1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングのメリットを徹底解説!こんなメリットも!

ファクタリングのメリットを徹底解説!こんなメリットも!

ファクタリングとは、自社が保有する売掛債権を資金化することによって、資金を調達する方法です。

売掛債権を資金化することには、実に様々なメリットがあります。

本稿では、ファクタリングのメリットを徹底的に解説していきます。 

ファクタリングとは?                     

AdobeStock_125362735_R

当サイトでは、ファクタリングについていろいろな角度から解説しています。

本稿でも、まずはファクタリングの概要から触れていきましょう。

ファクタリングとは、自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、ファクタリング会社から資金を調達する方法です。

売掛債権とは、企業が取引先に商品やサービスを掛け売りした場合、数ヶ月後の支払いを約束するものとして発生します。

つまり、営業努力が実を結んで販売にこぎつけたとしても、商品やサービスの代金が回収され、それを事業に活用していくことができるのは、数ヶ月先のことになるのです。

その売掛債権が発生するまでには、売り手企業はすでにいろいろなコストを負担しています。

商品の仕入れ、原材料の仕入れ、製造、在庫管理などはもちろんのこと、それに携わる人員の人件費などいろいろな費用がかかっているのです。

しかし、売掛債権が回収されるまではそれらのコストを回収することはできず、財務的にはマイナスの状態で事業を継続していくことになります。

Dollarphotoclub_92846716_R

資金繰りが良い企業ならば、それでもあまり問題はなく、支払期日まで待った上でしっかりと回収し、資金を回していくことができるでしょう。

しかし、資金繰りがぎりぎりの状態で経営している企業ならば、そうはいきません。

回収した売掛金をそのまま運転資金にスライドさせて経営を維持しているような企業では、ある取引先の売掛債権が回収遅延あるいは回収不能となってしまうと、事業計画がたちまち崩れてしまうのです。

また、不測の出費に迫られることがあれば、それでも企業の経営は大きく傾いてしまいます。

いくら売上が大きく、たくさんの売掛債権を保有しているからと言って、あまりにもぎりぎりの状態で経営をしているならば、何らかの理由で出費を迫られたときに、資金ショートに陥ります。

売上はあるにもかかわらず資金繰りが行き詰まり、黒字倒産となってしまうこともあります。

そのようなとき、ファクタリングが役立ちます。

売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことで、まだ入ってこないはずの売り上げが前倒しで入ってくるため、資金ショートを防ぐことができるのです。

Dollarphotoclub_85047209_R

特に、資金繰りが厳しい会社というのは、銀行融資を希望しても審査に通らないことが多く、また緊急に資金を必要としていることから、銀行の長い審査に耐えられないこともあります。

そのような場合には、審査が緩くスピーディに行われるノンバンクのビジネスローンを利用する企業もあるのですが、ノンバンクは銀行に比べてかなり高い金利を求められるため、その後の経営に響くことになります。

そのようなときにこそ、ファクタリングを検討してみましょう。

ファクタリングは、ファクタリング会社に手数料を支払うことによって売掛債権を買い取ってもらうため、審査は主に売掛先と売掛債権に対して行われることから、自社の財務状況は関係ありません。

また、スピーディに資金を提供してくれることから、緊急の資金需要にも対応しています。

手数料を支払うと、平均して売掛債権の額面の80%程度が自社に入ってくることになります。

これを高いと考える企業もあるでしょうが、たとえば半年後に入ってくる1000万円が、200万円を支払うことによってすぐに800万円入ってくるようなものです。

資金ショートになり、買掛先への支払いが遅延したり、銀行への返済が遅延したりすれば、今後の経営に深刻なダメージをもたらします。

20%の手数料支払いによってそれを防ぐことができるならば、ファクタリングを利用しない手はないでしょう。 

 

 

ファクタリングの流れ

では、ファクタリングの流れを詳しく見ていきましょう。

1.自社が取引先のA社に対して商品(製品、サービスなども同じ)を掛け売りで提供したことにより、1000万円の売掛債権が発生しました。

AdobeStock_99604461_R

契約により、支払期日は3ヶ月後となりました。

つまり、これが「売上はあるけれども、実際には現金を手にしておらず、財務的には実質的にマイナスの状態」です。

 

