資金調達プロというサイトは何をしてくれるのか?

銀行融資やファクタリングを検討してインターネットで検索を行うと、検索結果の上位に「資金調達プロ」というサイトがヒットします。

検索画面のタイトルには、以下の表示があります。

資金調達プロ※国内No.1の銀行融資・借入情報サイト。出資やお金を借りる方法

これをみただけでは、なにをもって国内No.1としているのか、その根拠に疑問もありますね。

そこで、資金調達プロは何をしてくれるサイトなのか、詳しく見ていくことにします。

 

カンタン資金調達チェックができる

さて、サイト内に進むと、まず10秒カンタン資金調達チェックという項目が目につきます。

「資金調達できる金額はいくら?無料&匿名で今すぐわかる!」とあるのですが、入力は項目も少ないのですぐ終わりそうです。

また、記入項目の中には名前の記入欄がありますが、匿名でOKとのことなので、ハンドルネームのようなものでも良いとです。

しかしながら、診断結果の受信のためにメールアドレスは仕方ないとしても、電話番号も記入する必要があります。

電話番号を記入しなければ診断を受けることができません。
このような個人情報の提供が必要となるため、名前を匿名にする意味はそれほどないかもしれません。

 

内容を記入して申し込むと、すぐにメールが届きました。

といっても診断結果のメールではなく、申し込み確認メールです。

以下がメールの内容です。

入力されたご要望については、資金調達プロの提携コンサルタントである、川北英貴氏よりご連絡させていただきます。あなたにあった資金調達方法をアドバイスさせていただきますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

 

CF レッド
CF レッド
資金調達プロなら10社のうち9社で資金繰りが改善しているゾ

→ https://shikin-pro.com/


 

 

資金調達のプロを紹介するサイト

どのような会社が、この「資金調達プロ」を運営しているのでしょうか。

運営会社情報を見てみました。

すると、東証一部上場企業の、株式会社セレスが運営していることがわかりました。

上場企業が運営しているというだけで安心感が違います。

株式会社セレスの事業内容としては、インターネット系がメインになりますので、資金調達のプロが在籍しているわけではなさそうです。

よって、資金調達プロそのものが、資金調達のプロではない、ということです。

資金調達プロは、あくまでもWEB関連の事業をしている会社

「資金調達プロ」などのサイトを作成し、そのサイト内で資金調達に関する情報を発信し、後述のとおりプロの紹介やコンサルティングの紹介を行なっています。

したがって、資金調達プロは「資金調達のプロ」ということではなく、「資金調達のプロを紹介するプロ」ということになります。

 

資金調達プロの信頼できる点

上記の通り、資金調達プロは「資金調達のプロを紹介するプロ」です。

その点においては、業界ナンバーワンと言えるでしょう。

それを紹介していきます。

 

提携コンサルタントが優秀

申込み確認メールにはコンサルタントでの経歴や著書の紹介などがあり、経歴はかなり詳しく書かれています。

これを見れば利用者は「しっかりとしたコンサルタントに依頼しているんだな」と安心することができます。

ネットなので、多少の疑問や不安を抱く人はいると思いますが、メールのていねいな構成には安心感がありました。

 

念のため、この川北英貴というコンサルタントについても調べてみました。

名前で検索をしてみると、まずヒットしたのがAmazonです。

メールに記載されていた通りの著書がたくさんヒットしました。

出典:Amazon

 

著書には

  • 絶対にカネに困らない資金繰り完全バイブル
  • 資金繰り完全マニュアル
  • 資金繰りの教科書
  • 社長のための借金の返し方・追加融資の受け方

などがあり、間違いなく資金調達のプロであることがわかります。

このようなプロと提携している「資金調達プロ」のサイト名は、決して伊達ではなかったのだと思わされます。

また、著書だけではなくFacebookやTwitter、講演に関する情報などもヒットします。

Facebookを見てみると、しばしば更新がなされており、現在どこでどのような仕事をしているのかも把握できるため、非常に透明性があります。

また、Twitterでは自分が読んだ本の紹介などしており、勉強家という印象を受けます。

フォロワーも6000人以上おり、ちょっとした有名人のようです。

 

情報が豊富

次に、情報が豊富です。冒頭で述べた通り、資金調達プロは「国内No.1の銀行融資・借入情報サイト」と謳っているのですが、確かに情報は非常に多く、融資に関する勉強にはうってつけです。

