1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 眠っているお金「売掛金」をすぐに現金化する方法とは?

眠っているお金「売掛金」をすぐに現金化する方法とは?

あなたの会社で、売掛金が眠っていませんか?

眠っている売掛金が多いことからお金の流れが悪くなり、資金繰りに困った経験がある人もいるかもしれません。

売掛金を眠らせておくことは、あらゆる点で不都合を引き起こしていくものであり、企業の病巣ともなり得るものです。

本稿では、売掛金を眠らせておくことが企業にどのような悪影響を与えるのかを論じ、それを改善するための方法も検討していきます。 

売掛金は眠っているお金

まず、売掛金とは何なのか、売掛金は企業の運営にどれほど重要なものなのかなどを認識するところから始めましょう。 

 

売掛金とは

46573182_m_R

売掛金、売掛債権、そういった言葉は、本稿をご覧になっている皆さんには説明不要かもしれませんが、一応整理しておきましょう。

商品を販売したり、サービスを提供したとき、現金で取引する場合を除けば、売上代金を受け取るのは販売してから数か月後になるのが一般的です。

販売してから代金を回収するまでの間は、代金は売掛金として債権に計上することになります。

ただし、手形による決済を条件としている場合には、通常は1か月後に約束手形を受け取り、売掛金は消滅して受取手形に置き換えられます。

ちなみに、営業取引で発生した未収入金のうち、一年以内に回収が見込めるもののことを売掛金と言います。

売掛金、受取手形、売掛債権などといった用語は混同されがちなものであり、ひとくくりにして概念的に捉えてもあまり問題はないでしょうが、ファクタリングなど売掛債権の資金化を考える際にはそれぞれの違いを押さえておくべきです。

まず売掛債権は、掛売した商品の代金を請求できる権利のことを言います。

売掛債権を手形として保有した場合には受取手形といい、そうでない場合には売掛金として区別されます。 

 

売掛金が企業の命脈を握る

13517525_m_R

売掛金は、企業の命脈を握っているものと言っても良いでしょう。

企業の財務状態を見るためには、バランスシートや損益計算書を参照するという方法が一般的です。

その中でも、企業の規模は売上高に比例する傾向が強いものです。

しかし、売上高が大きいからと言って、必ずしも盤石な企業なのかといえばそうとも限りません。

なぜならば、いくら販売をして売上を計上していたとしても、その売上をきちんと回収できなければ現金は手に入らず、財務状態が悪くなってしまうからです。

もし売掛金が売上高やその他の勘定と比較して異常な高水準に達している場合には、企業業績が悪化した時には深刻な赤字になり、経営が傾いてしまうこともあるのです。

特に、長期の支払い契約で商品を販売している企業などは、売掛金にはかなりの注意が必要になるでしょう。 

 

現金があってこそ

AdobeStock_59007358_R

そこで、企業としては売掛金をいかに現金にしていくかを考える必要があります。

現金には現金そのもののほかにも、現金同等物(譲渡可能な定期預金、当座貸付金、市場性のある有価証券など)も含まれ、すべて含めて現金と考えることもできますが、やはり最も良いのは現金そのものでしょう。

通常の取引や緊急事態で最も必要とされるのは現金だからです。

現金が不足した場合、通常は銀行からの借入に頼ることになります。

手元にいくらか現金がある場合にも、企業の財政状態が苦しくなった時には、手元にある現金を減らすことを嫌って銀行から借り入れるという選択をする企業も多いでしょう。

このほか、深刻な現金不足に陥った場合には、銀行から多額の借入を行い、後に利息で行き詰まってしまうこともあります。

現金が潤沢であれば、銀行からの借入をする必要はなくなり、利息の支払いで財政が圧迫されることもありません。

仕入れに際しては現金取引にすることで仕入れコストの削減も可能になりますし、設備投資などにお金を使うのもラクになります。

また、何らかの緊急事態や一時的な赤字を乗り越えることも可能となります。 

盤石な運営のためには現金は多ければ多いほどよく、売掛債権を回収期日まで眠らせておくよりは、すぐに資金化して現金を保有しておいた方が良いに違いありません。 

 

