1. TOP
  2. 売掛債権
  3. 売掛債権担保融資を徹底解説!ファクタリングとの比較まとめ

売掛債権担保融資を徹底解説!ファクタリングとの比較まとめ

売掛債権を利用した資金調達の方法の一つに、売掛債権担保融資があります。

この制度は、いったいどのようなものなのでしょうか。

また、同じく売掛債権を利用した資金調達の方法であるファクタリングとはどのような違いがあり、どちらを利用した方がメリットが大きいのでしょうか。

売掛債権担保融資とは?

AdobeStock_63161572_R

売掛債権担保融資とは、売掛債権を担保として金融機関から融資を受けることです。

主に中小企業の資金調達の多様化や円滑化を図るために設けられたものであり、利用実績と融資実行額は年々増加しています。

売掛債権を用いた資金上達方法として、ファクタリングと並んでよく利用されているものです。

本来、売掛債権の譲渡にはあまり良いイメージがありませんでした。

海外では、売掛債権を担保とした融資や売掛債権の売却はごく一般的に行われているものですが、日本ではあまり浸透していなかったのです。

その理由は、おそらく日本人の独特的な感覚によるものでしょう。

すなわち自社と取引先の信用に置いて発生した売掛債権を、第三者に対する担保や第三者への譲渡による現金化に利用することは、あまり好ましくないと思われていたのです。

風評に関する懸念もあります。

AdobeStock_19729220_R

これは、売掛債権を担保や現金化に利用すれば、売掛先から資金繰りが厳しいのかと疑われることにつながり、利用そのものが自社にとって好ましくない風評被害を生むことを心配するものです。

しかし実際には、売掛債権の担保や譲渡等への利用促進は国の施策でもあるため、普及と促進に努めるのは企業の務めでもあると言えるでしょう。

売掛債権担保融資の促進を図るための国の施策としては、平成16年に実施された掛目(売掛債権の評価率)の引き揚げが挙げられます。

それ以前は、売掛債権を担保として融資を受ける場合に、売掛先の信用力に応じて50~90%の掛目となっており、金融機関にとってのリスク低減のために50%の掛目での融資もよく行われていました。

しかし、この施策によって最小の掛目が不動産担保並みの70%に引き上げられ、またリスクの少ない官公庁や上場有配企業向けの売掛債権では全額までの評価が可能となったことで、掛目が70~100%に引き上げられました。 

 

 

売掛債権担保融資保証制度の背景

31254051_m_R

冒頭で述べた通り、売掛債権担保融資とは、中小企業が取引先に対して有している売掛債権を担保として、金融機関から融資を受けることです。

この制度はあくまでも中小企業に対して適用されているものであり、例えば製造業では資本金3億円以下の会社であるなどの定めがあります。

融資に際しては、信用保証協会が保証を行うことから、正式には「売掛債権担保融資保証制度」と言います。

この信用保証協会というのは、中小企業の金融の円滑化を図るために設立された公的機関であり、各都道府県と横浜・川崎・名古屋・岐阜・大阪の計52協会があり、各地で保証業務を行なっています。

つまり、中小企業が売掛債権担保融資を利用する時に、その債務を保証する機関であり、融資を受けた企業が返済に行き詰った時には、協会が金融機関に弁済を行なってくれます。

融資決定時には、融資を受ける企業は金利とは別に保証料を支払います。

これによって、金融機関は中小企業に融資を実行しやすくなり、資金調達がスムーズに行われるのです。

売掛債権を担保としない場合、中小企業は不動産担保に頼らざるを得ませんが、担保として提供できる不動産を十分に持っている中小企業は少ないものです。

それだけに、不景気などの影響で資金繰りに行き詰った時に融資を受けることが困難となる中小企業が増えたため、信用保証協会の設立などによって売掛債権担保融資保証制度を確立させることで、中小企業の資金調達の円滑・多様化を図ったのです。

ちなみに、この制度が始まったのは平成13年12月のことでした。

日本においては、ファクタリングと同様に売掛債権を活用した資金調達はあまりうまくいっていませんでした。

その背景には、以下のようなものが考えられます。

  •  売掛先が倒産した場合には、担保とした売掛債権には価値がなくなるなどのリスクがある
  • 売掛債権を担保として管理することにコストがかかる
  • 売掛債権を利用した資金調達に社会的な認知が低かった

