1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 与信限度額設定とファクタリングの活用について

与信限度額設定とファクタリングの活用について

与信管理で重要なのが与信限度額の設定です。

ファクタリングを活用することで、与信管理をアウトソーシングすることも可能になります。

詳しく見ていきましょう。

資金調達プロ

ファクタリングと与信限度額の基本

与信限度額を正しく設定することで、貸倒リスクを軽減できます。

あらかじめどの会社にどの程度の与信枠を与えても問題ないか決めておき、設定した以上の取引に発展しそうになったときには「待った」をかけるシステムです。

どんなに優良な取引先でも、売掛債権回収状況が優れない状況のまま取引を進めるのはリスクでしょう。

状況によっては、返済を優先する判断をするケースもあります。

与信限度額の重要性を社員に周知徹底させることで、会社にとってマイナスになりうる取引が徐々に減っていくはずです。

営業担当者に見落としがあった場合でも、担当部署を通して取引させる仕組みを作れば、会社としての統制がとれます。

リスク管理意識が高い会社ほど余裕を持った与信限度額を設定しがちですが、取引機会の損失も考慮しましょう。

逆もまた同じで、取引先との良好な関係を維持するために無理な営業活動を続ければ、なにかあったときの損失は大きくなります。

取引先にとって自社が重要な原料調達先になっているほど、問題はシビアです。

相手の営業活動に支障がでにくいように取引を継続した結果として、売上債権の回収が難しくなっていく状況もあります。

相手の顔をたてるか自社のリスク回避に走るかで板挟みになって、身動きがとれなくなる状況まで考慮しましょう。

どちらにしてもマイナス面が気になって判断できない場合、ファクタリングをリスクヘッジ手段とする方法があります。

貸し倒れリスクを第三者に受け持ってもらうことで、取引と与信管理を両立させる考え方です。

ファクタリング会社をはさむメリットは、リスク管理目的だけではありません。

高度なノウハウを必要とする与信管理を外部組織にまかせて、経営を円滑に進める手段にできます。

与信限度額の設定、信用状態のチェックには、多大な労力を要します。

社内リソースだけでは対応できず、新しい人員が必要な組織もあるでしょう。

そこで検討したいのが、ファクタリング契約です。

売上債権を買い取って現金化する役割の他、あらゆる業務の代行も依頼できます。

当面の運転資金を確保すると同時に、取引のリスク回避もサポートしていく存在です。

ファクタリング会社としても買い取った売上債権がしっかり支払いされないとマイナスなので、信用情報調査を行っています。

継続的な取引を進めていけば、新しいお付き合いになる相手とも、安心して取引できる仕組みです。

与信管理に割いていた人員を別の業務にさくことで、さらに経営拡大することもできます。

 

 

そもそも与信限度額ってナニ?

