1. TOP
  2. 資金繰り
  3. 資金繰りが苦しい理由とは?意識を変えるだけで楽になるの?

資金繰りが苦しい理由とは?意識を変えるだけで楽になるの?

資金繰りが苦しくて困っている会社の中には、苦しくなる理由とラクになる方法がわからないために、苦しい状況を改善できずにいるケースが非常に多いです。

そこで、資金繰り改善のためには、苦しくなる原因を知って取り除き、ラクになるための方法を知って実践する必要があります。

しかし、それにあたって最も重要となるのが、資金繰りへの意識です。

本稿では、資金繰りが苦しい理由とラクにする方法、そして意識のあり方について解説していきます。

なぜ資金繰りが苦しくなる?

まず、どうして資金繰りが苦しくなるのかという点を見ていきましょう。

この点については、当サイトを見ている経営者の多くが悩んでいることだと思います。

資金繰りが悪化する要因には、大きく分けて以下の四つがあります。

 

収入面での要因
  • 売上が減少している(売上そのものが減少している)
  • 売掛債権が増加している(売掛債権は増加しても入金がスムーズではない)
  • 在庫が増加している(商品の仕入れだけが増加して売上に結び付かない)
  • 大口の取引先が倒産した(入ってくるべき入金がなくなり、売上も減った)

 

支出面での要因
  • 支払いが繰上げになった(支払いを繰上げるように要求された)
  • 費用が増加している(費用が増加し、削減がうまくいかない)
  • 借入金の返済が苦しい(借入金の返済を迫られている)
  • 利息が増加した(金利アップによって支払利息が増えた)
  • 過剰な設備投資が負担になっている(設備の支払いが重い)

 

借入面での要因

借入金が返済できず、借入が借入を呼んでいる

 

意識面での要因
  • 利益が出れば、資金繰りは問題ないだろうと考えている
  • 資金が足りなくなれば借りればいいと考えている
  • 手持ち資金を蓄えておくことを考えない
  • 余裕資金ですぐに投資・投機に奔る
  • 各部門が自部門だけの都合でお金を使ってしまう
  • 営業部門が売上の回収に無関心である
  • 製造部門が原価の削減に無関心である

 

資金繰りの悪い会社は、以上のどれか、あるいは複数の要因を抱えているものです。

 

それぞれの要因

ファクタリング手数料

まず、収入面と支出面の要因を見てみると、収入面では入ってくるお金が減っており、支出面では出て行くお金が増えていることが分かります。

入ってくるお金が減り、出て行くお金が増えていけば、いずれは支出が入金を上回り、資金繰りが追い付かなくなります。

次に、借入面の要因です。

資金繰りが悪化して、資金が不足した場合には、借入をすることになります。

当然のことながら、借入金はいずれ返済するものです。

返済原資は利益であり、利益の中から返済していくことになります。

銀行もそれを前提としています。

しかし、利益をうまく上げられない会社は、返済のための借入を繰り返すことになります。

これでは、いつまでたっても返済額は減らず、資金繰りを圧迫し続けることになります。

したがって、早急に利益を上げられるように改善し、返済のための借入を断ち切らなければなりません。

意識面での問題も、重大な問題です。

なにしろ、資金繰りが悪い会社というものは、総じて資金繰りへの意識が低いものだからです。

その意識が改善されなければ、資金繰りを改善することは非常に困難になりますが、意識を改善すれば、資金繰りを徐々に、確実に改善していけることとなります。

したがって、資金繰りが苦しくなる真の要因は、意識面にあると言っても良いでしょう。

 

 

どうすれば資金繰りがラクになる?

次に、どうすれば資金繰りがラクになるのかを考えてみましょう。

言ってしまえば、これは、上記の「資金繰りが悪化する理由」の逆だと考えればいいでしょう。

すなわち、資金繰りをラクにする要因は以下の通りです。

 

  • 売上が増えている(利益も上がっている)。
  • 売掛債権の回収がスムーズである。
  • 在庫が適正である。
  • 債権管理を徹底して貸倒れを起こさない。
  • コスト削減を常に心がける。
  • 買掛債務の支払い条件を遅らせない。
  • 借入金は定期的にきちんと返済しており、可能な限り縮小を図っている。
  • 利息の支払いが少ない。
  • 設備投資を慎重に行っている。
  • 資金繰りへの意識が全社に行き渡っている。

 