売掛金の回収が遅れたらどうなるか

Dollarphotoclub_68020572_R

黒字倒産という言葉は誰もが聞いたことがあると思います。

これは、表向きには利益が出ている状態でも資金繰りがうまくいかなかったために経営が行き詰って倒産する状態のことを言います。

企業が事業を展開していくためには、はじめに商品を仕入れ、販売のための在庫を準備します。

製造業であれば原材料を仕入れて製品を製造し、在庫を準備することになります。

それからようやく販売となりますが、上述の通り販売した代金を回収できるのはずっと先のことです。

商品や原材料の仕入れには当然お金がかかり、製造にもコストがかかっています。

そこに投下した資金は、長期間回収されずに眠ることになります。

このサイクルは事業を開始する時だけではなく、その後も事業を継続していく限り続いていくものです。

つまり、企業の資金繰りにおいては、販売した代金の回収よりも先に様々な支払い(仕入れ費用や製造コスト)をしなければならないという構造が基本的に存在するのです。

このため、企業活動の過程では資金不足がいつ起こっても不思議ではなく、手元資金で間に合わないならば何らかの方法によって不足分を補う必要があります。

それが銀行からの借入であったり、ファクタリングによる売掛金債権の現金化なのです。

手元資金がなく借入もできないとなれば、資金繰りがその時点で破綻することになり、それを防ぐことができる手段が手形の割引やファクタリングということになります。

損益計算書を見てみれば利益は出ているのだからと安心している経営者に限って、黒字倒産してしまうことが多いようです。

経費の支払いもありますし、商品を仕入れたり製品を製造したとしても、それが右から左にと売れていくとは限らないのです。

通常、商品の販売契約が成立した時には、販売に伴って色々な条件を決めていく中で、代金の回収条件も取り決めることになります。

例えば、「掛売した代金は、請求書締め切りの1ヶ月後に90日後を決済期日として手形を受け取る」といった取決めです。

これによって売掛金の回転期間も決まってくるため、とても重要なものです。

商品を引き渡したならば、その条件通りに代金の回収をしていくことになります。

もし取引先が資金ショートや倒産などになれば、多くの債権者がこぞって債権回収に乗り出すため、回収は難しくなります。

また、倒産などはしなかったにしても、所定の日に受取手形がもらえなかったということもあります。

他には、記載金額が少なかった、受取手形の満期日が条件と異なっていた、など考えられるトラブルはたくさんあり、そうなった場合には回収が遅れて多くの悪影響が出てきます。

833733_m_R

売掛金の回収の遅延は、人体で例えるならば貧血のようなものです。

通常は体の活動量や成長に応じて十分な血流量が供給されています。

この血液に当たるのが、企業における売上代金にほかなりません。

その流れが保持されてこそ、健全な活動や成長が見込めます。

しかし、支払いの遅延によって回収代金が減ったならば、これは貧血状態と同じようなものです。

疲れやすくて元気がない状態が続くのですが「貧血である」とは気づかないことも多いものです。

しかし、それが続けば取り返しのつかないことになっていきます。

ある日、突然倒れてしまうことになるのです。

つまり、倒産です。

もともと体力に乏しい中小企業であれば、当然ながら倒れるまでの期間は短くなります。

営業は商品を売るだけでおしまいではなく、代金の回収まで終えて初めて完結するものです。

回収がうまくいかずにヤキモキとするくらいならば、ファクタリング会社に売掛金買取を依頼するのも一つの手です。 

 

 

資金繰り悪化の恐ろしさ

AdobeStock_50025631_R

上記は黒字倒産について書きましたが、黒字倒産にならないにしても会社の資金繰りが苦しくなることはどの企業にも起こり得るものです。

資金繰りが苦しくなる要因は何なのでしょうか。

いくつか考えられる要因を挙げるならば、 

  • 売上の伸び悩みや減少
  • 経費を使いすぎている
  • 設備投資が大きすぎる
  • 資金調達がうまくいかない
  • 売掛金の回収不能
  • 在庫の増加

 などが考えられます。

会社の健全な資金繰りを阻害する要因としては、簿記でいう借方科目が大きく関係しており、売掛金、商品在庫、固定資産、売上原価とコストなどが増加した場合には、資金繰りが苦しくなってきます。

