資金調達のウルトラC!ファクタリングで資金繰りが超ラクに

ファクタリングとは、売掛債権を売却することによって資金化する方法です。

売掛債権は支払までに時間を要するものであり、資金の流動性が低くなりがちですが、ファクタリングによって売掛債権を資金化することができれば、資金繰りが改善します。

ファクタリングによって資金繰りが改善した実例を元に詳しく説明していきます。

 

ファクタリングとは

AdobeStock_28828956_R

本稿をご覧の皆さんは、ファクタリングに興味を持っていることでしょう。そこで、まずは「ファクタリングとはなにか」ということから解説しようと思います。

ファクタリングとは、売掛債権を資金化する方法の一つです。特に中小企業に言えるのですが、元来資金力が弱い傾向がある中小企業は資金繰りに悩むことが多いものです。

資金繰りが悪化すると、トラブルが起きた際に対処しきれないなどの問題が起きる可能性が高まります。

CF レッド
CF レッド
そこで、資金繰りを改善したり、資金調達の方法が常にあるという状態が好ましく、そのためにはファクタリングが有効となるのだ!

 

普通、資金繰りのためには銀行から借入をするという方法が一般的ですが、銀行からの借入が難しい場合も少なくありません。

CF イエロー
CF イエロー
しかし、ファクタリングは既に手元にある売掛債権を売却することによって資金調達を行うというものだから、借入をせずに資金繰りが可能となるよ!

 

ファクタリングの仕組みを簡単に説明すると、以下の通りになります(大まかな仕組みになるため、細かい部分では異なることがあります)。

  • 売主と顧客が商品の売買契約を結ぶ
  • 売主が顧客に商品を納入し、売掛債権が発生する
  • 売掛債権の早期の資金化のため、売主がファクタリング会社に売掛債権を譲渡する
  • ファクタリング会社は売主に前払いで支払いを行う
  • 顧客は売掛債権の支払期日に、ファクタリング会社に支払いを行う

 

CF ブルー
CF ブルー
具体的には売掛債権の資金化にはいくつかの種類があるぞ!
  1. ファクタリング会社に売掛債権を売却して資金調達をするファクタリング、
  2. 大きな取引先を持つ中小企業(大企業の下請けなど)が将来の売掛債権も一括して売却する一括ファクタリング、
  3. 売掛債権を担保にして融資を受ける売掛債権担保融資などです。

 

ファクタリングと売掛債権担保融資は似てはいるものの内容が異なる(売掛債権担保融資はあくまでも融資)ため、ファクタリングといえば、1や2のことを言います。

企業はファクタリングを利用することで、様々なメリットを得ることができます。
資金繰りを改善することができますし、資金調達が容易になって資金のショートを防ぐことができます。

 

CF イエロー
CF イエロー
それだけではなく、経営効率の向上にもつながるよ!

 

なぜならば、売掛債権をすぐに資金化することで手元の現金を増やすことができるため、柔軟な運営が可能となるからです。

仕入先に対して現金決済にすることで、仕入れコストの削減を図ることもできるでしょう。

CF ブルー
CF ブルー
そのほか、借入をしなくても良くなることも大きなメリット!

 

銀行から借り入れるためには物的担保にとらわれながらの資金繰りとなりますが、ファクタリングを利用することでその必要もなくなり、また借入に伴う利息の支払いも必要なくなります。

 

先行きが不安な昨今においては、とにかく現金があるに越したことはありません。現金があれば、企業の財政は堅固になります。

また、後述するようにファクタリング会社は売掛債権の買取だけではなく信用調査なども行なってくれるため、取引先の信用力を的確に把握しておくことでリスクを低減させることもできます。

 

ファクタリング会社に売掛債権を売却することで回収不能リスクを避けるほか、信用力によって与信限度を設けることでもリスクを避けることができます。

CF 戦隊
CF 戦隊
ファクタリングはリスクマネジメントにも役立つのだ!

