1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 資金繰りが苦しすぎる…ファクタリングで売掛債権を現金化し回収

資金繰りが苦しすぎる…ファクタリングで売掛債権を現金化し回収

売掛金の回収方法として日本国内でも利用する方が増えてきたファクタリングは、売掛債権を現金化する事ができる取引です。

企業はこれまで大変だった資金繰りも用意にできますのでリスクの少ない経営を作る仕組みとして優秀です。

ファクタリングで売掛金の回収を行う

経営者の方の中には、サイトの長い売掛金の回収をもっと短縮化したい、与信管理コストの削減を図りたいと思っている方も多いと思います。

また、資金を用意しようと思っても借入枠が限界ギリギリなので、出来れば借入金を増やさずに資金を調達したい、仕入条件の改善や借入金の削減をしたいと思っている方も多いはずです。

そんな方にはファクタリングを利用する事をお勧めします。

キーになってくる売掛債権は、自社から取引先に商品を納品したり、サービスの提供が完了している上で、それらの料金が請求済みであるけど、料金が支払われていない債権の事になります。

一般的な企業間のやりとりでは、資金取引ではなく掛によって売買が成立するようになっております。

ですので、相手企業の支払サイトが長い場合などは、資金化できるまでにはかなりの時間がかかってしまう事もあり、それが致命的なタイムラグに発展するケースが増えております。

そのタイムラグは、会社のキャッシュフローにマイナスに作用することもある事から、それらのリスクを避けるために用いられております。

そもそもファクタリングとはどのような物なのかというと、19世紀末から20世紀初頭にアメリカで開発されたサービスで、日本には1970年代に導入され始めたサービスです。

導入された直後は、都銀系や大企業系のファクタリング会社が設立し話題となりました。

ファンタリングサービスの内容とは、企業が保有している売掛金を、会社が企業に対して償還請求権無しで完全に買取することです。

それにより、会社は手数料を貰う事ができますし、企業側は、売掛債権を直ぐに現金化する事ができる仕組みになっております。

実際に流れとしては、企業が保有している売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 一旦会社から企業に売掛金を支払います。

後日、支払サイトの期日に会社は支払会社からお金を徴収するような取引になります。

ファクタリングは、売掛債権を直ぐに現金化する事ができますので、中々難しかった売掛金の回収をより簡単にする事ができています。

またファクタリング自体は、償還請求権が無いノンリコースで債権譲渡を行っておりますので、貸借対照表上負債にはならないのも大きなメリットだと言えます。

売掛債権の回収期日まで資金化できない売掛金や受取手形を期日前に資金化できますので、中小企業さんなど体力の無い企業の方はかなりメリットが大きいと言えます。

 

 

ファクタリングの仕組み

ファクタリングという制度は、売掛債権を専門業者に譲渡か売却する事によって、通常だったら待たなくてはいけない、取引先との契約で決められた支払日を待たずに売掛債権を現金化する事ができる取引手法になります。

そんな都合の良い話があるわけがないと怪しまれるかも知れませんが、日本国内では大手メガバンクや信用金庫などでも提供されているれっきとした信頼のおける金融商品になっております。

利用する企業は、売掛債権を売却する事で現金を得る事ができますが、売掛代金の全てを受け取る事ができるわけではありません。

売掛債権の金額から手数料を支払わなければならないからです。

これを掛け目といい、この掛け目によって利益を上げているのです。

その為、似たような融資で手形を担保に入れているのと混同されてしまう方もいらっしゃると思いますが、メリットは手形割引とは違って不渡りの心配がいらない所になります。

手形割引の場合には手形の価値が担保になりますので、手形の価値が下がってしまったり、全く価値が無くなってしまった場合には、元々の契約の際の金額を元に再度計算され、返済義務が生じてしまうリスクのある融資になります。

しかしファクタリングという制度の場合には、担保にしているのは手形ではなく、売掛債権になりますので価値が暴落するような事はありません。

また、融資とは違って売却と行った意味合いが強いので、契約が済んだ時点で取引は終了になります。

その先で、売掛債権の支払いをする企業が倒産したとしても、現金化した企業がそれらの負債を引き受ける義務や責任はないのです。

こちらの制度は比較的短時間で現金を入手する事ができますので、一部の会社経営者の方からは怖いように思われているかも知れません。

しかし、例えば予期せぬ工場の機械の故障や、新しい大口取引等の緊急性の高い資金調達場面などでは、こんなに便利は現金化の手段はないと断言できる程の最適な方法なのです。