2.この状態で、何らかの理由で自社に緊急の資金需要が発生したとします。

AdobeStock_92990093_R

たとえば、売掛先のB社が倒産して売掛債権が回収不能となってしまったことで、運転資金が不足してしまうような状態です。

B社から回収した資金を、買掛先への決済や銀行への返済に充てる予定であったため、このままでは支払遅延や返済遅延を起こしてしまい、信用上の重大な問題を引き起こしてしまいます。

そこで、A社に対して保有している1000万円の売掛債権を資金化するため、ファクタリング会社と契約を結ぶことにしました。

 

3.ファクタリング会社との契約にあたって、ファクタリング会社は売掛先のA社に対して信用調査を行います。

AdobeStock_100011638_R

ファクタリング会社は、基本的に償還請求権無し(後述)での契約を結び、買い取った売掛債権の回収リスクを背負うことになるため、手数料を決めるにあたって、必ず信用調査を行うのです。

信用調査の結果、どのくらいの金額での買い取りになるかを確認し、双方の納得の上で契約を結ぶことになります。

債権譲渡契約などの必要な手続きを済ませ、この時点で自社はファクタリング会社に対し、売掛債権を売却したことになります。

たとえば、ファクタリング会社が20%の手数料であるとした場合には、自社に対して800万円の資金が提供されます。

これによって、自社では買掛先への支払い、銀行への返済、従業員への給与支払いなどを滞りなく行うことができました。

 

4.掛け売りから3ヶ月後には、売掛先が支払期日を迎えます。

AdobeStock_100793789_R

2社間ファクタリング(後述)の場合には、売掛先は自社に対して1000万円の支払いを行うため、それをそのままファクタリング会社へと支払います。

3社間ファクタリング(後述)の場合には、売掛先はファクタリング会社に対して支払いを行います。

これで、ファクタリングはすべて終了となります。

以上が、一般的なファクタリングの流れとなります。

 

償還請求権とは?

ファクタリングの流れの3に登場した償還請求権は、ファクタリングに大きなメリットをもたらしているものです。

これは、万が一売掛先が倒産してしまった場合にも、ファクタリング会社は依頼企業に対して弁済を求めることができる権利のことです。

つまり、契約において「償還請求権留保(あり)」となっているならば、売掛先が倒産するなどして売掛債権が回収不能になった場合には、自社が弁済しなければなりません。

AdobeStock_61403722_R

逆に、「償還請求権放棄(なし)」となっているならば、売掛債権が回収不能になったとしても、自社に弁済の責任はありません。

つまり、償還請求権なしでの取引をしていれば、売掛債権に伴う回収リスクを、すべてファクタリング会社に移転できることになります。

経営者ならば、売掛債権をきっちりと回収していけるかどうかは会社の経営を大きく左右するものであり、回収リスクに頭を悩ませないという人はいないでしょう。

その回収リスクが、ファクタリング会社に完全に移転されてしまうということは、ファクタリングの大きなメリットです。 

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

4に登場した2社間ファクタリングと3社間ファクタリングとは、ファクタリングに携わる会社の数によって異なります。

自社とファクタリング会社の間だけで行われるファクタリングを2社間ファクタリングといい、
自社と売掛先とファクタリング会社の間で行われるファクタリングを3社間ファクタリングといいます。

日本では、2社間ファクタリングが主流です。

これは、まだ日本にファクタリングがそれほど浸透していないため、ファクタリングによって売掛債権を売却していることが売掛先に知られると、資金繰りが良くないのではないか、経営状態が良くないのではないか、今後の取引を見直す必要があるのではないか、などといったネガティブなイメージをもたれる可能性があるからです。

AdobeStock_47199395_R

そのことが取引縮小につながったり、最悪の場合には取引停止となることもあります。

だからこそ、自社とファクタリング会社の間だけで2社間ファクタリングを行い、売掛先にはファクタリングの事実を知られないようにする会社が多いのです。

世界的に見れば、ファクタリングはごく一般的なビジネススキームとして認識されており、取引先に知られることで何ら不都合はないため、3社間ファクタリングが一般的です。

日本も、今後ファクタリングが浸透していけば、3社間ファクタリングが主流になるかもしれません。 

 

ファクタリングと融資の比較

Dollarphotoclub_24185712_R

では次に、ファクタリングと融資を比較してみましょう。

ここでいう融資は、銀行やノンバンクなど、融資を受けられる機関を大まかに捉えたものです。

ファクタリングと融資の両者を比較してみると、ファクタリングの有意性が一層はっきりすると思います。

 

