1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 売掛金未回収…そんなリスクを一挙に解決できるファクタリング

売掛金未回収…そんなリスクを一挙に解決できるファクタリング

ファクタリングは、売掛債権管理をしたい方にとって魅力的なサービスです。

支払が遅延したり、倒産してしまった時などに貸倒れした場合の支払保証をしてくれます。

また、急に現金が必要になった時などの資金調達法としても活用する事ができます。

売掛債権管理の基本

売掛金が回収できない、これは企業にとっては一大事です。

売り上げを上げる事以上に、健全な経営をしていくためには売掛金の回収は必須となっております。

この売掛債権とはどのようなものなのかと言うと、自分の会社が取引先の会社と販売契約を結んで商品を納入したりサービスを提供した後に発生する物で、取引先の会社が後日販売した商品や提供したサービスの代金を支払期日に受け取る事が出来る権利を売掛金と言います。

売掛債権の回収が予定よりも遅延してしまうと会社の経営に悪い影響を与えてしまいます。

特に大きな売掛金の場合には、回収する事が出来ずに相手の会社が倒産し、貸倒れになってしまったら自分の会社も倒産してしまう可能性すらあるからです。

一般的には、売掛金が支払期日に入る代金として事業計画を立てていますので、売掛金が入ってこなかった場合には、全ての計画が頓挫してしまう可能性があるからです。

計画の遅れはそのままコストの広がりに繋がります。

特に仕入れや製造などに回す予定のお金の場合には、深刻な問題だと言えます。

その為、売掛金の回収が遅れてしまえば遅れるほど資金繰りが悪くなっていきます。

正常に売上は上げていたのにもかかわらず、売掛金の回収が難航したために黒字倒産してしまう事もあるのです。

取引先が倒産したときに、その倒産した会社が売掛債権を大量に持っている取引先の場合には連鎖倒産してしまいます。

売掛債権が不良化した時の被害を最小限に抑えるために必要な事は、社内で売掛債権管理体制をしっかりと整えておく必要があるのです。

売掛債権管理の重要性はわかっているのですが、売掛債権管理はとても面倒な手間が多いので途中で諦めてしまう方も増えております。

特に専門の担当を雇う事ができない規模の小さな会社の場合には、売掛債権管理を正確にこなし続けるための経営資源が出せないと思っている方も多いと思います。

そのような会社の場合には、ファクタリングがおすすめです。

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡することで現金化が可能となる仕組みです。

仮に売掛債権を譲渡されたファクタリング会社は、取引先が倒産してしまった際に起こるリスクに対しても、そのすべてを負ってくれますので貸し倒れの心配がありません。

この辺りが銀行とは違っている所です。

リーズナブルな予算で効果的な売掛債権管理をしたいと思っているのであれば、資金調達の一環として、支払保証のしっかりとしているファクタリングは、非常に危険な債権も含めて現金化を行う手段として有効である事は間違いありません。

 

 

売掛債権の遅延

売掛債権の遅延は様々なリスクが生じてきます。

支払遅延がどのような事なのかと言うと、取引前であったり、取引を行った時に、商品を売ったりサービスを提供した売り手側と商品やサービスを購入した買い手側で決めた支払日までに決められたお金が支払われていない状況の事をいいます。

現金ではなく、手形決済などで取引が行われた場合には、手形のジャンプなども支払遅延に含まれます。

2017年の5月現在において、手形の流通量が著しく減少している事もあり、支払遅延の割合は増加傾向にあるようになっております。

一部の業界の場合には、買い手と売り手で決められた期日までに代金の全額を払わないで、一部の入金を続ける商慣習が残っている事がありますが、その場合には、そういった商慣習も含めて予定を立てているので問題ありません。

しかしながら、一般的な支払遅延の場合には、会社が倒産してしまうようなリスクもあります。

しかし、社会的には、取引先の状況を事前に調査したり、正しい対応を行うことで支払遅延を回避する事ができるケースも多くなっておりますので、いきなり倒産されてしまう事と比較しリスクを軽く見られがちになっております。