これに対して売掛債権担保融資保証制度が創設され、対応を講じたことによって、徐々に浸透してきています。 

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

売掛債権担保融資の仕組み

売掛債権とは、自社が取引先に商品の販売やサービスの提供を行ったことによる、代金を請求できる権利のことです。

売掛債権担保融資では、企業は金融機関に融資の申し込みを行い、金融機関と信用保証協会に売掛債権を担保として譲渡します。

そして、もし企業が融資の返済が不可能となった場合には、信用保証協会が借入残高の90%を金融機関に弁済し、その後、金融機関と信用保証協会は担保となっていた売掛債権から回収を行います。

この仕組みを詳しく解説するならば、以下のようになります。 

 

保証申し込み

AdobeStock_54757194_R

売掛債権担保融資保証制度の利用にあたって、中小企業は現在取引のある金融機関を通じ、信用保証協会に売掛債権担保融資保証制度の申し込みを行います。

融資希望額と売掛債権の状況によって、企業ごとの借入額の上限額が決定され、その範囲内ならば1年間反復して融資を受けることが可能です。 

 

売掛債権の担保設定

33350929_m_R

企業は、金融機関の融資に対する担保として、売掛債権を提供します。

ここの融資は、取引先に商品やサービスを提供し、売掛債権が発生した段階でそれを引き当てとして行われます。 

 

デフォルトしたら

AdobeStock_102564491_R

デフォルトとなった場合、つまり融資を受けた中小企業が返済不可能となった場合には、信用保証協会は金融機関に対して、中小企業が受けた融資額の90%を弁済し、担保となっていた売掛債権から回収を行います。 

 

 

売掛債権担保融資保証制度は改善されていく

売掛債権担保融資保証制度は、よりよい運用のために改善が加えられています。

例えば、創設から約1年後に当たる平成14年11月に行われた改善では、借入の形に大きな変化をもたらしています。

それ以前には、商品の納入などが完了した後に発生した売掛債権を対象として融資が行われていましたが、改正後は取引先との契約が成立した段階でも一定の範囲内で融資を受けることができるようになりました。

このほかにも、色々な改善が見られます。 

 

申込窓口の自由化

AdobeStock_97466470_R

今でも、一般的には既に取引のある金融機関に対して、売掛債権担保融資の申し込みが行われていますが、以前は既に取引のある金融機関でしか申込みができなかったのに対し、改善後はどこでも申込みができるようになりました。

これは、各金融機関で売掛債権担保融資に対する見方が異なることから、すでに取引のある金融機関が売掛債権担保融資に積極的である場合には問題ないのですが、消極的である場合にはうまく融資を受けられなかったからです。

そのことが普及の障壁となっていたため、これを改善するために申込窓口の自由化が行われました。 

 

一括での申請が可能に

Dollarphotoclub_84444528_R

改正以前は、個別保証の場合に1債権者の1債権を引き当てとした借り入れが前提となっていましたが、改正後は複数の債権者の複数の債権をまとめて引き当てとし、融資を受けることができるようになりました。

大きな額の売掛債権を少数の取引先に対して持っている業種ならば問題なかったのですが、小口の取引先も多数抱えている卸売業等の業種にとっては非常に利用しやすくなりました。

それ以前は、小さな売掛債権に対しても個別に手続をしなければならなかったのですが、改正以降は一括で申請できるようになったのです。 

 

上限額の改善

AdobeStock_99604461_R

以前は、1ヶ月以内に到来する複数の債権を束ねることを認め、その上限額は1000万円までとしていたのですが、改善後は複数の債権を束ねる場合の上限金額はすべて金融機関の判断に任せられることになりました。 

 

譲渡禁止特約解除手続きの簡素化

47136671_m_R

売掛債権には第三者への譲渡を禁止した「譲渡禁止特約」がついているケースが多いものです。

そのため、これまでは売掛債権担保融資を利用する場合には、債務者にこの特約の解除を求めるべく「譲渡禁止特約を解除することへの承諾書」と「譲渡禁止特約を解除した売掛債権を担保にすることへの承諾書」という2つの承諾書をもらわなければならなかったのです。

しかし、改善によって承諾書は1種類で済むようになりました。

以上のほかにもいくつかの改善が行われています。

これによって、利用のしやすさに関してはかなり満足の行くものとなったことでしょう。

今後も、必要に応じて改善がなされていくことでしょう。 

 

対象となる売掛債権とは

25872229_m_R

売掛債権担保融資を利用する場合、担保として利用できる売掛債権には以下のようなものがあります。

 

  • 通常の売買契約における売掛金全般
  • 割賦販売代金債権
  • 運送料債権
  • 診療報酬債権
  • 工事請負代金債権

 

