1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 売掛金を事業資金にできるファクタリングの基礎と具体例

売掛金を事業資金にできるファクタリングの基礎と具体例

資金繰りに困っている会社にとって、ファクタリングは会社を立て直すことができる改善方法となっています。

しかし、資金繰り表で常に確認していく必要があります。

その行為を怠ってしまうと、業績が悪化してしまい、最悪倒産してしまうことだってあります。

ファクタリングの基礎~売上が上がると資金繰りが悪化?

売上が増加するのと比例して、仕入や人件費など必要経費も増えていきます。

出ていくお金が増えるのに現金が入ってこない状況なら、資金繰りは苦しくなる一方です。

期日を待たないと現金は入ってこないのに出費がかさむ状況で資金がショートしてしまうと、経営が危うくなります。

余剰資金が潤沢にある状況なら問題視されにくい内容ですが、起業したての経営者にとっては、頭が痛い問題でしょう。

せっかく作った売上が会社の経営状態を悪化させてキャッシュフローがまわらなくなると、営業を続けることはできなくなります。

約束した期日までに商品を用意できないようだと、信頼を大きく損なうものです。

ゆっくり売上があがっていく状況なら、現金が入ってくるタイミングにあわせて資金繰り計画をたてることもできるでしょう。

大口取引の発生など急な変化が起こったとき、資金繰りがネックになって、受注のチャンスを逃すケースもあります。

おつきあいが深い取引先なら、あらかじめ支払い条件を調整して、無理がない資金繰り計画を進めていくこともできます。

営業出身の経営者さまの中には、資金繰りについては経理まかせという方もいるでしょう。

キャッシュフローの現状を頭に入れて動かないと、いろいろなリスクがでてきます。

売上が伸びているのに資金繰りが苦しくなった結果、倒産にいたるケースもあり、安定経営を考えるなら意識したい内容です。

どんなスパンで営業活動を進めていけばキャッシュフローが安定するか、理解したうえで経営を進めていきます。

使えるお金をベースに考えた経営戦略の建て方は、キャッシュフロー経営と呼ばれています。

しばしばキャッシュ不足に悩む経営者にとっては、有効な改善方法の1つと言えます。

「勘定あって銭足らず」という状況にならないように、使えるお金を増やしていく戦略です。

キャッシュフローを安定させることで、取引先の信頼も得られるようになって、より強固な経営体制へと変えていきます。

キャッシュフローの流れを示す帳簿をステークホルダーに開示して、経営評価や投資判断に役立てる動きもあります。

売上がいくら高くて収益性が見込まれる会社でも、資金繰りでつまづいてしまうと、社会的な評価を得られないリスクを理解しましょう。

会社をより大きくして長期安定経営をねらうなら、資金繰りの改善方法を考えていく必要があります。

中小企業の経営者なら、早急に取り組みたい経営上の課題と言えます。

 

 

ファクタリングで売掛金を事業資金に?

