1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングで資金不足を解消!まずは基礎知識から

ファクタリングで資金不足を解消!まずは基礎知識から

ファクタリングを実際に利用して資金調達するには、どんな方法があるのか。

ABSとは何か、でんさいや売掛債権とは、なんなのか。

そんな疑問関して、ここでは情報と合わせて説明していきます。

ファクタリングで資金調達?

中小企業にとって資金不足は大問題ですし、経営者の多くは資金調達の方法に頭を悩ませているのが現実です。

そんな中小企業における資金調達方法として注目を集めているのがファクタリングですが、ファクタリングの仕組みやメリットについて詳しくご存じの方は少ないのではないでしょうか。

そこで、ここではファクタリングの基礎的な知識や、いったいどのようなことができるのかといったことについてご紹介しますから、資金不足を解消したいと考えている方はぜひ目を通してください。

企業間での取引では手形や売掛債権が用いられることが大半ですが、これだと資金力のない中小企業だと資金繰りに影響を与えてしまうことがあります。

手形にしろ売掛債権にしろ現金化できるのはしばらく先になりますし、企業体力のない会社だと決済期日までに資金不足に陥ってしまうことも珍しくありません。

売掛債権はあるのに現金がない、このような状態を解消できるのがファクタリングと呼ばれる方法です。

ファクタリングは売掛債権の買取を行う専門企業に買取ってもらい、手数料を支払うことで現金化してもらう方法なのです。

手形割引をイメージすると分かりやすいかもしれません。

手形の決済期日が数ヶ月先という場合だと現金化に時間がかかってしまいますし、現金化するために銀行や業者に持ち込んで割引してもらうという方法があります。

手形の額面すべてを現金化して手元に残すことはできませんが、それでも現金化によって資金繰りをスムーズにできるというメリットがあります。

ファクタリングも似たようなもので、売掛金を早期現金化できるというのは最大のメリットと言えるでしょう。

つなぎ融資として銀行などから借り入れを行う必要もありません。

また、手形の場合だと取引先が倒産したとしても決済期日には銀行に返済しなくてはなりませんが、ファクタリングだと支払い義務が発生しません。

この方法だと買取専門事業者に売掛債権を売却していますから、売掛先が破たんしたとしても損をするのは買取事業者だけということになります。

手形だと取引先が破たんしようが決済期日には銀行に返金しなくてはなりませんし、へたすると自社が倒産に追い込まれてしまいます。

売掛債権の譲渡による現金化ならそのようなリスクを背負うことはありませんし、安全な現金化が図れます。

多くの中小企業から注目されているのはこのようなメリットがほかにもいくつもあるからでしょう。

 

 