このように、単に売掛債権という時には、商品を納入したときの代金の支払いを数ヶ月後に受ける権利として考えがちですが、実際には色々な債権が担保になりえます。

商品の提供による売掛債権だけではなく、さまざまなサービスの提供による売掛債権も対象となるのです。

もっとも、譲渡禁止特約のついている売掛債権は担保とすることができないものの、債権譲渡禁止特約を解除できるものであれば、これも担保になります。

商品やサービスの提供や請負工事が完了し、代金を請求できる状態の売掛債権であれば、基本的には担保として利用可能であると考えてよいでしょう。

したがって、まだ代金を請求できない状態である売掛債権や、売掛金が手形で回収される予定であれば担保としての利用はできず、その場合には手形割引やファクタリングを利用することで資金調達を行うことになります。

担保とする場合には、その売掛債権に関する契約書、納品書、支払通知書などの資料が必要となります。 

 

譲渡禁止特約の解除について

これまでも述べてきたとおり、売掛債権には譲渡禁止特約が付いていることがあり、その場合には担保として利用することはできません。

売掛債権担保融資では、金融機関と信用保証協会に売掛債権を譲渡する必要があるからです。

したがって、まずは取引契約書を見直して、当該売掛債権に譲渡禁止特約がついているかどうかを確認してみましょう。

もし譲渡禁止特約がついているならば、それを担保として利用するためには売掛先に事前に譲渡の承諾を得ることが必要となります。 

 

 

売掛債権担保融資の手続き

では、実際の手続きについて見ていきましょう。 

 

借入額

 42758567_m_R

制度上の借入限度額は、1億1100万円となっています。

実際に借りられる金額については、金融機関と信用保証協会の審査によって売掛債権の信用などを考慮したうえで、掛目を売掛債権の金額に乗じた金額の範囲内となります。

例えば、1000万円の売掛債権に対して80%の掛目となった場合には、800万円の範囲内で借入が可能になるということです。

しかし、この範囲内であれば満額借りられるかというとそうではなく、融資を希望する企業の資金需要や返済能力、経営計画などからも判断したうえで、借入限度額が決定されます。 

 

借入形式

10294230_m_R

借り入れは、手形貸し付けの形式で行われます。

つまり、企業が金融機関に自ら手形を振り出して貸し付けを受けるという形式です。

借入金の返済期日は、原則として担保とした売掛債権の入金予定日となっています。

売掛債権の支払サイトは長くても6ヶ月ということがほとんどであるため、借入期間も最大で6ヶ月となります。 

 

売掛債権の譲渡

Dollarphotoclub_78240405_R

融資を希望する企業は、金融機関と信用保証期間に対して、売掛債権を担保として譲渡する契約を結びます。

そして、担保としての譲渡を行った後に、担保保全手続きを行います。

担保保全手続きとは、売掛債権を担保として譲渡したことについて、売掛先の企業から承諾を得るか、売掛先の企業に対して通知を行うかによって行われます。

また、投機によって通知の留保という形が取られることもあります。

具体的には、以下の通りになります。 

 

承諾

AdobeStock_105308329_R

売掛債権の担保としての譲渡に対して、売掛先から承諾を得る。

信用保証決定後、借入前に売掛先から「債権譲渡承諾依頼書」に記名押印してもらう。

原則として、売掛先の実印押印のうえで売掛先の印鑑証明書が必要となるものの、取引契約書に押印された印鑑でも可能。 

 

通知

AdobeStock_110866403_R

売掛債権を担保として譲渡したことを、売掛先に通知する。

信用保証決定後に、借入前に「債権譲渡通知書」を配達証明付きの内容証明郵便で送付する。 

 

登記(通知の留保)

20378276_m_R

売掛債権を担保として譲渡したことについて、債権譲渡登記制度に基づいて登記を行う。

東京法務局の債権譲渡登記制度に基づいた登記の申請であり、債権譲渡の内容は商業登記簿に記録される。

登記した通知は、中小企業が借入金の返済を延滞した時点で、金融機関から売掛先に通知される。

それまでは通知はされず、金融機関が通知を留保する。 

 

借入実行

27503494_m_R

担保とした売掛債権の入金は、取引金融機関の名義の預金口座で受けることになります。

実際に資金を手にするまでには、信用保証協会の保証決定、担保の契約、保全手続き、金融機関の預金口座での売掛債権の回収準備完了という流れを経ることになります。 

 

