1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングで失敗しないためのリスクマネジメント法

ファクタリングで失敗しないためのリスクマネジメント法

ファクタリングにおけるリスクマネジメントの考え方として、基本となっているのが信用調査となっています。

また、調べる手法やプロセスといったものに関しては、多く持ち合わせている会社は多いです。

それが、なければ本当に信用できるのか、判断できないからです。

ファクタリングのリスクマネジメントの基本

ファクタリングを行って、取引先を決めたとしても、取引先のミスや事故などによって、自社が打撃を受けてしまうことがあります。

もちろんその逆も考えられるでしょう。

大手企業の場合には、多少失敗や事故があっても倒産してしまうということは滅多にないでしょうが、中小企業は1度のミスや事故で倒産に追い込まれてしまうことは珍しくありません。

しかも大手企業は政府による支援を受けられますが、中小企業はごく限られた支援しか受けられないので、倒産のリスクはかなり高いのです。

よく予測不可能な事故などという言葉を使いますが、そのような事態に備えて行っておくことがあります。

それがリスクマネジメントです。

リスクマネジメントというのは、万が一予測不可能なことが発生した場合に備えて、事前に対策や解決策を講じておくことなのですが、これがかなり難しくなっています。

経営不振や倒産を回避するために行うべきことなので、事前の対策はとても重要ですが、どのように対策を練るのかわからない人も多いでしょう。

そこでリスクマネジメントの基本をしっかりと覚えておくことから始めるべきです。

基本と言われても、まだその段階ですらないという人もいるでしょう。

主な基本は3つあるのですが、それは予防対策と緊急時の対応、復旧対策になります。

事故やミスは起こさないことに越したことはありません。

そのため、危険なことや事故につながってしまうことは絶対に行わない、行っていた場合には改善していくことが大切です。

リスクマネジメントを怠ってしまうと、本来防げた事故を発生させてしまうことになるだけではなく、後で原因を追及された場合、問題視されてしまうことになります。

よって最も力を入れて行わなければいけない対策だと言えるでしょう。

次に緊急時の対応ですが、万が一事故が発生した場合には、どのように対処していくのかという方法を熟知しておくことも重要です。

リスクマネジメントの例としては、避難訓練が当てはまります。地震や火事が発生した場合には、このような方法でここに逃げるなどの対策を立てます。

人によって考え方も違うので、たくさんの意見を出し合ってからプロセスをしっかりと構築しておくことが重要です。

そして事故が発生したときに、どのようにして復旧していくのかという対策も必要になります。

これを行っていないと、倒産に直接繋がってしまうため、難しいですがきちんと考えておきましょう。

信用調査を行われた際には、このような点もきちんと調べられるので、リスクマネジメントの基本をしっかりと熟知しておくべきです。

 

 

与信管理に必要な知識と信用調査の具体的手法

何を行うにも、必ず事前にある程度知識を身に付けておく必要があります。

昔は自分で知識を付けるのは無理がありましたが、現在ではインターネットがあるので、誰でもある程度のレベルまでは知識を身に付けることが可能です。

それは与信管理であっても例外ではありません。

まずは与信管理とは何かというところから始めなければいけません。

ここで1つ例を挙げてみようと思いますが、会社を設立したら、当然別の会社と取引を行う必要があります。

取引を行う際には、店で物を購入するのとはわけが違うので、月終わりなどに1ヵ月分の報酬を支払いという形態がほとんどです。

これは会社が社員に対して給料を支払うのと同じことです。

ようするに作業を行って納品をしたとしても、支払いまでには数日間空いてしまうのですが、この間は相手に対して支払ってくださいねという与信をしていることになります。

簡単に言えば信用で成り立っていると言えるでしょう。

当然所定の日になれば、今まで納めた分の料金を回収しないといけません。

料金を確実に支払ってもらうために管理をすることを与信管理と呼んでいるのです。

しかし、不景気や増税によって支払いが滞ってしまうことも珍しくはありません。

支払いが滞ってしまえば、当然次の仕事をしてもらうことができないので、倒産してしまうでしょう。

このようなことが無いように、支払い能力などがきちんとあるのかを事前に調査することを信用調査と呼び、信用調査を行っている会社のサービスをファクタリングと呼んでいるのです。

