1. TOP
  2. 売掛債権
  3. ファクタリング
  4. 資金調達が断然ラク!ファクタリングを活用した新たな資金繰り改善

資金調達が断然ラク!ファクタリングを活用した新たな資金繰り改善

企業の資金調達の選択肢として、商工ローンからの借り入れやファクタリングなどがあります。

取引契約によって発生する売掛債権を、いかに効率よく資金調達していくかが重要となります。

ファクタリングは効率的にもメリットが多い方法となります。

商工ローン他、ビジネスローン以外の選択肢がファクタリング

資金繰りでの苦労やトラブルが多い傾向にある、中小企業は、いかに効率よく資金調達をするかが企業存続のポイントになります。

一般的な資金調達方法としては、商工ローンからの借り入れや、銀行から融資を受けるなどです。

契約数や売上が伸びていれば経営は順調に思われますが、売掛金が回収できなければ資金繰りが悪化してしまいます。

銀行からの融資や、商工ローンで資金調達ができても、借金であることに変わりないため返済しなければいけません。

返済には金利も付きますし、負債は増えます。

今までは選択肢は限られていたこともあり、資金繰りでのトラブルも後を絶たない状態でしたが、今は他にも選択肢はあります。

融資や商工ローン以外の選択肢として注目されているのが、ファクタリングです。

ファクタリングを簡単に説明すると、企業が保有している売掛債権をファクタリング会社が買い取り、その後の債権回収まで行うという仕組みです。

これにより、売掛債権を保有している企業は、支払期日よりも前に債権を現金化することができるため、資金繰りでの不安やトラブルを解消することができます。

ファクタリング会社を利用して、債権を買い取ってもらえば借金をする必要もないので、負債を増やさずに資金調達ができます。

融資や商工ローンの利用の際は、審査が行われます。

審査は企業を対象に行われるため、財務内容や経営状況によっては審査に通らない可能性があります。

ファクタリング会社でも利用前に審査を行いますが、対象となるのは売掛先の企業なので、銀行融資や商工ローンを断られた企業でも利用が可能です。

現状ではファクタリングを知らない人も多く、取引先にファクタリングを利用したいと持ちかけるといい顔をされないのも事実です。

この場合は取引先には知らせずに売掛債権だけ買い取ってもらうというシステムもあるので、取引先によって使い分けることができるというメリットもあります。

借金ではない資金調達方法として、経済産業省中小企業庁でも推奨するなど働きかけています。

メリットが多いファクタリングですが、手数料がかかるというところも覚えておきたいところです。

さらに、無条件で誰でも利用できるとも限りません。

審査対象は売掛先企業となりますが、売掛先企業に不安要素があれば、リスクが高くなるため申し込みをしても利用できないことがあります。

利用するにもいくつか条件はありますが、中小企業にとって利用するメリットは少なくありません。

 

 

