手形の不渡りを起こすとどうなる?銀行から連絡はくる?不渡りを起こさないための対応・対策まとめ

スポンサーリンク
※本記事はプロモーションを含みます。

手形は、支払いを先送りすることができる便利なツールです。

しかし、約束した期日に支払えなかった場合には、手形は不渡りとみなされ、取引先や銀行から大きく信用を失うこととなります。

とくに、6ヶ月以内に2回の不渡りを起こせば事実上の倒産となります。

手形の不渡りを起こすと、具体的にはどのような影響を及ぼすのでしょうか。

また、不渡りを避けるためには、どのような対策をすべきなのでしょうか。

▼緊急で資金調達が必要ならファクタリング▼
※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

スポンサーリンク

【注目】銀行融資が難しい場合はファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは
※上記の図解は2社間ファクタリング

ファクタリングとは、「債権買取り」を意味しています。

法人がファクタリングにおいては、保有している売掛債権(=請求書)を売却することで現金を得る資金調達方法の一種として認識されています。

企業は、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の予定日よりも早く現金を受け取れます。

ファクタリングは売掛債権の売買で資金調達を行うため、銀行からの借入とはことなり融資にはあたりません(調達した資金の返済は不要です)。

融資ではないため金利はありませんが、利用時にファクタリング業者に手数料を支払います。

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

手形と不渡りについて基本を確認

手形と不渡りについて基本を確認

判例ロゴ

手形は、ビジネスの取引で現金の代わりに利用される支払い手段です。

現金がないときに支払いが延期できる資金繰りの手段として利用されます。

近年では電子化が進み、2026年度には紙の約束手形が廃止される方針で、電子記録債権「でんさい」への移行が進められています。

引用:ビジネス用語集 手形とは-Square

手形とは、取引の際に現金で取引をするのではなく、その代金を後日支払うことを約束するにあたって振り出される手形のことです。

この時に約束した支払期日には、支払代金を口座に振り込んでおき、手形の代金がきちんと決済されるようにしておく必要があります。

もし、口座に充分な資金がない場合には決済することができず、その手形は「不渡り」となります。

判例ロゴ

不渡りとは、会社が発行した手形や小切手が決済できないことを意味します。

不渡りには3種類があり、会社の信用に大きく関わるものは「1号不渡り」と呼ばれます。

1号不渡りを起こしてしまうと、会社の信用に大きな悪影響が生じ、倒産に追い込まれてしまうおそれがあるので要注意です。

引用:不渡りとは? 種類・会社に与える影響・対策・法人破産手続きなどを解説-ベリーベスト法律事務所

不渡りを出した会社は、銀行からも取引先からも信用を失い、会社の存続にも大きな悪影響をもたらします。

▼【最短2時間】手持ちの請求書を現金化▼

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

ファクタリングについての記事はこちら

コメント