ファクタリング

融資

業種

売掛債権の売買

貸金業

調達可能金額

月商を上限とし、売掛債権の金額の範囲内

1000万円~3億円

貸借対照表上の扱い

流動資産における現金の増加、手形及び売掛金の減少(借入金ではないため負債が増えることはない)

借入金であるため、負債が増える

調達コスト

調達金額の5~25%

1年あたり、調達金額の2~20%

負担費用

手数料

金利

返済

借り入れではないため、返済という概念がない

1~15年にわたって返済していく

リスク

売掛先が破たんした場合も、償還請求権無しでの取引であればリスクを負わない

返済不能になった場合に責任を負う。担保の差し押さえなどを受ける

担保

不要

原則的に必要

審査ポイント

売掛先や売掛先に対する調査のほか、自社と売掛先の取引履歴などが審査される

自社の借り入れ状況や支払スケジュール、事業成績や財務状況、場合にとっては個人資産の調査や担保設定などが行われ、審査は厳しい

NGポイント

特にないが、売掛先からの入金口座に差し押さえリスクがあれば審査に通らないことがある

債務超過や税金滞納の場合には審査に通らない

認知度

世界的には一般的であるものの、日本ではそれほど浸透していない

古くから存在し、一般的な資金調達方法

信用情報

信用情報とは無関係

信用情報と関連する

問題点

特になし

審査が厳しい、審査が長い、追加融資が難しいなど

この表を比較すると分かるのですが、ファクタリングは手数料が高いものの、借り入れではないため貸借対照表が悪化しない、融資に比べて審査の通過性が高い、回収リスクを移転できるなど、多くの利点があることが分かります。

特に、中小企業では財務状況が悪く、担保にできる資産も持っておらず、銀行借入の審査に通りにくいということが多いものです。

銀行融資もひとつの有効な手段ではありますが、銀行融資とともにファクタリングも検討することで、より柔軟な資金調達が可能となるでしょう。

もっとも、上記の表の融資の欄はノンバンクも含んでいますが、ノンバンクは金利が異常に高いため、利用しないようにしましょう。

銀行融資が利用できなければ、ノンバンクは検討せずに即ファクタリングと考えた方が賢明です。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングのメリット

では、ファクタリングのメリットを少し詳しく見てみましょう。 

 

資金繰りが改善する

AdobeStock_87975869_R

まず、最大のメリットは資金繰りが改善するということです。

ファクタリングの流れの部分でも解説したことですが、ファクタリングを利用すれば、売掛債権を支払期日前に回収することができます。

ファクタリング会社と契約をし、売掛債権の譲渡を実行すると、支払サイトが大幅に短縮されます。

本来ならば数ヶ月後にしか入ってこなかったはずの代金が、すぐに入ってくるのです。

資金ショートを回避するためには非常に有効な手段であるほか、事業展開にも利用できます。

事業展開にあたってまとまった資金が必要となった時、売掛債権をまとめてファクタリングすることによって、その資金を確保することができるのです。

資金繰りで問題が起きている場合には、何らかの抜本的な改革が求められることが多いものです。

そこで、ファクタリングを利用するコツとしては、資金不足になるたびに少しずつファクタリングするのではなく、一度でまとまった売掛債権をファクタリングし、資金繰りを調整しつつ、資金繰り困難の原因を解消していくのがベストです。 

リスクの移転

AdobeStock_113266462_R

これは、償還請求権のくだりですでに解説したとおりです。

償還請求権なしでの取引が行われることから、売掛先が倒産した際の回収リスクを、ファクタリング会社に移転することができるのです。

ファクタリングには、このメリットをピックアップした信用保証ファクタリングというものもあります。

これまで解説してきた、資金調達法としてのファクタリングは、「買取ファクタリング」にあたります。

これとは別に、保険機能をもった「信用保証ファクタリング」というものもあるのです。

信用保証ファクタリングでは、ファクタリング会社が売掛先と売掛債権に対して信用調査を行い、保証料と保証限度額を設定します。

保証料を支払うことで契約を結ぶと、万が一売掛先が倒産したり、回収が遅延した場合に、保証限度額の範囲内で保証を受けることができます。

したがって、緊急に資金調達の必要がないものの、売掛先が倒産した場合に備え、リスクヘッジの手段としてファクタリングを利用したい場合には、信用保証ファクタリングを利用するのも良いでしょう。