ファクタリングには、自社とファクタリング事業者、売掛先会社の三社の間で行われる物と、売掛先会社を含まずに二社で行う場合の二種類があります。

特に二社間で行われる契約でしたら、取引先の承諾が必要ありませんので、取引先の会社に、自社がお金が足りなくて売掛債権を売却しようとしているのがバレずに済みます。

特に大手企業などの場合には、信用問題まで発展してしまうケースもありますので、二社間の契約にして内密に現金化するようになっております。

 

売掛債権を現金化

ファクタリングで売掛債権を現金化するためには大きく分けて6つのステップが必要になります。

最初に重要な事は、はたして自社が利用できる条件に当てはまっているのかを確認する事です。

条件をクリアしてなければ、申請しても徒労に終わってしまうのは明白です。

クリアしなければいけない条件は下記の通りになります。

請求書の期日に即して毎月振り込みが行われている安定した売掛金がある事と、他社へ債権譲渡登記をしていない事、自社が法人である事、売掛先が法人である事、売掛債権の金額が調達希望額より大きい事、審査面談の為にファクタリング会社に出向かう事が出来る事の6つのステップが大丈夫かを最初に確認してください。

次にファクタリング会社へ申し込みを行います。

基本的にはお電話での申し込みになり、簡単な電話ヒアリングを行います。

こちらが一次審査という括りになります。

電話でのヒアリングでは、会社名や資本金などの基本情報はもちろんの事、年商や利益、前期流動資産額、前期流動負債額、前期純資産額、直近の売掛金と受取手形、借入金額、債務超過、税金や社会保険未納があるかどうか、債権譲渡登記、資金使途、調達希望日、調達希望金額などを聞かれます。

一次審査をクリアすると二次審査が行われます。

二次審査は書類の提出になります。

身分証明書や会社案内、三ヶ月以内の商業登記簿謄本、印鑑証明書、定款、決算申告書を3期分、直近の売掛金一覧表、資金繰り表、譲渡希望の売掛金を証明するもの、売掛先企業との取引基本契約書、取引に係る全ての銀行口座情報と明細、公租公課の納付状況を証明する納税証明書その3の3や社会保険料納付証明書などを送付するかスキャンしてPDFの状態にして送ります。

書類を受け取った業者は契約内容などを確認します。

その間、色々と聞かれるかも知れませんが、その都度しっかりとした受け答えをするようにしてください。

ここで変に隠してしまうと信用を失います。

ここまで問題が無ければ、直接会社に出向いて面談にて最終審査を行います。

最終面談まで行っても落とされる場合もあります。

提出した書類と面談の内容で統合性が取れていない場合などは、落とされてしまう可能性があるので十分に注意してください。

ここまでの審査などが合格でしたら契約締結され、入金されるようになります。

実際の売掛債権の金額から買取手数料や頭皮費用、事務手続き費用、収入印紙代などが引かれた金額が実際に手にする事ができる金額になります。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリング取引の基本的な流れ

