1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 資金繰り悪化…中小企業の「その時」の危機を救うファクタリング

資金繰り悪化…中小企業の「その時」の危機を救うファクタリング

中小企業の資金繰り悪化の原因はいろいろとあるのですが、資金調達がうまくできなければ、当然倒産してしまうことも珍しくはありません。

そうなる前に対策を打ち出す必要があります。

さまざまな方法が存在していますが、ファクタリングを行うのもよいでしょう。

資金繰り悪化の主な原因

資金繰り悪化の原因はいろいろと考えられるのですが、中小企業の場合には、人件費をかけすぎていることや、仕入れの代金を余分にかけすぎているなどが多いでしょう。

しかし、人件費がかかり過ぎているからと言って、何の理由もなくリストラするわけにはいきません。

大手企業であれば可能でしょうが、中小企業の場合には最悪訴えられてしまうこともあるのです。

最近は日本も訴訟社会になっているので、人件費の削減が難しいと言えるでしょう。

ただし、新卒採用を行わない、求人を出さないなどの対策をとることはできます。

重要な点は効率よく仕事を行うことです。

効率よく仕事ができれば、無駄な人件費をかけないで済むでしょう。

そのためには社員の教育がとても大切になるのですが、近年は未経験者を採用しない中小企業が殆どなので、経験があるのに何でこんなに給料が安いんだという不満が募ってしまい、すぐに辞めていく人もたくさん存在している状態です。

これでは人件費云々と言っている場合ではありません。

また、無駄な仕入れをしていることも比較的多くなっているのですが、必要不可欠な物を仕入れることは重要です。

いくら費用を削減するべきだと入っても、安物を購入してすぐに壊れてしまう、安い材料を仕入れたのでよい物が作れないような状況になっては、安物買いの銭失いになってしまうでしょう。

これでは節約しているとは言えず、ただケチっているだけになってしまいます。

当然売り上げを伸ばすことはできないでしょう。

資金繰り悪化を見直す前に、まずは経費についてもう1度見直してみる必要があります。

中には急に売り上げが伸びたことで、資金繰り悪化を招いてしまうこともあるのです。

どういうことなのかというと、売り上げが増えるということは、その分多くの商品を売っているということを意味します。

多くの商品を売るためには、たくさん商品を作る必要があるのはわかるでしょう。

そのためには仕入れ額も高くなりますし、人も必要になってきます。

売り上げが伸びてその状態がずっと続いていればよいのですが、好景気の状態がいつまでも続くとは限りません。

もし元の状態に戻ってしまった場合、仕入れ値は元に戻すことができるものの、売れ残った在庫がたくさん出てしまう可能性もあるでしょう。

人件費に関しても、そう簡単に戻すことは不可能です。

費用が足りなくなれば資金調達を行う必要が出てきます。

しかし、そう簡単に資金調達というのはできないので、注意しないといけません。

 

資金繰りを気軽に相談できる身近なパートナー

  1. ファクタリングジャパン

    資金難を解決してくれるスペシャリスト
    必ず解決策を見いだしてくれます。
    審査通過率は実質100%です!
    あなたの悩みは相談することで解決します
    お急ぎの方は、フリーダイヤル 0120-955-703 に今すぐ!

    この業者について詳しく 公式サイトへ

  2. メンターキャピタル

    資金繰りに困ったら、まずはメンターキャピタルに相談!
    売掛金があれば即日で資金化が可能。
    買取実績ナンバーワン、顧客満足度92%の実績。
    全国対応、365日、24時間体制(フォーム)で受付中!
    無料診断フォーム入力で、カンタンに資金調達金額をチェック。
    お急ぎの方は、フリーダイヤル 0120-924-797 に今すぐ!

    この業者について詳しく 公式サイトへ

 

資金繰り悪化の末にある「倒産」

大手企業の場合には、政治家が税金を投入するなどいろいろと援助を受けることができるので、吸収合併されて外資に乗っ取られることはあっても、倒産するという危険性は滅多にありません。

それに比べて中小企業の場合には、長く続いている不景気や、増税などの政治家による悪政によって、近年では倒産してしまうケースも多くなっています。

特にバブルが崩壊したときには、リストラを行う会社が急増したことは知っているでしょう。

もちろんその理由は、資金繰り悪化が原因となっているのですが、なぜこのような状況に陥るのでしょうか。

日本では中小企業が物を売りたい場合、大手企業から仕事を貰うということが多くなっています。

その大手企業の経営が悪化してしまい、業務の縮小や方向転換などをしてしまうと、当然今まで取引をしていた企業から、物を購入する必要がなくなってしまいます。

こうなれば仕事がなくなってしまうので、資金繰り悪化や人員削減などが発生してしまうのです。

日本の企業は技術が非常に高く、接客も丁寧なところが多いので、滅多にないことなのですが、中には大手企業の要望に応えられず、トラブルを起こすなどして契約を打ち切られてしまったことが原因で倒産してしまうケースもあります。