資金繰りを今すぐ解決する方法の1つに、ファクタリングが検討されます。

企業が保有している売上債権を買い取ってもらって、現金に変える仕組みです。

売上債権をオフバランスできて、経営のスリム化にもつながります。

売上がたつとほぼ同じタイミングで現金が入ってくるため、キャッシュフローも安定します。

売上債権の期日到来を待たずに次の仕入れや設備投資を行うことができると、効率的な経営にもつながるはずです。

赤字決算で新規融資を検討できないなど、一時的に経営が難航している状況でも利用できます。

ビジネスローンのように返済義務が生じるものではないため、将来的なリスクにもなりにくい改善策です。

一般的なファクタリングの仕組みでは、3社間取引が検討されます。

取引先に債権譲渡を承諾してもらった後に、ファクタリング会社と譲渡契約を結ぶ流れです。

契約時点で譲渡代金が支払いされて、取引は完結します。

期日がきたら取引先からファクタリング会社に支払いを行い、自社の介入はいりません。

手間がかからず分かりやすいスキームですが、資金繰り悪化をさとられたくない会社にとっては、ややリスクに感じるでしょう。

経営がうまくいっていないように認識されると、取引に支障がでるケースもあります。

そんなときには、2社間取引ができる業者を検討します。

自社とファクタリング会社の契約で進めていくシステムなので、水面下で進めることができます。

2社間取引は手数料負担が重くなる傾向があり、可能な限り3社間取引を検討するのが王道でしょう。

ただ、国内大手企業の中には、ファクタリングに難色を示す風潮も残っている状況です。

話しがスムーズに進まず取引に支障がでるようなら、手数料負担がコストになっても、2社間取引を進める判断も検討されます。

ファクタリングは、売上ができてから代金を回収するまでの期間が長い業種ほど有利に働く傾向があります。

開業間もない時期で、銀行からの融資枠が制限されている状況でも、活用するメリットは大きくなります。

重要な取引先や大口取引になるほど契約条件は相手主導になりやすく、キャッシュフローが不安定になるタイミングもでてくるものです。

支払期日を前に相手が倒産してしまうと、自社経営にも影響がでます。

計画していたお金が入ってこないことで資金繰りがさらに悪化、共倒れになるリスクを理解しましょう。

売上債権が発生したタイミングでファクタリング会社に売却すれば、こげつくリスクはありません。

信用リスクはファクタリング会社に移転するため、自社経営には支障がでにくい状態になります。

限られた経営資源を上手に活用するためにも、ファクタリングが有効な選択肢になるはずです。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

資金繰りの改善方法としてファクタリングは妥当?

最適な資金繰りの改善方法は状況によって変わってきますが、ファクタリングを導入することで状況改善できるケースもあります。

よく条件を聞いて自社が抱えている経営上の課題を解決できると感じたら、詳しい話しを進めていきます。

ファクタリングによって難を逃れた事例を、参考までに見てみましょう。

 

建設業A社のケース:

材料を調達するのはいつも決まった会社で、工事が終わった段階でまとめて支払いをする流れでした。

仕事に対する対価が入ってきてから材料費を支払うため、キャッシュフローがまわらなくなるリスクはありません。

ある工事を請け負うにあたって「この工事に限っては、C社の材料を使ってほしい」と言われます。

はじめての取引なので、掛け払いは使えません。

そこで、ファクタリングを活用して工事の請負代金の一定額を確保しました。

入ってきたお金で材料を調達、なんとか工事をスタートしました。

 

卸売B社のケース:

海外から仕入れた家具を小売業者に販売する仕事をスタート、開業間もない段階でまとまった注文が入りました。

喜んでいたものの、2回目以降の仕入れにあてる資金がたりないことに気付きます。

融資を受けようにも、開業した時に枠を使い切った状態です。

ファクタリングを活用して売上債権を現金化、仕入れ資金を調達しました。

大口取引先とは、今も良好な関係を維持できています。

 

製造業C社のケース:

大手メーカーの下請け企業として、自動車の部品を作っています。

相手はしっかりした会社なので貸し倒れの心配はないはずですが、一時的に現金がたりなくなる状況が増えていました。

今さら支払いスパンを変えてほしいと伝えることもできず、対応策に困っています。

ファクタリングを利用することで発注先には負担をかけずに、資金調達できました。

キャッシュフローが安定すると銀行への融資も通りやすくなって、将来的な設備投資もできる体制になっています。

 

 

融資では何ともならない状況のとき、ファクタリングが活用するメリットがでてきます。

中小企業や開業後間もない状況の会社にとって、利便性が高い資金繰り手段と言えるでしょう。

問題なくキャッシュフローがまわっていても、突発的なニーズはあります。

いざという時の保険として活用するにも、非常に便利な仕組みです。

支払いスパンの考え方は会社によって異なるので、自社の都合だけではどうにもならない状況もあります。

取引先に打診する以外の方法で資金繰り改善を検討するなら、非常に有効な手段と言えます。

 

 