与信限度額とは、取引先の信用度にあわせて個別のリミットを定めていく考え方です。

与信限度額を定めるだけでは不十分で、ルールに従って正しく運用していく業務フローが求められます。

発生している全ての取引を一元管理して売上状況や売掛債権の回収状況を把握していかないと、正しい判断ができません。

たとえ営業担当者が取引拡大を希望したとしても、算出した水準をオーバーしているようなら、再考する必要があります。

具体的な与信限度額の計算方法ですが、いろいろなやり方があります。

まず候補になるのが、取引先ごとに金額とシェアの限度を定めておいて、上限を超えないように運用していく仕組みです。

新規の取引先については実績がないため、一定期間は低い水準に設定して様子を見つつ、徐々にあげていく方法も考慮されます。

与信限度額を設定するにあたっては、信用情報をチェックします。

取引先が倒産して貸倒れがおこったとき、自社へのマイナスが大きくなりすぎる状況は避けたいものです。

相手が倒産となった場合でも、自社に影響がでにくい金額に設定しましょう。

ある会社が倒産したときに共倒れになる状況なら、与信限度額の見直しも考慮します。

深い関わりがある取引先については、シェアの上限も考えます。

相手にとって重要な取引先になるほど、信用状態が悪化しても無下にできない状況に陥るはずです。

取引を停止したら相手が立ち行かなくなるようだと、与信限度額が十分に機能しないリスクもあります。

では、取引シェアを把握するにはどうしたらいいのでしょうか。

取引相手の財務諸表をチェックして、買掛金や支払手形の何割が自分たちとの取引によるものか考える方法があります。

同業他社からヒアリングした情報や、営業担当者の肌感覚も参考になるはずです。

総合的に考えて、一定範囲のリスクでおさまる水準を検討しましょう。

与信管理の基本ルールが決まったら、営業担当者を含めた全ての社員に周知させます。

社内講習会を開くなど教育機会を設けて、なにも考えずに取引拡大することへのリスクを伝えてください。

新しい取引を行うときには指定の書類で申請するなど、会社独自のルールを決めて運用するのも一案です。

与信管理者の決済がでてはじめて、取引できる仕組みにしましょう。

信用情報調査には一定のコストがかかることも伝えておくと、営業社員の意識も変わってきます。

会社全体で取引のリスク軽減に取り組む体制を整えて、経営の安定を目指しましょう。

 

 

ファクタリングに関わる契約書

与信管理を行う部署には、いろいろな仕事があります。

まず、売買契約書の整備です。

会社同士の取引は、契約書をかわしたところで契約締結と認識されます。

売買について一定の条件を課す場合には、契約書に明記しましょう。

ファクタリングを活用する場合、この条件の明記も必要です。

そもそも取引に進んでいいのか判断するため、信用調査も必要です。

信用調査機関を選定して必要な条件を調べてもらった後、安心して取引できるか判断します。

信用調査機関にもいろいろな種類があるため、会社の規模や業種にあわせた選択が必要です。

大手情報機関では十分な情報が集まらないと判断すれば、専門性の高い先にも打診する必要がでてくるでしょう。

調査にあたっては、ある程度の費用もかかります。

受け取ったデータから与信限度額を計算、取引可否判断まで行ってようやく一連の調査が終わります。

取引に進んでも問題ないと判断された案件については、決済者へ報告されます。

決済者のゴーサインがでてはじめてようやく、契約書をかわす流れです。

取引がはじまった後も、与信管理の仕事が残っています。

期日が来た売上債権がしっかり償還されているかを把握して、経過を見守る流れです。

このときに活用されるシステムは、与信限度額管理表と呼ばれています。

取引記録を細かく残して、リスク計算に役立てます。

不良債権は思わぬタイミングで発生するものなので、常にモニタリングしておく必要があります。

必要に応じてすぐにデーターを閲覧できて、状況が一目で分かる仕組みが必要でしょう。

一定周期ごとに集計して、現状を正しく把握していく仕事もあります。

期日になっても入金がないことが分かったら、債権回収業務が必要です。

会社の弁護士を交えて、法的措置を話し合う仕事も入ってきます。

これだけたくさんの業務を、社内リソースで対応するのは大変です。

ファクタリング業者を利用すれば、多くの業務をアウトソーシングすることができます。

契約書を取り交わす部分の仕事は残りますが、信用調査や売上債権の回収はファクタリング会社に一任します。

現金化して運転資金を確保する以外のメリットまで考慮すると、手数料に対する考え方も変わってきます。

与信管理ができる人材を採用して社内に置く費用と比較すれば、かえって安くあがるケースもでてくるでしょう。

焦げつきそうな売上債権を回収するためにも、大変な労力が必要です。

与信リスクが大きなままでは、新しい取引先を検討することも難しくなります。

売上が拡大できない以上、会社の成長戦略にも関わってきます。

ファクタリングを利用すればあらゆる悩みを一気に解決できる見込みもあって、利便性が高い仕組みと言えます。

 

 