 

ファクタリングを利用すれば、資金繰りの改善と同時に様々な副次的効果も得られ、経営そのものの改善を図ることができます。

まさに、ファクタリングは経営改善の特効薬なのです。

 

CF レッド
CF レッド
もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングジャパンについての関連記事はこちら

 

 

ファクタリング会社の機能

36611830_m_R

上記でも少し触れましたが、ファクタリング会社の機能は売掛債権の買取だけではありません。

もちろん、それがメインとなる機能であり、企業側としてもその機能を求めてファクタリングを導入することが多いことでしょうが、ファクタリング会社には色々な機能があります。

 

商品の販売やサービスの提供や工事の施工によって生じた売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことのほかにも、ファクタリング会社は貸し倒れのリスクを引き受けたり、記帳事務を代行したり、信用調査を行なったりという機能を持っています。

CF レッド
CF レッド
ファクタリング会社のこれらの機能をうまく利用することによって、取引を単純化・簡素化・合理化することが可能となるんだ!

 

ファクタリング会社が持つ機能の中でも、売掛債権が回収不能になった場合にファクタリング会社がリスクを負担してくれるという機能がメインとなります。

ファクタリングは現在保有する売掛債権を譲渡するばかりではなく、将来的にも継続して売掛債権を譲渡することで資金化が常に容易になるシステムを構築していくことになります。

 

そのため、ファクタリング会社としては買い取る売掛債権が不良債権となることを避けるためにも、売掛先に対して信用調査を行う必要が生じます。

信用調査で得られた情報はクライアントに提供されるため、クライアントは売掛債権の資金化と同時に信用調査をアウトソーシングすることもできます。

CF イエロー
CF イエロー
つまり、本来は自社で行う必要がある信用調査や与信業務をファクタリング会社に依頼することができるため、自社では本業に経営資源を集中させられるようになるよ!

 

ファクタリング会社の機能は単に売掛債権の資金化によって資金繰りを改善するだけではなく、ファクタリング会社が持つ様々な機能をうまく利用していくことによって、経営効率を向上させることができるのです。

ファクタリング会社が持つ機能を整理してみると、以下の通りになります。

 

金融サービス

売掛債権を買取り、支払期日前に資金化してくれる。売掛金を回収してくれる。
取引先が資金繰り悪化の際にも、そのリスクを引き受けてくれる。

 

信用調査サービス

取引先に信用調査を行い、その情報を提供してくれる。これが売掛債権の保全につながる。

 

会計処理サービス

売掛帳簿の作成や記帳事務、売掛債権の期日管理などの事務処理を代行してくれる。

 

コンサルティング・サービス

経営上の問題の相談に乗ってくれる。

 

全てのファクタリング会社が上記の機能を全て備えているわけではなく、ファクタリング会社ごとに機能には違いがあります。

自分がいかにして経営効率を向上させるのかを考え、依頼するファクタリング会社を選ぶのがポイントです。

 

CF イエロー
CF イエロー
売掛金、今すぐ現金化できます。いくらになるか、すぐわかるサイトがこちら。

メンターキャピタルについての関連記事はこちら

 

 

ファクタリングの分類

ファクタリングには、以下の三種類のファクタリングがあります。この箇所は、後述する「ファクタリングによる資金繰り改善の実例」と合わせてみると分かり良いと思います。

 

償還請求権留保・前払方式ファクタリング(金融サービスをメインとしての提供)

ファクタリング会社に売掛債権を譲渡して資金化を行った後、売掛債権の支払期日になってもカスタマーが支払いの一部または全部を拒否した場合、あるいは期日前に支払が拒否される可能性が高いと判断された場合には、クライアントは譲渡した売掛債権を受け戻す義務があるという方法です。

 

償還請求権放棄・前払方式ファクタリング(金融サービスと信用リスク負担サービスの提供)

この方法では、ファクタリング会社は償還請求権を放棄しています。

つまり、ファクタリング会社に売掛債権を譲渡して資金化を行った後、カスタマーが支払いを拒否したとしても、クライアントは売掛債権を受け戻す義務はありません

 

CF イエロー
CF イエロー
ただし、カスタマーの拒否の原因が手形用件の欠陥、偽造、変造、盗難、詐欺、天災、公権力による債務の免除などを理由としている場合には、この限りではないよ!