新たな資金調達方法「ファクタリング」の基礎

銀行からの融資や商工ローンに代わる、新たな資金調達方法としてファクタリングが注目されています。

ファクタリングというのは、売掛債権を買い取ることで、資金繰りに悩む中小企業をサポートするシステムのことです。

売掛金の売買をするので、借金とは違いますから、保証人や担保となる不動産は必要ありません。

債務超過や赤字に悩む企業、資金繰りが悪化して税金を滞納している企業、銀行から融資を断られた企業でも利用できます。

なぜこういう企業でも利用できるかというと、ファクタリング会社が審査で重要視するのは、売掛先の企業だからです。

売掛債権を買い取っても、売掛先企業の信用度が高ければ売掛先から回収できるので、売掛債権を保有している企業の信用度はあまり重要視されないのです。

ただし売掛先企業の信用度が低いとか、取引実績がない新規の企業の場合はリスクが高くなるので、利用できない可能性はあります。

一応ファクタリング会社との契約にも審査はありますし、利用にはいくつか条件もあるので、それをクリアしていることが大切です。

またファクタリングには、2つの方法があります。

中小企業の間でもまだ完全には浸透していないため、取引先企業が利用を認めないケースもあります。

こうなると売掛債権を保有している企業は資金繰りが悪化してしまいますが、ファクタリングの方法を使い分けることでこれも解決できます。

2社間と3社間という契約があり、2社間は売掛債権を保有している企業とファクタリング会社が契約するだけでOKですから、取引先企業には知らせずに利用できます。

売掛債権を一旦買い取ってもらえば、支払い時期実前でも資金調達できるので安心です。

後日取引先から売掛金の入金があったら、それをファクタリング会社に振り込めばいいので、取引先に知らせなくてもいいのです。

3社間は取引先にも承諾を得て、一旦売掛債権を買い取ってもらい、取引先企業は支払期日にファクタリング会社に振り込むという仕組みです。

3社間の場合は双方がファクタリング会社と契約を結びますが、手数料は2社間に比べてかなり安く設定されています。

いずれの場合も借金ではないから負債を増やすことなく、返済もないし金利も発生しません。

ただし手数料がかかるので、売掛金を満額手にすることはできません。

その代わり支払期日前に売掛債権を現金化できるのは大きなメリットになります。

手数料に関してはデメリットに感じますが、資金繰りの悪化は食い止められます。

売掛債権とは?

ファクタリングを考えるにあたり、重要となるのが売掛債権です。

企業間で取引や商談が成立し、一旦商品やサービスを提供します。

商品やサービスの代金は後から請求しますが、この時請求できる権利が債権です。

これは貸借対照表では資産として扱われます。

大手企業に比べて資金繰りが悪化しやすい中小企業の、資金調達法として登場したのがファクタリングです。

債権を買い取ることで、債権を保有していた企業は、支払期日前に債権を現金化できます。

これは売掛流動化とも呼ばれていて、債権は金融機関や第三者に譲渡することもできます。

今までは債権の譲渡や売買を金融機関や第三者に行っていましたが、ファクタリング会社を通して売買することも可能となっています。

これにより中小企業の資金繰りがスムーズになり、融資や商工ローンという負債を抱えることもなくなります。

借金ではなく、支払期日に入る予定の代金を、少し先に手にする方法です。

契約数が増えても、お金が入ってこないことには資金繰りは悪化します。

実際に中小企業の多くは、契約や取引は多いものの、売掛金の回収がなかなかできないことが多く、それにより資金繰りが悪化しやすい傾向にあります。

これを解消するためには、他の資金調達方法を考えないといけなくなります。

しかし銀行からの融資や、商工ローンの借り入れは、貸借対照表では負債となります。

現金を手にすることができても、それを返済していかないといけませんし、万一返済できなくなった場合は企業の信用度が下がるだけでなく、最悪倒産という事態にもなりかねません。

債権を保有していればいつかは支払われますが、資金繰りが悪化している場合はできるだけ早く回収したいと考えます。

これを代行してくれるのがファクタリング会社なのです。

債権を買い取ってくれるだけでなく、取引先企業の調査も代行してくれます。

取引先に資金繰りが悪化していることを知られたくない場合も、それが可能となります。

取引先に知られることなく、尚且つ支払期日前に債権を現金化できるので、メリットは多くなります。

ファクタリングに関しては徐々に浸透してきており、一時的な繋ぎ資金の調達を可能にしてくれる方法としても注目されるようになってきています。

取引先の承諾を得て行う方法もありますので、ニーズに合わせて選択や使い分けができるのもポイントです。

これは金融機関の一括ファクタリングシステムと同じですから、それを考えるといかにメリットが多いかがわかります。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

