ファクタリングに向いている人、その他の資金調達方法など

ファクタリングがどのような仕組みでどのような企業に向いているのかを解説します。

  • 売掛金をどうすれば現金化できるのか
  • 資金調達の方法は他にないのか
  • 債権買取型や回収保証型とはいったい何なのか

ファクタリングに関してわからないことはおおよそスッキリすることができるでしょう。

仕組みについても一連の流れで解説しますので、初心者でも安心してみることができます。

ファクタリング取引に向いた人(会社)とは

ファクタリングとは企業が事業資金を調達する方法の一つです。

未回収の売掛金をファクタリング会社が買い取るサービスのことであり、掛売による取引が基本となります。

融資を断られた人(会社)

このシステムを検討すべき会社は銀行などの金融機関に話を持ち掛けたが、成立させることができずに融資を断られた人でしょう。

融資とは異なるので審査も通りやすく担保が不要というのが非常に大きいのです。

融資になってしまいますと必ず採算がとれるという部分をどうにかして示す必要が出てきてしまいます。

CF ブルー
CF ブルー
どんなに自信があったとしても、NGが出ることが多いものなのだ…

支払いサイトの長い取引の多い人(会社)

また、支払いサイトが長い取引先が多い企業もファクタリングに向いている会社と言えるでしょう。

短期間の取引先が多い場合、例えば翌月払いなどが多い場合は資金繰りも目途が立ちやすく立ち回りは楽です。

しかし、手形決済などの支払いサイトが長くなると、どうしても現金が手元に集まらなくなってしまいます。

CF イエロー
CF イエロー
黒字だったとしても立ち回りができなくなることが多くなるわ。

資金繰りに困っている人(会社)

メリットとしてキャッシュフローを正常化することができるという部分もあります。

急な出費や支払金不足に対応しやすくなるという大きなメリットがあるのです。

今まで黒字経営になっていたものの、資金繰りに苦労して困っていた…という企業には是非とも利用していただきたいものと言えるでしょう。

介護・医療業界

他には介護報酬などの診療報酬債権のファクタリングが使える介護や医療業界にも、向いていると言えます。

介護保険給付金がこのシステムをうまく利用することで入金前に受け取ることができるようになるということです。

この介護保険給付金は国民保険団体連合会に請求して受け取る必要があるのですが、請求してから二カ月は入金されるまでかかってしまいます。

できる限り資金の巡りを早くしたい介護や医療関連の企業にお勧めとなっております。

建築業界

他には天候不順によって現場の作業が進まないことで資金繰りが悪化しやすいゼネコン業界や建築業界でしょう。

早く終わる分には構わないのですが、悪天候が予定よりも圧倒的に多いと屋外の仕事が中心となる建築現場はどうしても作業が滞ってしまいます。

CF ブルー
CF ブルー
期間がずれこんでしまうのだ…

ただし、古い業界ではファクタリングを使うと信用度が低下する危険性があります。

手数料が割高になりますが、2社間ファクタリングという売掛先に知られない方法を利用することで、早期現金化対応ができるのでオススメとなっております。

 

CF レッド
CF レッド
もし今、資金繰りにお困りなら、こちらの窓口に相談されてみてはいかがでしょうか。

ファクタリングジャパンについての関連記事はこちら

 

売掛債権を現金化するファクタリングの仕組みと流れ

ファクタリングは資金を速やかに現金化するための手法として知られております。

資金繰りが黒字経営なのに苦しいという企業を立ち直せる手段となっているのです。

資金繰りが黒字経営なのに苦しくなる原因は、提供したサービスや商品に対して、購入してもらったりサービスを依頼されたのはいいものの、
決済の選択肢として現金決済ではなく約束手形や売掛金を使われてしまうことでしょう。

もちろん、大量の商品が売り買いされてしまう時は、現金でのやり取りははっきり言ってリスクが高すぎます。

そのため、避けるのは当たり前のことなのですが、売掛金や約束手形の後払いにしてしまうと、最悪の場合は現金での回収が180日後になってしまうことすらあるのです。

資産としてカウントされる状態なので数値的には黒字に見えるのですが、形や売掛金が溜まると手元に現金が無い状態がその間続いてしまいます。

CF レッド
CF レッド
最悪の場合は黒字なのに資金繰りが苦しくなって、資金ショートになってしまうことすらあるぞ!