返済

42819794_m_R

先述の通り、売掛債権の回収日が借入金の返済日となっているため、売掛先から預金口座への入金がされると、それがすなわち借入金の返済となります。

したがって、返済日に返済資金を別途用意する必要はありません。

また、売掛先からの入金で返済を行った結果余剰金が生じたならば、それは企業が自由に利用することができます。 

 

ファクタリングとの比較

売掛債権を利用した資金調達方法は、売掛債権担保融資だけではなくファクタリングもあります。

では、売掛債権担保融資とファクタリングでは、どちらが企業にとってメリットがあるのでしょうか。 

 

調達資金

39926131_m_R

まず、実際に手にできる現金についてですが、売掛債権担保融資は売掛債権額の70~100%であるのに対し、ファクタリングは70~90%となります(一般的な二社間ファクタリングの場合)。

そのため、非常に優良な債権ならば、売掛債権額にかなり近い額の資金調達も可能となることでしょう。

しかし、一般的な中小企業ではそのような債権は少ないためあまり問題にはなりません。

もっとも、これは債権金額に対して調達できる資金の割合についてであり、調達限度額に関してはファクタリングに軍配が上がります。

売掛債権担保融資では限度額が1億1100万円となっているのに対し、ファクタリング会社ではそれ以上の限度額が設定されていることが多いからです。 

 

信頼性

AdobeStock_119492088_R

信頼性に関していえば、売掛債権担保融資の方が圧倒的に高いと言えるでしょう。

なにしろ、取引する相手は銀行などの金融機関、そして公的機関である信用保証協会なのです。

これによって、利用者が悪質な取引に巻き込まれる可能性はかなり低くなり、安心感は大きいものです。

一方、ファクタリングを依頼するファクタリング会社の中には、聞いたことのない名前の会社も多く、インターネットで検索してもあまり情報が分からないような会社も多いものです。

それだけに、どこか怪しげな雰囲気を感じることもあります。

しかし、ファクタリング会社の中には、安心できそうな大企業の参加で行なっているものもあるため、それらを利用すれば安心感はかなり高まるでしょう。

とはいえ、銀行や公的機関に対する信頼性にはどうしても劣ってしまい、信頼性を比較するならば売掛債権担保融資に軍配が上がります。 

 

経営への影響

Dollarphotoclub_87823543_R

経営への影響を見ると、売掛債権担保融資は一長一短です。

売掛債権を担保とすることによって資金調達ができることは、経営にプラスになることです。

しかし、売掛債権担保融資はあくまでも融資であるため、もし担保としていた売掛債権が、売掛先の倒産などによって無価値になってしまった場合にも、銀行にはきちんと返済しなければなりません。

また、担保とした売掛債権は、通常の売掛債権とは別の扱いとして管理していかなければならない面倒くささもあります。

これは、売掛債権担保融資のデメリットであると言えます。

このほか、あくまでも売掛債権担保融資は融資を受ける手段でしかないというのも、ファクタリングとの大きな違いです。

一方、ファクタリングには短所がありません。

上記の通り、知名度の低いファクタリング会社に依頼すれば不安があるかもしれませんが、そこは名前の知れたファクタリング会社に依頼することで防ぐことができます。

そしてなんといっても、ファクタリングは売掛債権を担保として融資を受けるのではなく、売掛債権をファクタリング会社に売却し、売却された売掛債権はファクタリング会社の管理下に移ることのメリットが非常に大きいと言えます。

つまり、ファクタリングでは、もし売掛先が倒産して回収不能となった時にも、自社では買い戻しなどを行う必要がありません。

47149067_m_R

また、ファクタリング会社は売掛債権の買取料を決定するにあたって売掛先に信用調査を行い、調査報告をしてくれるため、自社で信用調査を行う必要がなくなります。

このほか、与信限度額の設定に関してもアドバイスなどを受けることができますし、売掛債権管理に伴う記帳事務なども全て代行してくれます。

長期の契約を行った場合には、売掛債権を逐一買い取ってもらい現金化することができるほか、新規取引先に対する信用調査・与信管理・債権買取を全て任せることができます。

したがって、売掛債権担保融資とファクタリングを比較した時にファクタリングの方が良い部分が多いことから、ファクタリングを利用して様々なメリットを享受した方が好ましいと言えるでしょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 【保存版】緊急時の資金繰り対策マニュアルまとめ

  • 借りる前に!運転資金を融資以外で調達する方法4選

  • ファクタリングに向いている人、その他の資金調達方法など

  • 手形サイトが長い…そんな時は手形割引で即現金化!

  • ビジネクストで借りる前に、売掛金を資金化しませんか?

  • 【運転資金融資】商工ローンの前にファクタリングを考えよう