1. TOP
  2. 融資
  3. 簡単に融資を受けるためのマル秘テクニック2つを紹介

簡単に融資を受けるためのマル秘テクニック2つを紹介

ほとんどの会社は、事業継続のために銀行融資を必要としています。

しかし、銀行は貸し倒れを起こさないために、融資先は慎重に検討します。

そのため、銀行融資は簡単に受けられるものではありません。

しかし、銀行の仕組みを理解すると、比較的簡単に融資を受ける方法が見えてきます。

融資拡大時期を狙う

資金繰りのためには、銀行からの融資は欠かせません。

しかし、銀行融資を受けるのは決して簡単ではなく、銀行から比較的簡単に融資を受ける方法があればぜひ知りたいと思っている経営者も多いことでしょう。

しかし、通常よりも簡単に融資を受ける方法があります。

その一つは、1年のうちで、銀行が融資を拡大する時期を狙うという方法です。

銀行の決算は、3月が本決算であり、9月が半期決算となります。

銀行も株式会社ですから、株主によい結果を伝えるために、決算の数字をできるだけ良いものにしようと腐心しています。

このため、3月と9月には決算の数字を上げるべく、融資を拡大する傾向があります。

銀行員も、新規融資や追加融資によってノルマを達成すれば、行内での評価も上がります。

だからこそ、この時期の銀行員は、どこか融資できる会社はないかと目を光らせています。

融資を受けて資金を確保しておきたい会社としては、このタイミングを逃す手はありません。

なにしろ、普段は融資を受けることがやや難しい会社でも、この時期ならば融資の対象になる可能性もあるのです。

ただし、3月と9月は決算を控えており、案件も山積み状態で、銀行員たちは非常に忙しい時期でもあります。

したがって、3月や9月に融資を申し込んだとしても、銀行員に稟議作成の余裕がなく、後回しになる可能性も高いです。

そこで、この時期を狙って融資を引きたいと考えるならば、2月と8月が狙い目となります。

それ以前に準備を進めておき、2月や8月に融資を申し込めば、スムーズに融資が受けられる可能性が高いです。

 

 

銀行から営業してくるように仕向ける

比較的簡単に融資を受ける二つ目の方法は、銀行から融資の提案をしてくるように仕向けるということです。

普段は、会社から銀行に融資を申し込む関係にありますから、銀行は厳しく審査を行い、融資を受けるハードルも高いです。

しかし、銀行から会社に融資を提案してくる関係であれば、銀行は貸したい一心で営業をかけてきているわけですから、非常に簡単に融資を受けることができます。

特に、マイナス金利政策以降、銀行はとにかく融資に積極的になっています。

それは、個人が銀行から融資を受けて不動産投資を始めるケースが急増していることからも分かります。

最近では、個人に対する不動産事業への融資はかなり縮小しているといいますが、金融緩和の影響はなおも続いており、銀行は融資先を常に探しています。

銀行員が営業をかける会社をどう探しているのかと言うと、信用調査会社のデータをもとに探しています。

帝国データバンクや東京商工リサーチといった調査会社が有名ですが、信用調査会社は様々な会社を調査し、点数をつけています。

銀行員は、調査結果の点数を見て、「点数の良い会社=財務状態や業績が良い会社=貸し倒れリスクが低い会社=積極的に融資すべき会社」と考え、営業をかけます。

銀行員の営業は、銀行員が独自に会社を調査し、融資すべきだと判断した会社に営業をかけているものだと思っている人もいるでしょう。

確かに、昔はそうでした。

昔の銀行員は、融資先が破綻すれば責任を負う必要があったため、慎重に調査を行い、確実な会社に営業をかけていたのです。

しかし現代では、銀行員たちは信用調査会社の点数を根拠に営業をかけるようになっています。

これは、会社にとっては好都合なことです。

なぜならば、信用調査会社の点数が良くなるように工夫すれば、点数を見た銀行員が営業をかけてきて、融資を提案して来るように仕向けることもできるからです。

銀行員は融資先を探しており、その根拠を信用調査会社の点数に求めます。

信用調査会社で良い点数を得ている会社に営業をかけ、融資を実行し、その会社が万が一返済不能に陥った場合には、銀行員は「融資を行った時期の信用調査会社の調査結果はこうだった」という釈明も可能となります。

融資すべきでない会社に営業をかけ、銀行に損失が生じたとなれば、銀行員の評価に重大な悪影響が生じます。

信用調査会社の調査結果をもとに営業をかけ、それを理由に釈明ができることは、銀行員にとっても万が一の際の保険となります。

つまり、会社が信用調査会社を利用して、銀行員が営業を仕掛けてくるように仕向けるということは、銀行員に釈明の道を作ってあげることでもあります。

銀行員にも自社にもメリットのある方法であるからこそ、融資が下りやすいとも言えます。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

信用調査会社に点数をつけてもらおう

信用調査会社の点数を上げるためには、まずは信用調査会社から接触を受ける必要があります。

信用調査会社は、日々会社に電話をかけてきます。

電話によってコンタクトを取り、会社の実態を調査し、点数をつけるのが彼らの仕事だからです。

信用調査会社に情報を提供することは、会社に何のメリットも無いことだと考え、信用調査会社からのコンタクトを拒否している会社も多いと思います。

しかし、そのような対応をすると、悪い点数をつけられてしまうことになり、銀行からの営業も遠のいてしまいます。

そこで、信用調査会社からのコンタクトは積極的に受け付けるのが第一歩です。

時間を作って会社に呼び、決算書を開示したり、長期的な視点などを説明したりすれば、会社の実態以上の点数をつけてもらえることが少なくありません。

このような工夫によって点数をあげていけば、いずれは銀行員の目に留まり、営業をかけてくることになるでしょう。

融資を提案されたならば、会社が「融資を受けてもいいですよ」という立場で話を進めることができるため、好条件で簡単に融資を受けることができるのです。

 

 

まとめ

銀行から融資を受けやすくするためには、融資拡大の時期を狙うこと、そして信用調査会社の点数を上げることの二つの方法があります。

融資拡大時期を狙う方法は、すぐにでもできる方法ですから、融資が必要な会社はぜひ検討してみてください。

信用調査会社の点数を上げる方法は、信用調査会社との接触から始め、点数が高くなっていくように工夫する必要がありますから、これによってすぐに融資を受けられるというものではありません。

しかし、この方法を普段から実践しておくと、将来的には簡単に融資を受けられる状況を作ることができます。

したがって、本稿で紹介した二つの方法は、同時並行で実践してみることをおすすめします。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 資金調達が断然ラク!ファクタリングを活用した新たな資金繰り改善

  • 【保存版】緊急時の資金繰り対策マニュアルまとめ

  • 【知らなきゃ損】より低い金利で銀行から資金を調達する方法

  • 融資で資金調達 or 出資で資金調達、違いを総まとめ

  • ファクタリングを使った支払サイト調整と資金調達法

  • でんさいって割れるの?でんさいの割引について詳しく解説