ファクタリングの手法もいくつかあるので、やはり事前にある程度知っておく必要があるでしょう。

与信管理のことを知るのであれば、ファクタリングは切っても切り離せない存在となります。

そこでファクタリングの手法をまずは覚えておきましょう。

1つ目は買取ファクタリングですが、これはファクタリング会社が売掛債権などの買取を行うサービスとなっています。

早い段階での資金化ができるので、起業して間もない頃はこのサービスを利用することが多いでしょう。

2つ目は保証ファクタリングです。

これは販売債券で生じたリスクなどをファクタリング会社が引き受けてしまうというサービスです。

賃貸住宅へ入居するときなどに用いられている保証人と同じような感じだと言えるでしょう。

3つ目はファクタリング会社が売掛金を一括買取する一括ファクタリングになります。

どれも一長一短が存在しているので、自分にとってどれが最もメリットが大きいのかを知っておくことが重要です。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

リスクマネジメントの基本的なプロセス

一般的なリスクマネジメントと言えば、医療機器や医薬品など、医療に関連した品質のリスクに対するプロセスのことを指すと言えるでしょう。

プロセスを開始する前には、最低限でも4つのステップを踏む必要があります。

1つ目は課題やリスクに関しての質問を定義することです。

リスクを負ってしまう可能性というのはいろいろなところにあるのですが、あらかじめ特定をしておくことで、リスクを減らすことが可能になります。

2つ目は健康への影響や被害のリスクなどのデータを収集し、集約をしておくことが重要です。

医療機器や医薬品というのは、副作用などの危険性がどうしても伴ってしまいますし、万が一機械が故障した場合や、正常に動作しなかった場合には、当然病人に被害が出てしまうので、最初にどのようなリスクが出る可能性があるのかというデータを集めておき、どのように回避するのかを検討しておく必要があるのです。

医療機器や医薬品も人間が作った物なので、確実に失敗がないというわけではありません。

しかも失敗が許されない製品だと言えるでしょう。

だからこそあらかじめリスクを知っておき、対策をしてから使用する必要があるのです。

3つ目は必要な物やリーダーとなる人を明確にしてから行動に移すことです。

医療機器や医薬品の開発、製造などを行うためには、必ず必要な物が出てくるでしょう。

その必要な物をきちんと揃えておき、これが必要になると明確にしておかなければ、当然よい製品を作ることや開発することはできません。

だからこそ最初に必要な機材や機械類を用意する必要があるのです。

それはリーダーであっても同様だと言えるでしょう。

開発や製造は1人では絶対にできません。

複数人がまとまってこそよい開発や商品が完成するのです。

しかし、いくら人が集まったとしても、まとめあげる人がいなければしっかりと機能しません。

まずはリーダーとなる人を選び、その人が各担当者を指名することで、1つのチームができあがるのです。

そうして開発を行い、製造に移して初めて医療機器や医薬品ができあがると言ってもよいでしょう。

4つ目は実施計画や意思決定などの水準をはっきりと示しておくことです。

グループとは言っても、毎回必ずしも一致団結をしている一枚岩というわけではありません。

ときには意見がぶつかりあうこともあるでしょう。

そうなった場合には、やはり実施計画や意思決定などの水準を定めておく必要があるのです。

水準が定められていれば、万が一意見が合わない場合であっても、チームが滅茶苦茶になることはないでしょう。

これがリスクマネジメントの開始方法、プロセスです。

 

 

