1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. キャッシュフロー改善!借入とは違うファクタリングの仕組みとは

キャッシュフロー改善!借入とは違うファクタリングの仕組みとは

ファクタリングは企業にとって、とても重要なものとなってきています。

すでに利用しているという企業なども少なくありません。

売掛債権を利用してファクタリングを行うことで企業のキャッシュフローの助けともなりますからその仕組みを知り、どのような仕訳が必要か決算書への影響など理解しておきましょう。

ファクタリングの基本とその仕組み

ファクタリングは企業や個人事業主にとって、キャッシュフローの面からもとても重要なものとなってきています。

売掛債権を上手に活用することができればそれだけ事業資金を上手に準備できることにもつながります。

すでに利用しているという人でも仕組みなどに関して実はよくわかっていないということもある可能性もありますが、どのようになっているのかが分かればそのメリットなども理解することができ、より円滑な経営や見栄えの良い決算書にも役立てることができます。

日本においては2社間で行われることが多くなっていますが、昔から活用していた海外では3社間で行われることが通常の方法となっています。

企業などが物を販売したりサービスなどを行ったりすることで売り上げが発生しますが、その売り上げを後に支払う場合に売掛金が発生します。

売掛金を後で支払う企業は取引先であり売掛先となります。

この売掛金を専門の会社を通して現金化するのがこの方法となります。

売掛金を受け取る会社の方が専門の会社にその債権譲渡契約を行い手数料などを差し引いた金額を受け取るということになります。

3社間で行う場合には、専門の会社は売掛先に承諾を得ることになり、売掛金は専門の会社に入るということになります。 

日本の場合には2社間で行うことが多くなっていますから売掛先には全く知られることなく利用するということになりますから期限には売掛金を通常通り会社の方に支払われ、その後売掛金を専門の会社に支払うということになります。

利用する会社からすると売掛金を利用して手数料は必要となるものの借入をすることなく、すぐに現金化し資金の調達を行うことができる方法となります。

一方専門の会社からすると売掛金が入るまでのリスクはあるものの手数料を得ることのできる方法ということになります。

手数料に関してはそれぞれの会社によって違ったものとなっていますから、そういった面も考慮して専門の会社を選択する必要があるといった注意点もありますし、手数料だけでなくその他にどのようなサービスがあるのかなども重要なポイントとなってきますから安易に専門会社を選択することには注意が必要となってきます。 

しかし、資金を早く準備したい場合などには借入を起こすよりも便利な方法となることもありますし、借入の場合には期間によっても利息などの問題もありますから手数料などと考えてどういった方法がよいのかを考えることができます。

簡単に言うと資金調達のための手段の幅が広がるということになります。 

 

 

ファクタリングは借り入れとは決定的に違う

ファクタリングは企業などにとってキャッシュフローに役立つ画期的な方法として知られるようになってきましたが、まだまだきちんと理解しているという人は多くなく、なんとなくのイメージだけを持っているという場合も少なくありません。

中には借入と混同しているような場合もありますからここは注意が必要となってきます。

確かに同じような感覚で資金調達することができますが、その仕組みには違いがありますから当然仕分けなどにも違いがあり、資金調達後にも違いが出てきますからきちんと理解しておくことが確実なキャッシュフローに必要なものとなってきます。

まず、ファクタリングと借入の違いとして売掛債権を売って現金を得るという方法と、借入はお金を借りて現金を得るということになります。

全く違ったものとなっていることがわかると思いますが、借入の場合には、売掛金を担保として借入を行うという場合もあります。

これだとなんとなく似たような感じがしますが、あくまでも売掛金は担保ですから全く違った意味となってきます。 

ここで似たような印象になってしまうのは、日本の場合には2社間で行うことが多く、その場合には売掛金が通常通り支払われ、それを専門会社に支払うということになることからなんとなく似たようなイメージとなります。

