1. TOP
  2. 資金調達その他
  3. 資金調達プロというサイトはどんなサービスをしてくれるの?

資金調達プロというサイトはどんなサービスをしてくれるの?

資金調達に悩んでインターネットで情報収集をしていると、「資金調達プロ」というサイトの名前をよく目にします。

このサイトはいったいどのようなサイトなのでしょうか。

広告がたくさん出ているからといって優良業者とは限らず、怪しい業者が広告を出していることも多いものです。

本稿では、資金調達プロがどのようなサイトであるのか、詳しく検証して見たいと思います。

資金調達プロ

初見の感想〜少し不安があるが・・・

銀行融資やファクタリングを検討してインターネットで検索を行うと、検索結果の上位に「資金調達プロ」というサイトがヒットします。

検索画面のタイトルには、「資金調達プロ※国内No.1の銀行融資・借入情報サイト。出資やお金を借りる方法」とあります。

これをみただけでは、なにをもって国内No.1としいているのか、その根拠に疑問もありますが、インターネットサイトのタイトルではこのような表現はつきものですから、それほど気にせずに内容を見ていきます。

「10秒」の謎

さて、サイト内に進むと、まず10秒カンタン資金調達チェックという項目が目につきます。

「資金調達できる金額はいくら?無料&匿名で今すぐわかる!」とあるのですが、入力は10秒ではとても終わりませんでした。

また、記入項目の中には名前の記入欄がありますが、匿名でOKとのことなので、ハンドルネームのようなものでも良いということでしょう。

しかしながら、診断結果の受信のためにメールアドレスは仕方ないとしても、電話番号も記入する必要があります。

電話番号を記入しなければ診断を受けることができず、このような個人情報の提供が必要となるため、名前を匿名にする意味はそれほどないと感じました。

内容を記入して申し込むと、すぐにメールが届きました。

といっても診断結果のメールではなく、申し込み確認メールです。

メールには「入力されたご要望については、資金調達プロの提携コンサルタントである、川北英貴氏よりご連絡させていただきます。あなたにあった資金調達方法をアドバイスさせていただきますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちください」とありました。

「10秒カンタン資金調達チェック」とあるのを見たとき、多くの人は10秒で申込みが可能である、あるいは10秒で診断結果が得られると考えるものですが、そうではなかったということです。

もし、資金調達プロが「自動送信までの時間が10秒程度」であるとしても、そのようなことは誰も期待していないことです。

利用者の推測とは全く異なる結果、しかも期待していない結果であることを考えると、この「10秒カンタン資金調達チェック」というものは、「10秒」の一般的な解釈を逆手に取り、診断申込みを行うように仕向け、とにかく利用につなげたいのではないかと思ってしまいます。

私はこれまで、資金調達に関する様々な検証を行い、悪徳業者と呼ばれる業者の実態もつぶさに見てきました。

決して「10秒カンタン資金調達チェック」だけで資金調達プロを悪徳業者であると断定するわけではありませんが、公平な目で見てみると、多少の不安や不快感があることは否めません。

ビジネスローンを勧めてくる

次に不安を感じたのが、申込み確認メールに続いて送られた一通のメールです。

「たった10分のカンタンな申込で、2日以内に95名が、1000万円の事業資金をラクラク借りられた」というメールです。

資金繰りに困っている事業者ならば、このようなタイトルをみると興味を持つことでしょう。

タイトルには、「10分」「2日」「95名」などありますが、なんらかの宣伝をする際には、具体的な数字を出しながら紹介することで信ぴょう性が高まるということは、もはやマーケティングの常識ですから、それに則ったタイトルといえます。

とはいえ、本当であるかどうかの証拠はなく、本当であるかどうか断定し難い数値であるため、信用する必要はありません。

この数値を過信することなく、メールの内容を見ていきます。

すると、「今申し込んだら2日後には借り入れができます」とし、「1000万円のまでの事業資金が必要な方は、ご融資可能かスグに答えてもらえるので、今すぐ、ビジネクストに申し込んでください」とあります。

気になるのが、「今申し込んだら」「今すぐ」などといった表現によって、申込みを煽っているように見えることです。

ビジネクストとはビジネスローンを提供しているノンバンクです。

当サイトでも何度も述べている通り、ノンバンクから借入をすることは大変危険なことです。

確かに、資金調達プロがいうように2日後の融資が可能であるなど、審査は緩くスピーディであるのがビジネスローンの特徴です。

しかし、銀行融資などに比べて金利がはるかに高く、銀行の金利は高くても5%以下であるのに対して、普通ビジネスローンでは15%程度の金利になることが多いため、とてもお勧めできないのです。

また、ビジネスローンで借入を申請する人というのは、一般的に銀行融資を断られたためにビジネスローンに頼っているのであり、いわば銀行から「貸し倒れリスクのある経営内容だから貸せない」と言われているということです。

そのような会社が高金利で借入をしたならば、高金利による圧迫に耐えることができず、経営がさらに厳しくなっていく可能性が高いです。

資金調達プロが資金調達のプロならば、銀行融資を断られた人でも利用できるビジネスローン以外の方法、例えばファクタリングなどを勧めるべきだと思いますが、申込み直後のメールでビジネクストを勧めてくるというのは、感心しません。