ファクタリング会社は売掛債権の譲渡を受けるにあたって、カスタマーに対して信用調査を行った上で回収不能リスクが低いと判断してから買取を行っているからこそ、このような取引も可能となっています。

 

信用保証ファクタリング(信用リスク負担サービスをメインとしての提供)

信用保証ファクタリングは、企業に対してリスクヘッジ機能を提供するものです。

全取引を包括的に保証するか、それとも取引ごとに個別に保証するかを契約で決めておき、売掛債権が回収不能に陥った場合にはあらかじめ決められた金額を上限として損失を補填してもらえます。

このときの保証の上限額は、債務者事に信用力を調査したうえで設定されます。

 

CF ブルー
CF ブルー
返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

 

 

ファクタリングのメリットとデメリット

上記の通り色々なメリットがありますが、その一方でデメリットもあります。メリットとデメリットを見ておきましょう。

 

ファクタリングのメリット

売掛債権をスピーディに資金化できる

一般的に、売掛先の企業から支払いが行われるのは数ヶ月先になります。
これは支払いサイトによって大きく異なり、早ければ30日ということもあれば、長ければ半年近くかかることもあります。

その間に資金繰りが行き詰ってしまうことがあり、そのようなときにファクタリングが活きてきます。

 

つなぎ融資を受けなくても良くなる

資金繰りが悪化した時、ファクタリングをしないならば金融機関からつなぎ融資を受けることになるでしょう。

CF レッド
CF レッド
つまり、借金をすることになるのだ!

金融機関からの借入によって一時的に資金ショートを避けることができますが、借金をした時には利息の支払いも発生するため、中長期的に見ると財政の圧迫になる可能性があります。

CF ブルー
CF ブルー
一方、ファクタリングは借入ではなく売掛債権の譲渡によって資金を得る方法であるため、借入とはならないのだ!

 

様々な機能を利用できる

すでに述べた通り、ファクタリング会社の機能は売掛債権の買取だけではありません。他にも信用調査や記帳代行といった様々な機能を持っています。

それらもファクタリング会社に委託することによって、企業は経営資源を本業に集中することができます。

 

売掛先が倒産しても大丈夫

売掛先の企業が倒産した場合、売掛先には債権者が殺到するため、売掛債権の回収が非常に困難になります。

しかし、ファクタリングの信用保証を受けていれば、売掛先が倒産した場合も資金繰りが悪化することはありません。

 

ファクタリングのデメリット

手数料が必要となる

売掛債権の額面そのままで買い取ったならば、ファクタリング会社にメリットがありません。

当然ながら、ファクタリングの利用にあたってはファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

 

手数料は業者によっても異なり、また債務者の属性によっても異なりますが、回収が容易な場合には5%以下、回収不能リスクが高まるにつれて手数料は高まっていき、売掛金額が小さい場合や信用力が低い場合には30%前後になることもあります。

一回目の取引では、概ね15~20%くらいから始まる場合が多くなり、二回目以降は安くなります。このほか、着手金や諸費用がかかることもあります。

 

顧客への承諾が必要なケースがある

ファクタリングは売主・顧客・ファクタリング会社で行う三社間ファクタリングと顧客・ファクタリング会社で行う二社間ファクタリングがあります。

三社間取引の場合には売掛先に承諾を得てから売掛債権の売却を行うことがあり、交渉や手続きに時間がかかったり、取引先の関係が悪化する懸念があります。

 

債権譲渡登記が必要な場合がある

取引内容によっては、ファクタリングに当たって債権譲渡特例法に基づき、債権譲渡登記を行う必要があります。ファクタリング会社によっては登記を必須としている場合もあります。

 

 

資金繰り改善とともに財務体質を強化する

Dollarphotoclub_89398988_R

ファクタリングを利用することによって資金繰りの悪化を避けつつ、資金繰りの改善が可能となります。

さらに、中小企業は資金繰りに窮することが多いものですが、資金繰りを改善して財務体質を強化することができれば、経営の拡大も可能となってきます。

 

中小企業で最も怖いのは、資金ショートによる倒産です。競争力に優れた市場性ある商品を持っているにも関わらず、資金ショートによって倒産してしまう企業があるのです。

CF レッド
CF レッド
そのため、まずは資金ショートに陥ることを避けることが第一となる!

 

元来、中小企業は財務体質が脆弱であることが多いため、ファクタリングの活用によって売掛債権を資金化し、資金繰りを改善し、道を切り開いていく必要があるでしょう。

CF ブルー
CF ブルー
先行きが不安な昨今、これからの企業経営ではビジネスモデルの中にファクタリングを組み込むのがスタンダードになっていくことが考えられる!