ファクタリングに関するリスクを総ざらいする

ファクタリングは必ずしもメリットだけとは限りません。

デメリットも当然存在しているのですが、世の中にメリットだけで、デメリットが全くない物は存在していないため、リスクもきちんと知った上で行う必要があるのです。

では、ファクタリングにはどのようなリスクが存在しているのでしょうか。

もちろんたくさんデメリットが存在しているわけではないので、主なリスクだけを知っておくだけでも十分です。

主なリスクというのは、売掛先に知られてしまうことでしょう。

ファクタリングは、2社で行う方法と、3社で行う方法が存在しています。

2社で行う方法というのは、売掛先が加わることがありませんので、外部に情報が漏れるリスクというのはかなり低いと言えるでしょう。

なぜなら2社で行う場合には、自身の会社と信用調査を依頼した会社のみで行います。

しかし、3社間で行う場合には、自身の会社と調査依頼をした会社だけではなく、売掛先の会社も加わるのです。

そのため、売掛先に自社のことを知られてしまうことがあります。

このような点を見る限りでは、やはり2社で行う方法が最もよいと考えるでしょうが、ファクタリングを依頼した会社に対して支払う料金が高くなるのが一般的です。

だからこそメリットばかりで、デメリットが全くない方法というのは存在しないのです。

どちらの方がより自分たちにとってメリットになるのかを検討してから決めなければいけません。

しかし、情報が外部に漏れてしまうリスクよりも、手数料などの料金を支払った方が、明らかにデメリットは小さいと考える人が多いでしょう。

人によって考え方は違うので、逆の方がよいと考える人もいるでしょう。

では、この他にデメリットは存在していないのかというと、決してそのようなことはありません。

利用したファクタリング会社が、知識不足や経験不足という可能性があります。

ようするに信頼できない会社や、十分な情報収集ができない会社に依頼してしまう可能性があるということです。

これはキャッシングなどを行う場合や、医療機関を受診する場合などでも同じことが言えるでしょう。

信頼できて豊富な情報を得られる会社を選ぶことが重要になります。

そうすればデメリットを回避できますし、3社で行う方法を選んだときにも、売掛先に知られてしまう可能性が下がるでしょう。

まずは情報収集を行う必要があるのですが、インターネット上にはファクタリング会社の紹介サイトが存在しています。

このようなサイトを用いるのもよいでしょう。

代表的な信用調査サービスの内容

信用調査を行う場合には、相手の会社のことをいろいろと聞く必要が出てくるのですが、いきなり訪ねて行っていろいろと聞くのは気が引けるという人も多いでしょう。

相手もいきなり来た人からあれこれ尋ねられたら、何か怪しい仕事をしている会社なのではないかと疑われてしまいます。

そこで信用調査を行っているファクタリング会社が訪ねていき、いろいろと詳細な話を聞くというのが一般的なサービス内容です。

信用調査というのは個人事業主などに対しても行われることがあるのですが、通常は法人の企業などを対象にしていることが多いでしょう。

企業同士の取引を行う場合には、相手がきちんとした仕事をしてくれるのか、また、仕事を行ったらきちんと報酬を支払ってくれるのかという点が重要になります。

簡単に言えば仕事を行うだけの能力があるのかという点と、支払い能力に問題はないかという点を調査することが多いのですが、これは取引を行う上ではかなり重要なことです。

このような点を調査し、資料として依頼者に渡すことになるのですが、これを信用調書と言います。

依頼を受けたファクタリング会社が、調査結果をまとめて相手に渡す信用調書は、かなり量が多くなっているのが一般的です。

いくらまとめてあるとは言っても、大体10ページから15ページほどになることが多いので、目を通すだけでもかなり時間がかかってしまうでしょう。

しかし、これから取引を行う場合には、これぐらいの情報を得ておかないと、経営自体に影響が出てしまうことがあります。

長く経営を続けていると、逆に信用調査を受ける側になってしまうこともあるのですが、このような場合には任意での回答となるので、どうしても話したくないという点に関しては、話さなくても問題はありません。

信用調査の報告を受けた場合には、詳しい情報がたくさん記載されているのは当然なのですが、他にも点数での評価が行われる場合があります。

これは評点と呼ばれているのですが、第三者の目から見て、どのような感じなのかを評価している点数です。

評点のポイントは、信用できる会社であること、支払い能力が十分にあること、健全かつ安全な経営を行っていることが重要視されます。

いずれも取引をする場合には重要な判断基準になるので、このような点を相手にわかりやすく伝えるのがファクタリング会社のサービス内容です。

財務比率や資産運用表なども手渡すことになるのですが、インターネットでは調べられないことがたくさん記載されています。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ゼロから学ぶファクタリング、中小企業経営者の必須知識

  • 銀行は会社と経営者の素性をどこまで調べているのか?

  • 与信管理は大丈夫ですか?ファクタリングで負担を軽減しよう

  • ファクタリングで確実に資金調達をするための信用調査について

  • ファクタリングと債権譲渡の違いって何ですか?

  • 売掛債権のトラブルはどう対応するべきか?