その為、支払遅延を軽視されている方も多いのですが、支払われる予定の金額が大きければ大きいほど大きなリスクを孕んでいる事になります。

企業は支払われる事が大前提として計画を立てています。

その為、支払遅延にまきこまれた企業は、資金繰りに窮して倒産してしまうケースが増えているのです。

最初にご説明した商慣習といった場合には、それこそ商慣習を前提に計画を立てているのでそれほど影響はありませんが、商慣習など関係ない一般の企業が支払遅延をする場合には、資金不足が原因で支払遅延している可能性が最も高くなっております。

単純に支払遅延だから、来週あたりいって回収してこようなんて簡単に考えていても、もしかしたら取引先の会社には回収する事ができる支払金が用意されていない可能性が高くなっているのです。

また、回収の目処が立たない前に取引先の会社が倒産してしまって回収できなくなるリスクなども当然あります。

また難しい所で、支払遅延が起きた取引先とその場で関係を切れるなら問題ないのですが、一般的なケースではその後も取引をして行かなければいけない状況になっておりますので、強く取り立てる事が難しいケースもあります。

このような現状から、支払遅延には想像している以上のリスクが含まれているという事になります。

 

売掛債権の貸倒れ

売掛債権の貸倒れとはどのような事を指すのでしょうか。

一般的に売掛債権は、売掛金や貸付金の対象となる取引先が支払いが不能になってしまった為に回収が不能になってしまった状況の事を意味する言葉です。

売掛債権の貸倒れは、会計上では貸倒損失という扱いにして費用として計上する事ができるのですが、税法上は売掛債権の貸倒れと認められるまでの条件がとても厳しいので注意が必要になります。

ただ返済されないというだけの状態ですと、損失と認めてもらう事が出来ませんので税務調査で問題として取り上げられてしまう可能性があります。

どのような場合ですと税法上も売掛債権の貸倒れとなるのかと言うと、法人税法基本通達の9-6-1、9-6-2、9-6-3の三つの項目で定められているので、こちらを参考にするのが簡単です。

9-6-1は法律上の貸倒がさだめられており、9-6-2では事実上の貸倒が定められており、9-6-3には売掛金が最後の取引から1年以上返済されず、回収コストが回収額を上回る場合が定められております。

9-6-1についてもう少し詳しくご説明すると、こちらでは、会社更生法であったり、民事再生法などの法令の規定によって債権が消滅した場合に法的に債権が消えている事が証明された上で、消えた金額を貸倒損失として損金経理を認めると定められています。

こちらでは法的に債権が消えた事になりますので、経費として会計上処理する上で損金経理をしなかったとしても強制的に損金にする事ができます。

9-6-1では法律上債権が消滅する場合のみしか認めておらず、9-6-2では9-6-1の条件を満たさないケースに配慮した規定になります。

9-6-2ではその債務者の資産状況であったり、支払能力などを客観的に見て、その全額の回収が見込めないことが明らかである場合に損金とすることができると定められております。

この9-6-2では、現実的に全額が回収不能であることが明らかになっている状態で、損金経理をすることにより損金算入することが可能になっております。

9-6-2では全額という部分がキーになりますのでしっかりと確認するようにしてください。

9-6-3では、最後の取引から1年以上が経過した売掛債権である事に加えて売掛債権が取立費用に満たない状況で催促したにも関わらず弁済がない場合に、備忘価額を加えた上で、損金経理することによって損金算入できると定められております。

9-6-3は売掛債権には短期時効の2年制度が適用されることから、経済合理的に考えて回収不能な場合について定められた物という認識で間違いありません。

売掛債権の貸倒れでお金が回収されないのに、法人税を支払うという状況はとても辛い状況になっております。

9-6-1、9-6-2、9-6-3のうちどれが適用できるのかや経理要件はどうなっているかを慎重に検討する事が重要になります。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリングで資金調達

海外では当たり前だったファクタリングですが、日本国内でもここ数年の間に中小企業の資金調達方法として注目され始めております。

このファクタリングについて詳しく知らない方に簡単にご説明すると、売掛債権をファクタリング専門会社に買い取ってもらう事によって、取引先からの入金を待たずに現金化する事ができます。

通常ですと、商品やサービスを納品してから請求が終ってから数ヵ月以上も支払いにかかる事がありますので、その間の資金繰りがとても大変になるケースが多く、取引先の会社にトラブルがあったような場合にはすぐに現金が貰える事はありませんでした。

本来でしたら直ぐに支払ってもらって販売した際の材料費であったり、人件費、これから新しく仕入れる材料などに補填しなければいけないのに、売掛金が流動性のない状態であるばかりに会社が足踏みしてしまっている状態になっている企業は日本国内に信じられないくらい沢山あります。