信用保証ファクタリングに特化したファクタリング会社は、トラストアンドグロースなどが有名です。 

財務圧縮

33350929_m_R

ファクタリングを利用すれば、財務の圧縮にも役立ちます。

ファクタリングではなく融資を利用した場合には、負債金額が増えるため、財務の膨張につながります。

しかし、ファクタリングを利用すれば、負債が増えることはなく、調達した資金によって負債を返済することもできるため、財務を圧縮することになります。

また、売掛債権の額が減って現金が増えることはオフバランス化につながり、財務が良好になります。

財務を圧縮すると、企業価値は高まります。たとえば、資産が100、負債が80、自己資本が20の企業が、ファクタリングを利用することによって負債を返済し、資産が80、負債が60、自己資本が20となった場合、ファクタリング前の負債株主資本率は4であるのに対し、ファクタリング後の負債株主資本率は3となります。

負債株主資本率の減少は企業価値の向上につながります。

上場企業であれば投資家から好意的に見られますし、取引先が自社に対して信用調査を行った場合の印象も良くなります。

また、銀行に融資を申し入れる際には財務内容に関する審査が行われますが、そこでもプラスに働きます。 

融資にも好影響

AdobeStock_59007358_R

ファクタリングによって財務内容を改善すると、金融機関から融資を受ける際にプラスに働きます。

ファクタリングによって調達した資金で返済を行い、負債額を減らしていれば、それだけ金利負担は少なくなります。

また、売掛債権が少なく、現金が豊富な状態であり、運転資金がうまく回っている状態にもなります。

そのような企業に対しては、お金を貸してもきちんと返済する能力があるということにもつながりますから、銀行は審査の際に好感を抱くことになるのです。

逆に、ファクタリングを利用しておらず、現金は少なく売掛債権が大きくなっていれば、審査にはマイナスとなります。

売掛債権の中に不良債権が多数含まれている可能性もありますし、回収が難航すれば返済が滞る可能性があるからです。

また、企業規模に見合わない営業活動をしているとも捉えられることがあります。

売掛債権が順調に現金に換わっているということは、営業活動によるキャッシュフローが良い状態ということです。

これは、銀行の審査で注目されるポイントですから、ファクタリングを有効活用していれば、融資を受けやすくなるのです。 

経営資源の集中

AdobeStock_77801921_R

ファクタリングを利用しなかった場合、売掛債権を自社できちんと回収していかなければなりません。

営業部門と経理部門の足並みがそろっておらず、営業部門が無理な営業をした結果、不良債権が多発することもあります。

また、売掛債権管理のシステムが構築されていなければ、回収がうまく行かないケースが多くなります。

したがって、売掛債権をきちんと回収していくためには、そのための社内システムが必要であり、これを構築するのは容易なことではなく、相応の経営資源を費やさなければなりません。

もし回収不能になったならば、様々な法的手続きを取る必要があり、ここでも経営資源が消費されます。

売掛債権が発生する以前でも、取引の可否や与信限度額の設定に当たっては、取引先に対して信用調査を行う必要があるため、ここにも経営資源を費やすことになります。

このように、売掛債権を管理していくためには、いろいろな場面で経営資源を割かなければなりません。

しかし、ファクタリングを利用することによって、それらの業務をアウトソーシングすることができるため、経営資源を本業に集中させられるようになります。

AdobeStock_90513082_R

ファクタリングを利用すれば、売掛債権を回収するための社内システムが十分に整備されていなくとも、そこから資金を調達することができます。

売掛先が倒産した場合にも、すでに売掛債権が譲渡されていれば、回収のための法的手続きなどはファクタリング会社の仕事となります。

ファクタリング会社と長期にわたる契約をしていれば、ファクタリング会社が必要に応じて信用調査をしてくれるため、自社で信用調査を行う必要がなくなります。

また、ファクタリング会社によってサービス内容は様々ですが、中には売掛債権管理に関する事務処理などをすべて代行してくれたり、与信限度額の設定や財務改革に当たってのアドバイスをしてくれる、コンサルティング機能を持っているファクタリング会社もあります。

経営資源を本業に集中することができれば、積極的に営業を行ったり、様々な投資を行ったりできるようになります。 

ファクタリングを有効活用すれば、これらのメリットによって、筋肉質な企業へと成長していくことができるでしょう。 

 

 

ファクタリングに向いている業種は?

