融資交渉

融資

深く付き合うべき銀行の見抜き方は?社長たちの意見を参考に考える

取引している銀行がひとつだけの状態を「一行取引」といいます。これは、資金繰りに良くない状態です。 なぜならば、資金の調達先が一か所しかなく、そこから借りられない場合には資金繰りが立ち行かなくなるからです。 それだけに、銀行の提示する...
融資

借りられる決算書とは?銀行員にインタビューしてみました

銀行が与信判断を行うにあたり、最も基本的な資料となるのは決算書です。 これがすべてではないものの、判断の根底になっているのは事実であり、良い決算書であるか、悪い決算書であるかによって、融資を受けられるかどうかが大きく左右されます。 ...
融資

減価償却が分かれば固定資産が分かる!

会社を運営していく上で、固定資産は欠かせない存在です。 土地や建物といった不動産、不動産に伴う設備、機械や工具、車両などの固定資産がなければ、ほとんどの事業は成り立ちません。 固定資産の価値を正しく把握するためには、減価償却を正...
融資

減価償却の計上方法は?業績悪化や粉飾が疑われるのはどんな時?

銀行の与信管理や融資審査では、相手となる会社の業績や財務をできるだけ正確に把握する必要があり、粉飾を見抜いていく必要があります。 特に、中小企業では粉飾が起きやすいため、慎重に分析していくことになります。 粉飾には、銀行を騙そう...
資金繰り

受取手形だからといって、銀行が安心できない理由

受取手形は、取引先が振り出すことで発生するものであり、なおかつ手形の現物が存在します。 自社が単独ででっちあげることはできませんし、現物の提示を求められれば粉飾がばれてしまうため、資産の中でも粉飾が起こりにくい科目と言えます。 ...
融資

手形の扱いを銀行はどう見ている?手形割引を正しく活かすための知識

手形取引は減少傾向にあり、それほど取り扱う機会がない会社も多いと思います。 しかし、業種によってはまだまだ手形取引が盛んに行われていることもありますから、手形を正しく取り扱う知識は大切です。 手形を活用するためには、手形割引など...
融資

粉飾が起きやすい売掛金を銀行はどう見抜くのか

銀行に融資を申し入れると、決算書その他の書類の提出を求められます。 これは、会社の業績や財務を把握するためですが、銀行員がその情報を鵜呑みにすることはありません。 なぜならば、中小企業の決算書は化粧されているのが普通であり、悪質...
融資

貸借対照表はどのように見ればいい?左右のバランスに注目しよう!

貸借対照表が重要であることについて、異議を唱える人はいないと思います。 重要な情報が詰まっているからこそ、会社は毎年作成することを求められ、銀行の融資でも大きな判断材料になるのです。 しかし、貸借対照表をどのように見ればいいのか...
融資

貸借対照表の情報はどう使う?銀行交渉にも使える見方とは

貸借対照表を見るとき、細かい科目まで把握していくためには、それなりに知識が必要となります。しかし、大まかに把握することは、それほど難しくありません。 とはいえ、貸借対照表を大まかに把握したからといって、それが一体何の役に立つのか、どう...
融資

融資の審査で資産はどうみられる?流動資産が特に重視される理由は?

会社が銀行に融資を申し入れると、銀行は決算書その他の資料から審査していくことになります。 この時、資産はかなり重視され、実態の資産を把握するための洗い替えが行われます。資産の中でも、流動資産は特に重視されています。 ...