1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングで売掛金を現金化する&資金繰りを改善する方法

ファクタリングで売掛金を現金化する&資金繰りを改善する方法

売掛金の資金化をする事ができるファクタリングというサービスは、保証人や担保などを用意しなくても売掛債権を現金化することが出来ます。

資金繰りに苦しんでいたり、業績を改善する為に現金が必要な場合などに利用されています。

資金調達プロ

売掛債権を現金化する新しい資金調達法とは

バブルが崩壊して以降、日本経済は安定せず、常に流動的な状態になっております。

ニュースで景気が回復したような発表がされる場合もありますが、一般の方にとっては、景気が回復した実感が得られないのが現状です。

その為、取引先の会社が不渡りを出して倒産してしまうような可能性もすくなくありません。

それだけでは無く、銀行などに融資を依頼したとしてもスムーズな貸付をしてもらえずに断られてしまうようなケースも増えております。

そこで最近になってこれまでの資金調達方法ではなく、全く新しいタイプの調達方法が注目されるようになってきました。

それがファクタリングなのです。

日本国内ではまだまだマイナーかもしれませんが、欧米などでは古くから定番の資金調達方法として知られておりました。

最近になって日本国内でもこのサービスを利用するメリットが知られるようになってきており、特に経済的な体力の乏しい中小企業の方を中心に、徐々に利用される方の数が増えて来ており、多くの企業がファクタリングを融資などとは違った新しいタイプの資金調達方法として注目し始めているのです。

ファクタリングがどのようなシステムなのかというと、これまで企業同士の取引の主な手法になっていた手形を、より有効的な利用ができるようになるシステムになります。

一般的な企業同士のやりとりには、取引の際に毎回現金を支払うのではなく手形で取引を行う事が一般的となっております。

もちろん期日になればしっかりとお金が入りますので、手元には現金はなくとも上手に会社を回せば問題無いのですが、急に資金が必要になるような事も考えられます。

その為、売掛金はあるけど手元にお金がないような状況に困っている方は沢山いるのです。

従来でしたら、そんな時には銀行などから融資を受ける事が当たり前だったのですが、審査に通らなかったり、融資を受けて手元に現金が入るまでのタイムラグが経営に負担を与えていました。

しかし売掛金の資金化する事ができるこのサービスでしたら、期日にならないと現金に代える事ができない売掛債権を、手数料を差し引いた金額で購入してもらう事ができ、スピーディに売掛金の資金化を可能にしてくれます。

銀行から融資を受ける時のように連帯保証人であったり、担保などは必要ありません。

スピーディに売掛金を資金化する事が出来る上に、借り入れよりもリスクが少ないので多くの企業が利用しているのです。

 

 

ファクタリング取引の仕組み

中小企業の経営者だけでなく、大手の方も利用する機会の多いファクタリングは売掛金の資金化を簡単に、しかもスピーディにする事ができますので、資金繰りに苦しんでいる会社やお金の流れの悪い部分を改善させたいと思っている方にとって理想的な売掛債権の処理方法です。

実際にファクタリングはどのような流れで行われるのかと言うと、一般的な3社間の場合には、会社から取引先の会社に商品の販売だったりサービスを提供した事によって売掛金が発生している事が大前提になります。

その売掛金の情報を元に、会社と取引先の会社との間で契約に関する承諾を取り付けます。

その後、取引先の会社と売掛金買取サービス会社との間にファクタリング契約に関する承諾を取り付けます。

そこまですると、売掛金買取サービス会社から会社に売掛金から手数料などの諸費用が引かれた分の金額が振り込まれます。

売掛金買取サービス会社が会社に支払ったお金は、売掛金の支払い期日になったら、取引先の会社から売掛金買取会社に支払われる事になります。

こんなに便利なサービスがあるのなら、全ての取引をファクタリングサービスにしたいと思われるかも知れませんが、ファクタリングサービスは当然ながら無料ではありません。

売掛金買取会社は利益があるからこそ行っております。

その利益はどこから出ているのかというと、ずばり売掛金から出ております。

つまり、売掛金を買い取ってもらったとしても全額は受け取る事ができないという事になります。

単純に利益が減っている事になりますので、売掛債権がある度に売掛金買取サービスを利用するのは愚作の極みという事になります。

売掛金買取サービスを利用する場合には、資金繰りが苦しく、売掛債権を一刻も早く現金化したい場合や、業績が傾いてきたので改善する為に手元にお金を置いておきたい時などに使用するのがベストです。