このような中小企業の倒産を防ぐために、以前民主党政権時に中小企業金融円滑化法が施行されました。

しかし、2013年に期限切れとなってしまった上に、自民党政権に戻ってからは再度導入する気配すらありません。

よって中小企業で働いている人の場合には、倒産の兆候を見極める必要があります。

どのような兆候があるのかというと、支払猶予が発生している場合です。

支払猶予は買掛金の支払い期日を延長することなので、このようなことを行っていれば、危険だと判断するのは当然です。

また、決済を早くするように仕入れ先から要請を受けた場合にも、仕入れ先の資金繰り悪化が予想できるでしょう。

あまり聞きなれない言葉ですが、融通手形というのが存在しています。

この融通手形を使って資金繰りを行っている場合には、やはり倒産の兆候があると言えるでしょう。

融通手形というのは、簡単に言えば親しい企業や取引先などから振り出される手形のことで、通称空手形と呼ばれています。

これで資金を補っているということは、やはり危険だと判断することもできるでしょう。

一般の社員でも、特に事務員などの場合には、倒産の兆候を知ることができるので、危険だと感じたら対策をしておくことも重要になります。

 

中小企業が活用できる資金調達方法

大手企業と違い、中小企業の資金調達は非常に難しくなっています。

それでも資金がない場合には、どうしても調達しないといけなくなることはわかるでしょう。

では、どのようにして資金調達を行うのでしょうか。

事業の拡大で新しく必要な機械類などを導入する場合や、大量に材料の仕入れが必要になる場合などが挙げられます。

このような場合に資金調達が必要になるのですが、こういった資金不足に陥った場合には、手形を用いて仕入れ先への入金を遅らせるという方法があります。

もちろん好きなだけ遅らせることができるわけではありませんので、一時的に遅らせることができるだけです。

この方法は中小企業向けというよりも、大手企業向けの方法になっているので、どこの会社でも行っているというわけではありません。

あくまでこのような方法があるということだけ知っておけばよいでしょう。

よく行われている方法としては、出資と融資が存在しています。

おそらく名前ぐらいは聞いたことがあるでしょうが、詳しい方法は経営者でなければ知らないことが多いでしょう。

近年は親の跡を継いで2代目3代目が会社の経営をしていることも多いので、経営者でも詳しく知らないという人がいるかもしれません。

出資と融資の大きな違いというのは、返済義務があるか返済義務がないかです。

出資というのは支援に近いような感じになっているので、当然返済する義務はありません。

その代わりに、経営権を握られてしまうというデメリットも存在しています。

しかも配当金を還元する必要も出てくるので、このような点は株式投資に似ていると言えるでしょう。

ただし、金利負担もなければ自由度も高くなっているので、メリットもたくさん存在しているのです。

出資してもらうのはここでなければいけないと決まっているわけではないのですが、通常は金融機関や企業などになるでしょう。

それに対して融資というのは、簡単に言えば借金をすることです。

そのため、返済しなければいけなくなる上に、利息が発生してしまうので、比較的デメリットが多くなると言えるでしょう。

もちろん経営権を握られることもありませんし、配当金の諫言も必要なくなるので、どちらも一長一短があるのです。

融資は通常銀行などから行ってもらうのが一般的なのですが、当然好きなだけ好きなときに融資してもらえるとは限りません。

きちんと返済するだけの経営能力があるのかなども重要視されてしまうでしょう。

中小企業がよく活用している資金調達方法は、主にこの2つだと言えます。

 

資金ぐりが厳しければ、まず相談を

  1. いますぐ「ファクタリング」で資金調達

    ファクタリングとは、売掛金を業者が買い取ることで本来の支払いサイトよりも前に資金を提供する資金調達方法。
    「支払いサイトが長い…」そんな時、ファクタリングを利用することで現金の流れがスムーズになり、事業拡大や新規案件などに資金を投下できるようになります。

    この業者について詳しく 相談サイトへ

  2. 融資ではないファクタリングで資金調達

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    この業者について詳しく 相談サイトへ

 

資金調達としても有効なファクタリングとは

出資と融資以外にも、当然資金調達の方法は存在しているのですが、もし会社を経営するのであれば、必ず知っておくべき方法が存在しています。

それがファクタリングなのですが、最近は横文字が多く存在しているので、よく意味が分からない言葉もたくさんあるでしょう。

ファクタリングというのは、短い期間で資金調達が可能な方法であり、最短1日で現金を調達することができるのです。

どのような方法で行うのかというと、売掛金を売って資金にします。

通常中小企業の場合には、出資してもらうのは少々難しい場合があるので、融資になってしまうことが多いでしょう。

しかし、融資もそう簡単にしてもらえるとは限りません。

十分な返済能力がない場合には、当然断られてしまうのですが、そんなときに唯一残された方法がファクタリングだと言っても過言ではないでしょう。

ファクタリングについて知っておくことは、どのようにして売掛金を売るのかという点です。

売り方を知らなければ、当然資金調達はできません。

まず売掛金がなければファクタリングは利用できませんので、いくら売掛金があるのかを知っておきましょう。

重要になるのは、翌月の売掛金と、翌々月の売掛金です。

そして売掛金があれば、ファクタリング業者を利用して、資金を得ることができるようになります。

クレジットカードと同じで審査が存在しているため、必ずしも審査に通るというわけではありませんが、融資を断られても審査に通る可能性は十分あると言えるでしょう。

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングが存在しているのですが、初めて利用する場合には、2社間ファクタリングを選ぶべきでしょう。

