1. TOP
  2. 融資
  3. 【運転資金融資】商工ローンの前にファクタリングを考えよう

【運転資金融資】商工ローンの前にファクタリングを考えよう

企業の資金繰りの方法として最も一般的な方法は銀行からの融資です。

とは言っても、銀行からの融資が受けられないこともあり、その場合に商工ローンという選択肢を考える人も多いことでしょう。

しかし、商工ローンには色々な危険性があり、できれば利用したくないものです。

商工ローンを検討するくらいならば、ファクタリングを有効活用することをお勧めします。 

商工ローンとは

31096442_m_R

事業経営者が資金繰りに困った時、それを解決するためにはいくつかの方法があります。

方法の中でも真っ先に思いつくのは、事業資金の融資を受けることでしょう。

特に、銀行からの融資を受けようとする人は多いと思います。

しかし、銀行からの融資を受けられないことが多いのもまた事実です。

その理由は、資金繰りに困ってすでに銀行から融資を受けていたり、担保が用意できなかったりするためです。

銀行からの融資が受けられないとき、資金繰りすなわち融資と考えている経営者は、商工ローン(事業者ローン、ビジネスローンともいう)からの融資を考えることが多いものです。

商工ローンとは、事業資金の融資を必要とする法人経営者や個人事業主に対して、無担保で融資を行なっている金融機関のことです。

商工ローンを利用することで、開業資金、運転資金、つなぎ資金、仕入れ費用などを調達することが可能であり、資金調達方法の一つとしてみなされています。

無担保であることから銀行に比べると融資までのハードルは低くなりますが、同時に無担保であるがゆえに金利も高く、グレーゾーン金利での融資となっていることも多いです(これらについては後で詳しく書きます)。

そのため、メインの資金調達方法ではなく、近い将来にまとまった現金が入ってくる見込みがある場合に、短期的な資金調達方法として利用するのが賢明です。

商工ローンの特徴は以下の通りです。 

 

無担保である

Dollarphotoclub_73856906_R

商工ローンは、基本的には無担保で融資を受けられます。

事業資金の調達方法の中には債権担保ローンや不動産担保ローンなどもありますが、これらは売掛債権や不動産などを担保として融資を受けるものであり、これも事業性資金に利用することが可能です。

しかし、商工ローンは無担保であることから、担保を持たない会社でも融資を受けることができ、融資のためのハードルが下がります。

 

金利が高い

20119582_m_R

商工ローンは無担保で融資を受けられることから、銀行から通常の融資を受けられない企業にとっては借りやすいシステムとなっています。

しかし、それだけに金利が高いことがほとんどであり、中には法定金利よりも高い金利で貸し付けるグレーゾーン金利が設定されていることもあります。

これは、銀行から借りられない企業は多くの場合財務状態に何らかの問題があり、貸倒リスクが高くなっているため、そのリスクを軽減するために金利が高くなっているのです。 

 

総量規制の対象外である

31127811_m_R

個人向けのカードローンなどでは総量規制という規制の元で貸し付けが行われており、個人の年収の3分の1以上は貸してはならないとされています。

これは、借りすぎによって返済困難になった個人が自己破産を防ぐため、また悪質な貸付業者が貸しすぎることによって個人が自己破産に至るのを防ぐために設けられた規制です。

しかし、商工ローンは個人ではなく企業や事業主に対して事業性資金を融資するものであり、総量規制の対象にはなりません。

したがって、企業の代表者が個人的に年収の3分の1まですでに借りてしまっている場合でも、商工ローンを利用することができます。 

 

 

商工ローンの危険性

11094397_m_R

上記の内容を読めば、多少高金利でも背に腹は代えられないと、商工ローンの利用もアリだと考える人もいるかもしれません。

しかし、商工ローンの実態を知れば、そのような安易な考えは消えてしまうはずです。

商工ローンは、かつてはできるだけ借りない方がよいというイメージがありました。

それは、非常に高金利で貸し付け、返済困難になった相手に暴力的な取り立てを行なっていた過去があるためです。

最近、商工ローンとは言わずにビジネスローンと呼ばれており、回収方法も相変わらず執拗であるもののスマートに行われているのも、このイメージの払しょくのためです。

商工ローンには、以下のような危険性があります。 

 

