1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. ファクタリングで確実に資金調達をするための信用調査について

ファクタリングで確実に資金調達をするための信用調査について

ファクタリングでは、信用調査という方法が重要となっています。

また資金を提供する会社に対しては、費用をそれなりにかけて、長い期間をかけて調査を行って判断します。

なので、すぐに資金調達を行いたいと思っているのであれば、信用を高める必要があります。

ファクタリングでなぜ信用調査が重要か

最近はいろいろな専門用語が増えてきましたし、むやみやたらと横文字を多用するケースが多いので、意味の分からない用語もたくさん存在しています。

ファクタリングもその1つでしょう。

ファクタリングというのは、簡単に言えば資金調達をすることです。

売掛金をファクタリング会社に売却することで得られる資金のことを指します。

かなり専門的な用語でもありますし、普通にサラリーマンやOLとして働いている人には縁のない言葉なので、知らない人も多いでしょう。

ファクタリングは、基本的には経営者に関係のあることです。

売掛金を売却することができるファクタリング会社も1つだけしか存在していないわけではなく、複数存在しているので、事前に信用調査を行う必要があります。

しかし、個人で信用調査をするのには無理があるので、通常は業者に依頼するのが一般的です。

他の業者でも、最近はグローバル化の影響により、悪徳業者やブラック企業の存在がよくニュースにもなって、目立っています。

大半のファクタリング会社は、利用者のために力を尽くしてくれるでしょうが、中には悪徳業者と言われても仕方がないような会社が存在しており、知らずに売掛金を売却してしまう人もいるかもしれません。

そうしたら資金調達が困難になるばかりか、全く資金を得ることができない可能性もあるでしょう。

だからこそ会社選びをするときのために、事前の信用調査が重要になるのです。

現在では、資本金がなくても起業できるような世の中になってはいるものの、何もない状態では仕事ができません。

しかも仕事に使う機材などの購入費だけでも、かなりの費用が必要になってしまうことが多いでしょう。

短い期間で起業するための費用を得るためには、やはりファクタリングの利用は欠かせません。

まずは信用調査を行っている会社の情報収集を行います。

それから信用調査を行ってもらい、問題なければファクタリング会社に売掛金を売るようにしましょう。

それだけでもかなり失敗を防げます。

また、ファクタリングにはいろいろな種類が存在しており、買取ファクタリングや保証ファクタリング、一括ファクタリングや医療ファクタリングがあります。

しかし、大半の人は買取ファクタリングを利用するようになるでしょう。

売掛金の早期資金化が実現しやすいので、資金調達には欠かせない方法です。

だからこそ失敗を防ぐためには、失敗の原因をきちんと把握しておくことが重要になります。

 

 

会社を判定する与信管理の基本的な知識

与信管理と言われても、何の事だかわからない人も多いでしょうが、簡単に言えば売掛債権が増えたとしても、損害が発生しないように管理することです。

主な業務内容としては、相手先の企業についての信用調査を行うことと、取引に使用する金額の限度設定や運用を行う2種類が存在しています。

相手先の企業についての信用調査を行うためには、当然インターネットの情報収集だけでは不十分です。

なぜなら全ての情報を開示しているところはないからです。

信用調査を行うためには、それなりの資料を入手してから、時間をかけて分析しなくてはなりません。

最終的には売り上げや利益の向上を目指していくようになるのですが、何も行わなければ当然売り上げの向上は難しいでしょう。

だからこそ信用調査をしっかりと行うべきなのですが、初めて起業する人が資料集めや分析などをそう簡単にできるわけはありません。

そこで専門の業者に依頼をする人が多いのですが、多少は自分でも知識を身に付けておくべきでしょう。

与信管理について勉強をするのであれば、書籍の購入やインターネットでの情報収集などで、ある程度までは知識を身に付けることができます。

会社経営の方法はとても難しくなっているので、もちろん1人だけでは失敗してしまうことが多いでしょう。

たとえ個人事業主であったとしても、取引先や仕入れ先などが無ければ運営していくことはできません。

個人事業の場合にはあまり与信管理やファクタリング会社の利用をしないことも多いでしょうが、法人経営をするのであれば、やはり必要になります。

近年は不景気な上に大増税などの悪政によって、特に中小企業や非上場企業は悲鳴を上げている状態です。

中には倒産を余儀なくされてしまうこともあるので、この会社とは本当に取引をして利益を出せるのか、取引をすることになった場合にも、どれだけ金額を出すべきなのかを検討しておかないといけません。