 

そこで、約束手形を早い方法で現金化するのが手形割引であり、売掛金を早い方法で現金化する方法がファクタリングとなっているのです。

売掛債権を買い取ってしまうことで現金を得ることができますが、売掛先の承諾が必要になってしまいます。

流れとしては、売掛先がファクタリング会社と契約を結びます。

請求された金額をもとに、業者から売掛代金の支払いがされるようになるという仕組みです。

  1. 自分たちの商品やサービスを売ることで売掛金が発生する
  2. 相手先にファクタリング会社から要請を行いこの要請に対して許可を行う
  3. 請求をもとに業者が代金の支払いを行う

上記のような流れになっており、普段なら180日も現金化するためにかかっていた時間が、スムーズに事が運べば1週間程度で対応可能となってしまうのです。

 

ただし、デメリットもあります。

途中で取引先とは別の会社を経由することになるので、経由した分の仲介料として手数料が発生するという点です。

条件次第で変わってくるようですが、2社間なら1~5%、3社間なら5~25%程度の手数料がかかってしまうということです。

CF ブルー
CF ブルー
現金化した時よりも収益では落ち込んでしまうということは覚えておこう!

手に入る現金が最終的には目減りしてしまうので、資金繰りが厳しく急に現金が必要になった時に使うのがベストとなっております。

また、相手にファクタリング会社を通して許可をもらう必要があるので、相手が拒否してしまった場合は利用することができないということも覚えておきましょう。

 

CF イエロー
CF イエロー
売掛金、今すぐ現金化できます。フォーム送信で調達額がすぐに分かるサイトがこちら。

メンターキャピタルについての関連記事はこちら

 

資金繰りが悪化…ファクタリング以外の資金調達方法

最大の長所は資金化できる売掛金があれば資金調達が早期にできるようになることです。

しかし、売掛金が無いと現金化することができず資金調達ができないのです。

そのため売掛金が無い状態でも早期に現金化できる方法をまとめていきます。

ビジネスローン

CF イエロー
CF イエロー
まず紹介するのはビジネスローンだよ!

これは中小企業や個人事業主が良く利用しているローンで、事業資金を借りるために利用している会社も多いでしょう。

ローンの用途は事業資金のみと限られてはおりますが、給料のお支払いといった人件費という大きな現金が必要な場面で使うことが可能なので、入用の人も多いでしょう。

開業資金や事業拡大にも使えるお金となっており、つなぎ融資として使う人もいるようです。

このビジネスローンは次のものがあります。

  • 貸金業者のもの
  • 消費者金融のもの
  • 信販会社のもの
  • 銀行のもの
CF ブルー
CF ブルー
それぞれの特徴を捉えて利用するようにしよう!

貸金業者のビジネスローンは金利は比較的高めですが、不動産担保ローンを使うことで銀行並みに高額な借り入れが可能という特徴があります。

消費者金融や信販会社のビジネスローンは一般向けのカードローンと共通の部分が多く、金利は比較的高めでそれほど高額な借り入れはできませんが利用までが早いという特徴があります。

銀行のビジネスローンは、金利が他のビジネスローンと比べると低くなっており、高額な借り入れが可能です。

しかし、対象が法人のみの場合が多く、個人事業主は対象外となりやすいことと審査も厳しいという特徴があります。

手形割引

他に資金を現金化する方法は手形割引でしょう。

こちらは売掛金ではなく受取手形を使っていることが多い企業向けとなっております。

銀行や手形割引業者を使うことで、資金調達と現金化が可能となっているのです。

一般的な手形割引の流れ次のとおりです。

  1. 必要なら問い合わせを行う
  2. その後に、申し込みをインターネットや電話を使って行う
  3. 専門業者なら振出人の与信審査を行う
  4. 契約書類の作成する
  5. 現金化をする

ある程度慣れている人なら必要書類をあらかたまとめておくことで、即日審査及び現金化が可能となるでしょう。

必要書類には手形、会社の実印、会社の謄本、代表者の身分証明書があります。

CF レッド
CF レッド
担保や保証が不要で第三者に割引依頼をしたことが知られないという利点があるよ!

売掛金が無く手形しかないという人は、この手形割引を使うことを検討してください。

ビジネスローンは手形が無い時の手段と言えるでしょう。

 

CF ブルー
CF ブルー
返す必要のない、助成金で資金調達する方法もあります。

助成金についての関連記事はこちら

 

売掛金を確実に回収? 債権買取型

ファクタリングの仕組みと流れというのは実際に使ったことが無い人にとってよく分からないと思います。

その一つの方法をわかりやすく解説いたします。

一つずつ順番立てて説明すると、まず自分たちの商品を納品することで現金収入ではなく、売掛金が発生したとします。

その後、その相手先企業にファクタリング契約の打診を行い、ファクタリング会社と契約を承諾してもらいます。

その後、売掛先企業との請求金額の確認を行います。

そこで教えてもらった請求金額をファクタリング会社に通知し、今度はファクタリング会社から取引先企業に請求金額の最終確認を行います。

CF ブルー
CF ブルー
そこでOKがでれば、ファクタリング会社から早期売掛金の支払いがされるという仕組みだ!