貸方科目においても、売上の減少や仕入れ債務の減少、自己資本の不足や借り入れの不振などが資金繰りに影響します。

これをもとに上記の6つの要因を紐解くならば、 

  • 売上の減少や伸び悩みによって資金が不足し、
  • 経費の使いすぎによって現金が減り、
  • 過大な設備投資によって資金回収がうまくいかなくなり、
  • そのような状態では有利な条件での借入も不可能となり、
  • 売掛債権管理もうまくいかなくなって売掛金の残高が増え、
  • 不良在庫を抱えて資金繰りが苦しくなる

 ということになります。

このうちの一つや二つが悪化したとしても他の面でカバーが可能です。

例えば、売掛金の回収がうまくいっていなくとも、売上が伸びておりその他の運営も健全に行われていたならば、銀行から良い条件での借入も可能となります。

しかし、企業が真に健全に運営されていくためにはやはり全ての要因を取り除くのが好ましく、そのためには、売掛金の管理も滞りなく進んでいるに越したことはありません。

また、後述することではありますが、売上が伸びながら売掛金もスムーズに資金化されていれば、資金繰りが厳しくなる可能性は低く、銀行への借入も不要となることでしょう。 

 

売掛金の回転期間について

Dollarphotoclub_78029276_R

売掛金の回転期間とは、売掛金が発生してから回収するまでの期間のことです。

このことを、期日サイトや支払サイトと言うこともあります。

売掛金の回転期間はできるだけ短縮するに越したことはありません。

売掛金の回転期間が短縮されれば、資金繰りが大きく改善するからです。

これは、取引先との交渉によって短縮するほか、ファクタリングによって短縮する方法もあります。

では、売掛金の回転期間を短縮することが、資金繰りに具体的にどのように影響するのかを見ていきましょう。

A社はある月に、毎月継続して取引をしている取引先から500万円の売上がありました。

回収条件は、120日後を期日とした支払手形を納品の1か月後に受け取るというものでした。

つまり、回転期間は合計で150日ということになり、その間は債権が残高として残ります。

これは大きな問題です。

なぜならば、継続して売り上げていったときに回転期間が長ければ、眠るお金がどんどん増えていくからです。

AdobeStock_47199395_R

ある月に500万円を売り上げた翌月も500万円を売り上げた場合、先月の売り上げ分である500万円はあと120日も眠っているにもかかわらず、さらに500万円が回収されずに眠ることになります。

その次の月も500万円、その次の月も500万円、その次の月も500万円と売掛金が増えていき、その次の月に500万円を売り上げたときにようやく最初の月の500万円が回収されることになります。

つまり、最初の月に売り上げた500万円が回収されるまでの間に、2000万円もの売掛金を抱えることになってしまうのです。

ようやく500万円を手にしてもまだ2000万円眠っている状態であり、これではとてもキャッシュフローが良いとは言えません。

また、企業が成長して売上が伸びた場合には、売掛金総額も自然に増加して行くことになり、事態はより深刻になります。

たとえば、このケースで毎月の売上が50万円伸びていったとすれば、最初の500万円を受け取るころには2200万円のお金が眠っていることになり、売上が伸びなかった場合よりもキャッシュフローが悪くなるのです。

また、売上が伸びるにあたってはその需要を満たすために仕入れや製造のためのコストは増えていき、資金繰りはどんどん厳しくなっていきます。

売上が伸びていくことは企業にとって喜ばしいことです。

しかし、資金繰りが下手な企業にとっては、売上が伸びることによって資金不足を起こすことも出てきます。

この例では売掛金の回収期間が150日ですが、それが例えば半分に短縮されたらどうなるでしょうか。

資金繰りが大幅に改善されるのは言うまでもありません。

そして、それを可能にする方法こそが、売掛金を売却するファクタリングなのです。 

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

売掛金を資金化して活かす!

