1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングで気になるリスクを徹底解説&ファクタリングの基本

ファクタリングで気になるリスクを徹底解説&ファクタリングの基本

ファクタリングを利用することで、会社のリスクを回避することができます。

そのような意味では、救世主といって過言ではありません。

しかし、それなりに手数料が必要となってくるので、見極めが必要になってきます。

そもそもファクタリングって何?

銀行から融資を受けたくても受けられない企業は少なくありません。

景気の良い時代ならまだしも、日本の不況は未だに長引いていますし、好景気の兆候が見られるとは言われているもののそれを実感することはできません。

そのような状態ですから銀行としてもそう簡単に融資を実行できませんし、企業の中には資金繰りに苦しんでいるところもあるでしょう。

企業によっては売掛債権はたくさんあるものの決済期日がしばらく先でこのままでは資金がショートしてしまう、という場面に直面しているケースも考えられますが、このようなときに活用できる方法がファクタリングと呼ばれる資金調達手段です。

ファクタリングは何も最近誕生した方法ではありません。

海外には古くから存在していましたし、日本でもかなり前から方法としては存在していました。

ただ、日本ではさまざまな諸問題によってあまり浸透はしていません。

ファクタリングは銀行や貸金業者から融資を受けることができないという企業にとって唯一残された資金調達方法と言っても過言ではありませんし、売掛債権さえあれば利用できる方法です。

正直利用しないのが不思議なくらい優れた方法ですから、企業経営者の方やこれから起業を検討している方は覚えておいて損はないでしょう。

ファクタリングを簡単に説明すると決済期日前に売掛債権を現金化する方法です。

売上は確定していてもまだ現金として入ってきていないお金を先に現金に換えてしまう方法と言えば分かりやすいでしょうか。

どのような仕組みかというと、自社で所有している売掛債権をファクタリング会社に売却することで取引先からの入金を待たずして現金を手に入れることができるということになります。

先ほども言ったように歴史は古いものの日本での認知度は低いため怪しく感じてしまうかもしれませんが、海外ではごく普通に行われているビジネススキームです。

安全性についても問題なく、国も認めている資金調達の方法となります。

売掛金を活用して資金を得る方法は国も認めていますし、建設業界においては国土交通省が下請け債権保全支援事業の一つとしてファクタリング会社を紹介したりもしています。

売掛債権があれば決済期日がくれば現金を手にすることができますが、決済期日までに資金がショートしてしまうという可能性は十分あります。

売掛金さえあれば活用できる方法ですし、金融機関からの融資を待つよりもずっと現実的な方法です。

 

 

ファクタリングと手形の関係

ビジネスを行っている方だと手形の役割については今さら説明の必要はないでしょう。

受取手形や約束手形、割引手形などさまざまな種類がありますが、手形を振り出すことによって支払企業は決済を先送りすることが可能となります。

手元に現金がなくても商品を仕入れることができますし、その支払いを数ヶ月先に延ばすということが可能になるのです。

納入業者は受け取った手形を管理し、決済期日がくれば金融機関で現金化することができます。

決済期日まで待てないという場合には金融機関に持ち込んで割引してもらうという手もあります。

手形を受け取った場合は先ほども言ったように支払期日が来るまで保管しなくてはなりませんし、取引先企業が決めた支払期日までは現金は手に入りません。

支払企業からすると資金繰りが楽になるというメリットがあるものの、受け取った側の企業に資金力がないとすぐに力尽きてしまいます。

ファクタリングの場合はファクターに売掛債権を売却することですぐ現金を手に入れることができますが、手形の場合も金融機関に持ち込んで割引という手を使うことができます。

