資金繰り改善方法

資金繰り

経営改善を難航させる経営者のマインド「これだけやったのだから・・・」

経営改善のためには、会社の利益を食いつぶしているものや、赤字拡大につながっているものを排除していく必要があります。 中でも重要なのが、不採算事業からの撤退です。 これまで、その事業に多くの投資をしてきた場合、 「これだけや...
資金繰り

今すぐ資金繰りを把握したい!決算書から大雑把に見る方法

これまでは何とか資金繰りが回ってきたものの、最近どうも怪しい気がする・・・そんな時には、すぐに資金繰りを把握すべきです。 しかし、中小企業の多くでは資金繰り表を作っていないため、資金繰りを把握できない会社もあると思います。 そん...
融資

二期以上の連続赤字でも融資を受けることはできるのか?唯一の突破口をさぐる

赤字決算の会社は、銀行から融資を受けることが難しくなります。二期以上の連続赤字ともなれば、融資交渉は困難を極めます。 しかし、二期以上の連続赤字だからといって、100%融資を受けられないということではありません。 連続赤字から脱...
資金繰り

リスクが資金繰り悪化を招く?リスクマネジメントを学んでリスクに備えよう

当サイトでは、資金繰りを主なテーマとしており、リスクマネジメントについてはあまり触れることがありませんでした。 しかし、リスクマネジメントに取り組むことで、経営の安全性が高まるのはもちろんのこと、リスク発生による様々な損失を軽減するこ...
資金繰り

与信管理が甘い会社はなぜ資金繰りが苦しい?銀行交渉も戦略的に

与信管理は、資金繰りに非常に大きな影響を与えます。 与信管理がしっかりしていれば、資金繰りは安定しやすく、逆に与信管理ができていなければ、資金繰りは安定しないものなのです。 したがって、銀行への融資交渉の際にも、与信管理の状態は...
融資

売上入金を集中させよう!銀行に安心を与えて融資を引き出す

銀行が融資を拒否するとき、その最大の原因は「貸し倒れリスクが高い」と考えていることです。 極端に言えば、 貸し倒れリスクが低い会社には喜んで貸しますし、貸し倒れリスクが高い会社には融資しない と、銀行の判断基準はある意味で...
資金繰り

手元資金を出発点とし、経営を立て直していくための流れとは

毎年1万件弱の企業が倒産している現代において、経営の改善に迫られている経営者も多いのではないでしょうか。 経営改善で難しいのは、どこを出発点とし、どのような流れで改善していくべきかということで、そこを間違えると倒産の危険性が高まります...
資金繰り

業務の無駄を省いて資金繰りを改善しよう!

会社の業務には、色々な無駄があるものです。あまり業務の効率を考えてこなかった会社には、いくらでも改善の余地があるでしょう。 効率化を意識してきた会社でも、異なる視点から効率化を図ることで、より大きな成果につながる場合があります。 ...
資金繰り

業務改善といっても、何をどう改善すればいいか分からない人のために

業務改善は、従来の業務に様々なポイントで手を加えることで、業務の効率化を図ることです。 業務改善に取り組むことで、業務の流れがスムーズになったり、無駄やミスが少なくなったり、社員の意識やスキルが向上したりすることが期待できます。 ...
資金繰り

業務改善って何?資金繰りに役立つの?

会社経営をしていれば、業務改善の必要性を考えることがあるはずです。 業務が改善されれば、同じコストや労力をかけた際に得られる成果は大きくなり、経営全般に良い影響を与えるからです。 もちろん、資金繰りにも良い影響を与えますから、資...
融資

リスケの際には注意したいバンクミーティングについて

経営が苦しくなった会社では、銀行にリスケを希望することがあります。 現在、リスケしている中小企業は40~50万社もあると言われるほどです。 しかし、リスケによって経営を立て直すためには、かなりの交渉力が求められます。 返済...
融資

経営改善計画を作る時、認定機関を簡単に信用してはいけない理由

経営が困難に陥った時、銀行への返済が難しくなると、リスケや追加での支援を依頼する必要があります。 この時、銀行はリスケや支援を検討するために、経営改善計画の提出を求めます。 経営改善計画を作るためには、経営者が独力で作ることは困...
資金繰り

保険で節税のつもりが資金繰り悪化に?その理由を徹底解説

節税をしているつもりなのに、一向に資金繰りがラクにならない、さらには資金繰りが苦しくなっていると感じている経営者は多いものです。 節税をすれば資金繰りがラクになると信じて取り組んでいるのに、どうして資金繰りが苦しくなってしまうのでしょ...
資金繰り

どんぶり勘定はなぜ危険?どんぶり勘定で抜け落ちている計算とは

資金繰りに行き詰る経営者に多い特徴として、「どんぶり勘定」が挙げられます。 頭の中だけで資金繰りを考え、詳しい数値で把握していません。 そのために、ある日突然うまくいかなくなり、資金調達にも間に合わず、資金がショートしてしまうの...
融資

どんぶり勘定では資金調達に苦労する!元銀行員に学ぶ抜本的な改革とは

銀行が融資を判断する際には、きちんと回収できるかどうかを最重視します。 当然、会社が潰れてしまっては回収不能となるため、資金繰りが問題なく続いていくことも、融資実行のための条件となっています。 このため、資金繰りに計画性がない、...
その他

安定した経営のためには手元資金を厚くすることが重要

安定した経営のために重要なことは色々ありますが、その中の一つに「手元資金の多さ」という要素があります。 多くの会社では、手元資金が少ない状態で経営を続けており、資金不足に悩んでいます。 資金不足だから売上を伸ばすように努力し、そ...
その他

会社の資金繰りに役立つ法認定の知識

法認定とは、法律に基づいて会社の計画を認定し、認定した計画を国が支援する仕組みのことです。 法認定を受けた会社は、補助金や融資、信用保証などを有利な条件で受けられたり、減税措置を受けられたりするため、法認定をうまく活用すれば、会社の資...
その他

資金繰りに節税を活かすために益金・損金を理解しよう

会社が事業をしていく上では、必ず税金を支払わなければなりません。 とはいえ、会社にできるだけ多くのお金を残すためにも、節税によって税金の支払い額を少なくしたいものです。 しかし、節税は、正しい知識によって行わなければ、十分に節税...
タイトルとURLをコピーしました