1. TOP
  2. 売掛債権
  3. でんさいネットって何?ファクタリングとの違いを含めて徹底解説!

でんさいネットって何?ファクタリングとの違いを含めて徹底解説!

ファクタリングとでんさいは混同されがちですが、それぞれには大きな違いがあります。

でんさいは利用者番号を用いてでんさいネットというネットワークで債権を譲渡するのに対し、ファクタリングは業者と直接やりとりして契約します。

ここではファクタリングとでんさいの概要を割引や残高証明、手数料、普及率などにスポットをあてて詳しく見ていきます。

でんさいとファクタリングの違いを簡単に

企業にとって資金調達はもっとも頭を悩ませてしまう部分です。

バブルの頃だと銀行のほうからお金を借りてほしいと頭を下げてきたものですが、現在ではこちらが頭を下げてもなかなか融資を実行してもらうことはできません。

審査も以前より遥かに厳しくなっていますし、零細や中小規模の企業だと最初のうちはなかなか融資をしてもらうことはできないでしょう。

特に、売掛金はあるのにしばらく決済できないという状況は企業にとって厳しい現実ですが、このような場合に重宝できる資金調達方法がファクタリングです。

ファクタリングという名前くらい耳にしたことがある方はおられるのではないでしょうか。

事業を行っている方、起業の経営者や財務担当者ならご存じかもしれませんが、ファクタリングは売掛債権を用いて資金調達を行う方法です。

先ほども言ったように売掛債権だけあっても現金化には数ヶ月かかることがありますし、その間にお金が必要になるケースは多々あります。

ファクタリングはこの売掛債権を専門業者や金融機関などに売却することで決済期日前に現金化することが可能となります。

欧米では当たり前のように行われている資金調達方法で、日本でもかなり前から導入されている方法ですが日本ではそこまで広がりを見せていません。

有効な資金調達方法の一つであるファクタリングですが、でんさいとの違いが分からないという方もおられるでしょう。

ファクタリングや資金調達の方法について調べているとほぼ例外なくでんさいという文字を目にします。

この二つは似たような性質を持っていますが、さまざまな部分で違いもあります。

電債は電子登録債権のことを指しており、システムを使って債権を譲渡できるという部分ではファクタリングと同じです。

パソコンやファクシミリを用いて債権を譲渡できるデンサイと、業者と契約することで売掛債権を譲渡できるファクタリングの違いの一つはネットワークです。

でんさいはでんさいネットが記録機関となって運営しています。

全国銀行協会によって設立されたこのでんさいネットを用いて売掛債権の分割や譲渡などを行うのです。

一方のファクタリングは業者と契約することで債権の譲渡などが可能となりますから、こうした違いがあります。

また、デンサイの場合には債権を譲渡した企業が保証人として支払い義務を持つことになりますが、ファクタリングの場合は業者が債権を買い取ることになりますから支払い義務が発生しません。

 

 

でんさいネットの概要

でんさいという言葉を最近よく耳にするという方もおられるでしょうが、先ほどもお話したようにでんさいはさまざまなメリットがあるシステムです。

従来の手形や売掛債権を用いた商取引の問題点を解消するために誕生したシステムであり、手形や売掛債権と比較するとさまざまな部分で優れています。

でんさいは最近のシステムですからそこまで普及していませんが、近年では銀行も手形や割引を嫌がるようになっていますし、商取引を行う企業としても手形や売掛債権よりもでんさいのほうが遥かにメリットを得られるため今後は利用する企業が増えていくのではないでしょうか。