以上において、売掛金の重要性が十分に認識できたと思います。

ここからは、売掛金をいかにしてうまく回していくかを考えていきます。

上記の通り、いくら売り上げたところで、売掛金の回収がうまくいかずに経営が傾いてしまうことがあり、売掛金はできるだけ早く資金化することによって、資金繰りを改善していくことができます。

そのために最も推奨される方法が、ファクタリングなのです。 

 

ファクタリングとは

17020452_m_R

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売ることによって、現金を得る方法です。

もちろん、ファクタリングに当たっては手数料や諸費用が掛かりますが、現在抱えているたくさんの売掛金を一括で資金化することが可能ですし、継続して取引がある取引先の将来の売掛金まで資金化することも可能です。

ファクタリングには、単に売掛金を売却して資金化する「ファクタリング」と、多くの売掛金をまとめてファクタリングする「一括ファクタリング」があるのです。

ちなみに、このほかにも似た方法として、売掛債権担保融資(売掛金担保融資)という方法もあります。

これも売掛金を利用して資金を調達する方法です。

しかし、ファクタリングは売掛金を売却して資金化するのに対し、売掛債権担保融資は売掛金を担保にして銀行からお金を借り入れる方法という違いがあります。

ファクタリングと売掛債権担保融資の違いは後述します。

企業は、ファクタリングを利用することによって、売掛金を眠らせたままにしておくことなく、資金化することができます。

上記の通り、売掛金の回収期間が長いほど眠っている売掛金は多くなり、資金繰りは厳しくなっていきます。

そこで、ファクタリングを利用することによってこの問題を解消し、現金による経営も可能となります。

現金の重要性はすでに説明した通りです。

何らかのトラブルが起こった時に現金の力で耐えることができるという点からリスクマネジメントにもプラスになりますし、キャッシュフロー経営(現金主義の経営)を推進して組織体質そのものを変えていく上でも役立つことでしょう。

物的担保に乏しい中小企業であれば、銀行からの借り入れが難しいケースが多いのですが、ファクタリングならば担保を持たなくても資金調達ができますし、そもそも借入ではないため後に利息で財務が圧迫されることもありません。

リスクマネジメントという側面からより詳しく見るならば、現金が潤沢であることによって危機回避がしやすくなるというほかに、取引先との間で起こる様々なリスクの回避にも役立ちます。

24272572_m_R

例えば、ファクタリング会社に売掛金を売却してしまえば、売掛金が回収できなくなる「回収不能リスク」を避けることができるのはもちろんのことです。

さらに、ファクタリング会社は将来の売掛金に対しても継続してファクタリングを行う契約も可能となっており、今後発生するであろう新規の取引先の売掛金のファクタリングも可能です。

この場合、ファクタリング会社は回収不能リスクの低減のために、新規の取引先ができた場合には信用調査を行い、その結果を伝えてくれます。

つまり、ファクタリング会社と契約しておけば、新規の取引先が出てきたときに、取引先の調査をも委託することができるようになるのです。

言うまでもなく、信用調査は既存の取引先に対してもくまなく行うため、今後の取引方針を考える際にも大いに参考になり、危なげなく経営していくことが可能となります。

これまで、取引先の中に売掛金の回収が難航する会社があったことで、資金繰りに悩まされてきた経営者は多いと思います。

そのような経営者が独自に信用調査を行なおうとしても、そのためには色々と面倒も多いものです。

そこで、ファクタリングを利用することによって、現在保有する売掛金を資金化すると同時に、既存の取引先と新規の取引先の信用調査を行うことが可能となります。

また、新規の取引先と取引をするにあたっては、ファクタリング会社の信用保証サービスを利用することによって、ファクタリング会社に貸倒リスクを移転することも可能となります。 

 

 

ファクタリングと売掛債権担保融資の違い

AdobeStock_60813755_R

ファクタリングと売掛債権担保融資を簡単に比較すると、以下のようになります。

 

ファクタリング

売掛債権担保融資

取扱期間

ファクタリング会社

銀行

債権回収主体

ファクタリング会社

クライアント

取引形態

譲渡

売掛債権を担保とした借入

取引限度額

原則的に上限なし

1億円

信用補完

公的機関の保証なし

信用保証協会が90%を保証

付属サービス

記帳代行、電子商取引、代金回収代行、コンサルティングなど

特になし

ファクタリングには色々な業者がありますが、売掛債権担保融資は銀行が業務の一環として行っています。

取引限度額に上限を設けていることや付属サービスがないと言ったデメリットはありますが、やはり銀行を通せる安心感は大きいでしょう。

そもそも、日本でファクタリングがまだそれほど浸透していない大きな理由として、売掛金を他社(ファクタリング会社)に譲渡するということに抵抗を感じているということがあります。