もちろんこのサービスを利用する事で支払い期日よりも前に現金化する事ができるといったメリットがある事は確かです。

その為、全部が全部利用するのではなく、売掛債権の金額であったり、支払い期日などを参考にしながら、売掛金買取サービスを利用するかどうかを決める事が重要になります。

また支払い期日や金額以外に注意したいのが、取引先の状態です。

経営が悪化して破産してしまうような場合には売掛債権はそのまま紙屑になってしまう可能性がありますので、早目に現金を確保するために、売掛金買取サービスを利用するのがおすすめになります。

売掛金の資金化を行うための手順

ファクタリングサービスを使用するためには、最初にどのような流れで行われるのかをしっかりと確認しておく必要があります。

売掛金買取サービス会社を利用すると言う事は、一刻も早く売掛債権を現金化したいという方が殆どだと思いますので、申請してから手間取らないように、事前に流れを確認しておく事はとても重要な事になります。

最初に確認したいのは、ファクタリングを受ける事ができる状態かどうかを確認する事です。

請求書に定められた期日を守って振り込みがされている売掛金が毎月安定してある事や、他社へ債権譲渡登記をしていないこと、自社と取引先が個人ではなく法人であること、現金化したい必要金額が売掛金よりも上である事、売掛債権買取会社の面接の為に現地に行く事ができるかどうかなどの確認を最初に行ってください。

次に売掛債権買取会社に電話を行います。

この電話は一次審査になります。

電話では、

  • 自社の住所や会社名
  • 電話番号
  • 代表者のメールアドレスや会社のホームページ
  • 従業員の数
  • 資本金などの基本的な情報
  • 年商や直近の売掛金と受取手形
  • 利益前期流動資産額
  • 前期流動負債額
  • 前期純資産額
  • 銀行やノンバンク・消費者金融などからの借入金額債務超過があるかどうか
  • 税金や社会保険の未納があるかどうか
  • 次に譲渡する予定の売掛債権のある取引先の会社情報

などを伝えます。

一次審査をクリアすると、二次審査を行います。

二次審査は電話ではなく書類審査になります。

  • 身分証明書のコピー
  • 会社案内のパンフレット
  • 三ヶ月以内の商業登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 三ヶ月以内の定款
  • 決算申告書を3期分資金繰りの試算表
  • 直近の売掛金一覧表
  • 譲渡希望の売掛金を証明する請求書
  • 売掛先企業との取引基本契約書
  • 取引に係る全ての銀行口座情報と明細
  • 納税証明書その3の3
  • 社会保険料納付証明書

などを用意してください。

二次審査をクリアすると、売掛債権買取会社に出向き、面談をします。

この面談が最終審査になります。

面談での質疑応答の内容が、調査結果や提出した書類と統合性がとれているかや、実際にあった時に信用できる人物かどうかなどを見られます。

面談にクリアすると売掛債権買取会社から入金が行われます。

この入金金額は売掛債権の金額から手数料などが引かれた金額になります。

この手数料は色々な売掛債権買取会社によって変わってきます。

色々と見比べた上で、最もお得で信頼できる売掛債権買取会社と契約するようにしてください。

 

 

資金繰り改善・資金調達としてのファクタリング

ファクタリングは、資金繰り改善や資金調達のひとつの手段として用いられている機会がふえてきました。

基本的に企業活動する場合には、何かを作ったり、何かのサービスを提供する為にお金がかかります。

物販であれば売る為の商品を仕入れなければ販売する事ができませんし、もちろん人件費などの色々な経費もかかります。

その為、商品やサービスを提供する時だけでなく、常にお金は必要になります。

また、企業は複数の会社とのやりとりをしていますので、全て即日対応にしてしまうと経理の人数が足りなくなってしまいます。

その為、一般的な企業の場合には決まった日に支払い処理をまとめて行う経理処理をしているのですが、商品やサービスを提供してから支払処理が行われるまでの間のタイムラグの時にお金が無くなってしまうという可能性もあります。