売掛債権を直ぐに現金化するファクタリング取引の仕組みをご紹介します。

ファクタリングによって現金化する事ができる売掛債権は、会社が商品を納品したり、色々なサービスを提供して得る事ができるお金を貰っていない状態の債権の事です。

一般の方はわからないかも知れませんが、一般的な企業間のやり取りは、納品から支払までのは30日以上もかかる事があります。

中には半年近くも間も開くものがありますのでキャッシュフローに負担をかけています。

それらを解消するのがファクタリングというサービスです。

持っているだけでは期日まで現金化する事ができない売掛債権を買い取ってくれるファクタリング会社に依頼する事で、直ぐに現金化する事が可能です。

その際手数料が必要になりますが、直ぐに売掛債権を現金化したいという方にとっては嬉しいサービスとなっております。

売掛債権を資金化するまでの流れは、最初に企業が取引先に商品の納品やサービス提供を行い売掛金を発生させます。

その売掛金の現金化を売掛先企業とファクタリング契約や承諾を貰います。

契約や承諾をもらえたらファクタリング会社との契約か承諾をもらいます。

売掛先企業との請求金額を確認します。

ファクタリング会社へ請求金額を通知します。

ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額を最終確認します。

それが完了すればファクタリング会社から早期に売掛金の支払いを受ける事が出来ます。

その後、期日になったら取引先からファクタリング会社に売掛金が支払われるという流れになっております。

このサービスが凄いのは、基本的に検収が完了していて、入金日が確定している売掛金であれば、どんな業種でも買取が可能という事です。

窓口が広くなっておりますので、かなり利用しやすいサービスとなっております。

ただ、譲渡禁止特約の設定がされている売掛金や既に他に譲渡している売掛金、公序良俗に反する反社会的勢力が売掛先の企業、売掛先企業の信頼性が著しく低い場合には、審査の際に満額の買取が不可能であったり、買取を拒否されたりする場合もありますので要注意です。

売掛債権の現金化は、滞りがちなキャッシュフローをしっかりと改善してくれますので、より健全な経営を可能にしております。

もちろんタダではなく手数料を取られますので、キャッシュフローがしっかりと回っていればそのままでも大丈夫です。

無理にサービスを使用すると手数料の分が負担になってしまいます。

自社の状況を確認しながら使用するのがおすすめです。

 

 

資金繰りとしても使えるファクタリング

経営をしていく際に最も頭を悩ませるのは間違いなくお金だと思います。

経営する為には、毎月のように資金繰りに頭を悩ませながら経営をしていくのですが、売掛債権などで計算通りにはいかない事がしばしばあります。

そんな資金繰りの悩みを強烈にサポートしてくれるサービスがあるのをご存知でしょうか。

資金繰りで最も悩ましい売掛金を現金化する事によって経営を助けてくれるサービスがファクタリングというサービスです。

このサービスは、2017年の5月現在の日本国内において、売掛金を最短即日にて現金化できる方法として覚えておいた方が良いであろう方法で、経営状態などで銀行や信用金庫などの金融会社で融資を断られてしまった場合などに、経営者が最後の手段として活用することができる資金調達法になっております。

具体的にはどのような方法で売掛金を現金化するのかと言うと、会社が商品やサービスを提供して、あとは取引先から売掛金を回収するだけになっている物を、専門会社に譲渡や売却する事によって、売掛金の支払期日よりも前に現金を入手する事ができるサービスとなっております。

売掛債権はあとはお金を回収するだけになっておりますので、信用力はかなり高く、取引先の会社のランクが高ければより信頼度は高くなります。

以前は自社、売掛先、ファクタリングを行っている会社という三社の同意の上で実施されてきたサービスなのですが、日本の企業の中では売掛先から資金繰りに非常に苦労をしている事がばれてしまい、自社の経営の状態があまり良くないのではないのかと疑念を持たれてしまう可能性などがあり、マイナスな印象を与えてしまうのかも知れないと思って利用者が少ない時期もありました。

確かに日本国内での企業間のやり取りでは、マイナスな評価をされて信用度をおとしてしまい取引が終わってしまうというような可能性もありました。

しかし、最近国内で利用されている最新のサービスなら、売掛先へ売掛金を現金化する事を通知せずに現金化する事ができる契約をする2社の間だけで行われる種類のサービスを利用することも可能です。

こちらでしたら、取引先にばれる事はありませんので安心して現金化する事ができます。

自社で保有をしている売掛金を買い取ってもらうことで現金化する事ができますので、それを資金繰りに回してもマイナスにはなりません。

こちらが融資とは違って借り入れとはならないので、キャッシュフローに影響せず、資金繰りとしては最適だと言えます。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 無駄・無理・ムラをなくすだけで資金繰りがみるみる改善

  • やばい、資金がショート!そんなときはファクタリングで解消

  • 取引先が倒産したら…倒産隔離やファクタリングの流れについて

  • ビジネクストで借りる前に、売掛金を資金化しませんか?

  • 【手形割引完全マニュアル】ポイントと注意点をすぐ理解

  • 手形サイトが長くて悩んでいる時、松下幸之助がとった行動とは?