1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングの基礎知識~仕組みや業者の見分け方、他

ファクタリングの基礎知識~仕組みや業者の見分け方、他

ファクタリングは会社の資金調達などの手段として有効ですが、実際にその意味や仕組みを理解している方は少ないのかもしれません。

ファクタリングと混同されやすい手形割引との違いや手数料の相場、悪徳業者の見分け方など、ファクタリングとはどのようなものであるのか理解し、正しく利用するようにしましょう。

ファクタリングって何? その意味や仕組みを解説

ファクタリングという言葉を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、ファクタリングを正しく理解している方はそう多くありません。

ファクタリングを上手に活用すればスピーディな資金調達が可能となりますし、銀行などから融資を断られてしまった零細企業や中小企業にとって救いの手になります。

ビジネススキームとしてファクタリングを活用したいのならまずはファクタリングについて詳しく知ることが必要ですし、きちんと正しく理解することが重要となります。

ここではファクタリングって何?という方の疑問を解消するために仕組みや基礎知識を解説しましょう。

ファクタリングとは、企業が所有する売掛債権を買取った上で債権の管理や回収を行う金融業務のことを指します。

あまり聞いたことがないという方もおられるでしょうが、欧米では比較的メジャーな資金調達の一つとして知られていますし、多くの企業がビジネススキームの一つとして行っています。

日本ではそこまで普及している資金調達方法ではありませんが、正しく理解することで今後の資金調達に役立てることができるでしょう。

難しい言葉で説明されてもいま一つ理解できない、という方のためにもう少し簡単に説明したいと思います。

この方法は要するに売掛金をファクタリング会社に売却することによってスピーディな資金確保ができる資金調達方法です。

企業間での取引において現金が用いられることは少ないですし、売掛になるケースがほとんどです。

売掛だと実際に現金が手元に入ってくるのは1~2ヶ月先ということになりますが、それまでにお金が必要になるケースも多々あります。

このような場合にファクタリングが重宝できる存在になるのです。

売掛金がある場合、その売掛債権をファクターに売却し、ファクターからお金を受け取ることができます。

もちろん、手数料が必要となるため全額が手元に入るわけではありませんが、大半のお金が手元に入ってきます。

売掛金をできるだけ早く回収したい、資金繰りが悪化しそうなので早くお金が欲しいというケースだとファクタリングが有効ですし、しかも取引先が倒産などしてもファクターへの支払い義務は免除されます。

売掛金をファクターに売却することで本来なら数ヶ月先に手にするはずだった現金を手に入れることができますし、悪化しかけた資金繰りを元に戻すことも可能となります。

正しく理解すれば活用できるようになりますからしっかりと理解してください。

 

 

ファクタリングと手形割引って違うの?

日本における企業間取引では手形がよく用いられます。

最近では手形での取引が少なくなっているとも言われていますが、現実にはまだまだ手形を用いた取引は行われていますし、大手から中小企業までさまざまな規模の会社において用いられているのです。

手形を振り出した企業は支払いを数ヶ月先延ばしにすることができるため資金繰りも楽になりますし、それが最大のメリットとも言えます。

ただ、受け取った側からすると現金化できるのは数ヶ月先になるため運転資金などが足りなくなる可能性もありますし、できるだけ早く現金化したいと考えることも少なくありません。