資金調達ガイドという項目には、2017年2月18日現在、

  • 公的融資制度に関する記事が28件
  • 金融機関からの借入に関する記事が47件
  • 個人投資家からの借入に関する情報が42件
  • ベンチャーキャピタルからの出資に関する記事が27件
  • 助成金・補助金に関する記事が18件
  • 事業者ローンに関する記事が21件
  • カードローンに関する記事が31件
  • 親族・知人からの借入に関する記事が17件
  • ファクタリングに関する記事が35件
  • その他に関する記事が24件

もあります。

資金調達に関するサイトは多いもので、資金調達プロと同程度、あるいはそれ以上の記事数を擁しているサイトも多いものです。

しかし、多くは恐らくプロが書いたものではないと思われる記事ばかりで、質的に問題があるものです。

しかし、資金調達プロの記事はかなり内容が濃く、本当にためになると思える記事ばかりです。

これらの記事を書いたのは相当専門知識を持った人でしょう。

プロレベルの資金調達情報を提供する資金調達プロの、理念たるものを感じます。

 

専門家コラムはもっと秀逸

資金調達プロでは、資金調達ガイドの他にも専門家コラムというコーナーも設けており、このコーナーではコラムの末尾に執筆した専門家の紹介欄があります。

他サイトでは、執筆者の紹介がなされていないことも多く、その道のプロが書いたものではない、と推測されます。

その面から見ても、資金調達プロのコラムは信用があり、参考になります。

専門家コラムはの執筆者は、

  • マイベストサポート 吉田学
  • 一般社団法人財務会計支援機構 資金調達担当理事 中山直哉
  • 起業コンサルV—Spiritsグループ 中野裕哲
  • 株式会社ビートレーディング 佐々木英世
  • 株式会社MEDS JAPAN 小野寺

といった顔ぶれであり、資金調達に関する様々なことを専門的見地から解説しています。

たとえば、『専門家が解説する「ファクタリング」ガイド コラム』というコラムでは、ファクタリング専門会社であるビートレーディングが執筆していますし、専門性は非常に高いものとなっています。

資金調達に関して勉強したいと考えている人は、当サイトに合わせて資金調達プロの記事も参考にしてみると良いと思います。

 

カンタン資金調達チェックの診断結果

診断結果のメールには、以下のようなことが記載されていました。

  • 診断結果(調達可能な資金の目安)
  • お勧めの会社
  • その会社がおすすめである理由

気になるのが、お勧めの会社です。

お勧めの会社を紹介するにあたり、「資金調達プロの提携会社である、株式会社ビートレーディングより早急にご連絡させていただきます」とありました。

中古車買取業者など、このようなホームページでよくあるのは、申し込み内容に基づいて複数の業者に情報が行き渡り、客の争奪戦を繰り広げることです。

そうなると電話は鳴り止まず、大変な事態になります。

しかし、資金調達プロではビートレーディングの一社のみの紹介にとどまり、その心配はありません。

若干、「比較したい」という気持ちも乗り込ますが、優良業者を1社紹介していただければ十分とも言えます。

またビートレーディングもファクタリング会社の中では優良業者として知られていますから、なんら問題はありません。

資金調達プロは間違いなくその道のプロと提携しており、資金調達を助けてくれるプロ・優良業者を紹介してくれる専門家なのです。

 

まとめ

資金調達を行う際には、どのようにすれば良いかと迷うことは多いものです。

例えば、資金繰り改善のためにファクタリングをしたいと思っても、ファクタリング会社の数は多いため、どのように選べば良いかわからないのです。

そのような場合に、資金調達プロで診断を申し込むことによって、資金調達プロが提携する優良業者を紹介してもらうというのは、非常に役立つことといって良いでしょう。

資金調達プロをみると、私が述べたような不安や疑問をいだく人も多いと思います。

しかし、本稿で検証していった通り、総合的に見て資金調達プロは信用に値するサイトであり、実際に良い業者を紹介することによって資金調達を助けてくれます。

資金調達方法に悩んでいるならば、あなたも一度資金調達プロに相談してみて、資金調達のプロを紹介してもらってはいかがでしょうか。

 

CF レッド
CF レッド
資金調達プロなら10社のうち9社で資金繰りが改善しているゾ

→ https://shikin-pro.com/