売掛債権を眠らせておくのではなく、ファクタリングによって早期に現金化していくことができれば、キャッシュフロー経営が可能となって財務体質は確実に強化されます。

 

CF イエロー
CF イエロー
やはり、中小企業が資金繰りを容易にするためには現金が潤沢であるに越したことはありません!

 

 

企業の流動資産には売掛債権や棚卸資産なども含まれますが、それよりなにより現金が必要です。現金が少ない状態であれば資金ショートに陥りやすく、ちょっとしたトラブルで経営が傾く可能性もあります。

また、現金が潤沢であれば銀行から借入をせずとも資金繰りが可能となり、利息を支払う必要もなく、ここからも財務体質が堅固になります。

では、実際にファクタリングによって、どのように資金繰りが改善され、財務体質が強化されていくのでしょうか。
以下でいくつかの実例を見ていきましょう。

 

CF 戦隊
CF 戦隊
業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

 

ファクタリングによる資金繰り改善の実例

Dollarphotoclub_100914477_R

 

償還請求放棄ファクタリングの事例

上記において、ファクタリングには償還請求権留保・前払方式ファクタリング、償還請求権放棄・前払方式ファクタリング、信用保証ファクタリングの三種類があることを紹介しました。

CF イエロー
CF イエロー
この中で最もクライアントに都合が良いのは償還請求権放棄・前払方式ファクタリングだよ!

なぜならば、この方法ならばカスタマーが破産や支払不能に陥って支払いができなくなった場合にも、クライアントは償還義務(ファクタリング会社に前払いで受け取った代金を返すこと)は負いませんし、仮に後払いを選択していた場合にも債権の期日にはしっかりと代金を受け取ることができるからです。

ただし、償還請求権放棄・前払方式ファクタリングが無効になることもあります。

 

CF ブルー
CF ブルー
例えば、クライアントとカスタマーの間で結ばれた商品売買契約そのものに問題があった場合だ!

つまり、商品価格や数量、品質、納期遅延などを原因として支払いが拒否された場合には、クライアントは譲渡した売掛債権を買い戻す必要が生じます。

また、この方法では、クライアントの営業上発生するすべての(現在および将来の)債権をファクタリングすることが条件となるのが一般的です。これは既に述べた通り、ファクタリング会社のリスク分散のためです。

ただし、全債権をファクタリングの対象とするかどうかは法律で定められているわけではなく、ファクタリング会社との協議によって譲渡する債権の範囲を定めることも可能です。

 

CF 戦隊
CF 戦隊
では、事例1として償還請求権放棄・前払方式ファクタリングによって経営効率を向上させたA社のケースを見てみよう。

A社は教育機器メーカーなのですが、これまで商品を販売した場合に売掛債権の回収が困難になることも多く、経営効率が落ち込んでいました。

 

そこで、新商品を販売するにあたって、従来の販売ルートを利用せずに新規のルートで販売することにし、その際にファクタリングを利用しました。

すでに述べた通り、ファクタリング会社の業務では売掛債権の回収だけではなく、与信管理や信用調査も行っています。そこで、A社はファクタリング会社に全ての与信管理と信用調査を依頼し、売上債権の回収も依頼しました。

取引が生じた場合には、カスタマーのリストをそのつどファクタリング会社に提出して信用調査をしてもらい、信用力によって取引先ごとに売掛での与信限度額を変え、その範囲内で販売し、売掛債権はファクタリング会社に譲渡して前払いで代金を受け取ったのです。

 

その結果、A社の損益計算書は1年で大きく変化しました。売上高は1.4億円増加し、営業利益は3400万円増加しました。税引き後の当期利益は1700万円の増加となりました。

新規商品の販売の40%でファクタリングを利用し、全体で売上高が60%も向上したのです。

 

ファクタリング比率が高まったことで問屋経由も低下し、粗利益率が高まったほか、回収業務が不要になったことで営業効率が上がり、生産性も高まった結果、高収益に繋がりました。

もちろん、バランスシートにも好影響を与えました。

それまで65億円あった売掛債権のうち32億円をファクタリングによって資金化し、買掛金を20億円、長期借入金を11.5億円減らし財務体質が強化されました。

 

信用保証ファクタリングの事例

AdobeStock_46175000_R

現在、ファクタリング会社が力を入れているファクタリング業務の一つに、売掛債権支払保証(ファクタリング保証)があります。

この背景には、従来は商社経由で行われていた商取引が直販になってきたことや、不況の中で売掛債権の貸倒リスクが高まっていることが挙げられます。

これによって、ファクタリング会社の保証を得ることで回収リスクを少しでも低くしようとする企業が増えてきたのです。

CF イエロー
CF イエロー
本来ならば、回収リスクは自社で負うべきものだけど、それを他者に移転する手段として売掛債権支払保証があるのよ!

