資金繰りと損益がごっちゃになってない?そこを正せば資金繰りがわかります

資金繰りとはお金の流れであり、経営を続けるためには資金繰りをコントロールしていくことが不可欠です。

しかし、資金繰りを損益と混同してしまい、資金繰りに対して間違ったイメージを抱く人が少なくありません。

資金繰りに誤ったイメージを抱くと、勘定あって銭足らずの状態に陥る危険もあるため、この間違いは早急に正しておくべきです。

本稿では、資金繰りと損益の違いについて解説していきます。

資金繰りと損益はどう違う?

まず、資金繰りとは何ぞやということなのですが、これは簡単に言うと、資金と収支の関係すなわちお金の出入りのことです。

皆さんもよく知っているであろう「キャッシュフロー」というのも、これと同じものです。

社長たちにとって、なぜ資金繰りが良くわからないのかと言えば、それは資金繰り表におけるお金の出入りと、損益計算書における損益を混同しているケースが多々見られます。

もちろん、その会社の取引が全て現金で即時に完結していたならば、お金の流れが即損益に反映されますから、資金繰り表と損益計算書を同じ目線で見ても問題ないでしょう。

しかし、ほとんどの会社では、そのような取引が行われていません。

皆さんの会社でも、仕入れの際に仕入代金を全て現金で支払うことはせず、一部または全額を後日支払うと思います。

自社が販売した場合にも、全て現金で受け取ることはなく、一部または全額を後日受け取ることでしょう。

このような信用取引が日常的に行われているため、会社の損益と実際のお金の流れは異なります。

例えば、2ヶ月後に入金の約束で販売すれば、売掛金を回収するまではお金が実際に入ってくることはなく、資金繰り表にも反映されません。

しかし、損益計算書には反映され、売上と利益が計上されます。

つまり、損益計算書では利益が得られている、しかし資金繰り表では現金が得られていないというズレが生じます。

利益はあるのにお金がないという状態です。

これを、勘定あって銭足らずなどと言うわ。

逆の場合も考えてみましょう。

利益はないのにお金はあるという状態です。

例えば、過剰在庫をさばくために採算割れの安売りをすれば、損益計算書は赤字となり、利益が得られていない状態となります。

お金がない状態にも見えるでしょう。

しかし、安売りした分の代金は現金として得られるのですから、資金繰り表ではお金が入ってくることになります。

このように、実際の経営の現場では、

  • 利益はあってもお金はない
  • 利益はないのにお金はある

といった、ややこしいことが起こります。

資金繰りと損益を混同していると、ここで混乱してしまうのです。

CF戦隊
CF戦隊

もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

 

アクセルファクターについての関連記事はこちら

お金の流れか、利益の動きか

ここで整理しておきましょう。

損益とは、実際のお金の流れとは無関係に、収益と費用を計上することで、会社が儲かっているかどうかを表すものです。

収益から費用を差し引くことで、利益を見ることができます。

会社の現実的な資金的余裕を見るものではありません。

一方、資金繰りとは収入と支出を基本として、すなわち実際のお金の流れを明らかにして、会社の資金的余裕を見るものです。

収入から支出を引いたものを、収支尻と言うよ。

損益と資金繰りには、このような大きな違いがあることを知っておく必要があります。

損益計算書を見て、会社の資金繰りが回っていくと思い込むのは危険ですし、資金繰り表を見て、会社の利益がしっかり出ていると思い込むのも間違いです。

損益が赤字の会社でも、資金不足を調達していれば資金繰りは回っていき、事業を続けていくことができます。

皆さんの会社でも、赤字になって資金不足が発生すれば、それをどうにかして調達しようとするはずです。

それは、赤字でも資金繰りさえ回れば会社は倒産しないからです。

逆に、いくら儲けている会社でも、お金の流れが途切れた時は倒産します。

つまり黒字倒産です。

また、安定した経営のためには、

  • 支払いをできるだけ遅らせて手元資金の減少を遅らせること
  • 入金をできるだけ早めて手元資金の増加をできるだけ早めること

などを通して、手元資金をできるだけ多く確保することが重要とされます。

これも、安定した経営のためには安定した資金繰りが欠かせないことを、よく表していると言えるでしょう。

ただし、資金繰りが回っていれば事業は続けられるからといって、いつまでも延命を図れば良いというわけでもありません。

そのような会社では、時に赤字を隠して資金を調達し、資金繰りを回していくこともあります。

しかし、改善の見込みがないのにそんなことを続けていれば、負債はどんどん膨らみ、本当に倒産した時に悲惨な結果を招きます。

CF戦隊
CF戦隊

もし貴社が、新型コロナウイルスで売上が低迷しているなら、この人達が救済してくれるゾ!