このほか、カードローンを紹介するコーナーも設けており、そこで紹介されているのは「1位 アイフル」であり、2位以降はないという謎のランキングです。

ビジネクストはアイフルの子会社ですから、その親会社である消費者金融業者のアイフルも紹介しているのだと思います。

このメールをみれば資金調達プロがアイフルやビジネクストと提携しており、ビジネクストから資金調達プロへ広告費が支払われているか、あるいは資金調達プロの営業メールによってビジネクストに申し込みがあった場合には、ビジネクストから資金調達プロへと報酬が支払われていることがわかります。

ですから、ビジネクストを推奨しなければならないのは仕方がないのでしょうが、やはり「いきなりビジネスローンをお勧めしてくる人にプロを名乗られても・・・」という不快感があります。

 

 

資金調達プロは「資金調達のプロを紹介するプロ」

このような不安があるので、会社情報を調べる必要があると思い、会社情報を見てみました。

すると、情報としては不足なく記載されており、会社名が掲載されておりました。

運営会社の従業員は13名ですから、小さな会社です。

事業内容はインターネットメディア事業、WEBコンサルティング、WEBデザイン・サイト作成、WEBシステム開発とあります。

ユービジョンのホームページを見て見ても、WEBコンサルティング、WEB制作、WEBシステム開発、アフィリエイト広告が事業内容となっており、資金調達関連の事業は含まれていません。

この事業内容をみれば、資金調達プロそのものが資金調達のプロではないことがわかります。

資金調達プロは、あくまでもWEB関連の事業をしている会社です。

「資金調達プロ」などのサイトを作成し、そのサイト内で資金調達に関する情報を発信し、後述のとおりプロの紹介やコンサルティングの紹介を行なっています。

したがって、資金調達プロは「資金調達のプロ」ということではなく、「資金調達のプロを紹介するプロ」ということができるでしょう。

これば、資金調達プロが全国の都道府県の税理士事務所や会計事務所などを紹介していることからもよくわかります。

このことから、資金調達プロがビジネスローンをお勧めしてきたことも、「資金調達プロの運営会社である株式会社ユービジョンは、アフィリエイト事業を行なっており、資金調達プロを通じてビジネクストを紹介し、アフィリエイトによって収益を得ている」と考えることができます。

私は上記のように、「いきなりビジネスローンを紹介してきて、プロのというのはおかしい」と思ったのですが、「資金調達のプロ」ではなく「資金調達のプロを紹介するプロ」であり、その一方でアフィリエイト事業もしているということがわかれば、なんら問題はありません。

会社概要を見て実態を掴むと、資金調達プロは悪質な業者ではないことがわかり、安心しました。

ただ、ひとつだけ言うならば、資金調達プロ内で掲載されている広告は、iPadなどでみると画面の半分近くを占め、そのために肝心の内容がかなり読みにくくなっています。

コンテンツブロッカーを起動させていても広告が消えることはなく、WEB制作のプロならではの技術力を悪い意味で思い知らされます。

 

 

資金調達プロの信頼できる点

上記の通り、資金調達プロは「資金調達のプロを紹介するプロ」です。

その点においては、信用に値する情報もあります。

それを紹介していきましょう。

提携コンサルタントが優秀

申込み確認メールにはコンサルタントでの経歴や著書の紹介などがあり、経歴はかなり詳しく書かれています。

これをみると、利用者は「しっかりとしたコンサルタントに依頼しているんだな」と安心することができます。

私のように、多少の疑問や不安を抱く人はいると思いますが、メールの丁寧な構成には安心感がありました。

念のため、この川北英貴というコンサルタントについても調べてみました。

名前で検索をしてみると、まずヒットしたのがAmazonです。

メールに記載されていた通りの著書がたくさんヒットしました。

著書には「絶対にカネに困らない資金繰り完全バイブル」「資金繰り完全マニュアル」「資金繰りの教科書」「社長のための借金の返し方・追加融資の受け方」などがあり、間違いなく資金調達のプロであることがわかります。

このようなプロと提携している「資金調達プロ」のサイト名は、決して伊達ではなかったのだと思わされます。

また、著書だけではなくFacebookやTwitter、講演に関する情報などもヒットします。

Facebookを見てみると、しばしば更新がなされており、現在どこでどのような仕事をしているのかも把握できるため、非常に透明性があります。

また、Twitterでは自分が読んだ本の紹介などしており、勉強家という印象を受けます。

フォロワーも6000人以上おり、ちょっとした有名人のようです(著書が多いこともあるのでしょう)。

情報が豊富

次に、情報が豊富です。冒頭で述べた通り、資金調達プロは「国内No.1の銀行融資・借入情報サイト」と謳っているのですが、確かに情報は非常に多く、融資に関する勉強にはうってつけです。

資金調達ガイドという項目には、2017年2月18日現在、公的融資制度に関する記事が28件、金融機関からの借入に関する記事が47件、個人投資家からの借入に関する情報が42件、ベンチャーキャピタルからの出資に関する記事が27件、助成金・補助金に関する記事が18件、事業者ローンに関する記事が21件、カードローンに関する記事が31件、親族・知人からの借入に関する記事が17件、ファクタリングに関する記事が35件、その他に関する記事が24件もあります。