 

売掛債権支払保証は、すでに説明したファクタリングの三形態のうち、信用保証ファクタリングに当たるものです。
これは、売掛債権が回収不能になった場合、あらかじめ決められた額までの損失を補填するサービスです。

CF レッド
CF レッド
ファクタリング会社が提供するサービスの中でも最も人気が高いサービスだぞ!

 

売掛債権支払保証は、企業にリスクヘッジ機能を提供するものである同時に、このサービスを提供するにあたって保証限度額を設定するために、ファクタリング会社は債務者の信用調査を行うことになります。

CF ブルー
CF ブルー
つまり、このサービスを利用することによって、債務者の信用力も知ることができるというメリットがあるという事だ

 

売掛債権支払保証の基本的な仕組みは以下の通りです。

  1.  クライアントとカスタマーが商品売買契約を結ぶ
  2. クライアントがカスタマーに商品を納入する
  3. カスタマーはクライアントに対して債務を負う
  4. クライアントとファクタリング会社が支払保証契約を結ぶ
  5. クライアントはファクタリング会社に債務者のリストを提供する
  6. ファクタリング会社はリストに沿って債務者の信用調査を行い、保証限度額を設定する
  7. 売掛債権が期日に決済された場合には、保証は自動的に消滅する。
  8. または、信用状の理由から不渡り・不払いになった場合にはファクタリング会社が保証金額を支払う

 

B社は住宅設備機器メーカーで、建材問屋と建築業者向けに建築資材の販売を行っていました。建材問屋と建築業者の比率は6:4でした。

競争力はあり、経営基盤は確率していたため、売掛債権の回収機関が平均して100日と長く、仕入先の決済期間の短縮の要望も強いことなどから、売上に波があるのが悩みでした。

 

B社は収益性を高めることと資金回収効率を上げることを目的として、問屋を介さず建築業者への直販比率を高めるため、新規開拓と営業強化を行うにあたって、ファクタリング会社の売掛債権支払保証を利用しました。

つまり、新規開拓した企業との取引の際に売掛債権支払保証を利用することで、新規開拓と信用調査を同時に進めながら、売掛債権の回収不能リスクもなくしたのです。

こうして堅実に営業努力を重ねた結果、有力ハウスメーカーからの受注に成功しました。リスクを負わずに大幅な増収・増益が可能となったのです。

 

売掛債権支払保証と前払式ファクタリング併用の事例

CF イエロー
CF イエロー
次にC社のケースです。

電子部品メーカーのC社は資金調達の手段として、少人数私募債を発行することで5000万円を調達し、借入金の返済と新規設備投資を行って財務体質を強化しました。

その後新規得意先から大型の受注に成功したC社は、ファクタリング会社の売掛債権支払保証を利用し、前払いによる資金調達も可能となりました。

その後も取引先の売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、キャッシュフロー経営が可能となっています。

 

C社がファクタリングを導入する前、キャッシュフロー経営とは程遠い状態でした。なにしろ、合計5800万円の資産のうち売掛債権が2000万円(34.5%に相当)もあったのです。

C社は、この2000万円の売掛金をファクタリング会社に売却しました。ファクタリング会社は10%の買取債権金額を留保し、1800万円を支払いました。

 

C社はこの1800万円を活用して、資金繰り改善を実行します。すなわち、買掛金の決済に830万円支払い、次に短期借入金を970万円返済したのです。

この結果、C社の資金繰りは大きく改善しました。

CF ブルー
CF ブルー
短期借入金の返済によって自己資本比率が高まり、また総資本が圧縮されたことで収益性が効率化したのだ。

 

もちろん、利息支払いも減少し、その後の取引でもすぐに売掛債権が資金化される構造を手に入れたことで、現金もどんどん潤沢になっていきました。

そのことで仕入れも買掛ではなく現金決済とし、仕入れコストも減らすことができました。C社もファクタリングによって資金繰りを改善した典型的な例でしょう。

 