銀行にばれるとどうなるか

17765962_m_R

商工ローンを利用した場合、商工ローンから借り入れていることは周りに知られると非常にまずいことになります。

商工ローンは高金利であり、銀行などから融資を受けられない企業が仕方なく利用するものですから、取引先などに知られれば経営の危うさを疑われ、今後の取引に影響する可能性があります。

特に、取引のある銀行には知られるべきではありません。

銀行に商工ローンの利用が知られてしまうと、銀行はすぐさま融資を打ち切るほか、貸しはがしに出る可能性もあります。

貸しはがしとは、銀行が融資先の企業に対して、返済期日前に貸付金の全額の返済を求め、強引な取り立ても行うことです。

取引先企業が商工ローンを利用するほどに資金繰りに窮していると知れば、早く取り立てなければ貸倒れが起きてしまう可能性が高くなるため、銀行は貸しはがしに出てくるのです。

ただでさえ商工ローンを利用するほど資金繰りに困っているのに、今後銀行からの融資を受けられなくなり、貸しはがしにあえば資金繰りはますます困難になり、倒産に至る可能性も高まることは言うまでもありません。 

 

連帯保証人への影響

8527911_m_R

経営の厳しい会社が商工ローンを利用することは、業者もよく知っています。

経営が厳しく、倒産に近い企業に貸し付けるのですから、無担保であると主張していても、保証人までつけずに貸してくれる商工ローンはなかなかありません。

「原則的に保証人不要」などとホームページに記載している業者は多いのですが、実際には個人事業主の場合のみ保証人を不要としているなどのケースが多く、それを考えても保証人は基本的には必要になると考えてよいでしょう。

もし無担保・保証人なしで借り入れられることがあっても、融資額は少額になってしまいます。

基本的には会社登記簿や決算書などをみて会社の安全性を把握し、そのうえで保証人をつけて安全性を確保したうえで貸し付けを行なっています。

もし倒産した場合には、銀行などは保証人に対して請求はするものの、連帯保証人が自己破産するくらいまで追い込むことはないとされています。

しかし、商工ローンは連帯保証人に対しても無限に債権を要求することがあり、連帯保証人までかなり追い込みをかけられてしまいます。

近年の法的整備によってそのような事例は徐々に減っていますが、一昔前にはそれが当たり前のように行われています。

最近でもそのような事例があり、連帯保証人の給料や不動産などを差し押さえることがあるのです。 

 

搾取の対象になりがち

53073436_m_R

商工ローンは銀行から借りられないほど資金繰りが厳しい会社が利用するものであり、業者側もそれを把握しているため、貸倒リスクがあることを視野に入れています。

つまり、返済困難や倒産の危険をさけようとしながら貸し付けるのです。

別の言い方をすれば、搾り取れるぎりぎりのラインを探りながら貸し付けを行なっているとも言えます。

融資の際には、代表者の個人情報は確実に調査しており、家族構成などについても詳しく調査がなされており、どの程度までの融資ならば回収できるのかを把握しているのです。

借りる側は銀行や様々なところで融資を拒否され、支払期日が迫って焦っている時に商工ローンで借りられると分かれば、まさに「渡りに船」と感じてしまうものですが、そのような状態で資金繰りがうまくいく可能性は低く、最終的には返済が困難になります。その時、業者の厳しい取り立てによってぎりぎりのところまで搾取されてしまうのです。

 

最悪のパターンを知る

4726893_m_R

商工ローンでの融資は、終わりの始まりとして語ることも可能です。

資金繰りが困難になり、銀行から融資を断られ、仕方なく商工ローンに頼ってきているのですから、すでに負のスパイラルの深みにはまってしまっていることも少なくありません。

商工ローンに対する返済も困難となり、厳しい取り立てに悩まされ、利息や延滞金も膨らんでいった結果、ヤミ金に流れてしまう企業もあるのです。

そうなってしまえば完済の望みなどほとんどなくなり、倒産は避けられないでしょう。 

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

商工ローンの金利

AdobeStock_78691514_R

上記のデメリットは、つまるところ高金利にあると考えられます。

銀行で融資を受けられないために仕方なく高金利でも借り、その結果返済困難になって本人も保証人も厳しい取り立てを受け、搾取され、最悪の場合にはヤミ金に流れてしまうのです。