ファクタリングで大切な「資金繰り表」について

会社の現金資産保有状況によって、どの程度の精度で統計をだすかが変わってきます。

資金繰りに切迫した状況なら、随時状況把握していく取り組みが求められます。

日々の業務にする分だけ手間はかかるので、まとまった人的リソースが必要になるものです。

ある程度は資金に余裕がある会社なら、週ごとや月ごとの資金繰り表にすることで、人材を有効活用できるケースもあります。

資金繰り表を作った結果としてキャッシュフローが悪化するタイミングがはっきりしたら、ファクタリングを検討します。

該当時期の取引に際する売上債権を売却して、最低限維持したいレベルの現金を確保しましょう。

ファクタリング会社と契約したら、全ての取引で同じスキームを活用しなくてはいけない、というものではありません。

資金繰りが悪化したタイミングだけ上手に活用していけば、経営を円滑に進めるサポートとなるでしょう。

時間軸に余裕がある場合は融資を受ける方法もありますが、急な入り用に対応できるとは限りません。

一時的に信用力が低下する事象が起こった場合や未払い税金がある状況では、取引銀行が難色を示すこともあります。

新規で金融機関と取引しようにも差し出す担保がない状況だと、交渉は難航するはずです。

特定のファクタリング会社とおつきあいがあれば、思わぬタイミングで資金繰り表がマイナスになっても、現金を確保できる見込みがたちます。

キャッシュフローは、企業活動の生命線のようなもの。

お金がしっかりまわらなくなると、いろいろな問題が出てきます。

リスクヘッジ手段として現金を得る仕組みを用意しておくと、どんな状況になっても安心でしょう。

資金繰り表を作成する際には、各部署の協力も必要です。

取引データがしかるべき部署に集中する仕組みを作って、確実な運用を目指していきます。

これまでなかった仕組みを導入するにあたっては、どうしてその取り組みが必要か周知徹底する機会も必要でしょう。

キャッシュフローを正しく把握していかないと営業活動がスムーズに進まないことを説明して、各方面の理解を得ます。

全社的なデータをそろえて作成しないとリスク管理が進まず、資料を作る労力が無駄になってしまう可能性も考慮しましょう。

仕事が増えて面倒なように感じても、会社の利益のための取り組みということを正しく認識させていけば、社員の意識が変わってきます。

従業員教育ができるレベルの有識者を中心に、具体的な進め方を考えてみましょう。

ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリング最大のメリットは、売上債権を早い段階で現金化できることです。

企業の成長戦略にはどうしてもお金が必要で、入金を待ってから次の手だてを考えると、物事はスムーズに進みません。

キャッシュフローが行き詰まる前に資金を準備することで、倒産リスクも回避できます。

限られた人員で運営している中小企業は、信用調査が甘くなる傾向が見られるものです。

売上債権の相手が倒産してしまうと、回収が難しくなります。

計画していたお金が入ってこないと、自社経営にも影響がでてくるはずです。

ファクタリングで現金化した後に売掛先が倒産したとしても、損害賠償されるリスクはありません。

自社にとっては債権譲渡した段階で信用リスクを回避できて、経営の安定につながるでしょう。

とても便利なシステムのように感じますが、デメリットももちろんあります。

売上債権の全額をもらえるわけではなく、一定額の手数料を考慮した掛け目で計算された額が入金されます。

期日を待つより会社の手取りは少なくなって、収益面でのうまみは少なくなります。

掛け目水準は会社によって変わってきますが、10%以上を請求されるケースもでてくるでしょう。

まとまったロットの取引を打診する、継続的なおつきあいで優遇条件を設定してもらうなど、手数料負担を軽減できる条件を交渉しながら契約を進めましょう。

3社間取引のスキームを活用する場合、取引先の了承も必要です。

ファクタリングに難色を示す会社を相手に話を進める状況なら、交渉が長引くリスクがあります。

取引先に公開しないで2社間取引を進める方法もありますが、手数料が高く設定されているのが通常です。

必要コストがあがってしまうと採算がとれなくなって、収支を圧迫するリスクも考慮しましょう。

あらかじめ手数料負担まで見越した金額で営業活動を進めるなど、収益計画を変更していく必要もあります。

ファクタリングを活用するにしても、事前の計画は重要です。

2社間取引を進める場合、売掛金の回収を自社が代行するイメージです。

管理がずさんになって、約束の入金があったときに使い込んでしまった場合、横領になってしまいます。

ここでも、資金繰り表を活用した管理を進めることで入ってくるお金の種類が明確になって、うっかりミスを軽減できます。

契約は、お互いの信頼関係のもとで成り立つものです。

社会的信頼を維持するためにも、キャッシュフローを意識した管理を徹底します。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 【手形割引完全マニュアル】ポイントと注意点をすぐ理解

  • 日本政策金融公庫の理念からどんな融資が可能か探ってみよう

  • 資金繰りを経理にまかせっきりの会社は資金繰り悪化

  • 一括ファクタリングで資金調達!資金不足を一気に解決する方法

  • ファクタリングを使った支払サイト調整と資金調達法

  • 早期資金化が可能な売掛債権流動化でオフバランス化、資金繰り改善