しかし、これを仕分けしてみると全く違った仕分けになりますからまったく違った意味のお金となることがわかります。

仕分けでは借入は負債になりますが、ファクタリングでは現金の増加ということになり負債には入ってきません。

さらには借入では利子が付きますが借入ではありませんから利子はなく売掛債権を買い取ってもらうための手数料が必要となります。 

また、償還請求権の違いもあります。

借入の場合には売掛先が倒産などしてしまった場合でも借り入れた分を支払う必要がありますから負債を抱えなければなりませんが、ファクタリングでは責任を負う必要がありません。

借入とファクタリングでは利子と手数料といったように内容が違ったものとなりますが、その部分を比較してみると利子の方が安く手数料の方が高いものとなっています。

これも全く違った内容のものということを考えると一概に高い安いで比較することは難しくなります。 

資金調達という点では借入れは、審査があり現金が入るまでに時間が必要となりますが、ファクタリングの場合には、早ければ1日程度で現金にすることも可能となっていますからいつまでに資金が必要となるのかということでも利用するべき方法は違ったものとなってきます。

 

ファクタリングでキャッシュフロー改善?

ファクタリングでキャッシュフローを改善することができるということはどういったことなのでしょうか?

なぜ改善することができるのでしょうか。

その意味が分かればよりメリットのあるファクタリングの利用の仕方がわかります。

ファクタリングでキャッシュフローを改善することができる理由としてまずは会計の仕分けを考えてみましょう。

売掛債権が発生した時には、売掛金と売上という仕分けとなり、その売掛金をファクタリング会社に譲渡した場合には、未収入金と売掛金という仕分けとなります。

譲渡した後現金が入ってきた場合には現金・債権譲渡損と未収金となります。

この場合の債権譲渡損とは賭け目や手数料によるものとなります。 

この仕訳を見ると会計上現金が増えることがわかります。

これによってキャッシュフローの改善と判断することができます。

しかし、これは、あくまでも一時的なものであるということを理解しておくことが大切です。

確かに現金が増えることで一時的にキャッシュフローの改善に役立ちますが、事業を考えるとその後もずっと続くことになりますから長期的なキャッシュフローの改善とは違ったものとなってきます。 

事業を行っていると急に資金が必要となるということも珍しいことではありません。

そういった場合には時間をとられることなく資金を準備することができるファクタリングは有効な手段となってきますし、すでに借入れをしていてもうこれ以上借入を増やすことには抵抗を感じるといった場合にも有効な手段となってきます。

ここで考えたいのがファクタリングは海外では3社間での取引が通常となっており有効な資金調達の方法となっているのに対して、日本では2社間の取引が多くなっています。

これは取引先に知られることで資金繰りがうまくいっていないのではないかといった印象を持たれることを避けたいということがあるためです。 

これでわかるように日本では資金繰りに困った際に利用するというイメージが大きなものとなっています。

確かにこれ以上借入ができないといった場合の利用では、それも無理のないことになってしまいます。

では海外ではなぜそのようなことにならないのか、やはり利用の捉え方に違いがあるためでしょう。

 ファクタリングを使用して一時的にでもキャッシュフローを改善することができればその状態を続けることが大切なことになってきます。

また、借入とファクタリングを比較したときにわかるように決して大きな額ではなくまた短期的に考えることで便利な存在となります。

少なくともファクタリングを利用することで手数料などを支払うことになりますから、その分は売上から減少することになります。

そこまで考えたうえでメリットになることを考えて利用することが必要です。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングと仕訳の関係

ファクタリングの利用はまだ、始まったばかりといったところですが、だからこそ理解されていない部分も多く安易に考えてしまう危険もあります。

いくら資金調達のために有効な手段となるといっても、メリットだけでなくデメリットも理解しておかないと後悔することにもなりかねませんから、まずはどういったものであるのかをきちんと理解しましょう。 

理解しておきたい一つが仕分けです。

ファクタリングを利用した場合にどのような仕分けを行ったらよいのかは当然ですが、仕分けすることでどのような流れになるのかも理解することができ、事業のキャッシュフローがどのように動くのかも理解しやすくなります。