この中でも特に重要なことは、資金繰りへの意識だと書きました。

資金繰りへの意識改革によって資金繰りを改善した例を知るためには、資金繰りを改善した企業の実例を知るのが一番です。

 

資金繰りが厳しければまずは相談を

  1. 売掛金を買い取ってくれるファクタリング

    こんなお悩みをお持ちの方はすぐに相談を!
    ●借金返済の見通しが立たない
    ●赤字決算・債務超過で融資を断られた
    ●税金を滞納していて審査が通らない
    ●自社の状況にあったプランを教えて欲しい
    ●起業したて、個人事業主で信用力がない
    ●買掛先への支払いが遅延している

    相談サイトへ

 

意識によって立ち直ったトヨタ自動車

誰もが知っている時価総額日本一の大企業であるトヨタ自動車は、その全身を豊田織機と言いました。

この時には、資金繰りが良くなく、銀行に借入を断られるほどであったと言います。

折しも、戦後のインフレによって企業の倒産が相次ぐ状況下で、トヨタも資金繰りがますます悪化し、いつ倒れてもおかしくない状況でした。

そんな時、追い打ちをかけるように取引先が倒産し、売掛債権が貸し倒れに陥りました。

銀行は貸してくれず、経済の状況も悪く、どんどん資金繰り悪化が続いている状況下で、トヨタは生き残りをかけて、社員の意識改革に取り組みました。

徹底的な意識改革を志し、断固遂行した結果、トヨタは30年をかけ得て銀行からの借入を完済し、無借金経営の会社となりました。

今は借金がありますが、それも事業拡大のための健全な借金です。

トヨタが真っ先に推し進めたのは、原価を削減することです。

この取り組みは今も続いており、日本一の座を勝ち取った今も、絶えず改善点を求めて経営しています。

トヨタにおいて、それが顕著に表れているのは在庫でしょう。

トヨタは在庫の種類を必要なものに絞り、保有するべきタイミングでしか保有せず、必要な量しか保有しないことによって、原価削減の効果を最大化しています。

原価削減の他にも、稼いだお金を効率的に使うことにも注力しました。

例えば、原価削減で浮いたお金を積極的に生産設備に投資し、売上を伸ばすようにしました。

原価削減は絶えず実践されていますから、売上が伸びた分だけしっかりと利益も伸ばすことができ、好循環が生まれ、資金繰りが非常にラクな状態での経営が可能となっています。

同じ自動車業界でいえば、カルロス・ゴーン率いる日産の財務改善も参考になります。

日産は、不採算な工場を閉鎖や原価削減によって利益率を高め、資産の売却と利益を合わせて借入金の早期圧縮を進めましたが、やはり根底には全社的な意識改革がありました。

これらの例を見ても分かる通り、資金繰りをラクにするためには、意識改革は必須の要件なのです。

 

 

まとめ

本稿の内容を逆説的に言うならば、資金繰りが苦しい会社は、まずは意識改革から始めるべきであり、資金繰りに対して正しい資金繰りを持っていれば、やがて資金繰りがラクになる可能性は十分にあるということです。

ただし、そのためには決意が必要です。

資金繰りを意識するよりは、意識しない方がのんびりできるに決まっています。

人間、一旦怠けてしまうと、なかなか勤勉には戻れないものです。

したがって、意識を高く持ち、資金繰りに真面目に取り組み、しかもそれを全社でやるとなると、なかなか一筋縄ではいかないでしょう。

まずは社長自らが決意を示し、意識を変えていくことが第一歩となるでしょう。

勇気をもって一歩を踏み出し、会社を引っ張っていってほしいと思います。

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
無料診断でサクッと資金調達額をチェック

「いくらぐらい調達できるのか?」

それが非常に気になると思います。

メンターキャピタルの無料診断フォームなら、

以下の情報を入力して送信するだけで調達できる資金額が判明します。

条件が悪ければ断ってしまえば良いので、悩む前にまずは無料診断に申し込みましょう。


診断ページに進む

関連する記事はこちらです

  • 資金繰りの危機を救うファクタリング、基本をおさらい

  • 支払いサイトが長い取引先から、いち早く資金を回収する方法

  • 資金繰りが上手くいかない原因、徹底的に見つけ出そう!

  • 資金繰り悪化…中小企業の「その時」の危機を救うファクタリング

  • ファクタリングで資金繰り、銀行融資や事業者ローン以外の資金調達法

  • 資金繰りを経理にまかせっきりの会社は資金繰り悪化