ここではでんさいやでんさいネットの概要をご紹介します。

電子記録債権を扱っているネットワークをでんさいネットと言います。

でんさいネットは全国銀行協会が設立した電子債権記録機関です。

全銀電子債権ネットワークの通称がでんさいネットであり、このネットワークを利用することによってでんさいを扱うことができます。

つまり、でんさいネットがないと電子記録債権を使った取引を行うことはできないということです。

でんさいネットは記録原簿を備えていますから、利用者が請求することで電子記録や債権内容の開示を行っています。

電子記録債権の登記所のようなもの、と考えると分かりやすいかもしれません。

でんさいネットは全国規模で展開するネットワークです。

そのため、一部の地域でしか利用できないなどそのようなことはありません。

日本全国で利用できるネットワークですし、あらゆる企業がこのネットワークを利用して電子登録債権を扱うことができるのです。

このネットワークを構築しているのは全国に展開する銀行ですし、実績のある銀行ばかりです。

実績ある銀行間ネットワークを駆使することで信頼性の高いサービスを提供できるというのが一つの特徴と言えるでしょう。

銀行と連携していることによって決済期日になると自動的に口座へ入金が行われます。

わざわざ取引先に集金のために足を運ぶような必要もありませんし、額面の大きな手形を何ヶ月も慎重に保管する必要もありません。

債務者にとっても債権者にとってもさまざまな魅力がありますが、まだまだ普及率という面ではそこまで高いとは言えません。

今後普及率も高くなると予想できますが、取引先企業にもでんさいの申し込みをしてもらわないと利用できないなど欠点もあるためそこをどのようにクリアしていくかが今後の課題です。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

でんさいの手数料

でんさいにはさまざまなメリットがありますから、今後あらゆる企業が商取引に用いるようになる可能性は大いにあります。

従来の企業間取引では手形が用いられることが多かったですが、手形は振り出すほうにも受け取る側にもさまざまなデメリット、問題点があります。

それらの問題を解消することに成功したのがでんさいですし、今後その利便性やメリットがより浸透すれば利用する企業もどんどん増えていくのではないでしょうか。

そんな素晴らしいでんさいですが、システムを利用するには手数料も必要となります。

手数料が必要になるというのはある意味でんさいのデメリットと考えて差し支えないでしょう。

取引したい内容によって手数料は変化しますし、窓口となる銀行によっても変わってきます。

ただ、有益で利便性の高いサービスを利用するにあたって手数料などが必要になるのは当然のことですし、これはそこまで大きなデメリットとは言えないでしょう。

お金を支払ってでも利用する価値が電債にはありますし、そこをネックと捉えている企業は少ないのではないでしょうか。

手数料を支払ってでも利用する価値が電債にはあるのです。

また、電債を利用することで印紙税を支払う必要がなくなるというメリットがあります。

手形を使う場合だと印紙代が必要となりますし、金額次第では相当な印紙代が消えることになります。

電債を利用する場合だと手形のように印紙税を支払う必要がありませんから、節税が可能になるのはメリットです。

つまり、電債を利用するだけで節税が可能となりますし、それを考えるとなおさら手数料など問題ではないでしょう。

手数料を徴収されるとしても今まで支払ってきた印紙税に比べると微々たるものではないでしょうか。

先ほどもお話したように、でんさいネットのシステムネットワークを利用するための手数料は各銀行によって異なります。

しかも、銀行によって100円単位で変わってきますから注意が必要です。

すべての銀行で同じだと思っている方もおられるでしょうが、実際には銀行単位で違ってきますからそこは注意が必要となります。

でんさいネットを使って電債取引を行うことで得られるメリットは多いですし、デメリットよりもメリットのほうが多いのが現状です。

まだまだ普及率は高くないものの、今後広がりを見せる注目の金銭債権と言っても過言ではありません。

手数料を払ってでも扱う価値は十分ありますからぜひ検討してください。

 

 

でんさいで使われる利用者番号とは

これから手形や売掛債権でなくでんさいを中心とした商取引に移行したい、と考えている企業経営者の方もおられるでしょうが、そのためにはでんさいやでんさいネットについて正しく理解する必要があります。

正しく理解していないと勘違いしてしまうことなども出てくるでしょうし、適切にビジネスに利用することはできないでしょう。

電債に関連するさまざまな専門用語などもありますから、それらについてもしっかり覚えることをお勧めします。

ここでは、電債で使われる利用者番号についてご紹介しますから、きちんと理解して覚えてください。

利用者番号とはでんさいネットが利用者を特定することを目的として付与する9桁の番号です。

つまり、電債を利用する人にはこの利用者番号が付与されるということになり、利用者が複数の窓口金融機関ででんさいネットを利用する場合でもこの番号は一つになります。

要するに、電債を利用する方には必ずこの番号が与えられるということで、それはでんさいネットが利用者を特定するために用いているということです。

個人事業主である場合には一人に、法人の場合は1法人につき一つ与えられることになります。

利用者番号についてはそこまでしっかりと覚える必要はありませんが、とりあえず電債のシステムを利用してサービスを使うのならこの番号がその会社や個人に与えられるということだけは覚えておきましょう。