「資金」を正しく考える

さて、資金繰りはお金の流れを表すと解説してきましてが、お金の流れ、つまりお金が入ったり出たりすること、資金が増えたり減ったりすることについて、もうひとつ間違いやすいところがあります。

資金繰りにおける 資金 とは、貸借対照表の資産の部における現金・預金のことです。

ここでよくある勘違いが、

「損益では、資産が増えれば利益も増える。負債が増えれば利益は減る・・・

資金つまり現金・預金も資産の一部だから、資産が増えると資金も増える、負債が増えると資金は減るのでは?」

という考え方です。ここも混乱しやすいところなのですが、これは間違いです。

なぜならば、会社が保有している現預金以外の資産、例えば在庫、売掛金、不動産といった資産はすべて、現預金が姿を変えたものだからです。

在庫を仕入れるためには、現預金の支払いが必要です。

それを販売して発生した売掛金も、元の姿は現預金だったのです。

不動産その他の資産も同様だね。

このため、現預金以外の資産が増える時、資金は別の資産に姿を変えるため減少します。

在庫や売掛金、受取手形などは、結果的には資金として回収されるのですから、同じものとして考えてしまう人もいますが、やはり現金とは異なります。

特に売掛金や受取手形は、相手に現金を貸しているような形になりますから、やはり手元から資金は減少しているのです。

現預金以外の資産を細かく見ると、きちんと回収できる売掛金、価値の高い土地や建物、有価証券などは優良資産と見ることができますし、回収できない不良債権、価値の低い土地や建物などは不良資産と言えるでしょう。

しかし、その資産の優劣に限らず、それらの資産が増えたときには現預金が振り替えられているのであり、資金は減少します。

1億円の土地を購入すれば、資産の部の固定資産は1億円増えますが、資金は1億円減ります。

逆に、資産を売却すれば現預金は増えますから、現預金以外の資産が減って資金は増えることになります。

資産の部で1億円としていた土地を1億円で売れば、固定資産は1億円減り、資金は1億円増えるのです。

これが、損益となるとまた話が変わってきます。

もし、その資産が簿価以上で売れたならば、損益では簿価と売値の差額分だけ収益が計上されます。資産の部で1億円としていた土地が2億円で売れたら、収益は1億円増えます。

逆に、その資産が簿価未満で売れたならば、損益では簿価と売値の差額分だけ損失が計上されます。

資産の部で1億円としていた土地が5000万円で売れたら、収益は5000万円減ります。

このように、資金の流れで考えた場合と、利益の動きで考えた場合とでは、味方が大きく変わるのね。

そして、負債が増えれば資金は増えます。

損益で考えると、負債が増えれば利益は減るのですが、資金は増えます。

単純に考えて、借入れによってお金を供給するのですから、資金は増えるのです。

これは、増資でも同じであり、どんな形であれお金が入ってくれば、資金は増えます。

CF戦隊
CF戦隊

返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

中小企業では特に重要

以上のことから、資金繰りから財務を見ることが重要だとわかります。

特に、中小企業の財務においては、資金繰りからの視点が非常に重要です。

なぜならば、中小企業の経営基盤は弱いのが普通であり、外部環境などによって業績と財務を左右されやすいからです。

資金繰りがうまく回っていると思っていたら、急速に資金ショートの危険が高まることがあります。

例えば、大手企業と大きな取引をしており、資金繰りが安定していた中小企業があったとします。

もし、この会社の売上の大部分が大手取引先に集中していた場合、この取引先が経営難に陥って売掛金が貸し倒れになれば、入ってくるべきお金が入ってこなくなり、資金繰りは急速に悪化します。

このように、中小企業では外部環境によって資金繰りが左右されることが多いため、資金繰りの重要性は高いのです。

資金繰り表によってお金の流れをしっかりと把握し、資金繰りが安定して続くようにお金の流れをコントロールしたり、資金ショートの危険を事前に察知したりすることが求められます。

CF戦隊
CF戦隊

業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

本稿では、資金繰りと損益の違いについて、色々な角度から見ていきました。

これによって、資金繰りと損益の違いを、感覚的に正しく理解できたことと思います。

本当は、感覚的ではなく論理的に理解した方が良いのですが、これまで感覚的に間違った理解をしていたものを、感覚的に正しく理解できたことで、大きな間違いを犯すリスクはかなり減るに違いありません。

CF戦隊
CF戦隊

今後も当サイトを通して、より部分についても学んでほしい!

コメント