1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングを使った支払サイト調整と資金調達法

ファクタリングを使った支払サイト調整と資金調達法

ファクタリング(売掛金買取りサービス)は、売掛金の回転期間や、売上債権回転期間を短くする事によって資金繰りを改善するサービスです。

新たな資金調達方法としても期待されています。

二者間の契約も出来るようになり、プライバシーの配慮もされています。

売掛金の回転期間を改めて考える

売掛金は、企業が取引先に商品やサービスを提供していて、あとは支払うだけになっている金額の事です。

企業間の支払いは即日ではなく、ある程度の時間をかけてから行われるようなっております。

企業の方は、複数の取引先に対して商品やサービスを提供している事が多いので、それらをしっかりと確認するために、どの取引先にどれだけ売掛金があり、どのようなタイミングでそれぞれの取引先において売掛金の回収ができるのかという事をしっかりと理解しておく必要があります。

その為に必要になってくるのが売掛金回転期間になります。

この売掛金回収期間は、売掛金が何ヵ月で回収されているかを客観的に知る為の物で、計算した段階における会社の資金繰りの状態を把握する為のひとつの指標になるべき値です。

会社が所有している売掛金の残高は、売上高の大きさに比例していきます。

売掛金回収期間は計算式で求められ、売掛金事態を平均月商で割る事によって、売掛金の平均的な回収期間を算出する。

売掛金の回転期間は短ければ短いほど良いのは間違いありません。

短ければ会社で所有する事ができる資金も豊富になりますので、資金繰りも楽になるからです。

この売掛金回収期間は、一般的な企業の場合には1ヵ月半以内とされているのですが、売掛金回収期間の数値を算出した時に1ヵ月よりも長期になってしまっていたり、前期と比べて長期化しているような場合には、不良債権の発生や押込販売、商品代金以外の長期債権の存在、粉飾などの可能性がありますので、原因を究明し対策するようにしてください。

企業自体の資産の大きさは、売上高と密接な関係があり、経営に投下した資産を効率よく活用する事によって、より多くの売上げを求める事が企業目標ですので、売上げに対して資産が肥大化してしまっているような場合には、会社を弱らしている原因になります。

この資産の肥大化の原因になっているのが売掛債権の増大になります。

企業の方の中にはいずれ入ってくる金額だと思い、売上金の回収期間に対してそれほどしっかりと考えていない方もいらっしゃいます。

しかし、売り上げ回収期間が延びれば延びる程、会社に現金が無い状態になっておりますので、新しい事業に算入する時であったり、トラブルがあった時に自由にできる現金が足りなくなってしまう可能性もあります。

売掛金の回転期間は少なくするように努力すべきですし、現状でなあなあになっている部分があれば改善するようにしてください。

 

 

ファクタリングは資金繰りの有効な手段?

企業経営でもっとも困るのは資金繰りです。

普段から安定した資金調達の方法がある場合には問題ありませんが、経営をしているとどうしても資金繰りが上手くいかない時期があります。

そういった時には売掛金を買取るサービスを利用する事も視野に入れて検討するのですが、海外では一般的なファクタリングが日本の場合には、取引先からの信頼を失うという噂もあり不安でチャレンジできなかった方も多いと思います。

しかし、最新のファクタリングは、取引先に売掛債権を現金化しているかどうかの情報は伝わらないように二社で契約するサービスも登場しております。

その為、ファクタリングは安全に資金繰りをしたいという方に有効な手段となっているのです。

最新の二社間のファクタリングなら、相手の取引先に知られずに売掛金を現金化できるようになっておりますので、資金調達が遅れている方であったり、売掛金の回転期間が遅くて困っている方には、メリットばかりの方法になっております。

特に売掛金の金額の大きな取引の後には、このサービスを利用する事によって、まとまったお金をスピーディーに現金化する事ができるのでおすすめです。

なぜファクタリングが資金繰りの方法として選ばれているのかというと、会社で保有している売掛債権を、ファクタリング会社が買い取ってくれるので、直ぐに現金化する事ができるからです。