ファクタリングの実際の方法を徹底解説

ファクタリングを実際に行うときの方法や流れなどについてお話したいと思います。

まず、売掛債権の譲渡による現金化を行うためには事業者を見つけなくてはなりません。

民間の事業者もたくさんいますし、銀行でもサービスを行っています。

まずは事業者を選ばなくてはなりませんが、ファクタリングには二者間で行うものと三社間で行うものがあります。

どちらを選ぶかによってさまざまな部分に違いが生じてきますからここはしっかりと覚えておきましょう。

二者間で契約する場合には自社と買取事業者とのあいだで売掛債権の譲渡が行われます。

事業者に自社が所有する売掛債権を売却して現金化し、売掛先から入金があったらそれを買取事業者に渡すという流れになります。

二者間での場合は売掛先は一切関与しませんし、水面下で行われることになります。

三社間での契約では自社と買取事業者、売掛先のあいだで取引が行われ、売掛債権の譲渡を行う旨が売掛先に通知されます。

支払期日がきたときには自社ではなく売掛先が直接買取事業者にお金を支払うという流れになります。

二者間でのファクタリングは手数料が高くなりがちですが、それは買取事業者が高いリスクを背負うからです。

二者間契約だと売掛先が破たんした場合に買取事業者は回収ができなくなりますし、債権を買取した企業からも回収することができません。

そのために手数料は高く設定されています。

三社間での契約だと手数料こそ安いものの、売掛先に通知されてしまいます。

売掛債権を譲渡して現金化することを知られてしまいますから、資金難に喘いでいることを知られてしまうのです。

もしかすると今後の取引にも大きな影響を及ぼしてしまうかもしれません。

ファクタリングを利用する方法は何も難しくありませんし、一番難しいのは業者選びではないでしょうか。

業者選びにさえ失敗しなければたいてい大丈夫です。

買取業者を選んで債権を売却して現金化、その後決済期日がきたらそのお金を買取事業者に渡すというだけです。

特に難しいことはありませんし、誰でもすぐに利用できます。

先ほどお話したように二者間で行う場合と三社間で行う場合とではいろいろな部分に違いが生じてしまいますから、そこだけは覚えておく必要があります。

ファクタリング事業者の中にも法外な手数料を請求するような悪質なところが少なからずありますから注意してください。

悪質業者などにつかまると資金繰りどころの話ではありません。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングの基礎~ABSってナニ?

資金調達の手法として注目を集めているファクタリングですが、ファクタリングに纏わる専門用語はいくつもあります。

これからこの手法を用いて資金の調達をしたいと考えている方や、融資ではない資金の調達手法を模索しているという方だとファクタリングや金融の基礎知識についても知っておくべきです。

ここではABSについてお話しますから、基礎的な知識を身につけたい方はぜひ目を通してください。

少々難しいかもしれませんが、とりあえず覚えておくだけでも今後何かの役に立つかもしれません。

そもそもABSとは何か、ということですが、これは資産担保証券のことを指します。

ABSと聞くと自動車のブレーキシステムのことを思い浮かべてしまう方もいるでしょうが、金融におけるABSとは資産担保証券のことを指しているのです。

アセットバックとセキュリティ、asset backed securityを略してABSと呼んでいるわけです。

このABSは企業が保有する資産を裏付けとして発行され、その資産から発生するキャッシュフローを原資として発行される証券となります。

企業が所有する資産の中には売掛債権なども当然含まれます。

ABSを発行して投資家に販売することで資金を確保することが可能となりますが、資産担保証券を発行するためには複雑な手続きが必要になるのが大きなデメリットです。

資金調達の手法としてABSを検討したことがあるという企業経営者の方もおられるかもしれませんが、大半は煩雑で面倒な手続きを嫌がってやめてしまうのです。

資産担保証券を発行するには資産を企業から分離するために特別目的会社をわざわざ設立しなくてはなりませんし、企業は資産をその特別目的会社に譲渡する形となります。

譲渡された資産を裏付けとして証券を発行、投資家に販売して資金を確保します。

確かにこの方法でも資金の調達は可能となるでしょうが、いかんせん時間がかかり過ぎてしまいます。

煩雑な手続きを踏む必要がありますし、できるだけ早く現金が欲しいという会社にはあまり向いていません。

1970年代にアメリカで誕生した歴史ある資金調達の手法ではありますが、現在ではそこまで大きなメリットも感じられません。

ファクタリングのほうが遥かに手間はかかりませんし、現金化までの時間も短いです。

とりあえずここではこのような方法もある、ということを覚えておいてください。

もちろん、試してみたいのならチャレンジするのも良いでしょう。

 

 

ファクタリングの基礎~でんさいってナニ?