このような状況を打破し、企業が正しく資金繰りに売掛金などを組み込めるようにしてくれるのがファクタリングの特徴でありメリットとなっております。

ファクタリングを語る上で最初に理解して頂きたいメリットは売掛金を早期に資金化できる事と、ファクタリングを利用していれば借り入れにはならない事、取引先が倒産してもすでにファクタリングに一任しているのでこちらには影響がない事などが挙げられます。

このようなリスクを回避する事ができるのは、国内の中小企業の経営者にとってはかなり魅力的でキャッシュフローの問題を解決する為のポイントになってくれると言えます。

特に中小企業の中には決算上は黒字なのに、資金繰りがパンクしてしまって苦労している方が多すぎます。

銀行などの金融機関に融資を断られてしまい資金決済まで間に合わない方や、売掛先の支払いサイトが長いメインバンクや、取引先に分からないように資金をゲットしたい方などは、ファクタリングはかなり有効な手段だと言えます。

通常の資金調達に必要な連帯保証人であったり、不動産を担保に入れるなどの面倒でリスクの高い契約などが必要ありませんのでかなり使いやすいと思います。

また、金融機関やノンバンクで借り入れを断られた会社でも利用できる可能性がありますし、銀行の融資やビジネスローンを断られた会社でも、赤字決済や債務超過をしていたとしても利用できるのがファクタリングが中小企業の強い味方と言われている所以となっております。

 

 

支払保証の基礎概念

保証ファクタリングは、商品を卸していた取引先などが突然の倒産をした時などによって、売上債権など回収不能になった時など緊急事態の時に支払保証をしてくれるサービスです。

取引先も自社も中小企業の場合には、どうしてもリスクは付き物です。

その為、保証ファクタリングを契約する事によってリスクを事前に回避する事ができます。

ファクタリング会社は資金調達のために利用される事もありますが、この支払保証などの安全面が評価されて契約している企業が多くなっております。

ファクタリングは大きなお金がかかる契約ですので、全ての会社が申し込めば使用できる物ではありません。

ファクタリング会社は契約する前に与信調査をしっかりと行い、その調査結果によって保証限度額を設定し、その範囲内で支払保証するので、調査結果が良くない場合には保証金額が少なかったり、断られてしまう可能性もあります。

しかし、取引先に知られることなく債権を保全することができたり、新規で取引を開始する際のリスクを回避することができたり、一次下請けだけに対応するのではなく、その下の孫請けの場合にも利用できるなど、かなりメリットの大きな保証を得る事ができます。

長年付き合いのある会社だったとしても、最近の付き合いに不安が出てきた場合のリスク回避として最適なサービスとなっております。

また、支払保証だけでなく資金調達が簡単で素早く行えることも利用する企業を増やしている要件となっております。

最短ですと、即日100万円から3億円など大金の資金調達をする事も可能となっており、融資やローンなどの方法よりも資金調達が早く行う事ができます。

また、万が一売掛け先の会社が倒産した場合も、契約をした企業には支払いの義務は発生しません。

これは、取引先がどのような状態になったとしてもすでに売掛け金は売却していますので、契約している企業側の負担には一切ならないと言うことになります。

このような支払保証は、企業を経営している方にとっては大きなリスクヘッジとなる事は間違いありません。

また保証ファクタリングは、買取のように売掛債権を買い取ってもらうサービスではなく、売掛債権に保険をかけるようなサービスです。

売掛債権の代金決済がまだ先の売掛債権に対し事前に保証契約を結んでおくことによって、回収不能となった時には保証限度額まで損失を補てんできるサービスとなっております。

貸倒れなどのリスクを最低限にまで抑える事が出来ますので、安心して会社を運営する事ができます。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 運転資金が厳しい…だったら売掛債権をお金に替えましょう!

  • 売掛金の回収が面倒だったらファクタリングしてしまえ!

  • 売掛金が滞留…そんな時はファクタリング会社で売掛金を整理

  • 売掛金のまま期日まで待っているなんて非常にもったいない!

  • 面倒で負担の大きい売掛債権の管理はファクタリングで解消を

  • 貸倒れた売掛債権の処理は大変なのでファクタリングで予防しよう