受け取った手形をできるだけ早く現金に換えたいという場合に行われるのが手形割引と呼ばれる方法です。

この手形割引とファクタリングを混同してしまっている方が非常に多いようですが、手形割引とファクタリングは似ているようで違うものです。

どちらも現金化を早めたいという場合に行うもので、手形の決済期日までに換金したい、売掛金を早く回収して現金に換えたいと考えるときに行います。

キャッシュフローの改善を目的とした早期回収という点では同じなのですが、この二つの方法にはいろいろな違いもありますから覚えておきましょう。

もっとも大きな違いの一つに返金義務があるかどうかが挙げられます。

手形割引というのは実質融資のようなものですから、決済期日が来たときには返却しなくてはなりません。

しかし、ファクタリングの場合はファクターに売掛金を売却するという形になりますから、返済の義務がないのです。

これが大きな違いです。

また、手形だと不渡りを出してしまうようなリスクもありますが、ファクターに売掛金を売却した場合にはそれがありません。

手形を振り出した企業が倒産してしまうと手形は紙切れになってしまいますが、割引で現金化していた場合には銀行に返済をしなくてはなりません。

ファクターに売掛金を売却している場合だと、仮に取引先が破たんしたとしてもファクターに返金の義務などはありません。

この場合はあくまでファクターが損をしてしまうだけのことです。

つまり、ファクターに売掛金を売却していたケースだと例え取引先が破たんしてしまったとしても自社はダメージを受けることがないのです。

これも大きな違いですし、ファクタリングのメリットと言えます。

どちらもキャッシュフローの改善という意味では同じですが、違いもたくさんありますから理解しておきましょう。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングにかかる手数料

企業のキャッシュフローを改善できるファクタリングですが、この仕組みを利用するには手数料が必要となります。

ファクターにしてもボランティアでサービスを提供しているわけではありませんし、あくまでビジネスとして行われています。

そのため、ファクターのサービスを利用するには当然手数料がかかってきます。

今後この方法を実践したい、試したいと考えている方だと手数料がだいたいいくらくらいになるのか気になると思いますから、ここでは手数料の相場についてご紹介したいと思います。

手数料の相場をご紹介する前に、この方法には二つのパターンがあることを知っておいてください。

売掛金を売却したい企業とファクターの二社間で行われるケースと、そこに売掛先も加えた三社間で行われる場合もあります。

二社間で行われる場合と三社間で行われるケースとではかかってくる手数料が大きく異なってきますから、まずはここを理解しておきましょう。

二社間で行う場合は基本的に手数料が高くなる傾向にあり、売掛債権額の10~30%程度になることが多いです。

三社間は安くなり、だいたい1~5%程度になります。

これだけを見ると三社間で行ったほうが遥かにお得と感じますよね。

誰もが三社間で行うべきだと考えるでしょうし、ここまで手数料が大きく違ってくるのならわざわざ二社間で行う会社などないだろうと考えるのが普通です。

しかし、現実には二社間で行うケースが多いですし、高い手数料を支払ってでも二社間で行う会社は後を絶ちません。

意味が分からないと思った方もおられるでしょうが、三社間で行う場合には売掛先企業にファクターが売掛債権を買取ることが通知されます。

ここが大きなポイントです。

アナタの会社がファクターに売掛債権を売却するということを売掛先企業が知ったとき、どのように思われてしまうでしょう。

資金繰りが悪化しているのではないか、そんなにお金に困っているのかと思われてしまいます。

海外では一般的なビジネススキームの一つですが、日本ではそこまで普及している方法ではありませんし、どうしてもネガティブに受け取ってしまう企業が多いのです。

その結果取引が停止してしまうということも考えられますから、こうしたリスクを回避するために多くの企業は高い手数料を支払ってでも二社間で行おうとするのです。

また、二社間と三社間では現金化の時間も変わってきますし、早く現金化したいという場合には必然的に二社間を選択することになります。

 

ファクタリングで悪徳業者に引っかからないために

なかなか現金化できない売掛債権を売却することでキャッシュフローの正常化を図ることができるファクタリングですが、実はさまざまなトラブルも報告されています。

売掛債権の買取を行っているファクターの中には悪徳業者も少なからずいますし、このような業者に引っかかってしまうと大変なことになってしまうでしょう。

ただでさえ資金繰りが大変なときに悪徳業者などに騙されてしまうと倒産の危機に直面してしまうかもしれませんから、悪徳業者かどうかをきちんと見極めてサービスを利用しなくてはなりません。