さて、ファクタリングはすべての会社にとって役立ってくれるものですが、中でも特にファクタリングによって恩恵を受けやすい業種があります。

大まかに言えば、売掛先の信用力が非常に高い場合や、売上げを上げてからそれを回収するまでの期間が長い業種であればあるほど、メリットは大きくなります。

ファクタリングの手数料は、ファクタリング会社が抱える回収リスクに応じたものとなります。

そのため、売掛先の信用力が非常に高く回収リスクが低ければ、手数料も低くなるため、ファクタリングのメリットが大きくなるのです。

また、売上代金回収期間は業種によって異なるものです。

回収期間が長いということは、事業に活用できる資金が入ってくるまでの期間が長くなるということですから、それだけ資金繰りは厳しくなりやすいということです。

そのような企業は、ファクタリングを利用して資金繰りを改善すると、経営がずいぶんと楽になることでしょう。

具体的には、以下のような業種がファクタリングに向いています。 

介護業界

AdobeStock_82403781_R

介護業界は、国民保険団体連合会に対して、介護報酬などの診療報酬債権を請求することができます。

請求した介護報酬は、請求してから支払われるまでに二ヶ月程度かかります。

介護業界は総じて経営が厳しいものであり、二ヶ月の待機期間が重荷になることも多いのですが、そのような場合にファクタリングを利用することが有効です。

介護報酬の請求先は国保連という信用が非常に高い機関です。

なにしろ、国保連は国保事業の達成のために設立された国の機関なのですから、回収リスクはほぼゼロです。

ファクタリング会社が請求する手数料の中には、様々な経費のほか、回収リスクに応じた利益を設定しているものです。

回収リスクがほぼゼロとなれば、ファクタリングの手数料も非常に安くなるのです。

介護業界だけではなく、診療報酬債権を取り扱う業界であれば、総じてファクタリングに向いています。 

建設業界

20409922_m_R

建設業もファクタリングに向いており、実際にファクタリングの利用が多い業種です。

建設業では、ひとつあたりの売掛債権の額が大きく、回収期間が長いという特徴があります。

また、天候に左右される業種でもあるため、大口の案件を受けたにもかかわらず、天候従順によって作業が進まず、資金繰りが悪化してしまうということもあるものです。

元請企業が信用力の高い企業であれば、売掛債権が大きいことを利用して、良い条件でファクタリングできることも少なくありません。

ぜひ、ファクタリングの利用を検討してみてください。 

アパレル業界

AdobeStock_127503079_R

アパレル業界は、仕入れから販売までに時間がかかる業界であり、在庫を抱える必要があります。

そのため、実際には経営状況は悪くない場合でも、資金繰りが厳しくなることがあります。

また、アパレル業界では季節性の商品を取り扱うほか、流行に応じた商品を販売していきます。

そのため、一時的に大量の商品を入荷することもありますが、それらの売れ行き次第で資金繰りが悪化することがあります。

大量の在庫を抱えている状況では、銀行からの融資を受けることは難しいものですから、ファクタリングの利用が向いているのです。 

創業間もない企業

AdobeStock_93555211_R

創業間もない企業は、銀行との取引実績が少なく、健全な経営を続けてきた歴史もないため、信用力が非常に低いとみなされます。

そのような場合には、資金繰りに困っても銀行が融資してくれないのが普通です。

そのため、創業間もない企業は、良いアイデアや商品があるにもかかわらず、資金繰りが行き詰って成長の波に乗ることができないことが多いのです。

そのような場合には、ファクタリングを利用しましょう。

ファクタリングを多用することによって、売掛債権が短期間で資金になる体制を作っておけば、資金ショートを起こすことなく事業を継続していくことができます。 

まとめ

AdobeStock_129555616_R

以上のように、ファクタリングは非常に優れた資金調達法であり、いろいろなメリットがあります。

ファクタリングを有効活用し、これらのメリットをうまく享受していけば、企業体力は増し、あらゆる面で好影響をもたらしてくれます。

資金調達が必要になったときには、自社の保有する売掛債権に注目し、ファクタリングを検討してみてはいかがでしょうか。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 売掛金の回収をすご~く簡単にしてしまう画期的な方法とは?

  • 「でんさい」と「電手」の違いと、資金調達に使えるファクタリングとは

  • 売掛金が滞留…そんな時はファクタリング会社で売掛金を整理

  • キャッシュフロー改善!借入とは違うファクタリングの仕組みとは

  • 運転資金を確保できる話題のファクタリングを簡単に理解

  • 資金調達には2つある!ABLとファクタリングの違いを徹底解説