資金調達に関するサイトは多いもので、資金調達プロと同程度、あるいはそれ以上の記事数を擁しているサイトも多いものですが、多くは恐らくプロが書いたものではないと思われる記事ばかりで、質的に非常に問題があるものです。

しかし、資金調達プロの記事はかなり内容が濃く、本当にためになると思える記事ばかりです。

これらの記事を書いたのはプロではないにしても、専門知識を持った人でしょう。

プロレベルの資金調達情報を提供する資金調達プロの、面目躍如たるものを感じます。

専門家コラムはもっと秀逸

資金調達ガイドの記事は、おそらく資金調達のプロが書いたものではないと推測しました。

これは、記事の末尾において、執筆者の紹介がなされていないからです。

資金調達プロでは、資金調達ガイドの他にも専門家コラムというコーナーも設けており、このコーナーではコラムの末尾に執筆した専門家の紹介欄があります。

もし、資金調達ガイドも専門家が書いたものであるならば、執筆者の紹介をしない理由がないため、紹介がなされていない資金調達ガイドの記事は、専門家以外が書いたものだと推測されるのです。

専門家コラムはの執筆者は、「マイベストサポート 吉田学」「一般社団法人財務会計支援機構 資金調達担当理事 中山直哉」「起業コンサルV—Spiritsグループ 中野裕哲」「株式会社ビートレーディング 佐々木英世」「株式会社MEDS JAPAN 小野寺」といった顔ぶれであり、資金調達に関する様々なことを専門的見地から解説しています。

たとえば、『専門家が解説する「ファクタリング」ガイド コラム』というコラムでは、ファクタリング専門会社であるビートレーディングが執筆していますし、専門性は非常に高いものとなっています。

資金調達に関して勉強したいと考えている人は、当サイトに合わせて資金調達プロの記事も参考にしてみると良いと思います。

 

 

診断結果のメールが来た!

診断結果のメールには、以下のようなことが記載されていました。

  • 診断結果(調達可能な資金の目安)
  • お勧めの会社
  • その会社がおすすめである理由

気になるのが、お勧めの会社です。

お勧めの会社を紹介するにあたり、「資金調達プロの提携会社である、株式会社ビートレーディングより早急にご連絡させていただきます」とありました。

中古車買取業者や太陽光発電設備施工業者など、このようなホームページでよくあるのは、申し込み内容に基づいて複数の業者を紹介し、申込者自身が比較した上で選択できるというスタイルです。

しかし、資金調達プロではビートレーディングの一社のみの紹介にとどまり、比較のしようがありませんでした。

これも、ビジネクストのくだりで述べた通り、資金調達プロはあくまでも「資金調達のプロを紹介するプロ」であり、提携するプロであるビートレーディングの紹介を行っているということでしょう。

おそらく、このメールによってビートレーディングにファクタリングの申込みが行われると、ビートレーディングからユービジョンへと紹介料が支払われる仕組みになっているはずです。

もっと多くの会社でを紹介してくれればよいのですが、なにしろ提携する一社だけを紹介していますから、利用者としてはその一社が本当に良い会社であるかどうかの判断がつきにくく、多少困惑してしまいます。

しかしながら、資金調達ガイドや専門家コラムから、資金調達プロは間違いなくその道のプロと提携していることがわかり、またビートレーディングもファクタリング会社の中では優良業者として知られていますから、なんら問題はありません。

資金調達プロは、資金調達を助けてくれるプロ・優良業者を紹介してくれるサイトなのです。

まとめ

 

資金調達を行う際には、どのようにすれば良いかと迷うことは多いものです。

例えば、資金繰り改善のためにファクタリングをしたいと思っても、ファクタリング会社の数は多いため、どのように選べば良いかわからないのです。

そのような場合に、資金調達プロで診断を申し込むことによって、資金調達プロが提携する優良業者を紹介してもらうというのは、非常に役立つことといって良いでしょう。

ビジネクストの紹介にしても、それ以外の方法に対応できない事業者にとっては取らざるを得ない手段ですから、そう考えればビジネスローンの紹介もある程度納得できます。

資金調達プロをみると、私が述べたような不安や疑問をいだく人も多いと思います。

しかし、本稿で検証していった通り、総合的に見て資金調達プロは信用に値するサイトであり、実際に良い業者を紹介することによって資金調達を助けてくれます。

資金調達方法に悩んでいるならば、あなたも一度資金調達プロに相談してみて、資金調達のプロを紹介してもらってはいかがでしょうか。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 支払手形削減サービスとでんさいの違い、その他の資金調達法

  • 悪徳ファクタリング会社に注意!こんな儲け方で暴利をむさぼる

  • 資金調達のウルトラC!ファクタリングで資金繰りが超ラクに

  • ゼロから学ぶファクタリング、中小企業経営者の必須知識

  • 手形サイトが長い…そんな時は手形割引で即現金化!

  • ファクタリングで押さえておくべきリスクと注意点