受けすぎた会社では、銀行から「借りすぎだから、これ以上の融資は危ない」と判断され、融資を受けにくくなることもあります。 この状態を「借入過...
融資

創業時の賢い融資の受け方!まずは制度融資から受ける理由

創業時に融資を受けるならば、日本政策金融公庫の創業融資を利用するか、あるいは地方自治体の制度融資を利用するのが良い方法です。 しかし、このどちらからも融資を受ける場合には、どちらを優先して融資を受けるか、あるいはどちらか片方から融資を...
融資

仲良くなるべきは融資担当役席!仲良くなって融資を有利に引こう

金融機関との関係を円滑にするためには、金融機関に務める行員との関係を深めていくことが非常に効果的です。 中でも、融資を円滑にするためには、融資判断の鍵を握っている融資担当役席との関係を深めていくことが重要です。 融資担当役席との...
融資

債務者区分低下を防ぐための金融検査マニュアルの知識

金融庁が作成した金融検査マニュアルは、銀行が会社の債務者区分を決定する上での方針となっています。 このため、金融検査マニュアルを知ることによって、債務者区分の維持や向上、低下の緩和に役立てられる場合があります。 債務者区分は、銀...
融資

こんな会社は融資を受けられない。その理由と対策まとめ

銀行から融資を受けることが難しいと考えている経営者は、決して少なくありません。 しかし、なぜ融資を受けるのが難しいかということに関しては、はっきりわからないという経営者も、また少なくありません。 融資を受けられないことには、相応...
タイトルとURLをコピーしました