貸借対照表はどのように見ればいい?左右のバランスに注目しよう!

貸借対照表が重要であることについて、異議を唱える人はいないと思います。

重要な情報が詰まっているからこそ、会社は毎年作成することを求められ、銀行の融資でも大きな判断材料になるのです。

しかし、貸借対照表をどのように見ればいいのか、見方はわかってもどのように活かせばいいのか、わからない人も多いものです。

そこで本稿では、貸借対照表を大まかに見る方法と、その見方によって得た情報を経営に活用していく方法について解説していきます。

貸借対照表とは?

会社の決算内容を見るとき、損益計算書から売上や利益を把握しようとする社長は多いものですが、もう一方の貸借対照表を詳しく見る社長はそれほど多くないようです。

しかし、自社の財務を把握するにあたって、貸借対照表は欠かせません。

なぜならば、貸借対照表は会社の財務内容をまとめた資料だからです。

貸借対照表を見て、経営に活かす姿勢があるとないとでは大きな差が出てきます。

もっとも、貸借対照表の見方は、基本を抑えればそれほど難しいものではないぞ。

細かく把握するためには、多少の知識が必要となりますが、まずは細かい部分に捉われることなく、全体を大まかに把握することが大切です。

貸借対照表とはなんであるかを簡単に言えば、決算の日における財務内容を表している資料であり、右側には集めたお金についてまとめてあり、左側には使ったお金についてまとめています。

すなわち、右側には負債と資本金が、左側には資産が記載されており、常に左右の金額は一致しています。

このため、貸借対照表をバランスシート(B/S)とも呼びます。

CF戦隊
CF戦隊

もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

アクセルファクターについての関連記事はこちら

貸借対照表の見方

貸借対照表を見る際には、左右のバランスは常に一定しており、片方が増えればもう片方も増え、片方が減ればもう片方も減るという関係にあることを意識すれば、理解しやすくなります。

左右のそれぞれの見方を押さえて、貸借対照表の見方を覚えてください。

右側の見方

貸借対照表の右側には、

  • 銀行からの借入れ、社債の発行、取引先による一時的な立て替えである買掛金などの負債
  • 株主の出資分である資本金
  • 会社がこれまで稼いで積み重ねてきた利益

が記載されています。

どれも貸借対照表の右側に記載されており、会社が調達した資金に違いはないぞ。

しかし、負債は返済したり利息支払ったりする必要があり、会社の儲けに関わらず債務が発生するものです。

これに対し、資本金は返済する必要もなければ、儲けが出なければ配当金を支払う必要もなく、債務は発生しません。

もちろん、右側に随時計上されていく利益も返済する必要はありません。

左側の見方

貸借対照表の左側には、会社の資産について記載されています。

これは、会社が借入れや出資などによって調達した資金が、どのように使われたかを表す部分です。

会社は、色々な方法で資金を調達し、それを運用して事業を行います。

調達した資金は、最初は現預金の形になっていますが、これで販売のための商品や製造のための原料を仕入れると現預金から棚卸資産へと変わります。

それを販売し、数か月後に代金を受け取る契約を結んでいれば、現預金から売掛金へと変わります。

ほかにも、不動産を購入したり、機械を購入したりすれば、現預金から固定資産に変わります。

左右のバランスは常に一定

このように、調達した資金で事業を回して利益がでたならば、貸借対照表の左側が利益分だけ大きくなります。

しかし、貸借対照表の左右の金額は常に一致している必要があるため、右側の利益の部分に儲けが計上されていき、左右のバランスが一致することになります。

CF戦隊
CF戦隊

もし貴社が、新型コロナウイルスで売上が低迷しているなら、この人達が救済してくれるゾ!

結局、何が分かる?