では、この二つは同じようなものなのかと考えてしまいますが、そうとも言い切れません。

手形の場合は振り出した企業が倒産などしてしまうとただの紙切れになってしまいます。

手形の額面が一億円であろうと二億円であろうと、どんなに莫大な金額が記載されていようと取引先が破たんしてしまうと何の価値もない紙切れになってしまうのです。

銀行から割引してもらっていた場合でも期日には返済しないといけませんし、連鎖倒産してしまう恐れもあります。

これが手形の怖いところです。

実際、手形のトラブルで会社の存続の危機に陥ったという企業は少なくありません。

ファクタリングは売掛債権をファクターに完全売却してしまいますから、仮に売掛先が倒産したとしてもそのようなことはありません。

この場合はあくまでファクターが損をするだけですし、自社は何のダメージも受けることはありません。

ここが手形と大きく異なる部分ではないでしょうか。

近年では手形を商取引に利用する企業は少なくなりつつあると言われていますし、銀行も手形には神経を尖らせています。

手形は一種の融資のようなものですから、どうしても慎重にならざるを得ません。

ただ、それでも未だに手形を使っている企業は多いのが実情です。

リスクを考えると手形割引などよりもファクタリングのほうに軍配が上がります。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリング会社の選び方

金融機関からの融資を待っているような時間はない、という場面に直面している会社も少なくないでしょう。

長引く不況のせいで物やサービスが売れず、資金繰りもどんどん悪化しているという企業は多いのではないでしょうか。

これ以上借金を増やすことはできない、金融機関に融資してもらいたい気持ちはあるものの審査を待つだけの時間はないということも考えられますが、このようなときに活用できるのがファクタリングです。

ファクタリングはファクターに債権を売却することで可能となる資金調達方法ですが、ここではファクタリング会社の選び方についてお話したいと思います。

日本ではまだまだ認知度が低くあまり普及もしていないファクタリングですが、実はファクタリングを専門に行う会社もたくさん存在します。

業者を選ぶときのポイントですが、一つは現金化までの時間です。

売掛債権の売却を検討している企業だと一刻も早くお金が欲しいと考えているでしょうし、現金化までにかかる時間というのは非常に重要なポイントと言えるでしょう。

現金化までの時間は業者によってまちまちですから、できるだけスピーディに現金化してくれる会社を選ぶことが大切です。

債権の買い取り額もファクターによって変わってきます。

数千万円までの売掛債権しか買い取ることができないという企業もあれば、億を超える高額買取まで行っている会社があります。

億を超すような売掛債権の場合、小規模な買取しかしていない会社を選んでも意味はありません。

自社の所有する売掛債権をきちんと現金化できるだけの企業を選びましょう。

また、会社によっては法人格を取得している企業しか取引しない、つまり個人事業主は利用できないような会社もあるため注意しなくてはなりません。

ファクタリング会社で代表的なところだとビートレーディングが挙げられます。

こちらは業界を代表する企業と言っても過言ではなく、数百万円から億を超す金額まで買取可能な企業です。

現金化までのスピードも速いですし、個人事業主や小規模な事業者からも高い評価を受けています。

また、資金調達レスキューもこの業界では知られた存在です。

こちらの企業は500万円以下の少額債権の買取に力を入れており、現金化までのスピードも早いと評判です。

300万円以下になると最短即日での現金化も可能ですし、来社不要でファクタリングができるプランも利用できるようになっています。

ぜひ参考にしてください。

ファクタリングの手数料はいくらかかる?

ファクタリングを利用するにあたって注意しなくてはいけないこともいくつかありますが、その一つが手数料の存在です。

ファクタリングで資金調達をする際にはファクターに手数料を支払う必要がありますから、売掛債権の全額を現金化できるわけではありません。

実際に現金化して手元に残るお金はファクターへ支払う手数料を差し引いた額となりますから覚えておきましょう。

では、具体的にどれくらいの手数料が必要になるのかということですが、これはファクタリングの方法によって変わってきます。

ファクタリングにはファクターとのあいだで行う二社間取引と、売掛先企業も交えて行う三社間取引の二つがあります。

二社間契約の場合は手数料の相場が高くなってしまい、だいたい売掛債権額の10~30%程度となります。

一方の三社間契約の場合ですが、こちらは売掛債権額の1~5%となるため比較的相場は安くなります。

こうして比較してみると明らかに三社間での契約のほうがお得ですし、手数料を安く抑えたいのなら三社間契約がいいのではないかと思ってしまいがちですが、実はそうとも言い切れません。

