借入れのない銀行に預金するのは全くの無駄。預金を「死に金」にしてはいけない

中小企業が、苦しい経営環境の中で生き残っていくためには、限られた経営資源をできるだけ有効活用していくことが大切です。

活用できる資源には色々ありますが、「カネ」という経営資源のうち、預金の利用価値はかなり高いと言えます。

特に、ただ銀行に眠らせているだけの預金があれば、それは「死に金」です。

この預金を活用することで、融資交渉をスムーズに進めていくことも可能です。

本稿では、預金を生きた金として利用していく方法を解説していきます。

預金はなぜ重視されるか

会社の保有する資産の中で、特に大きな影響力を持つ資産は「預金」です。

預金には、以下のような点で大きな強みを持っています。

  • 定期預金という形であれば、担保として活用できる
  • 預金はごまかしようがなく、その会社の資金力とみなしやすい
  • 預かっている銀行では、預金の動きを見ることで会社の資金繰りを把握しやすく、融資を検討しやすくなる

このうち、定期預金を担保に差し入れることは、多くの会社で実践されていると思います。

預金額が大きく、手元資金が潤沢であれば、銀行交渉が容易になるということも、よく知られている話です。

では、口座の動きから資金繰りを把握できるとはどういうことでしょうか。

これは単純なことです。

CF イエロー
CF イエロー
預金残高が急減に減っていれば、何らかの事情で手元資金の大幅な流出が発生しており、銀行はリスクを認識することができるわね。

また、預金残高に変化がなければ、少なくともその口座における預金相当分の手元資金は確保されているのですから、資金繰りがいきなり破綻する可能性は極めて低く、安心して付き合うことができます。

このような特徴を知っておくと、預金を融資交渉に活かしていくこともできます。

むしろ、活用されずに、ただ口座に眠っているだけの預金は、まさに「死に金」です。

CF レッド
CF レッド
もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングジャパンについての関連記事はこちら

預金が「死に金」になっていないか?

預金が死に金になっている状況について、具体的にみていきましょう。

この話に登場するのは、A社の社長とM銀行の融資担当者。

A社は倉庫業を営む会社であり、業績・財務共に大きな問題はありません。

問題のないうちに、新規の銀行取引を作っておいたほうがいいと考えた社長は、

これまで一切付き合いのなかったM銀行に、設備資金の融資を申し入れました。

新規融資は、どの銀行でも慎重になるものです。

すでに取引している銀行ではなく、新規に依頼してきているのですから、既存の取引銀行から融資を断られたのではないか、経営が危ないのではないかと危惧するためです。

また、取引したことのない相手ですから、信頼関係がゼロからの出発となります。

このため、よく知らない相手に貸すよりも、よく知った相手に貸したほうがリスクは低いと考えるのは当然です。

これも、新規融資が簡単にはいかない理由です。

さて、融資を申し入れられたM銀行の融資担当者は、なにはともあれA社の状況を把握する必要があります。

そこで後日、担当者はA社を訪問し、社長にヒアリングを行いました。

CF ブルー
CF ブルー
ヒアリングの様子を見てみよう!

担当者「この度は、融資のご相談いただきありがとうございます。検討のために、まずは3期分の決算書と足許の試算表、そして現在取引している金融機関別の借入れと預金について、資料をいただけますか。」

社長「分かりました。(社長、一旦を席を立ち数分後)こちらが資料になります。」

担当者「ありがとうございます。(担当者、資料に目を通したのち)金融機関の預金残高についてお聞きしたいのですが、F銀行さんにかなり預金がありますね。F銀行さんから借入れはありませんが、どうしてこれほど預金があるのでしょうか。」

社長「F銀行は当社の地域で一番の地銀です。だから、取引先とのやり取りにも便利で、入金先に指定したため自然と預金が積み上げられるのです。それが、創業以来ずっと続いてきました。」

担当者「そうでしたか。F銀行さんから融資を受けるのが一番スムーズだと思いますが、融資の提案などはありませんか?」

社長「特にありません。普通、あるものなんですか?」

担当者「他行さんの方針はよくわかりませんが、当行ならばそうすると思います。借りていない銀行に、これだけの預金を置いておくのはもったいないと思います。」

社長「なぜもったいないのですか?」

担当者「預金が確保できていることは、銀行にとって好ましいからです。少なくとも、預金があることで、稟議も非常にやりやすくなります。」

社長「やりやすくなる、というと?」

担当者「少なくとも、預金が確保されている分だけは返済も見込める、だから融資も検討しやすい、ということです。」

社長「預金を担保にするのですか?」

担当者「そうではなくて、預金がこれだけあれば、これくらいの融資は問題ないだろう、という判断がしやすいのです。」

社長「なるほど。なんで、F銀行は融資を提案してこないんでしょう?」

担当者「それはわかりませんが、もったいないのは間違いありません。借入のない銀行に積んでいる預金は、はっきり言って『死に金』だと思います。」

社長「死に金、というと・・・?」

担当者「預金があることで、銀行は融資も検討しやすくなります。会社側から見れば、預金があれば融資を受けやすくなりますし、預金に応じた追加融資も受けやすくなります。」