もちろんどちらにも一長一短があるのですが、2社間ファクタリングの方がメリットがたくさんあります。

そして重要なポイントを2つ把握しておきましょう。

1つ目は償還請求権があるかないかです。

償還請求権がないノンリコースのファクタリングであれば、売掛先が仮に倒産した場合、利用者が責任を問われることがありません。

よって必ず確認しておくべきことです。

2つ目は債権譲渡登記です。

債権譲渡登記というのは、利用者の権利を守るためのものなので、やはり確認しておかなければいけません。

必要最低限これだけは知っておくべきでしょう。

そんなファクタリングにはいろいろなメリットがあります。

借入や負債ではないこと、調達コストが高いこと、審査が早いことなどが挙げられますが、もちろんある程度のデメリットは存在しているので、このような点も確認しておきましょう。

 

取引先にバレずにこっそり資金調達

  1. 取引先に知られない2社間ファクタリングの専門家

    2社間ファクタリングなら、弊社と御社のみで完結。
    御社の取引先に知られることはありません。
    今の日本はファクタリングについての理解がありません。
    いらぬ詮索をされるより、言わぬが花。
    2社間ファクタリングの専門家に任せれば安心です!

    この業者について詳しく 詳しくはこちら

  2. 2社間ファクタリングなら取引先に通知不要

    近年注目の『借りない』資金調達、ファクタリング
    売掛金を買い取ってもらうだけなので負債が増えません。
    信用情報関係なし!売掛金があれば即日入金可能!
    「ファクタリングすると取引先に知られてしまうのでは?」
    そんな心配はまったくいりません♪
    2社間ファクタリングなら取引先への通知は不要です。
    こっそりと資金調達したい貴方にピッタリ!

    この業者について詳しく 詳しくはこちら

 

ファクタリングの具体的な手法

備えあれば憂いなしということわざがありますが、いざというときに何も知らないようでは何も意味がありません。

会社を経営するのであれば、万が一資金不足になった場合でも、すぐに対処できるように、ファクタリングを理解しておく必要があります。

そこでファクタリングの具体的な手法について見ていきたいと思います。

売掛債権を資金化するのがファクタリングなのですが、当然のことながらメリットとデメリットがあります。

まずはメリットを見ると、早期に回収ができるという点や、借入ではなく借入を減らすために用いられる方法だと言えるでしょう。

仮に倒産をしてしまった場合でも、支払のリスクが発生しないという点や、資本効率を上げることにも繋がってくるのです。

逆にどのようなデメリットがあるのかというと、売掛金がないと利用できないという点でしょう。

そのため、メリットの方が多いことがわかります。

本来ファクタリングというのは、黒字倒産を防ぐための手法でもあるのです。

黒字倒産というのは、利益が出ているのに出費の方が大きくなってしまい、倒産してしまうということなのですが、実際このような中小企業も存在しています。

このような事態を防ぐためには、一時的とは言ってもすぐにお金が手元に入っているファクタリングの存在が欠かせません。

ただしファクタリングと言っても1種類しか存在していないわけではなく、複数存在しているのです。

大きく分けると5種類存在しているのですが、まずはこの種類を知っておきましょう。

1つ目は国際ファクタリングです。

外国の売掛金を支払保証にすることなのですが、中小企業にはあまり関係ありません。

2つ目は一括ファクタリングなのですが、債務者側の売掛債権を買取り、債権者側に支払うことです。

やはりそれほど重要ではありません。

3つ目は保証ファクタリングです。

倒産などで回収不可能になるリスクがありません。

これは覚えておいてもよいでしょう。

4つ目は医療ファクタリングですが、名前の通りに医療関係の会社が関係していることであるため、一般の会社は関係ありません。

最も重要なのは、5つ目の買取ファクタリングです。

通常ファクタリングと言ったら、このことを指すと言ってもよいでしょう。

そして契約時に必要になる物もいくつかあります。

それは売掛先別売掛金明細、顧客別入金明細、会社案内、税務申告書、決算書、勘定科目明細、月次試算表です。

3年分必要な書類もあるので、よく説明を聞いておきましょう。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「当社はいくら調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

ファクタリングジャパンの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。



診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 手形割引、メリット・デメリットと割引以外の方法について

  • 資金調達のウルトラC!ファクタリングで資金繰りが超ラクに

  • 無料診断で簡単ファクタリングのメンターキャピタル

  • 手形は裏書する以外に活用方法はないのでしょうか?

  • 売掛金の回収をすご~く簡単にしてしまう画期的な方法とは?

  • 売掛金未回収…そんなリスクを一挙に解決できるファクタリング