もちろん取引先の経営状況というのは、時期によって大きく変わってくることもあるでしょう。

そのため、定期的に見直しを行う必要もあります。

起業のときには業者を利用して手伝ってもらう必要も出てくるのですが、ある程度会社が大きくなり、与信管理の見直しをする場合には、やはり自社で行うべきでしょう。

そのときに、専門的な言葉は全く知らないという状況にならないように、経営者自身もある程度勉強をしておく必要がありますし、他の社員と一緒に相談をして決めることができれば、もっと会社を大きくしていくことも不可能ではありません。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

具体的な信用調査の方法

信用調査をしたいけれど、どのような種類があるのか、どのように行うのかわからないという人も多いでしょう。

そこで具体的な方法などを簡単に紹介させていただきます。

 

1つ目は内部調査という方法です。

ある程度大きな会社であれば、部署がいくつか分かれていることが多いでしょう。

そこで営業部や経理部に存在している情報を入手する方法が、内部調査になります。

2つ目は外部調査です。

名前の通りに情報が欲しい企業の外部からいろいろな情報を得ることを指します。

特に会社を創設した当初は、どのようにして信用調査を行えばよいのかわからない場合が多いですし、その言葉自体を知らないという人もいるでしょう。

そのため、外部に調査を依頼することが多くなると思います。

外部に調査を依頼する場合には、結果を待つだけになるので、自分で何かを行う必要はありません。

当然ですがお金を支払う必要が出てくるのは言うまでもありません。

上記2つの調査が基本となっていますが、さらに自社で行う直接調査と、他社に依頼して行ってもらう依頼調査が存在しています。

これらの調査を行うことによっていろいろな情報を得られます。

その情報をしっかりと分析し、本当にこの会社と取引をして自社の利益になるのか、信用できる企業なのかを把握することが重要となるのです。

信用調査には種類があることは理解できたでしょうが、実際にはどのようにして調査を行っているのかを知りたいという人もいるでしょう。

基本的な調査の方法としては、内部調査であれば取引先に直接赴いて、担当者といろいろな話をするというのが一般的です。

相手も取引をするのであれば、このような情報を提示しなければいけないということを知っているので、普通に話を進めることができるでしょう。

直接訪れない場合でも、電話やファックス、メールなどで調査を行うこともありますし、外部調査の場合には、インターネットを活用して情報収集を行う必要も出てくるでしょう。

ただし、1つの方法だけでは不十分なので、官公庁調査を行うケースが多くなっています。

企業によっては会社の情報公開を義務付けていることも多いので、官公庁調査は外部調査では必要不可欠だと言えるでしょう。

このようにいろいろな方法で情報収集を行い、最終的には膨大な資料から分析や評価を行います。

これが主な信用調査の流れや方法になっているので、起業を考えているのであれば、参考にしてみてほしいと思います。

 

 