一般的な売掛金は、支払期日が来るまでは現金にする事ができませんので、支払期日が先にあるような場合には、金銭面で不安が残ります。

経営を行っている方ならわかると思いますが、とにかく直ぐに使用できる現金が少ないということは、それだけ経営が安定していない事にもつながりますので、このサービスを利用するということによって、売掛金を事前に資金化することにメリットを感じているのだと思います。

また、一般的な資金調達の方法として選ばれる融資の場合には、借主の財務内容によって融資されない場合もありますが、ファクタリングでは売掛先の信用にて取引が成立する形になりますので、会社の借入状況や財務内容等についてはあまり関係がありません。

その為、負担の少ない資金調達の方法となっておりますので、金銭借入に代わってくる新たな資金調達の方法として注目されているのです。

もちろん手数料などの出費もありますので売掛金を全てそのままもらえるわけではありません。

その為、手数料を支払ってでも現金化したいと言う時だけ使用するのがベストです。

 

その他の代表的な資金調達法

経営者の方に重要な事は、複数の資金調達方法を知っている事です。

売上債権回転期間などの事を考えたら、複数の取引先があるような場合には、特に色々な種類を知っておく事によって、より効果的な資金調達が可能になります。

特に前以て知っておかないと、お金がなくて追い詰められてしまった時などは、正しい判断をする事が難しくなりますので、先に色々な方法を調べておいていざ必要な時が来たら、その場の状況に合わせて色々な方法から選ぶようにしてください。

資金調達で最初に考えなければいけないのが仕入先との交渉です。

この仕入先との交渉によって金額や支払い期日などの交渉が上手くいけば、支払条件がかなり緩和されますので、根本的な解決に繋がりやすくなっております。

仮に毎月の支払い期限を15日ほど遅くすることを仕入れ先が了解してくれれば、半月分の現金を手元に残しておく事が可能になるからです。

交渉では上手くいかない事もありますので、できれば最初の契約の段階でなるべく有利な条件で交渉しておくことが重要になります。

次に頭に入れておいて欲しいのが売掛金の早期回収です。

売掛金とは、取引先の会社に商品やサービスを提供し終わっていて、後は期日がくれば現金を受け取れるような状態の権利のことで、その期日が来るまではお金は受け取る事ができません。

しかし、この売掛金を支払ってもらうタイミングを早くする事が出来れば、手元に現金をしっかりと残す事ができます。

もちろん入金期限が過ぎてしまった売掛金に関してはしっかりと交渉しなければいけませんが、期限よりも前に入金してもらうような交渉も必要になります。

顧客の前払金も重要な資金調達の方法になります。

これは全ての経営者に当てはまる事ではなく、一部の商品の販売やサービス内容にもよるのですが、商品やサービスの内容によっては前払金を貰う事も可能です。

全てではなく半金などを着手金にするようなケースも増えて来ております。

自社のキャッシュを増やす効果がありますのでおすすめです。

必要性の無い資産の売却も資金調達には必要になります。

所持していれば価格が上がっていくようなものではなく、使用していない、出来ない資産であったり、現時点で利益を生んでいないような資産を売却する事が出来れば、売却した金額を得る事ができます。

車や機械、ゴルフ会員権や遊休不動産などはお金になりやすいのでおすすめです。

また、売却ではありませんが、会社で借りているけどあまり使用していないような月極の駐車場なども解約する事で資金を増やす事に繋がります。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

売掛金買取の仕組み・フロー

売掛金は支払期日にならないと現金が入ってきません。

その為、支払期日が長いものに関してはキャッシュフローを圧迫してしまう可能性があります。

その為、支払日よりも先に売掛金を現金化する事ができる、売掛金買取りサービスのファクタリングを利用される方が増えているのです。

ファクタリングというサービスは売掛金を現金化する事ができるのですが、資金化するまでの流れは事前にしっかりと確認しておく必要があります。

色々なファクタリング会社があるので差異はありますが、一般的な会社の場合、サービスを受けるために自社が取引先に商品の納品やサービスが提供し終わっていて、売掛金発生している事が最低条件になります。

