1. TOP
  2. 売掛債権
  3. 売掛金回収不能リスクも回避できるファクタリングの入門知識

売掛金回収不能リスクも回避できるファクタリングの入門知識

ファクタリングは資金調達の手段。

売掛金買取を行ってもらうことですぐに現金を手にすることが出来る仕組みです。

売掛金の回収不能となることもないですが、利用する場合ある程度の手数料が必要となってきますし、審査に通らなければ利用できません。

売掛金が回収不能になるリスク

会社を経営している人、個人事業主の人には色々なリスクがありますが、特に発生しやすいリスクというのが売掛金のリスクでしょう。

取引をする際には売掛金で行うのがほとんどですから、取引が終了してから支払いをしてもらうことでお金を回収することが出来るのです。

しかしこの取引方法はお金を回収することが出来ないリスクを含んでいるのです。

ここでは、売掛金を回収できないリスクを説明します。

取引先の相手が倒産をしてしまうと回収不能になってしまう恐れがあります。

相手の会社が倒産をした場合、整理が行われることになります。

整理には法的整理と私的整理がありますが、法的整理の中の破産を行われると、法的に財産がないので支払いをしなくても良いということが法的に認められたことになるので、回収不能となってしまうのです。

私的整理の場合には、両者が話し合いで解決する方法で任意整理とも呼ばれます。

この場合であれば、全く回収不能になることはありません。

取引先の資金繰りの悪化によって支払い遅延が起きることもあります。

支払いの遅延は回収不能にならないだけいいと思うでしょうが、幾度も催促をするなどの手間がかかってきます。

電話などをして支払いを催促して支払ってくれればいいですが、それでも支払ってくれない場合には、内容証明郵便を送るなどの方法をとることになってきます。

回収をするために時間も労力もかかってくるので、これもリスクとなってきます。

支払い遅延が継続して行っているということは資金繰りが悪いからこのような事態に陥っているのです。

今後も資金繰りがうまくいかなければ支払い遅延どころか倒産の危機が出てきますのでさらなる売掛金のリスクが出てくることになってしまうのです。

はなっから代金を支払うつもりがない取引先もいます。

いわゆる取り込み詐欺と呼ばれているものです。

商品を購入しても代金を支払わない詐欺に引っかかってしまうと資金を回収することもできなくなってしまいます。

未回収の売掛金が多くなってしまうと経営を圧迫してしまうことになってしまいます。

自社の運営にも影を差してしまうことになってしまうので、回収できないリスクを少しでも減らさなければなりません。

ただ商品を売るだけで終わりではなく、商品の代金を回収するところまでが取引だと強く認識をして未回収のリスクを減らすように努力をしていけば、経営の危機に陥ってしまうことを防ぐことができるでしょう。

 

 