では、商工ローンの金利はどれくらいなのでしょうか。

借入先によっても異なりますが、事業資金の融資を銀行から受けた場合の金利は、年平均で3~4%であるのに対し、商工ローンの金利は8~18%とされています。

しかし、資金繰りに困り財政状態が悪い状態での融資であるため、商工ローンは18%の金利適用となることが多いでしょう(もちろん、これ以上の高金利での融資を行なっている業者もあります)。

銀行の審査は厳しいものですが、その厳しさは財務状態や経営状態に対する審査の厳しさであり、その審査に通った企業ならば回収は容易であるため、銀行も低金利での貸し付けを行っているのです。

また、銀行は10~20年といった長期の返済期間での回収を行なっていますが、商工ローンは5年などとしていることが多いです。

しかし、このような金利と返済期間の差は非常に大きなものです。

例えば、銀行から金利3%で500万円を借り入れ、15年間にわたって返済した場合には、毎月40,277円を返済して最終返済総額は6,131,192円となります。

しかし、商工ローンから金利15%で1000万円を借り入れ、5年間にわたって返済した場合には、毎月118,949円を返済して最終返済総額は7,136,958円となります。

銀行からの融資ならば長期間にわたって少しずつ返済することができますが、商工ローンならば1/3の期間で返済しなければならないため毎月の返済額が約3倍になり、さらに返済総額は約100万円も高くなってしまいます。

通常、借り入れの期間を短くするのは、短期集中で返済することによって最終返済総額を少しでも減らすためです。

短期間で返済しているにもかかわらず返済総額が高くなってしまうというのはどう考えても普通のことではなく、商工ローンの異常性がよく表れています。 

 

 

ファクタリングを考える

17020452_m_R

商工ローンからの借入を検討しているならば、資金繰りの改善のために考えたいことがあります。

それは、「資金繰りに困っている理由は、売掛債権の流動性が低いからではないか?」という事です。

もし流動資産のうち売掛債権の割合が多く、それに対して現金の割合が低い場合には、明らかに売掛債権の流動性が低いために現金が少なくなっていることが分かります。

おそらく、売掛金が入ってくるまでの資金繰りとして商工ローンからの借入を検討しているのでしょうが、せっかく商工ローンから高金利で借り入れたとしても、売掛債権の割合が大きい財務状態を改善しない限りは資金繰りが良くなることはありません。

いずれまた借入金を使い果たして困ることになりますし、その時は借入金の支払利息でより圧迫されてしまうことになります。

借入をするのは事業を継続させるためであり、そのためには融資によってその場しのぎをするのではなく、財務体質の改善を行う必要があります。

例えば、売掛債権の割合が大きければ、その流動性を高めて資金を確保するシステムを確立し、現金の割合が大きくなるようにするのです。

そうすれば、仕入れその他の支払いで困ることはなくなり、融資を受ける必要はなくなり、無借金経営も可能となります。

それを可能にするのがファクタリングです。

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことによって、現金を得ることができる方法です。

現在保有している売掛債権を全て一括してファクタリングすることができ、契約によっては将来的に発生する売掛債権までファクタリングが可能です。

これによって運転資金を逐一獲得し、回転期間を速めながら利益を積み重ねていくことができます。

このほか、ファクタリング会社は売掛債権の買取だけではなく取引先への信用調査や事務処理の代行なども行なってくれるため、財務だけではなく全体的な経営にもよい影響をもたらします。

商工ローンはデメリットにまみれているのに対し、ファクタリングには色々なメリットがあります。

本稿を読んだ皆さんは、もう商工ローンには興味はないはずです。

是非、当サイトでファクタリングを学び、経営に役立てて下さい。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 商工ローンに手を出すのは自由ですけど違う方法もありますよ!

  • 簡単に融資を受けるためのマル秘テクニック2つを紹介

  • 資金繰りが困難なら売掛債権担保融資を検討すべきか?

  • 【小売・卸売・製造】業種別、資金繰りの最重要ポイント

  • ファクタリングで資金調達、手数料・会計処理・印紙について

  • 売上は伸びて、利益はでているのに資金繰りが厳しい…なぜ?