以上の説明は、特に難しくないと思います。

貸借対照表を理解する上で悩ましいのは、貸借対照表の左右の見方が分かったところで、結局何が分かるのか、どのように活かせばよいのかが分からないのです。

これを理解するためには、事業がうまくいかなかった場合の貸借対照表を考えてみることよ。

事業がうまくいかない時の貸借対照表

事業がうまくいかない場合、例えば業績が赤字になった場合を考えてみましょう。

業績が赤字になるということは、事業の結果として利益を得ることができず、むしろ利益よりも損失のほうが大きくなったということです。

これまでの流れに照らして言えば、

  1. 借入れや出資などによって資金を調達した
  2. 調達した資金を運用して事業を営み、調達資金からプラスを生み出そうとした
  3. しかし事業に失敗して利益よりも損失のほうが大きくなり、調達資金からマイナスが生まれてしまった

ということです。

事業がうまくいかない会社の貸借対照表の状態を、危険度によって分けると、以下のようになります。

ステージ1:当期赤字

調達した資金を使って事業を営んだ結果、収益から費用を差し引くと赤字になった場合、貸借対照表の資産が減少します。

左右のバランスは一定であるため、これに連動して左側の利益の部分が減少します。

このように、赤字を出したことによって貸借対照表の右側の利益が減少することを、「当期赤字」と言います。

ステージ2:累積赤字

もし、当期赤字の状態をが続き、資産が負債と資本金の合計を下回った場合にはどうなるでしょうか。

これまで稼いで蓄えてきた利益ならば、いくら減少しても誰かに迷惑をかけることはありません。

しかし、負債は借りた相手がいますし、資本金は出資してもらった相手がいますから、赤字だからといって減らすことはできません。

そこで、左側の利益の部分をマイナスとして計上し、左右の金額を一致させます。

このように、貸借対照表の利益の部分がマイナスになっていることを「累積赤字」または「繰越赤字」と言います。

ステージ3:債務超過

累積赤字の状態が続き、利益のマイナス部分が大きくなっていくと、このマイナスが資本金を上回り、資産が負債を下回ってしまいます。

このような状態を「債務超過」と言います。

CF戦隊
CF戦隊

半年弱で50億円積み上げたOLTA、クラウドファクタリング「3兆円市場」目指してChatworkと連携するなど、この資金調達方法がすごい。

 

大手企業ともパートナー提携していて非常に安心よ♪

 

OLTAのサイトはこちらから→ https://www.olta.co.jp/

貸借対照表を見れば経営の状態が分かる

以上のように、貸借対照表の左右がどちらも増加していれば経営は順調と分かりますし、左右がどちらも減少していれば経営は不調であることが分かります。

なおかつ、不調の場合には左右の関係によって、当期赤字なのか、累積赤字なのか、債務超過なのかを把握し、自社の経営の危険度が分かります。

毎年作成する貸借対照表を見比べると、さらに詳しく経営状態が分かります。

それほど不調ではないと思っていたら、思った以上に深刻な場合があるかもしれません。

苦しい状況が続いていると感じていても、徐々に上向いていることが分かるかもしれません。

このように、貸借対照表から経営状態を大まかに把握することができれば、自社の経営状態に合わせて方針を考えることができるよ。

経営状態が良ければ、積極的な銀行交渉が可能でしょうし、業容拡大のチャンスになることもあります。

経営状態が悪いように見えても、外部環境の変化による一時的な悪化ならば、守りに入って現状維持に努め、再び浮かび上がるチャンスをうかがうのも良いでしょう。

経営状態がかなり悪いことが分かれば、経営改善の具体案を早急に考え、具体的な行動を起こしていく必要があります。

このように、貸借対照表の情報から、大まかな方針を決めていくことができます。社長が会社の舵を取っていくにあたり、重要な参考になるのです。

※貸借対照表の活用について、もっと詳しい情報はこちら

貸借対照表の情報はどう使う?銀行交渉にも使える見方とは
貸借対照表を見るとき、細かい科目まで把握していくためには、それなりに知識が必要となります。しかし、大まかに把握することは、それほど難しくありません。 とはいえ、貸借対照表を大まかに把握したからといって、それが一体何の役に立つのか、どう...
CF戦隊
CF戦隊

業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

まとめ

貸借対照表を見ることによって、自社の経営はどのような状態であるか、大まかな情報を得ることができます。

貸借対照表を見るのが難しいと感じている人の多くは、細かい科目に混乱することが多いのですが、全体を把握して会社の方針を定めるためには、細かい科目はあまり重要ではありません。

CF戦隊
CF戦隊

会社の舵を正しく取っていくためにも、本稿のような大きな見方によって、貸借対照表を経営に活かしてほしい!

コメント