新たな資金調達としてのファクタリング

資金調達をしなければならないと考えたときに一番に頭に思い浮かぶのが銀行でしょう。

しかし銀行から資金を借りたくても銀行が貸してくれなければ資金を調達することが出来ません。

長引いた不況があったことによって、銀行が資金調達を願い出た企業に対してすんなりと貸さない事態が起きています。

大企業であればそのようなことはないのですが、中小企業に対してはなかなか良い返事をしないのです。

貸し渋りと言われるものです。

資金を借りることが出来なければ経営が成り立たない、あるいは経営が傾いてしまう恐れがある場合、何とかしなければならないでしょう。

そんなときに現れたのがファクタリングです。

ここではファクタリングについて詳しく説明していきます。

ファクタリングは中小企業の資金調達として注目が集まっています。

簡単に仕組みを言えば、第三の会社による売掛金買取です。

近い将来受け取ることが出来るというものをすぐにでも現金にしてくれるメリットがあるのです。

取引先の相手からの入金が商品を売ってから数か月先になり、しかも催促をしてもなかなか支払いをしてくれない場合、売掛金の未回収分が経営を圧迫することもあるのです。

決算上は黒字であっても現金が入ってくるのが遅くなればなるほど資金繰りに悩まされてしまいます。

ファクタリングを利用すれば売掛金がすぐに現金を確保することが出来ますから、金融機関から融資を断られた手も頭を抱えることがなくなるのです。

いろいろな会社がありますが、中には相談をした即日現金に換えてくれるようなファクタリングの会社もあります。

ファクタリングは融資ではありません。

取引先の相手の支払いを待っていると数か月先になってしまうところをファクタリングを利用することで、ファクタリング会社が企業に対して売掛金買取を行うのです。

取引先との支払い期日より前に現金を手にすることが出来るので、企業は経営難や資金繰り悪化になることがないのです。

この資金調達法は参議院でも議題に上がったほどなので違法なものではありませんし、融資ではないので保証人を立てる必要もありません。

借金ではないですし、売掛金買取をしてもらうことで、売掛債権を譲渡することになるのです。

資金繰りが厳しいという人、支払いのスパンが長いので経営難に陥る危険性があるという人、金融機関から融資を断られてしまったという人にファクタリングは適している方法だと言えるでしょう。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

売掛金買取り?その仕組みとは

ファクタリングとは会社が持っている売掛金をファクタリング会社が買取りすぐに現金にしてくれるというものです。

取引先の相手が商品購入後の支払いをすぐに現金でもらえる場合もありますが、売掛金の場合には支払いまでにかなり期間があくこととなってしまいます。

支払い遅延があれば現金を手にできるのは商品売却後数か月先となってしまうでしょう。

ファクタリングの仕組みを簡単に言うと、売掛金買取によって現金を手にするまでの時間を短くすることが出来るということです。

これによって取引後にすぐに現金を手にすることが出来れば資金調達に悩むこともなくなるでしょう。

ファクタリングを行う場合、売掛債権の譲渡を行うことで現金を手にすることが出来るのですが、この契約には3者間契約と2者間契約があります。

3者間契約は、納入先の企業と納入元の企業、さらにファクタリング会社になります。

納入元企業とファクタリング会社が債権譲渡の契約をしたことを了承した形をとってもらうために販売先企業とも契約をする形です。

しかし、3者間契約をした場合、納入元企業にすぐに現金を欲していることがばれてしまいますし、もしかすると資金繰りが悪化しているのではないかという悪評がたてられてしまう恐れもあります。

手数料を払ってまですぐに現金を欲しがるのは経営が苦しいのではないかと噂を立てられるかもしれません。

手続きを簡素化するために納入元の企業とファクタリング会社の2者間契約をする場合もあります。

2者間であれば納入先の企業にはバレないので、資金繰りに困っているという噂が出ることもないです。

ただし2者間の契約の場合にはファクタリング会社へのリスクが高まってしまいます。

2者間の場合には、納入元企業は契約がなされたことが分からないので、支払いの遅延や倒産による差し押さえなどのリスクが生まれるのです。

そのため、3者間契約に比べて手数料などが多く取られることになってしまいます。

この点を見極めてどちらの契約で終結を行うかを考えなければ手数料などによって黒字だったものが赤字になってしまう恐れもあるのです。

中小企業でしかも零細な企業であれば、取引後になかなか支払いがなされないと倒産の危機を迎えることになってしまうかも知れません。

ファクタリングを利用すれば、手数料は最小限に資金調達が行えるので、ビジネスを後押ししてもらえるでしょう。

内容をしっかりと理解したうえで行えば資金調達を有利に進められる有効な手段となります。

 

ファクタリング契約時の手数料

資金繰りに困っていたり、銀行から融資を受けられずに経営難に陥りそうな企業の経営者はファクタリングを行えばすぐに現金を手にすることが出来るので、資金繰りの悪化を防ぐことが出来ると飛びつきますが、これには当然手数料がかかってくるのです。

手数料の有無を知らずに契約をしてしまうと後で悔やむことになってしまうかもしれません。

ここでは資金調達として有効な手段であるファクタリングの手数料の仕組みついて説明していきます。

例えば100万円の売掛金があったとします。

何もしなければ数か月後には支払われて100万円を手にすることが出来ますが、2者間契約で売掛金買取を行ってもらうと掛け目は80%程度になるので、つまり手数料は20万円近くに上るというわけです。