利用者番号に限らずでんさいにはほかにもさまざまな専門用語がありますから、それを覚えるだけでも大変なことかもしれません。

しかし、先ほども言ったようにでんさいを正しく利用するためには専門用語をマスターし、正しい知識を持って運用しなくてはならないのです。

とりあえずここでは利用者番号についてご紹介しましたが、ほかにも覚えておくべきことはたくさんあります。

一度にそれらすべてを覚えるというのは無茶な話ですし、企業経営者の方だとそこまで暇な時間はないでしょう。

最初は重要な部分だけに絞り込んで覚えるのも良いですし、実際の取引などに直接的に関わり合うことだけでも覚えていくと良いのではないでしょうか。

銀行などで相談しても電債やでんさいネットについて教えてくれるはずですから、文字で読んでもいまいち理解できないという方は直接銀行の窓口などで相談してみると良いかもしれません。

既に取引している銀行があるのなら自社の担当者に質問すれば答えてもらえるのではないでしょうか。

でんさいで発行される残高証明書って?

銀行口座に残高がない、となって焦ったことがある方は少なくないはずです。

残高がないということはすなわち口座にお金がないということになりますし、次の入金日までそのままの状態で生活しなくてはならなくなります。

残高が銀行口座にないとなると公共料金の引き落としにも間に合わないかもしれませんし、何よりいざというときに現金が使えないため精神的なプレッシャーは相当なものでしょう。

また、金融機関で融資を受ける際などに残高証明を求められるようなケースも考えられますが、ここではでんさいで発行される残高証明書についてお話したいと思います。

残高証明書は事業を行っている方なら多分ご存じではないでしょうか。

聞いたことがない、知らないという方でも残高証明書という字面でだいたいのことは理解できるでしょう。

残高証明書は文字通り残高を証明するための書類のことを指しています。

事業を行っている企業だと毎年決算がありますが、この決算処理には残高証明も必要となります。

そのため、でんさいでは顧客の決算処理などに利用してもらうために残高証明書の発行サービスを行っています。

都度発行方式と定例発行方式の二つの方法を採用していますから、シーンに応じて使い分けることができます。

個別電債に関係する開示請求はもちろん、サービスを利用することで利用契約単位で電債の残高などを一覧にして確認することが可能となります。

電債の残高証明書発行サービスの流れなどはでんさいネットの公式ホームページでもチェックできますから、さらに詳しく知りたいという方はそちらをご覧ください。

残高証明のリーフレットやサンプルについても電債ネットでは用意していますし、公式ホームページからダウンロードできるようになっています。

簡単にダウンロードできますから気になる方は一度ダウンロードしてみましょう。

ここではでんさいネットの残高証明書についてご紹介しました。

実は、でんさいネットでは残高証明だけに限らずほかにもさまざまな顧客のためのサービスを提供しています。

デンサイのメリットや取引イメージなどをまとめた案内状の発行も行っていますし、さまざまな資料も用意しています。

各種資料を公式ホームページ上からダウンロードすることも可能となっていますし、でんさい用語集や実務に関する書類、サービス計画停止日カレンダーなども公式ウェブサイトからダウンロードできます。

顧客が安心できるサービスが盛りだくさんです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ファクタリングとは?メリットデメリット等すべ全てがわかるまとめ

  • 「電ペイ」と「でんさい」の違い、その他の資金調達方法

  • 悪徳ファクタリング会社に注意!こんな儲け方で暴利をむさぼる

  • でんさい、電ペイ、電手、支払手形削減サービスなどを包括説明

  • 売掛金のまま期日まで待っているなんて非常にもったいない!

  • 多くの会社が使っている「でんさいネット」の基本を知ろう!