1. TOP
  2. 融資
  3. 信用保証協会保証付融資に頼る?頼らない?どっちがいい

信用保証協会保証付融資に頼る?頼らない?どっちがいい

銀行からプロパー融資を受けられない場合には、信用保証協会保証付融資を受ける会社が多いです。

本来ならば融資を受けられないところを、信用保証協会の協力によって融資を受けられるようになるため、ありがたい制度です。

しかし、信用保証協会のデメリットを知らずに利用すると、後々苦労させられる可能性もあります。

本稿では、信用保証協会のデメリットと、プロパー融資の重要性を解説していきます。

資金調達プロ

信用保証協会保証付融資とは?

銀行融資は、一般的に審査が厳しいものとされています。

貸借対照表から財務の安全性を確認でき、損益計算書から業績の安定性も確認でき、その他の点でも問題のない会社には好条件でプロパー融資を行いますが、何らかの問題があれば融資を渋ります。

特に、本稿を読んでいる方の多くは、資金繰りに何らかの問題があると思います。

そのような場合にはプロパー融資を受けられないケースも多いです。

そのような時、心強い味方になってくれるのが信用保証協会です。

信用保証協会からの保証が得られると、銀行は貸し倒れリスクがなくなるため、銀行は融資を出しやすくなります。

したがって、資金繰りの方法を調べると、経営が苦しくて銀行融資を難しい会社は、信用保証協会保証付融資を利用することが推奨されていることが非常に多いです。

しかし、信用保証協会保証付融資を使って良いのは、経営改善の方針をしっかりと打ち立て、信用保証協会の保証を受けて融資を受けたのち、しっかりと立て直しが図れる会社だけです。

そもそも、信用保証協会保証付融資に頼っている会社は、言い方を変えれば、信用保証協会の保証なしには銀行から融資を受けられない、経営状態が危ない会社です。

そのような会社にも、リスクさえなければ銀行はどんどん融資することができます。

顕著な例では、かつてプロパー融資を行った会社が経営難に陥ったため、信用保証協会保証付融資によって融資し、プロパー融資を回収した例もあるほどです。

したがって、信用保証協会保証付融資でなければ融資を受けられない会社も、安易に利用するのは考えものです。

それをあまりに簡単に利用してしまうと、破綻へとまた一歩進むだけになりかねません。

 

 

信用保証協会保証付融資のデメリットを知る

これをよく理解するためには、信用保証協会保証付融資のデメリットを正しく把握しておくことが必要です。

基本的なことを言えば、信用保証協会保証付融資とは、信用保証協会に保証人になってもらうことで融資を受ける方法です。

この融資形態について、信用保証協会は中小企業支援を目的とするものだと謳っています。

確かに、プロパー融資を受けられない中小企業にとっては、信用保証協会の保証によって融資を受けられることはありがたいことです。

しかし、この「保証」の意味をよく考えてみると、あくまでも金融機関に対する保証であることが分かります。

融資が貸し倒れになった際には、残高を代位弁済することで金融機関のリスクを請け負い、それによって金融機関の貸し倒れリスクはゼロになります。

このような保証を受ければ、銀行は融資してくれます。

そのために、会社は信用保証協会に保証料を支払います。

つまり、会社は銀行に対して金利を負担し、さらに保証協会への保証料も負担していることになるのです。

経営状態が厳しい会社にとって、金利と保証料の二重の負担は決してラクではありません。

また、返済不能となって会社が倒産すると、銀行へは保証が行われ、立て替えた残高分の債権は、銀行から信用保証協会に移ります。

民間の債権回収業者ならば、債務の圧縮に応じることもありますが、信用保証協会ではそれに応じることはありません。

もし、信用保証協会保証付融資ではなく、プロパー融資を受けていたならば、倒産の際には、債権は民間の債権回収業者に売却されます。

債権回収業者は安く債権を買い取りますから、債務圧縮も可能なのです。

これにより、経営破たんした中小企業は、実質的には債権額の数%の支払いで、債務を処理することが可能となります。

きちんと債務を処理したのち、復活の道を模索することも可能です。

しかし、信用保証協会は、民間の債権回収業者に債権を売却せず、債権をそのまま全額残します。

回収に長期を要する場合でも、全額回収が基本方針です。

延滞金もきちんと請求してきます。

信用保証協会保証付融資を受け、会社が倒産してしまったら、経営者はこのような不利な状況に追い込まれます。

それを解消するためには、法的処理すなわち自己破産以外に道はありません。

自己破産をしない限り、少額返済を延々と続けることになります。

経営者は会社が破綻したのですから、収入の道も断たれて生活に困窮していることでしょうが、信用保証協会への返済のために、毎月数千円、数万円と支払っていきます。

しかし、信用保証協会保証付融資によって借りたお金は、会社の資金繰りのために借りたお金であり、個人的な借入とは桁が違います。

一生かかっても完済できないのが普通です。

 

 

プロパー融資を第一に考える

このような、信用保証協会の怖さを知れば、信用保証協会を安易に利用しようとは思えないはずです。

信用保証協会保証付融資よりも、プロパー融資を受けるための方法を模索していくことが大切です。

プロパー融資は、保証協会の保証がないため、審査は厳しくなります。

しかし、プロパー融資ならば、保証料を支払う必要はありませんし、万が一の場合の債務処理でも有利になります。

経営状態が良くない会社では、プロパー融資は無理だろうと考え、最初から信用保証協会を頼ろうとすることもあります。

しかし、まずはプロパー融資を検討しましょう。

わずかな金額であれば、銀行もプロパー融資を出してくれる可能性があります。

そのような少額の融資でもいいので、プロパー融資を出してくれる銀行を開拓していき、プロパー融資での取引実績を作っていきましょう。

その中で、少しずつ信頼関係を築いていけば、いずれはプロパー融資によって資金繰りを回していけるようになります。

 

 

まとめ

中小企業の強い味方と捉えられている信用保証協会ですが、その仕組みをよく見てみると、決して安くない保証料を取られ、倒産した場合の債権回収も無慈悲です。

信用保証協会も、あくまでもビジネスとして保証していることが分かるでしょう。

したがって、信用保証協会保証付融資は、プロパー融資を受けられず、どうしても資金が必要であり、しっかりとした返済計画を立ててから利用するようにしましょう。

そして、少しでも早くプロパー融資に切り替えるように努力を怠らないことも大切です。

本稿によって、信用保証協会保証付融資への安易な考え方を改められたならば、幸いです。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 銀行のプロパー融資はこうやって引き出せ!

  • 支店長・融資係・得意先係との付き合いで融資が通りやすくなるの?

  • 起業したい人必見!創業時の融資の受け方まとめ

  • 【保存版】信用保証協会保証付融資の完全マニュアル

  • 資金調達ではプロパー融資を最優先に。その理由とは?

  • 【銀行融資】稟議の通し方マニュアル!融資プロセスを徹底解説