手数料の内訳は登記費用、ファクタリング会社の取り分、紹介料、印紙代などですが、手数料の多くを占めるのが登記費用です。

印紙代も登記費用も売掛金の大小によって差が出るものではなく固定しているものですから、どのような売掛金の金額であっても発生します。

これらの固定費だけでも10万円から15万円は必要になってくるのです。

2者間で契約を行えば、取引先の企業には契約を行っているのがばれることはないです。

契約がばれてしまうと資金繰りが悪化している、経営が傾いているという誤解を与えてしまいますし、そのような噂がたちまち広がってしまいます。

企業にとってマイナスダメージとなります。

そのためにファクタリングを利用する際には2者間契約を行うところが多いのですが、2者間契約は回収不能となるリスクが高まるので手数料が高くなっています。

2者間契約の場合売掛債権額の10%~30%程度が手数料として必要になりますが、3者間契約の場合にはリスクが低いのでリスクも低くなり、売掛債権額の1%~5%程度となっています。

これが大体の相場です。

売掛金買取で出来るだけ損をしたくない場合には手数料の安い所を探すでしょう。

もちろん会社によって手数料に違いがありますから多少の前後はありますが、何にでも相場というものがあります。

「2者間契約での手数料が3%です」などとあまりにありえないほど安い手数料を提示してくるところは、「安すぎて逆におかしい」「何か裏があるのかもしれない」と疑った方がいいでしょう。

2者間契約の場合の相場は20%程度ですから、安いからと言って飛びついてしまうと後々トラブルに発展してしまう可能性が高いです。

 

 

ファクタリングの審査

資金繰りに有効なファクタリングは申し込むと誰でも利用できると思っていないでしょうか?

審査があって審査に通過しなければ利用できない仕組みとなっているのです。

もちろん銀行での融資を断られた人が利用できるくらいですから、銀行のように審査が厳しいわけではありません。

資金繰りに困っている人や今すぐに現金を手にして経営難を防ぎたい人が利用しやすい資金調達の手段となっているファクタリングですが、誰でも審査に通るわけではなく当然のことながら審査に落ちてしまう場合もあるのです。

売掛金買取を行う契約になるわけですが、売掛金を確実に回収しなければファクタリング会社が赤字となってしまいます。

そのためにもきちんと回収できるかを見極めるためにも審査が行われるのです。

審査に取ったとしてもファクタリング会社側が抱えるリスクが高いと考えられる場合には手数料が高くなりますし、リスクが低いと考えられる場合には手数料も低くなるのです。

審査で需要視されるのは取引先企業の状況です。

取引先企業が倒産をしてしまうと売掛金の回収不能に陥ってしまいますから、経営状況は良いかが重要視されます。

取引先企業との長い付き合いがあれば審査にプラスとなります。

長く取引をしてきて良好な関係が作れており、しかも支払いのスパンが短いと審査には有利なのです。

もちろん取引先企業だけが審査されるわけではありません。

事業主側の企業の経営状況も審査対象になりますので、経営状況が良ければ問題はありません。

しかしたとえ赤字だったとしても、取引先企業が良い経営状況であれば審査に通りやすくなる可能性が高いのです。

取引先が個人事業主であればファクタリングは難しくなります。

ファクタリングを利用する側も個人事業主の場合には厳しくなります。

どちらも法人であることが一つの要件とされます。

ファクタリングの申し込みをする際には資料の提出が求められます。

売掛債権の信用度を高めるための資料や取引先企業との継続的な取引があるという証拠の書類など、取引先企業との良好な取引が長年継続的に行われていることを示すものを即座に提出できれば、審査では好印象につながるでしょう。

申し込みをする前にあらかじめ書類を準備しておけば速やかに提出することができます。

申し込みをしてから慌てて書類を作成するのではなく前もって準備していると慌てることもないので、審査がスムーズに行われていきます。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ファクタリングで資金繰り、銀行融資や事業者ローン以外の資金調達法

  • 資金調達には2つある!ABLとファクタリングの違いを徹底解説

  • キャッシュフロー改善!借入とは違うファクタリングの仕組みとは

  • ファクタリングと会計処理について10分で理解しよう

  • ファクタリングを使えば与信限度額設定もお手の物!

  • ゼロから学ぶファクタリング、これを読めばあなたも専門家!