具体的にどのようにして業者を見極めたらいいのかということですが、まずは手数料です。

先ほど相場をお伝えしましたが、一般的な相場よりも遥かに高い料金を提示された場合などは悪徳業者である可能性が高いです。

あまり知識がないことをいいことに法外な手数料をふっかけてくるような業者はいますし、このような業者は悪徳営業の会社と見て差し支えないでしょう。

実際、法外な料金を請求されて資金繰りの改善どころではなくなってしまった、という企業もありますからこうした業者に騙されないように気を付けてください。

契約書を作成しないような会社にも要注意です。

というより、契約書を作成しないようなファクターと取引をするのは危険しかありません。

ファクターとの契約では売掛債権や手数料、旧債権者と新債権者とのあいだで合意した内容などをきちんと文書で残す必要があります。

しかし、悪質な営業を行っている業者だと契約書を作らないこともあります。

これだと契約内容を後から確認することもできませんし、ほぼ間違いなくトラブルになってしまうでしょう。

契約書を作成せずに口頭だけで取引しようとするファクターは悪徳業者と見るべきです。

ファクタリングも次第に日本で広がりつつありますし、業者の数も増えています。

今後はさらにファクターの数は増えると予想できますし、業者選びはさらに難しくなります。

表向きは優良な顔を見せておきながら実は悪質なことばかりしているような会社も中にはあるでしょうから、騙されないように注意しなくてはなりません。

この方法を利用しようとしている会社だとたいてい資金繰りに困っているはずですし、そんなときに騙されてしまうと会社の存続危機に陥ってしまいます。

少しでも怪しい、不安と感じたときには自分の直感を信じて取引はすぐにやめましょう。

慎重に業者を選んでくださいね。

 

 

ファクタリング会社の大手

今後ファクタリングを利用したいと考えているのなら既に業者選びをスタートしているかもしれませんが、この業界にも大手と言われるような企業が存在します。

もちろん、非常に規模の小さな業者もたくさん存在しますし、さまざまな規模の業者が存在していますが、初めて利用するのなら安心できる大手の業者を選んだほうが安心ではないでしょうか。

そこで、ここではこの業界で大手と呼ばれている業者を3つほどピックアップしてご紹介しますから、ぜひ今後の業者選びの参考にしてください。

 

まずご紹介したいのはJTCです。

こちらは中京エリア随一の都市名古屋に拠点を構えている業者です。

本拠地こそ名古屋ですがサービスは全国展開していますし、日本全国どこからでもサービスを利用することが可能です。

また、土日を休日に設定している業者が多い中でこちらの会社は土日の電話対応も行っていますから、資金繰りで窮地に陥っている企業にとってはありがたい存在ではないでしょうか。

100万円からの利用が可能となっており、大型債権の買取にも対応しているため安心です。

資金調達までの時間も約1日とスピーディなのが特徴と言えるでしょう。

 

三共サービスもこの業界では大手に属している企業です。

ファクタリング|株式会社三共サービス

こちらは日本の首都東京に本社を構えており、先ほどのJTCと同じく全国に向けてサービスを展開しています。

50万円からの小規模債権にも対応していますし、もちろん大型債権にも対応可能です。

法人格の企業しか利用できないというデメリットこそあるものの、この業界では老舗の企業となりますから信頼性は抜群でしょう。

大手の銀行との取引実績もありますからそこも信頼できるポイントです。

資金調達までに約2日間かかるということで今すぐ現金が欲しいというケースには向いていません。

 

ライジングも東京に本社を構えている企業で、全国に向けてサービスを提供しています。

地方に拠点を構えている企業にも快く対応していますし、30万円の少額債券から買取を行っています。

小規模な企業でも安心して利用できますし、即日での資金調達にも対応していますからそこが最大のメリットではないでしょうか。

どうしても今日中に現金を用意しないといけない、というシーンにおいて力を発揮してくれます。

この世界での業歴が短いため企業としての信頼性は未知数ですが、アグレッシブな事業展開もしていますし新進気鋭の企業と言えます。

気になる方はチェックしておきましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 資金調達には2つある!ABLとファクタリングの違いを徹底解説

  • 【ファクタリング雑学】取り扱い銀行や会計処理、与信の考え方

  • 資金調達のウルトラC!ファクタリングで資金繰りが超ラクに

  • 資金繰り悪化の前にファクタリングを検討!仕組みや契約等ついて

  • 事業者の味方の資金調達方法ファクタリングの基礎ガイド

  • ファクタリングで押さえておくべきリスクと注意点