自社の「変事抵抗力」の意味とは?後ろ向き融資の交渉でカギになることも、無理ならファクタリングがおすすめ

スポンサーリンク
※本記事はプロモーションを含みます。

「変事抵抗力」とは、非常時の抵抗力のことであり、会社の財務的な強さを意味しています。

会社の変事抵抗力を銀行がどう見ているか融資交渉にどのように影響するかなどを理解していると会社に経営に役立ちます。

意味を知れば難しいものではないため、表面的な理解だけではもったいないです。

本記事では、「変事抵抗力の重要性」「融資交渉への影響」について解説していきます。

▼緊急で資金調達が必要ならファクタリング▼
※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

スポンサーリンク

【注目】銀行融資が難しい場合はファクタリングがおすすめ

ファクタリングとは
※上記の図解は2社間ファクタリング

ファクタリングとは、「債権買取り」を意味しています。

法人がファクタリングにおいては、保有している売掛債権(=請求書)を売却することで現金を得る資金調達方法の一種として認識されています。

企業は、ファクタリングを利用すれば、売掛債権の予定日よりも早く現金を受け取れます。

ファクタリングは売掛債権の売買で資金調達を行うため、銀行からの借入とはことなり融資にはあたりません(調達した資金の返済は不要です)。

融資ではないため金利はありませんが、利用時にファクタリング業者に手数料を支払います。

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

変事抵抗力とは?

変事抵抗力とは?

変事抵抗力とは、万が一融資が返せなくなる非常事態(=変事)にどのような対処ができるか、どれくらいの抵抗力があるかを意味します。

銀行が融資を実行したいものの、貸し倒れリスクが高そう(=万が一が起こりそう)と考えている案件では、変事抵抗力が重視されます。

実際の具体例を見ていきましょう。

融資の流れと変事抵抗力が出てくるケース

融資の流れと変事抵抗力が出てくるケース

銀行が融資を検討する際は、さまざまな情報を利用します。

決算書や資金繰り表、経営計画などの内容から、その会社の財務業績について分析していきます。

数字以外にも、会社に関するうわさ経営者の人格なども判断材料となります。

そして、返済力が十分であり貸し倒れリスクが低いと判断すれば、積極的に融資を実行することが多いです。

銀行が融資謝絶のするのは、会社が問題を抱えており、返済力にも影響しており、貸し倒れリスクを許容できない場合です。

融資実行、融資謝絶を明確に出せる際は良いですが、なかには「判断の難しい案件(=
貸し付ける理由はあるが万が一のリスクが怖い)」
もあります。

このとき、変事抵抗力が高い会社であれば、万が一の場合にも銀行は危険が少ないと考えられるため、銀行は融資を前向きに検討できます。

▼【最短2時間】手持ちの請求書を現金化▼

※サービス利用には事前にGMOあおぞらネット銀行の法人口座が必要です。
資金需要に備えて事前の口座開設をおすすめします。

ファクタリングについての記事はこちら

コメント