そこで、銀行というブランドを利用することによってできる資金調達にも一定の意義があると言っていいでしょう。 

とはいえ、売掛金を資金化するにあたっては、やはりファクタリングが最も望ましい方法でしょう。

43626298_m_R

たしかに銀行というブランドは大変魅力的なものであるため、銀行が提供する売掛債権担保融資を利用したいと考える人もいるでしょう。

しかし、銀行がファクタリング業務を請け負っていることもありますし、もし不安があるならばそれを利用すればよいだけです。

もっとも、銀行のファクタリングサービスはあくまでも銀行の業務の一環として行われているものであり、一般のファクタリング会社に劣る点もあります。

一般のファクタリング会社はそれを専業としていることから、売掛金の買取に付属するサービスがより充実している傾向があるのです。

ただし、どの業者を選べばもっともよいかという判断は、依頼する企業が置かれている状況によって大きく異なってくることですから、一概にどの方法が良いとは言えません。

状況によっては、ファクタリングを利用するよりも売掛債権担保融資を利用した方がよいケースもあるでしょう。

この辺のことに関しては、別の記事で詳しく述べていこうと思います。 

 

ファクタリングは資金繰り改善の特効薬

36055263_m_R

ファクタリングは企業の資金繰り改善の特効薬になるものです。

実際、他の記事でも紹介している通り、ファクタリングを採用した企業の導入前と導入後の財務状態を比較してみると、とても同じ企業とは思えないほどに財務を改善することができます。

従来の経営においては、それまでの運用面をそのままにしたうえで、財務状態を改善するためには銀行などの他人資本からの資金調達をメインとして資金繰りをしていました。

しかし、これではなんら根本の解決にはなりませんし、後々借入金の利息支払いなどで財務はより一層圧迫されていくことになります。

これと比べて、ファクタリングは一味も二味も違います。

なにしろ、銀行から借入をすることなく、眠っている売掛金を資金化することによって現金を増やしていくことができるのです。

上記の通り、企業の資金繰りはよく人体の血流にたとえられます。

売掛金の増加によって血流が悪くなっている状態を根本的に解決するためには、血流を良くするほかありません。

そのための有効な方法が、ファクタリングなのです。

中小企業やベンチャー企業などは資金繰りに行き詰ることが多いものです。

特にベンチャー企業は、アイデアや独自技術によって企業を拡大していくポテンシャルを秘めているにもかかわらず、資金繰りに行き詰ったために倒産してしまうことが少なくありません。

もしそのような企業がファクタリングを導入し、リスクマネジメントをしつつ売掛債権の流動化を進めることができれば、倒産を回避して企業拡大への足掛かりをつかめることでしょう。

 

ファクタリングの種類

さて、一口にファクタリングとはいってもいくつかの種類があります。

企業が置かれている状況や今後の展望によって、どの形態を利用するのがベストなのかが変わってくることと思います。 

 

ファクタリングの機能

AdobeStock_68823562_R

まず、ファクタリングの種類を学ぶ前提として、ファクタリング会社が持つ様々な機能を押さえておきましょう。

ファクタリング会社のメインとなる機能は売掛金債権の資金化にあるのですが、それ以外にも色々な機能を持っています。

 

まず、金融機能です。

これはファクタリング会社のメインの機能であり、企業の売掛金を買い取って前払で現金化し、売掛金の回転期間を縮めるのに役立つものです。

回収サービスや信用リスクの引き受け(取引先から回収不能になった場合でも代金が支払われる)保証も金融サービスに属する機能です。

 

次に、信用調査機能があります。

企業が取引を行うにあたっては、相手企業の信用力を的確に把握することが重要です。

なぜならば、信用力を把握していれば、与信限度額を適正に設定することができるからです。

現在取引している相手の信用力が不明であれば、今後の取引の際にも手探りで取引をしていくことになりますが、その売掛金をファクタリング会社に売れば、ファクタリング会社はその会社の信用調査を行なってくれるため、今後の取引の参考になります。