確かに三社間契約だと手数料を安く抑えることができますが、この場合売掛先企業に売掛債権を譲渡する旨を伝えることになります。

それがどういうことかというと、売掛先企業からすると「そんなに資金繰りが悪化しているのか」と思われてしまうことになるでしょう。

欧米では当たり前のように実践されているビジネススキームの一つですが、日本ではファクタリングに誤解もあるためどうしてもネガティブな印象を与えてしまいます。

売掛債権を譲渡しなくてはならない状況ということで将来性が危ないとみられてしまい、今後の取引を断られてしまうという可能性もあります。

コストは低く抑えることができるものの、三社間契約ではこのようなネガティブな面もあるため二社間契約を希望する企業が多いのが現状です。

手数料相場は高くなりがちですが、それでも取引先に窮状を知られたくないと考える経営者が少なくありません。

実際にはファクタリングの手数料は企業によってまちまちですから、複数のファクターの費用を比較しながら決めると良いでしょう。

また、手数料は売掛先の信頼性や買取再献金額などによっても変わってきます。

さまざまな要素が絡み合って最終的な手数料が決まりますから覚えておきましょう。

売掛先の与信力が高いとなると手数料も安くなる傾向にあります。

 

 

ファクタリングで考えておきたいリスク

ファクタリングにはメリットがたくさんありますし、近年再び注目を集めている手法です。

もともと日本にも古くからファクタリングは存在していましたが、海外ほど浸透することはありませんでした。

ただ、今後は広がりを見せそうですし、今のうちに仕組みやメリットを覚えておいて損はありません。

ただ、メリットだけでなくデメリットがあるのも事実ですし、利用するにあたって覚えておくべきリスクもあります。

ここではどのようなリスクがあるかをお話しますから、売掛債権の譲渡を検討している方はぜひ目を通してください。

先ほどお話しましたが、このサービスを利用するにはお金がかかります。

ファクターとしてもビジネスでサービスを提供していますから、無料で利用できるわけではありません。

債権を譲渡して現金化するためには費用がかかりますからそこが一つのデメリットです。

費用がかかるということは売掛先の支払いサイトまで待って現金化するときに比べて現金が目減りしてしまうということになります。

どうしても手数料や掛目の分だけ現金が目減りしてしまいますからこれは大きなデメリットです。

現在ではさまざまなファクターが事業を行っていますが、中には悪質な営業を行っているようなところもあります。

長年この業界で優良な営業を続けてきたような会社もある一方で、悪質なことをしているファクターもいますから、そのような業者に引っかかってしまうリスクもあります。

初めてファクタリングを利用する方や、まったく知識のない方だと騙されてしまう可能性もありますから十分注意してください。

代表的なトラブルだと法外な料金を請求されてしまったといったことがあります。

これだと資金繰りの正常化どころではありませんし、へたすると会社が破たんしてしまうリスクさえあります。

業者によっては現金化までのスピードも異なりますし、どうしても必要なときに現金化が間に合わないことも考えられます。

翌日には現金化可能と謳っているような業者でも実際に利用してみると3日くらいかかったということもありますし、このようなケースに遭遇してしまうリスクもあります。

そのため、あまりギリギリになって依頼するのはやめたほうが良いかもしれません。

業者によって現金化までのスピードは大きく変わってきますし、少額債権なら即日現金化という業者もいます。

いろいろな業者をリサーチして、もっとも現状にマッチする業者を選ぶことです。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • キャッシュフロー改善!借入とは違うファクタリングの仕組みとは

  • ファクタリングで資金調達、手数料・会計処理・印紙について

  • でんさいの手数料、どのくらい取られるか知っていますか?

  • 資金調達のウルトラC!ファクタリングで資金繰りが超ラクに

  • 今さら聞けない!手形割引とファクタリングの違い

  • 「でんさい」と「電手」の違いと、資金調達に使えるファクタリングとは