信用調査と有効期間

信用調査を依頼することができる会社というのは、日本全国にたくさんあるわけではありません。

そのため、ある程度決まったところに依頼するようになるのですが、できれば自社で行うべきことだと言えるでしょう。

しかし、最初はわからないことだらけですし、どのように行うのかという点も理解できていないことが多いでしょう。

そのため、初めて信用調査を行う場合には、業者に依頼するのが一般的です。

どのようにして依頼するのかというと、信用調査申込書というのを提出します。

もちろんすぐに行われるというわけではありません。

与信管理部というところが、この内容で問題ないと判断してから信用調査を行う業者へと発注することができるのです。

このときにいくつか注意しなければいけない点があるのですが、最も注意するべき点が、有効期限があるということです。

信用調査に有効期限なんかあるのかと疑問を持つ人もいるでしょうが、利用する場合には調査切符と呼ばれている調査依頼票を購入しなければいけません。

もちろん前払いでの利用になるのですが、この調査切符の期限は原則1年となっています。

このように一般の人では理解するのが難しいようなシステムになっているので、業者を利用するのではなく、自社で行いたいと希望することが多いと言えるでしょう。

このような難しい点に関しては、ファクタリングを行う業者からきちんと説明を受けるのですが、やはり理解できない内容が多くなっています。

そのため、事前にある程度情報収集をしておくべきでしょう。

調査切符は1枚だけ購入するという方法でも可能ですが、複数枚購入することも可能です。

しかし、複数枚まとめて購入をすれば、1枚当たりの単価が安くなるというメリットがある反面、有効期限が過ぎてしまうと使えないというデメリットもあります。

逆に1枚のみの購入では、単価が高くなってしまうことや、複数の調査依頼を行いたい場合には、購入し直す必要があるなどのデメリットがあるものの、調査切符の無駄遣いを避けることができるというメリットがあります。

このように一長一短なので、どちらにするのかきちんと検討をしておきましょう。

相場などもきちんと確認しておくと共に、業者が事前に2ヵ月以上前までに調べておいた己調という調査結果を利用することで、費用の削減ができるようになることも知っておくべきです。

しかも調査切符が半分で済むので、できる限り予算の使用を減らしたい起業当初の場合には、己調の利用も検討しておくべきでしょう。

 

信用調査にかかる費用

信用調査には当然お金がかかります。

ただし、かなり高額になることはありません。

なぜなら、信用調査を行うのは、まだ起業してからあまり期間が経過していない企業が多いからです。

通常起業する場合にはかなりのお金がかかりますし、中には借金をして会社を設立する人もいます。

このような人が高いお金をつぎ込めるわけはないので、比較的低価格でできるようになっているのです。

業者によっても多少料金は異なるでしょうが、大体最安値で1000円からという場合が多いでしょう。

ただし、1社の調査で1000円からとなっているので、複数の会社を調査しようとすれば、どんどん加算されてしまうのはいうまでもありません。

昔は大手企業であっても、たくさんの下請けがあったわけではありませんし、中小企業でも1社専属で行っていることも特に珍しくはありませんでした。

それに対して現在では、たくさんの下請けを抱えている大手企業もあれば、たくさんの大手企業と取引をしている中小企業もあります。

これは明らかに不景気の影響でしょうが、このようにたくさんの企業と取引をしようとする会社が多いので、より信用調査が大切になってきますし、調査を行う企業の数も多くなっているのです。

なぜこのような調査が行われるようになったのかというと、せっかく取引をしたとしても、相手が倒産してしまうと、当然自社も打撃を受けてしまうからでしょう。

大手企業はまず倒産ということはあり得ませんが、吸収合併やグローバル企業に子会社化されてしまうケースが最近増えています。

このようになってしまうと、特に中小企業は大きな打撃を受けてしまうので、こう言った事態にならないように、事前の調査が必要になってくるのです。

主な調査項目としては、相手企業の支払い能力について行います。

支払い能力が低くなってくると、当然倒産する確率や吸収合併されてしまう可能性が高くなるので、できれば取引はしたくないと考えることが多いでしょう。

逆に支払い能力が高ければ、安心して仕事をすることができます。

支払い能力が低くなると、大手企業の場合には報酬を減らされてしまうこともあるでしょう。

その他にも支店や営業所などの情報、グループ会社の情報、財務動向や業界の情報など、たくさんの調査を行っています。

このようにたくさんの情報を集めなければ、信用調査というのはできないのです。

このような調査を全て含めて、1社に対して1000円からとなっているので、間違いなく1000円以上はかかると思って間違いありません。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 信用調査ってどうすればいいの?自分でできるもの?

  • 与信管理は大丈夫ですか?ファクタリングで負担を軽減しよう

  • ファクタリングで失敗しないためのリスクマネジメント法

  • 銀行は会社と経営者の素性をどこまで調べているのか?

  • 与信限度額設定とファクタリングの活用について

  • 【売掛金回収方法まとめ】資金繰りと回収状況を劇的に改善せよ