社長「そのように活用できないなら、確かに死に金ですね。」

担当者「そうです。いくら預金があっても、それをただ眠らせていたのでは死に金です。」

社長「たしかにおっしゃる通りです。」

担当者「今回、新規融資を検討するにあたって、この預金を当行に移していただけると、検討もしやすくなりますが、移していただけませんか?」

社長「う~ん・・・、F銀行に悪く思われないでしょうか?」

担当者「すぐに全部を移すのではなく、徐々に移していただければ結構です。その約束があるだけで、今回の融資には応じられると思います。もちろん、今後も預金を活用する形で、融資に応じられることもあるでしょう。」

社長「分かりました。F銀行に義理があるわけでもないし、預金が役に立つならそっちのほうがいいです。ただ、取引先にも話を通す必要がありますから、徐々に移すということでお願いします。」

担当者「ありがとうございます。その流れで構いません。」

社長「わかりました。では、融資の方よろしくお願いします。」

 

M銀行の担当者は、A社の預金を徐々に移すこと、今後の入金先口座としても指定してもらうことを取り付けました。

CF レッド
CF レッド
これは、M銀行にとっては棚から牡丹餅的な大収穫だな!

なにしろ、銀行から強くアプローチしていたわけではなく、A社側から新規融資を依頼してきて、結果的に多額の預金と売上入金を一挙に獲得できてしまったのです。

当然、稟議も非常にスムーズに進み、融資実行に至りました。

CF イエロー
CF イエロー
売掛金、今すぐ現金化できます。フォーム送信で調達額がすぐに分かるサイトがこちら。

メンターキャピタルについての関連記事はこちら

死に金は意外と多い

せっかく預金があるならば、それを『死に金』にしておくのではなく、融資交渉に活用していくべきです。

A社のように、借入れのない銀行に預金を置いている会社は多いものです。

その理由は色々考えられますが、

  • 銀行に頼まれたから、付き合いでなんとなく預金している
  • 以前借入れのあった銀行に、借入れがなくなった今も預金している
  • 借入れのある銀行に預金を置いておくと、いざというときに取られてしまうのが怖くて、あえて借入れのない銀行に置いている

といったケースが多いです。

しかし、繰り返す通りこれは死に金です。

CF イエロー
CF イエロー
ただ眠らせていては、いざという時に資金繰りに利用できるという安心感以外に、大きな意味はないわね!

「危機的状況で、預金によって資金繰りを回す(そのような状況になってからでは、銀行は融資してくれない。預金で回すには限界があり、いずれ資金ショートの可能性が高い)」

よりも、

「危機的状況に陥るまえに、預金を融資交渉に活用して、資金繰りを健全に回していく(融資と返済の実績を作っておけば、資金調達余力は高まる。資金ショートに陥る可能性は低い)」

と考えるほうが、よほど賢いと言えるでしょう。

CF ブルー
CF ブルー
返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

古い考えは捨てよう

古いタイプの社長の中には、預金を材料に融資を引き出すことについて、危ないと感じる人もいます。

これは、一昔前の銀行では、預金などの経常取引が融資にあまり影響しなかったからです。

このため、銀行が預金を移すことを提案すると、

「何かあったときに、差し押さえられるようにしているのだ。この銀行はなかなか腹黒い。応じたら大変だ」

と考えるのです。

しかし、近年では経常取引の重要性が高まってきています。

そのような時代に、社長が古い考えに取りつかれていれば、銀行は、

「この社長は、融資を頼んでおきながら預金は他行から動かさない。
借入はするが預金は隠そうとする。信頼できない相手だ」

と考える可能性もあります。

CF レッド
CF レッド
社長が銀行を必要以上に疑えば、銀行も社長を信用できないぞ!

信頼関係がなければ、担保や保証付融資で保全をガッチリ固めなければ融資はできず、預金を「広義の保全」と考えて無担保プロパー融資を出すなどの、柔軟な判断が困難になります。

借入のない銀行に預金を置いておくことは、死に金にしてしまうだけではなく、銀行との関係を深めていく上でも良くない影響をもたらすのです。

自分で自分の首を絞めるだけですから、預金の活用に積極的になったほうが良いでしょう。

CF 戦隊
CF 戦隊
業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

皆さんの会社でも、借入のない銀行に預金を置いているかもしれません。

せっかく融資に活用できる材料を放置しているのですから、それはまさに死に金です。

借入のない銀行にたくさんの預金があるならば、多額の預金を移すことを条件として、新規の銀行を開拓したり、好条件の融資を引き出したりできる可能性も高まります。

このような預金があるならば、しっかりと融資交渉に活用し、資金繰りに役立てることを考えましょう。