その状態になっている上で、取引先の企業との売掛金買取りサービスを提供している会社がファクタリング契約をし承諾されます。

承諾されましたら、自社と売掛金買取りサービスを提供している会社がファクタリング契約をし承諾されます。

取引先の企業、自社、売掛金買取りサービスを提供している会社の三者間で契約が結ばれましたら売掛先企業との請求金額を確認します。

金額が正しければ売掛金買取りサービス会社への請求金額の通知が行われ、売掛金買取りサービス会社と売掛先企業との間で請求金額の最終確認が行われ、金額に問題が無ければ売掛金買取り会社から早期売掛金支払いを受けられます。

後日、元々の支払い期日に取引先から売掛金買取会社に期日通り売掛金が支払われるといった流れになります。

このようにファクタリングという手法を使って売掛金を早期に現金に代える事はとても魅力的だと言えます。

もちろん他にも銀行などから融資を受けるような手法がありますが、融資という場合には借入金という扱いになり、当然ですが利子など発生しキャッシュフローに悪影響を与えるようになります。

特に中小企業のような比較的体力の少ない企業の場合には、どうしてもそれらがマイナスに働いてしまいますので、おいそれと融資によって資金調達する事はできません。

しかしファクタリングでしたら、元々会社に入るはずだったお金を少し早めに受け取るという認識になりますので、借り入れにはなりません。

もちろん手数料などを支払う必要がありますので、売掛金の支払い時期を待ってから受け取るよりも受け取る事ができるお金は少なくなってしまうのですが、急に資金調達をしたり、取引先とのやりとりに危険を感じたらリスク管理のために使用してみてください。

 

 

ファクタリングを使ってサイト調整

ファクタリングと聞くと、どうしても資金調達する方法というイメージが先行すると思いますが、そもそもの本質をしっかりと確認すると資金サイト短縮をする事が出来る方法という考え方もできます。

経営の場合の資金サイトは、資金が出入りする期間のことです。

支払サイトと入金サイトの二種類に分類する事ができ、支払サイトは仕入債務の発生時から資金決済を実施するまでの期間のことで、入金サイトは売上債権の発生時から資金回収が実現するまでの期間のことになります。

ファクタリングでは、二種類ある資金サイトのうち、入金サイトを短縮する事ができます。

これは売掛金を期日よりも前に現金として受け取る事ができるファクタリングの特性によるものなのですが、取引先との契約が四ヵ月だった場合には、当たり前ですが四ヶ月後にならなければお金を受け取る事はできません。

しかしファクタリングのサービスを利用すれば、一ヵ月程度で現金化をする事も難しくありません。

お金が会社にある時間が長ければ長い程、会社の経営は安定して行きます。

会社を安定させるために、積極的にファクタリングサービスを使ってサイト調整をする経営者が増えております。

会社を経営している方は、会社をより良くすることであったり、大変な状況の時に維持する事が求められます。

その為、資金繰りができるかどうかはかなり重要な問題となっております。

資金繰りが上手くいかない会社は経営が不安定になりやすく、倒産しやすいといった事があります。

資金繰りが悪化してしまう大きな要因の一つが売上債権回転期間であったり、未回収売上債権などがあります。

これらが悪化してしまうようになると、現金が足りなくなり仕入れ先などに支払う現金がたりなくなります。

そんな時にファクタリングサービスを利用する事によって、本来なら手元にあるはずの現金を早めに手に入れる事ができるようになるのです。

もちろん、貸倒のリスクを回避する事ができます。

売掛金や受取手形が、本来でしたらお金に替わる時期に変わらずに焦げ付いてしまっているような状態です。

一般的な取引でしたら、決められた支払日にお金を支払ってもらう事ができるのですが、取引先の経営が傾いてしまったなどの状況で支払われていない状態に陥る可能性もあります。

最悪の場合、取引先が倒産してしまい支払われないような可能性もあります。

そういったリスクは経営していれば誰もが抱えている物ですが、そんなリスクを無くしてくれるのもファクタリングの特徴になっております。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 資金繰りが困難なら売掛債権担保融資を検討すべきか?

  • 手形サイトが長い…そんな時は手形割引で即現金化!

  • 資金調達のアレコレ、経営者なら知っておくべき資金調達方法

  • 売掛債権担保融資を徹底解説!ファクタリングとの比較まとめ

  • ファクタリングの仕組みを一から教えてください

  • ファクタリングを使えば与信限度額設定もお手の物!