仕分けといっても中には経理に関することは任せてあるからという事業主などもいます。

しかし経理を理解しておくことは経営者にとってとても重要なことになります。

どのようにお金が動いているのかだけでなくその時々の資金状況を知るためにも重要なものとなっています。 

まずは経理は税金などの関係で行わなければならないということではなく、日々の事業がどのような状況になっているのかを知るためにもとても重要であることを理解しましょう。

では実際に仕分けがどのように行われるかですが、商品を販売したりサービスを行うことで売上が発生します。

この時に発生するのが売掛金の発生となり売掛債権発生時の仕分けは売掛金対売上となります。 

次に売掛債権をファクタリング会社に譲渡した時が売掛債権譲渡時となり、この時の仕分けが未収金対売掛金となります。

最後にファクタリング会社からお金が入った時が売掛金早期支払時となり現金・債権譲渡損対未収金となります。

これが売掛金が発生してから売掛債権をファクタリング会社に譲渡し現金にした場合の仕分けの流れとなります。

ファクタリングを行った場合には債権譲渡損が生じることがわかります。

これはファクタリング会社に売掛債権を譲渡した際の手数料ということになりますから、支払期日まで待った場合にはこれは発生することがありません。

債権譲渡損の分だけ損をしているということにもなりますが、期日まで待つ前に現金を増加させることができるということもわかります。

この仕分けに関してはあくまでも代表的なものとなり、実際の会計処理を行う際には企業によっても勘定科目にも違いがあります。

どのような仕分けにしたらよいのか判断ができないような場合には、税理士や会計士の方に相談してみるとよいでしょう。

 

 

ファクタリングと決算書の関係

ファクタリングは資金調達を行う上で利用価値のある方法の一つとなってきていますが、まだ日本では新しい手段ということもあり理解されていない部分も多くあります。

資金調達に便利といっても決算書に影響が出るような方法では困るということもその一つでしょう。

決算書は企業や個人事業主にとってとても重要なものとなっています。

事業の計画などを行う上でも重要なものですが、ファクタリングで決算書に影響が出るのではないかと心配するのは融資や取引を心配してのこととなります。

取引でも公共事業であったりする場合には決算書の提出を求められるような場合もありますし、融資では必ず必要となってくるものとなりますから、決算書の内容は有用なポイントとなってきます。

少しでも不利になるようなことを避けたいと考えるのは当然のことになってきます。 

例えば手形割引で資金調達を行った場合には、流動負債の割引手形ということで計上させることになります。

この場合、現金が増えているのですが流動負債も増えるということになりますから、決算書としてみた場合にはやはり見た感じあまり良いというイメージにはならないということです。

中身としては決してバランスが悪いということはないのですが、銀行などでは流動資産や流動負債の流動比率を見ますからその際に影響が出るのではないかという心配があるということになります。

問題となるファクタリングに関しては、流動負債などに影響してくるようなことはありません。

銀行などが流動比率を見るというのはこの比率を見ることで短期的な支払能力を判断することになりますから融資の際には流動比率はとても重要なポイントなります。

流動比率に影響を及ぼさないファクタリングは確かに有効な資金調達の方法といえます。

今後、融資を申し込む予定などがあるような場合には決算書のことを考えるのも無理のないことになりますから、影響のないファクタリングを使用してとりあえずの資金調達を行うのも一つの方法となってきます。 

しかしファクタリングは決して長期的な資金調達の手段となるものとは違いますから、そのあたりは頭に入れて利用することが大切です。

決算書に影響を出さないためといっても、そのたびに利用するような場合には手数料も大きな負担となってきますからそのこともきちんと考える必要があります。

決算書への影響を考えるのも大切なことではありますが、それだけでなく資金調達が後に尾をひかないようにするといったことも大切なことになってきますから、ファクタリングもメリットもデメリットも理解したうえで利用することが大切です。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 決算書が読めないと何がまずいの?どうすれば読めるようになる?

  • でんさい(電子記録債権)とは?すぐにお金もらえるの?

  • 【超重要】銀行が意外に注目する「販売管理費」について

  • 今さら聞けない!手形割引とファクタリングの違い

  • ファクタリングの基礎知識~仕組みや業者の見分け方、他

  • 眠っているお金「売掛金」をすぐに現金化する方法とは?