リスケジュール

融資

倒産の危機にある会社は融資を受けられない。そんな会社が気を付けるべきこと

銀行が融資を断る理由にはいくつかありますが、 会社の経営がうまくいっていない 財務的にもギリギリの状態にある 融資すれば貸し倒れになるリスクが高い そんな場合は、高確率で融資を断ることになります。 そのよう...
その他

歴史的に見てもリスケの効果はすごい!でも失敗したらどうなるの?

歴史上、初めて債権者に対してリスケジュールを申し込み、それによって財政再建を成功させたケースは江戸時代末期に見られます。 その内容を見てみると、リスケの効果の大きさを実感することができます。 しかし、それでも経営改善計画通りに事...
資金繰り

資金繰り困難でリスケを交渉したいなら銀行の事を知ってから

資金繰り困難になると、打開のために財務内容を詳しく調べて行くでしょう。 そうすると、「銀行からの借入金が大きく、金利が高く、元金と利息の支払いによって資金繰りが大きく圧迫されている」のが分かる場合があります。 そのような場合には...
融資

事業再生のためにまずやるべき!リスケジュールの考え方

経営困難に陥ったとき、経営者は責任を果たすべく奔走することと思います。 このとき、方向性を誤ってしまうと、経営状況をさらに悪化させてしまう可能性があります。 その場しのぎをするのではなく、事業を立て直すことを考えて対策を練ってい...
資金繰り

リスケのリスクとは?保証人に被害が及ぶ?融資が受けられなくなる?

資金繰り困難な会社の状況を分析してみると、銀行への返済が資金繰りを大きく圧迫している場合が多々あります。 そのような場合には、銀行にリスケを依頼して支払いの負担を一定期間猶予してもらうことによって、経営の立て直しを図るのが最善の手段と...
資金繰り

【保存版】緊急時の資金繰り対策マニュアルまとめ

会社の資金繰りや業績が大きく悪化した場合、緊急時といえる状況に置かれることがあります。 緊急時には、平常時と同じ資金繰りをやっていたのでは、状況は悪くなるばかりです。 そこで、自社で緊急時の対策を行なうと同時に、金融機関にも相談...
その他

リスケジュールからのノンバンクで経営立て直しを図る方法

ノンバンクからの融資は受けたくないと思っている経営者が多いと思います。 実際、ノンバンクからの融資はデメリットも多く、あまり歓迎できるものではありません。 しかしながら、もはやノンバンクからの融資しか受けられなくなった会社は、こ...
タイトルとURLをコピーしました