また、将来的に発生する売掛金も買い取ってもらうように契約していれば、ファクタリング会社は新規の取引先に対しても信用調査を行なってくれます。

この機能によって、通常ならば不明点が多く取引がしにくい新規の取引先に対しても適切な取引が可能となり、それがリスクヘッジにもつながります。

 

三つ目は事務処理機能です。

企業の運営にあたって、売掛帳簿の作成や記帳義務、売掛金の期日管理などといった会計処理や事務処理が負担になっていることがあるものですが、ファクタリング会社によってはこれも代行してくれます。

これによって瑣末な業務に左右されなくなった企業は、経営資源を思う存分活用することができるようになります。

 

最後に、コンサルティング機能です。

コンサルティングに関してはファクタリングの機能の一つというよりは、ファクタリングの付帯業務であり、コンサルタント会社に依頼した場合などに比べれば十分な相談ができない場合も多いことでしょう。

しかし、少なくとも取引やそれに伴う売掛金管理、売掛金の管理によっていかに財務状態を改善していくかなどについては間違いなくプロであり、財務改善に関するコンサルティングでは、想像以上の効果が得られるかもしれません。 

 

ファクタリングの分類

11315996_m_R

上記の機能のうち、ファクタリング会社がメインとする機能は金融機能です。

そのため、金融機能をどのように具備しているかによって、ファクタリングの分類が行われます。

簡単に言うならば、償還請求権の有無、支払いが前払か後払いか、信用リスク負担はどうかなどによって分けられます。

 

まず、金融機能のみをメインとしたファクタリングに、償還請求権留保ファクタリングがあります。

これは売掛金をファクタリング会社に売却して前払いで代金を受け取ることができるのですが、その後支払期日に取引先が一部または全部の支払いを拒否したり、期日前であっても拒否される懸念があるとされた場合には、売掛金をファクタリング会社から買い戻さなければならないとするものです。

ファクタリングの利用にあたっては、とにかく早く資金化したいがために利用するほか、回収が難しいと考えている取引先をどうにかしたいと考えて利用することもあるでしょう。

回収が難しい取引先のファクタリングをしたい場合には、償還請求が留保されているこの方式を利用するのは得策ではありません。

 

回収不能リスクがある取引先の売掛金を売却したいならば、償還請求権放棄ファクタリングを利用すべきでしょう。

この方法は、特定の原因(商取引の段階で欠点があったための不払いなど)を理由とした回収不能の場合を除き、取引先が不払いとなった場合にも買い戻さなくてもよいというものです。

もちろん、ファクタリング会社もどのような売掛金でも買い取るということはなく、信用調査を行ったうえで適正と認めるものについて信用リスクを負担することになります。

それでも、企業が独自の判断で回収を進めるよりはかなり効率がよいことは言うまでもあります。

 

三つ目は売掛保証がついた信用保証ファクタリングです。

この方法では、ファクタリング会社が取引先に信用調査を行い、今後売掛金が生じる取引先の与信限度額を設定し、もし回収不能に陥った場合には取引先ごとの信用力に応じて定められた保証限度額の範囲内で損失の補てんをしてくれるというものです。

今後生じる取引先の信用調査をアウトソーシングし、取引を円滑に進めていくとともに、貸倒リスクの軽減にもつながる方法であるため、非常に人気の高い方法となっています。 

 

まとめ

31254051_m_R

本稿を読めば、売掛金を眠らせておくことの不都合はよく理解することができたと思いますし、それを改善するためのファクタリングという方法の有意性についてもよく理解できたと思います。

あなたの企業の財務体質を改善するためには、どのようにファクタリングを利用していけばよいのでしょうか。

そのことを考えながら、ぜひファクタリングを導入してみてください。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 運転資金を確保できる話題のファクタリングを簡単に理解

  • 新たな資金調達、売掛債権証券化とファクタリングについて

  • 早期資金化が可能な売掛債権流動化でオフバランス化、資金繰り改善

  • ファクタリングで押さえておくべきリスクと注意点

  • 資金繰りが苦しすぎる…ファクタリングで売掛債権を現金化し回収

  • 支払サイトなんか気にするな!こうして運転資金をゲットせよ