債権譲渡登記制度を利用した売掛債権の買取りの事例

Dollarphotoclub_86571822_R

売掛債権を譲渡するにあたって、受取手形であれば裏書して譲渡すれば問題ありません。
手形の裏書とは、支払期日を待たずに資金化する方法の一つです。

すなわちa社に商品を販売して手形を受け取り、支払期日以前にb社から仕入れをした際、支払いにa社から受け取っていた手形を利用するというものです。

この時、手形の裏面には自社の署名と捺印をし、b社の社名を記載して譲渡します。
このように、手形の裏面に必要事項を書いて譲渡することから、裏書(正式には裏書譲渡)といいます。

 

CF レッド
CF レッド
さて、受取手形ならば裏書して譲渡すればよいのだが、手形が介在しない場合には譲渡に当たって法的な手続きが必要となる。

売掛金の場合には民法467条によって債務者に通知するか承諾をもらうことが必要であり、債務者以外の第三者(他の債権者など)よりも優先的に回収するためには承諾書には確定日付を記載することになります。

しかし、ファクタリング会社に売掛金を譲渡する場合に、何らかの理由から債務者が承諾しなかったり、債務者が多くて手間がかかりすぎる場合などはファクタリングの利用が困難になります。

 

CF イエロー
CF イエロー
そこで、債権譲渡登記制度を活用し、簡易的に上記の法的な要件を満たしていくことになるよ!

D社は雑貨の製造販売業を営む会社です。大手量販店に雑貨を卸しており、取扱店舗が順調に伸びたため、売上高は5億円に上っていました。

しかしながら業歴が浅いことから所有不動産はなく、担保になるものがないため銀行からの借り入れも出ないため資金調達力の低さが難でした。

 

特に資材購入でロットが大きくなった時などはたちまち仕入れが難しくなりました。D社はどうにか仕入れの機動性を確保しなければならないと考え、そのために顧客の売掛金をファクタリングによって譲渡し、運転資金を調達することにしました。

まだ業歴が浅いことから取引先との関係は良好に保ちたいと思い、通知をしたり承諾をもらったりということは避けたいところでした。

CF 戦隊
CF 戦隊
そこで、債権譲渡登記を行うことで通知と承諾を避けながら法的要素を備え、ファクタリングを可能にし、資金繰りを改善していったのだ!

 

公的機関からの債権買取りの事例

AdobeStock_31945262_R

国や地方公共団体などの公的機関との取引で債権が発生した場合、通常は取引契約書で債権譲渡禁止特約が付けられていることから、売掛債権を譲渡する場合には売掛先に事前に承諾を得る必要があります。

これによってファクタリングが困難になることが多かったのですが、最近は中小企業対策の一環で公的機関が一定の条件の下で債権譲渡を承諾する場合が出てきています。

 

 

CF ブルー
CF ブルー
例えば、建設会社が公共工事を受注し、完成報酬未収金を資金化したいと考えたとしよう!
CF イエロー
CF イエロー
この場合には、信託会社に債権を譲渡することを承諾する制度があるよ!

また、平成13年には防衛省向けの債権譲渡も認められており、徐々に認められる範囲が広まっています。認められた範囲において、一定の条件を満たすとファクタリングが可能となるのです。

 


E社は土木工事会社であり、地方自治体が発注する公共工事を入札で受注しています。
レベルの高い作業を行うため、受注工事の評価は高かったのですが、資金繰りは厳しいものでした。

なにしろ、工事代金の回収は3回に分けて行われるのに対し、職人への賃金は毎月支払う必要があるため、入金と支出のバランスを取ることが難しかったのです。

そこでE社は、ファクタリング会社に相談をし、公的機関から売掛債権の譲渡の承諾をもらいました。

 

このことによって、必要な資金は前払ファクタリングによって調達することが可能となり、資金繰りが改善しました。

売上に波があるものの、資金を安定的に調達できるため、資金ショートの危険がなくなったのです。

 

 

まとめ

このように、ファクタリングによって資金繰りを改善して企業の経営体質を強固にしている会社は多数あります。
ファクタリングは世界的に見ればごく一般的な資金繰りの手段ではありますが、日本ではまだまだ浸透しているとは言えない状態です。

しかし、ファクタリングの普及率は次第に上がってきています。
いち早く取り入れて他社に差をつけるためには、そろそろ検討してみてもよい時期が来ているのかもしれません。