融資交渉

融資

複数行取引がいいのは当たり前。でもその前に知っておきたいこと。

資金繰りの安定のためには、複数の金融機関と取引することが重要だとされています。 しかし、単純に「とにかくたくさんの金融機関と取引して」と考えていると、思わぬところで行き詰ってしまうことがあります。 複数行取引は重要ですが、正しく...
融資

創業融資で自己資金が重視されるのはなぜ?評価されやすい自己資金とは?

創業融資を受けるためには、日本政策金融公庫に融資を依頼するのが一般的です。 この時、民間金融機関とは違い、日本政策金融公庫の審査では自己資金をかなり重視します。 なぜ、創業にあたって自己資金が重要なのかといえば、それが起業の成功...
融資

貸し渋りのメカニズムを理解していないと、銀行交渉に差し支えるかも?

銀行との付き合いを考えていく中で、多くの経営者が「銀行から貸し渋られるような状況は避けなければならない」と考えていると思います。また、貸し渋りをする銀行に対して、よくない感情を抱く人も多いでしょう。 しかし、貸し渋りは誤解されやすいも...
資金繰り

決算書だけじゃない?将来の計画を資料にして経営や融資に活用しよう

会社の現状を表す資料としてよく知られているものは決算書ですが、それ以外にもいろいろな資料があります。 中には、銀行融資の際など、特に提出を求められるわけではないものの、それを提出することで融資にプラスになる資料もあります。 多く...
融資

銀行融資を受けるのは難しくない!それは銀行が〇〇と考えているから

当サイトを見ている人の多くが、資金繰りに何らかの悩みを抱いており、銀行から融資を受けることが難しいと考えていると思います。 しかし、まともな経営をしていれば融資は受けられるものであり、銀行も融資することで利息収入を得たいと考えており、...
融資

銀行から設備資金融資を受けるための投資計画と融資交渉を徹底解説。

会社によって事業内容は異なりますが、どのような事業を進めていくにせよ、設備が必ず必要になります。 生産のための機械設備、工場の新設や増設、店舗の改装や新規出店、設備の合理化や更新など、色々な設備投資が必要となるのです。 しかし、...
融資

納税資金の融資交渉はポイントを抑えれば簡単!

事業によって利益を得た会社は、相応の税金を納める必要があります。 節税によって利益を減らし、納税額を減らしている会社も多いものですが、適切な節税だけを行って資金繰りをスムーズに回していくためには、税金は納めなければならないものです。 ...
資金繰り

過剰在庫を抱えて資金繰りが苦しい?運転資金を引き出すポイント

仕入計画の失敗や需要の急激な変動などにより、過剰在庫を抱えてしまうことがあります。 その商品が短期間のうちに販売できるならば、過剰在庫を抱えていても大きな問題はありませんが、実際には資金繰りや業績に悪影響をもたらすケースが非常に多いも...
融資

業績悪化で赤字転落?銀行から融資を引き出せるか

中小企業では、外部からの影響を受けることも多く、安定して黒字を維持することが難しいものです。 しっかり経営しているつもりでも、赤字に陥ってしまうことがあります。 赤字になったときに非常に困るのが、銀行からの融資を受けにくくなるこ...
融資

融資交渉の最強カード!?他行肩代わりを材料に一石三鳥の融資を引き出す

資金繰りを改善する方法の一つに、現在の借入れを他行で借換えることで、返済の負担を軽くする方法があります。 銀行側から見ると、これを「借入金の肩代わり」と表現します。 肩代わりをすることで、自行の融資シェアを大きく伸ばせるため、良...