その為、資金繰りを行って常に必要な現金を会社に確保しておく事が必要になってくるのです。

資金繰りの最も有名なのは銀行などから融資を受ける事です。

利子が付いたり、保証人や担保が必要になったり、融資されるまでの時間が長いと言ったデメリットも多かったのですが、一般的な方は、融資によって資金調達をしていました。

しかし、色々な事情で融資を断られてしまい会社が傾いてしまう事もありました。

その為、ファクタリングというサービスが利用されるようになったのです。

ファクタリングが融資よりも優れているポイントは、利子や保証人が要らない事です。

このサービスは、売掛金を譲渡したり売却する形で現金を手に入れるサービスになっておりますので、自社の状況などはあまり関係ありません。

そして、融資よりもスピーディに売掛債権を現金化する事ができますので、直ぐに現金が必要な方にとっては理想的なサービスと言えます。

これまで融資よりもファクタリングが軽視されていたのは、売掛金を現金化する時に取引先に了承を得る必要があったからです。

現金が無い事を取引先に暴露する形になりますので、信用が無くなってしまったり、取引自体が白紙になる可能性などもありました。

それらのリスクによってファクタリングは選択されてこなかったのですが、最新のファクタリングサービスの場合には、取引先と関係なく売掛金を売却する事ができる二社間で行える物も増えてきました。

二社間でしたら、取引先に悪い印象を与える事もありませんので、安心して資金調達を行う事ができますので、中小企業を中心に利用者が増えているのです。

 

 

ファクタリング契約に関する注意事項

ファクタリングの契約手続は、売掛金が関係してくるので会社の将来を左右するほどの重要な契約手続になります。

当たり前だとは思いますが、しっかりと契約内容の確認をするのはもちろんの事、提出する書類であったり、契約書などの控えをしっかりもらう事も重要なポイントになります。

とにかく不利な契約を締結しないように注意する事が重要になります。

ファクタリングの契約をする場合には、対面での契約が原則となっております。

一次審査や二次審査などは電話や書類の送付で行う所もありますが、最終審査は必ず面談で行う事になります。

ファクタリング会社の多くが東京にありますので、地方で経営をしている方の場合には上京するか、お金はかかってしまいますが出張契約を依頼する事になります。

こちらのサービスを利用する方の多くが中小零細企業になります。

その為、良し悪しが電話やメールなどではわからないといった懸念がありますので、対面での契約になっているのです。

もし最終面談をクリアした場合には、債権譲渡登記を行う事になります。

こちらに登録する印鑑は、事前に送付した印鑑証明の印影と同じ物で登録する必要があります。

場合は契約書や委任状に押印する印鑑が印鑑証明書の印影と一致するかを確認しなければなりません。

また、最も重要なポイントはしっかりと契約の内容を理解する事が重要になります。

ファクタリングを利用する場合は、取引先との間に入ってくれて売掛金を現金に代えてもらっている立場になりますので、どうしても下手に出てしまう方も多いと思います。

しかし、契約内容によってはとんでもない額のトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。

こういったお金絡みの契約は、言葉も難しい物が使われていたり、表現も硬い文章が多くなっておりますのでそういった関係の法律の勉強をしていない方には難しいかも知れません。

わからないと言う事が恥ずかしくてそのままわかったふりをしてしまう方もいますが、どのような契約を結んだのかしっかりと理解できていないのに印鑑を押すのはとってもリスキーな契約になりますので絶対にやめましょう。

ほとんどの会社が大丈夫なのですが、中には悪質な所もあるようで、最悪の場合には会社の信用が著しく低下してしまったり、利用する前と比べて資金繰りがさらに悪化することにもつながります。

わからない言葉や表現、契約内容があったら、その場で契約内容の意味をしっかりと確認するようにしてください。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 資金調達のアレコレ、経営者なら知っておくべき資金調達方法

  • ファクタリングのメリットを徹底解説!こんなメリットも!

  • 資金調達プロというサイトはどんなサービスをしてくれるの?

  • 支払いサイトが長い取引先から、いち早く資金を回収する方法

  • 銀行は会社と経営者の素性をどこまで調べているのか?

  • 商工ローンに手を出すのは自由ですけど違う方法もありますよ!