ファクタリング契約時の注意点

ファクタリングはとても便利なシステムですが、契約時にはいくつか気をつけておきたいところがあります。

そのポイントを紹介します。

便利なシステムであるという一方で、契約時のトラブルがあるのも事実です。

トラブルに巻き込まれないよう、事前にリスクを回避しておくこと、そうなった時にどう対処すればいいかを知っておくことが大切です。

注意すべきは悪徳業者の存在です。

まだ世間一般に浸透していないこともあって、悪徳業者に騙されるケースが増えています。

支払期日前に債権を現金化できるというメリットがあるのは、手数料がかかるからというのが大きな理由となっています。

手数料に関しては最低限かかるものが、15%から20%、中には25%かかることもあります。

15%から25%までは許容範囲ですが、手数料が30%を超える場合は悪徳業者の可能性があるので、契約はせず他を探しましょう。

ただし初回の取引は、取引実績がないため若干手数料は高めです。

初回のみ手数料を高くするのは優良業者でもあることですが、優良業者なら2回目以降は手数料が安くなっていきます。

いつまでたっても手数料が下がらない場合は、他の業者を探したほうがいいかもしれません。

では手数料が安いと安心か?というと、実は安ければいいというわけでもないのです。

安過ぎる場合は、他で利益を出すために本来はない手数料を請求される可能性があります。

手数料については、契約時にきちんと説明があります。

悪徳業者は手数料などを明確にしないので、おかしいと感じたら契約はせず他を探しましょう。

契約時には必ず契約書を交わし、契約を締結させます。

悪徳業者は契約書自体を作成しない、契約書を作成しても控えをくれない、契約書なしで話を進めようとするという特徴があります。

また契約書には手数料や他の詳細が細かく記入されているかどうかも確認しておくと安心です。

契約を交わす際は、対面が原則となります。

ファクタリング会社の多くは都心に集中しているため、地方の企業は出向くのが大変になります。

一部では出張契約などを受付けているところもありますが、原則対面契約となるので、電話や郵送での契約はありません。

契約書は必ず対面で交わし、納得できる内容かどうかを確認した上で締結させることが重要です。

少しでもおかしいと思った場合は、契約はせず他を探し比較してから決めるのもおすすめです。

ろくに説明もせず、契約を急かすような場合も注意した方がいいかもしれません。

 

 

資金繰りが悪化する理由

ファクタリングを利用するのもいい方法ですが、手数料がかかるためその分回収できる金額が減ってしまいます。

しかし資金繰りが悪化している以上、背に腹はかえられませんから、手数料を支払っても資金調達をしたいと考えます。

そもそもなぜ資金繰りが悪化するのでしょうか?

その理由もいろいろありますが、資金繰りの悪化がなければ、支払期日まで待てば売掛金は全額回収できます。

少しでも出費を抑えられるように、資金繰りが悪化する原因を確認し、そうならないよう対策や改善することも大切です。

売上が多く契約数も多い企業は、経営が順調なイメージです。

しかしその一方で黒字倒産という事実もあります。

なぜ黒字なのに倒産するのか?

これは、売り上げ利益も伸びているのに、手元にある資金がなく運営資金に回せないという理由があります。

売上が伸びれば入ってくるお金も多くなりますが、注文は毎日のように来るとしても、仕入れに回すお金が足りないと注文があってもそれに応えることができなくなってしまいます。

今すぐにでも資金がほしいが、売掛金の入金がだいぶ先のため資金繰りができず、売り上げが伸びているにも関わらず倒産してしまうこともあるのです。

これは売掛金の仕組みに原因があります。

通常は取引が成立して商品やサービスを先に提供します。

お金は後から振り込む形になります。

支払期日に関しては契約時に取り決めをしますが、早くても1ヶ月先、もしくは2ヶ月後、3ヶ月後になることも少なくありません。

いつかは入ってくるお金でも、それまでの間仕入れをしたり、従業員に賃金を支払ったりしなければいけませんから、その間の経費は手元にある分で回さないといけません。

しかし手元の資金が乏しいと、資金繰りが悪化します。

支払期日にきちんと振り込まれればまだいいのですが、取引先きちんと振り込んでくれなかったり、最悪倒産したりすれば入るはずのお金が入らなくなり倒産という可能性もあるのです。

売上が増えるほど、必要経費も増えます。

回収できるはずのお金と今必要なお金にタイムラグが生じるのが、資金繰り悪化の原因です。

ファクタリングを利用すれば、支払期日前に現金を手にすることができます。

多少手数料で回収できる金額は減りますが、資金繰り悪化を阻止することはできます。

ファクタリングを利用することで、資金調達がスムーズになるのはメリットですが、そうならないよう日頃から管理しておくことが大切です。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 資金繰りが厳しい…そんな時の資金調達方法「でんさい」とは?

  • 売上債権回転期間を劇的に短縮させるウルトラCとは?

  • 基本の資金調達は融資。融資の基礎知識とその他の調達方法

  • 資金繰りを経理にまかせっきりの会社は資金繰り悪化

  • 手形サイトが長い…そんな時は手形割引で即現金化!

  • 運転資金が厳しい…だったら売掛債権をお金に替えましょう!