でんさいは割と最近誕生した新しいタイプの金銭債権です。

日本では古くから行われてきた手形による商取引ですが、手形による取引にはさまざまな問題点やデメリットもあります。

それを改善するために誕生したのがでんさいで、正式名称は電子記録債権となります。

手形や債権を電子化したものと勘違いしている方もいるようですが、そうではありません。

電債はでんさいネットと呼ばれる銀行ネットワークを使用することでサービスの利用が可能になります。

ここではでんさいについての基礎情報をご紹介しましょう。

電子記録債権は手形や売掛債権の問題点やデメリットを改善することに成功した新しい金銭債権です。

さまざまなメリットがあり、ファクタリングのように資金調達もできるシステムとして注目を集めています。

従来の手形だと作成や交付に事務的なコストがかかってしまいますし、受け取る側としても保管コストがかかってしまいます。

また、売掛債権だと二重譲渡のリスクや人的抗弁を対抗されるリスクなどもあります。

でんさいだとこれらのリスクやコストがすべて解消されることになるのです。

電子記録債権だと電子データの送受信で取引を行うためコストがかかりませんし、事務作業の労力軽減にも繋がります。

手形の郵送にかかるコストを削減できるのはもちろんですが、手形に貼るための印紙代なども不要となるためトータルでコストダウンに繋がります。

手形を銀行に持ち込んで割引してもらうという現金化手法もありますが、手形だと額面すべてが割り引きされてしまうのに対しでんさいだと分割しての譲渡や割引が可能となります。

これがどういうことかというと、必要なときに必要な額だけを現金化できるということになります。

デメリットとしては、でんさいでの取引を行う場合には取引先にもでんさいを導入してもらう必要があるということです。

また、ファクタリングだと売掛先が倒産しても自社に降りかかる金銭的な被害はありませんが、でんさいだと売掛先が破たんしても自社が支払責任を負わなくてはなりません。

資金調達という部分だけで考えても分割が可能というメリットがある一方で売掛先の倒産によるリスクというデメリットもあります。

デンサイの導入を検討しているのならこうしたメリットとデメリットは事前にきちんと把握しておきましょう。

基本的にはメリットが多いシステムですから、今後は手形に代わって商取引のスタンダードとなっていくかもしれません。

 

ファクタリングの基礎~売掛債権ってナニ?

アナタの経営する会社が取引先に商品を納品した場合、即現金で支払ってもらうことはないでしょう。

初回取引だと信用がないため現金払いということもあるかもしれませんが、ほとんどのケースでは商品を納品して1~2ヶ月後に支払いということになります。

日本の商取引においてこのようなことは日常茶飯事ですし、売掛債権を所有して後日決済して現金化するというのが常識です。

売掛債権とは商品やサービスを納品した企業が取引先から代金の支払いを受けるための権利、と考えれば分かりやすいでしょう。

売掛債権があれば取引先に請求を行うことができますし、代金の支払いを受ける権利を有しているということになります。

そのため、この売掛債権は会社の資産としても計上できますし、この売掛債権を売却することも可能です。

最初にご説明してきたファクタリングはまさに売掛債権の売却による現金化ということになります。

売掛債権があればとりあえず支払い期日に現金化できますが、それを待てないという場合にファクタリングのような方法をとることになります。

でんさいの場合でも売掛債権を譲渡することが可能です。

でんさいについては先ほど詳しくご紹介しましたから、気になる方はもう一度熟読してください。

電子記録債権でも売掛債権を譲渡することができますし、支払期日前に現金化することが可能となっています。

従来のように売掛債権だけを所有している場合だと譲渡対象債権の不存在や二重譲渡リスク、譲渡を債務者に対抗するために債務者への通知などが必要といった問題がありますが、でんさいではそのような問題も解消されています。

でんさいなら電子記録によって債権の存在や帰属を可視化していますし、債権の存在や帰属は明確になっています。

売掛債権は商品やサービスを納品した企業から支払してもらえる権利と覚えておくととりあえずは大丈夫でしょう。

先ほども言ったようにこの売掛債権は資産にもなりますし、債権を活用した資金の調達なども可能です。

ファクタリングにせよ電子記録債権にせよ債権を用いて資金を確保することが可能となりますし、売掛債権を担保として融資を受けられるような制度も存在します。

企業にとって売掛債権は大切な資産であり財産です。

なかなか現金化できない債権などもあるかもしれませんが、期日まで待つことができれば確実に現金化できるのです。

待てない場合にはここでご紹介しているファクタリングなどの方法を検討してみましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • でんさい、電ペイ、電手、支払手形削減サービスなどを包括説明

  • 事業資金の融資を受ける前に、換金できるものを見つけよう!

  • 【保存版】緊急時の資金繰り対策マニュアルまとめ

  • ファクタリングで資金繰り、銀行融資や事業者ローン以外の資金調達法

  • でんさいネット…安全なサービスなんですか?

  • でんさい(電子記録債権)とは?すぐにお金もらえるの?