支払期日になると、ファクタリング会社はカスタマーに対して債権の回収を行うことになるでしょう。

これが一連の流れなのですが、この流れを債権買取型といって最も一般的な形となっているのです。

この債権買取型以外にも回収保証型というものもありますがそれは後述させていただきます。

 

基本的にこのやり方の利点はすぐに現金にすることができるということです。

デメリットは手数料がとられることで手に入るお金が目減りしてしまうことと、債権買取型の場合は必ず相手先にこの仕組みを利用していることを承諾してしまう必要があるということでしょう。

CF イエロー
CF イエロー
体質的にこの仕組みを嫌っている企業も、現代日本にはかなりいると言われているわ。

いわゆる、「ここまでしないと資金繰りが苦しいのか」というアピールになってしまうので、会社としての価値を下げてしまう可能性があるということです。

信用度やこのような価値というのは目に見えないものではありますが、取引先から「あの会社は資金繰りに苦しんでいる」と考えられてしまうと、いろんな取引に影響を及ぼしてしまいます。

利用する時には手数料といった目に見えるデメリット以外にも、このような評価や信用度といった物も考えるようにしてください。

この手数料についても諸説ありますが、3社間で取引を行うことになるこの債権買取型の場合はだいたい1~5%が相場となっているとのことです。

CF ブルー
CF ブルー
2社間よりもはるかに安いと言えるだろう。

2社間の場合はファクタリング会社のリスクがどうしても高くなるので、リスク回避のためにも手数料が異常に高くなってしまうのだと思われます。

債権買取型も流れを理解していただくと、どのような仕組みになっているのか理解していただけると思います。

どのような仕組みでどのような方法になっているのかを覚えておきましょう。

 

CF 戦隊
CF 戦隊
業界最大手の資金調達プロなら、10社のうち9社で資金繰りが改善しています。

資金調達プロに関する関連記事はこちら

 

回収保証型のファクタリング

それではもう一つの方法である回収保証型について解説します。

回収保証型とは買い取って貰うのではなく、回収不能リスクを担保してもらう契約になっております。

何らかのトラブルで債権回収がスムーズにいかなくなった場合に、ファクタリング会社との契約の範囲内で補償をしてもらう仕組みです。

この流れはどうなっているのかというと、まずクライアント側がファクタリング会社にリストを提供して保証依頼をします。

CF レッド
CF レッド
カスタマー側の信用度調査を行って、補償限度額を設定するよ!

その後、クライアントはカスタマーと売買契約を結んで債権が発生します。

この時、手形の写しなどをクライアントは提出するようにしてファクタリング会社から保証通知をもらいます。

このように補償通知をされることで、回収不能となった時の債権回収がある程度はできるようになるという形なのです。

 

回収保証型はあくまで回収不能になった時の補償をしてもらうものです。

CF イエロー
CF イエロー
債権買い取りによる早期現金化サービスができるものではないよ!

ただし、債権買取型と回収保証型を組み合わせることで現金化が決済の期日前にできるようになりますので、企業によっては両者のサービスを利用しているところもあるでしょう。

ただし、回収保証型はカスタマーに回収を依頼するという流れがないのです。

あくまでファクタリング会社が関与しているのは、クライアント側のみなので2社間取引となりカスタマーからは見えません。

そのため、角が立ちにくく債権買取型よりも浸透していると言われております。

 

ただし、最大のデメリットがあります。

それは何かあった時のリスクがファクタリング会社が圧倒的に2社間取引のほうが大きいため、手数料が非常に高くなるということです。

CF ブルー
CF ブルー
一説には10~30%にもなると言われているぞ!

もう一つの債権買取型が1~5%と言われていることを考えると、どれだけ高いのかがわかることでしょう。

取引先にばれないという最大のメリットがあり、回収不能となった時の保証もあるという優れたシステムとなっています。

しかし、手数料がすごい高いというのは会社にとって大きな不利益となってしまうので、使うかどうかはリスクとのバランスを考えて協議することになると思います。

これに関しては正解は無いと言えるでしょう。

もともとは20世紀初頭のアメリカで開発された仕組みです。

日本では欧米と比べるとまだまだこの分野はあまり発達をしていないと言われておりますので、これからの発展に期待して待ちましょう。