与信管理システムの概要

与信管理システムとは、信用情報のチェックや限度額の設定とリスク判断、決済までをルール化した仕組みです。

実務を行う部署以外に、システムが正しく機能しているか確認する取り組みも必要になってきます。

監査で見つかった問題点は、担当部署にフィードバックする仕組みです。

このサイクルを適切にまわしていくことで、リスク管理に役立ちます。

人的リソースが不足していると、どこかに穴がでてくるもので、問題を放置しがちです。

設定した限度をオーバーした取引が横行した結果として、会社の経営が危うくなっているにも関わらず、実際に貸倒れがおこるまで表面化しない問題もでてくるでしょう。

突発的に発生した問題にしっかり対処できないようでは、理想的なシステムとは言えません。

支払い遅延がおこらないことを前提として、与信管理システムがどの程度うまく機能しているか、判断して行く仕組み作りが急がれます。

システムがうまく機能していない会社は、経営者のリスク管理意識の甘さが目立ちます。

与信方針をきちんとたててリスクを制御していく意識がないと、大きなトラブルに発展しかねない状況ですが、実際に問題が起こるまで放置しがちになります。

結果として重大な貸倒れが発生してリスク管理の重要性に気付いても、過去にはもう戻れません。

中小企業にとってキャッシュフローの悪化は命取りで、経営を揺るがす大きなリスクになりがちです。

「うちは問題ない」と他人事で考えていると、必要な運転資金を確保できなくなって、慌てて融資を検討する状況に陥るケースもあります。

どの取引先にもしものことがあっても、やっていける状態にしておくことが、会社の将来を左右していくものです。

もちろん、経営者以下の従業員にもリスクオーバーさせない取り組みが求められます。

就業規則同等の立ち位置で与信理念を定めたうえで、必要な教育機会を提供しましょう。

社員教育がないままに営業を続けている状態なら、経営を揺るがすトラブルがいつ起こってもおかしくない状況で、早急な対策が求められます。

社員教育をする人材もリスク計算をするノウハウも今すぐに用意するのが難しい状況なら、ファクタリング契約を進めると現実的です。

新しい人的リソースを必要としない対策なので、早急な対策が求められる状況なら助かるでしょう。

限られた経営資源をどこにあてるかで、経営状況は変わってきます。

信用調査やリスク計算に必要以上の労力がかかってしまうと、業務に支障がでてくるため、収益を圧迫する状況になると問題です。

問題が起こっていない段階で具体的な対処を進めることで、長期安定経営を実現できます。

 

ファクタリングで最大利益を出すための計算方法

ファクタリング取引で利益を最大化したいと考えるなら、手数料を抑える提案をしてみましょう。

もともと融資とは異なる性質があって、ファクタリング会社が抱えるリスクが高くなる傾向があるため、手数料水準が高くなりがちです。

安心してお付き合いできる会社を選ぶとしたら、25%水準を打診されるケースもでてくるでしょう。

あくまでこれは平均的な数字なので、取引内容を工夫すれば、20%未満でおつきあいすることもできます。

会社の収益水準から考えてどの程度の手数料を支払っても問題ないかを算出、期待する水準を提示して交渉するのも一案でしょう。

ただ、闇雲に「手数料を安くしてほしい」と依頼してもスムーズに進まないケースは多々あります。

相手が融通しやすい条件を理解しておくと、交渉がスムーズに進むはずです。

たとえば、取引金額を大きくしてまとまったロットで打診しましょう。

金額が大きくなるほど手数料率を割り引いてもまとまったお金が入ってきて、相手の収支計算がたちます。

他に手数料の抑え方を考えるなら、売掛債権の信用力も考慮します。

大手企業や公的機関との取引だと回収できないリスクは低くなるため、多少は融通が利く可能性もでてくるでしょう。

2回目以降の取引だと手数料が優遇されるケースもあって、信用力を重ねていく方法もあります。

継続して特定の会社と取引するほど優遇条件を提示してもらいやすく、ファクタリング契約をする先の選び方は重要です。

自社利益を最大にするシミュレーションを行って、納得できる水準の会社と取引するといいでしょう。

手数料の中には司法書士報酬が含まれるため、懇意にしている特定の専門家に依頼するのも一案です。

ファクタリング会社とよく話しあって、相互に納得できる条件を考えてみましょう。

ファクタリング会社は信用調査のプロなので、合理的とは考えられない提案は、すぐに気付かれてしまいます。

どうしてリスクが低い取引と言えるのか、対抗要件を整理して、すぐに提示できる状態にしておくと安心です。

はじめて利用する際に不安を感じるようなら、資金調達を得意とする会社に相談しましょう。

プロから見て納得できる水準を算出してもらって、条件にあった会社を探していくと安心です。

すでにおつきあいがある会社から、不当な手数料をとられているように感じたら、取引を再考するのも一案でしょう。

リスク管理のためとは言っても、許容範囲をオーバーして収益を圧迫するような取引は考えものです。

安定した運転資金を確保して経営を軌道に乗せるため、利益を最大化する手段を考えていきます。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • ファクタリングで失敗しないためのリスクマネジメント法

  • 与信管理は大丈夫ですか?ファクタリングで負担を軽減しよう

  • ファクタリングを使えば与信限度額設定もお手の物!

  • 【ファクタリング雑学】取り扱い銀行や会計処理、与信の考え方

  • ファクタリングで確実に資金調達をするための信用調査について

  • ファクタリングは与信管理が肝?リスクを押さえて安定運用